アクセスランキング

日本を取り戻したい。 そのために日本を学びます。 そうすることで私たちは愛と喜びと幸せと美しさのある本来の日本人に戻れると思うからです。


『目からウロコの日本の歴史 vol.2』発売イベント追加の件

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180107 目からウロコの日本の歴史 vol2
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


次代を担う若者たちが、そうした歴史を踏まえて、国家観、目的観を明確に認識することで、間違いなく日本は変わります。
これを実現しようとしたのが、
『目からウロコの日本の歴史 vol.2』です。
その追加キャンペーンのお知らせです。


【お知らせ】
1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
4月7日(土)18:30 第25回 百人一首塾
4月22日(日)13:30 第50回 倭塾公開講座
 *****

先日お伝えしました好評DVDの『目からウロコの日本の歴史 vol.1』の後編、
『目からウロコの日本の歴史 vol.2』ですが、さっそくたくさんのご注文をいただいたとのことです。
本当にありがとうございます。

このDVDは、発売記念イベントとして、『vol.1』と『vol.2』を2月15日まで限定で、セット購入された方に、セット割引と、『ねずさんと語る古事記 全3巻』または『古事記紙芝居』のどちらかを全員プレゼントしています。
  ↓↓↓
https://xn--eckaubhp5cv436c4he.com/lp/rekishi/

ところが、実際に発売を開始してみると、すでに『vol.1』を購入されていて、『vol.2』だけ求めたいという方も大勢いらしたため、急遽、追加キャンペーンを行うことになりました。

その内容は、『vol.2』のみをお求めいただきました方には、
(1) 『ねずさんと語る古事記』の全3巻のうちのいずれか1冊
(2) 『表ひろあき先生の日本人を考えるのシリーズDVD』
のいずれかをプレゼントするというものです。
  ↓↓↓
https://xn--eckaubhp5c.com/goods/561/



こちらから購入手続きを進めていただき、
最後のお問合せ欄に
「古事記〇巻希望」もしくは「表ひろあき先生のDVD希望」
と記入してご購入していただくことになります。
目からウロコの日本の歴史『vol.2』とセットでプレゼントをお送りするとのことです。

尚、すでに『vol.2』だけをご注文された方は、個別に対応してくれるということですので、販売先にメールでお問い合わせください。

いつも申し上げることですが、年号や事件名、人物名等は、史実であって歴史とはいいません。
歴史というのは、それら事件や事故などが、なぜ起きて、どうなったのかを合理的に説明するものです。
だから歴(=綴り止めて)、史(=書き残したもの)という名前が付いています。

従って、本来の歴史学習は、それぞれの時代がどうやって始まり、どんな社会となり、その社会がどうやって終わったのかをまず把握し、その上で、各論的に個々の事実や事件、事故、人物の背景などを当たっていくというのが、本来あるべき姿だし、戦前戦中までの日本の歴史教育における「系統学習」と呼ばれる学習方法であったわけです。

また日本の歴史を考えるときに、日本の国内事情だけを見ていても、歴史は見えてきません。
現代政治でも同じですが、世界の中の日本という視点を持たなければ、時代の動きが読み取れなくなります。
たとえば、
奈良時代の前 → 白村江の戦い 唐の支配力が日本に
室町時代の前 → 元寇     元の支配力が日本に
江戸時代の前 → 大航海時代  西洋列強の第一波が日本に
明治時代の前 → 黒船の来航  西洋列強の第二波が日本に
あたりまえのことですが、日本はずっと鎖国していたわけではないのです。

『vol.2』は、幕末から近現代史を扱っていますが、全体の流れを神谷さんが上手にまとめてくれています。
引用してご紹介すると、

「16世紀の大航海時代以降、
 西欧列強は軍事力で世界中に植民地を広げた。
 その波は日本にもやってきまた。
 16世紀の日本は戦国時代で、
 見事に西洋の国の侵略を跳ねのけた。
 しかし産業革命を経由して
 圧倒的な軍事力をもった列強は、
 19世紀に再び日本に迫り、
 日本を弱肉強食の戦いの世界に引きずり込んだ。
 そこから約80年、日本は戦い続け、
 有色人種で唯一独立国家を維持したが、
 1945年に戦争に敗れ、
 約7年間の占領期に
 『二度と強者がつくった国際秩序に逆らわない』ことを目的に
 国家体制を変えられた。
 戦後、武器を奪われた日本は、
 経済の分野に国の資源を集中投下し、
 一時は「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われるまでになったが、
 様々な国際ルールで制限をかけられ、
 失われた30年といわれる停滞を続けている」

となります。
そしてここまで理解すれば、これから日本がなすべきことも、日本経済を復活させる方向もはっきりと見えてくることになります。

次代を担う若者たちが、そうした歴史を踏まえて、国家観、目的観を明確に認識することで、間違いなく日本は変わります。
これを実現しようとしたのが、
『目からウロコの日本の歴史 vol.2』
であるわけです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

関連記事

コメント
※2
で?「捏造なんだから無いものは無い。」そもそも言う相手が違うだろ。馬鹿左翼の結論ありきの歴史研究に価値など無い。お前らがそんなに立派に研究してるなら珍説まみれなのはおかしいよなぁ(笑)
ネチネチとつついてないで気に入らないならハッキリ言え
2018/02/09(金) 00:31 | URL | あ #-[ 編集]
No title
こんにちは。歴史カードを政治に使われるのは実力不足だから・・w
歴史カードは使ってナンボなのでは?
実績では自国民を大量に死に追いやったのは中共、ついで旧ソですね。
自国ではなく他国を戦場にして戦闘行為を続けているのは、アメ、EU、
中共、露などなど。戦場に選ばれるのは中小の弱小国。戦場に選ばれ
ない国であるには、国の品格と、それなりに強い政治体制、国の存続
を信じてやまない国民がまず必要条件で、あとは状況に応じて体制を
変化させていく柔軟性を持つ事では?・・・最近、英国が脱EUに動い
ていますね・・バトルシップは小さいほうがいい時もある。欧州のモ
ナコ、いわゆる○○公国と言われる諸国などなど・・本格的な軍事力を
持たなくても生存力レベルは強い。また国内が戦場に選ばれても、相
手がど~んなに強大な軍産複合体であっても、結果的に生存したベト
ナム。対照的にトップの王室がヘタレ気味でちょ~いとヤばいカンボ
ジア・・歴史カードを国内に使いきれていないがための苦境とも・・。
生物界では、同じ土俵で戦えば強いものが勝つ。負ける種は別の土俵
に移って生存を測る。そこで棲み分けが起こり生態の多様性が増す。
いつまでも同じ土俵にいるわけにいかないというのが脱亜論。歴史を
見るに総体的にトクアは弱かった・・いつまでもそこに拘泥し続ける
のは恥であろうに・・自らを貶め、世界中に醜態を晒し続けるのはど
うにも・・。未だにそのレベルであるとは・・・。大戦終盤に自国の
婦女の受難を口を拭ってるおフランスの方が格が上w・・自国民の犠
牲の上に強い国が存在すると国民全員が叩き込まれてるかも・・。

2018/01/27(土) 04:46 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
No title
文芸と歴史研究をごっちゃにしてはいけません。でないと司馬遼太郎なんて存在してはいけなくなってしまいますよ。文芸と異なり歴史研究は実際の調査によって過去を再生します。それをしなければ啓蒙にもなりません。「慰安婦問題」は吉田氏以前に千田夏光の著書があり、さらにそれ以前からずっと存在していた「慰安婦言説」とも言うべきものを相対的に顕在化したに過ぎません。森村誠一以前から731部隊の存在も知られていました。特定の著書はきっかけに過ぎず、なによりその言説の背後にある歴史事実の調査が必要です。「慰安婦」、「731」、「南京事件」ともにすでに事実の調査がなされています。言説に対してあったのないのというレベルでは、歴史研究の正しい姿勢ではありません。
2018/01/25(木) 12:32 | URL | #-[ 編集]
作家の罪
作家には表現の自由があり、何を書いても許されます。
しかし、歴史を歪める嘘は書くべきではない。
フィクションの中に歴史を織り込み、事実でないことを書けば事実を知らない読者は事実と錯覚します。

意図して悪意のある小説を書く作家もいるかも知れません。
従軍慰安婦問題は吉田清二氏が書いた本が原因になり、沖縄住民の集団自殺は大江健三郎氏の小説が、関東軍の731部隊問題は森村誠一氏の小説が引き金になり、中国や韓国の歴史問題で利用されています。

ノーベル文学賞候補となっている村上春樹氏は最近の著書で南京での日本軍の虐殺者数を「40万人」と書いています。大作家が書くと「嘘」が「真実」になっていきます。村上氏がどのような意図で書いたのかはわかりません。

13億人の中国人に売れると考えたのかもしれないが、自分は、村上氏はノーベル文学賞を貰う資格を失ったと考えています。
作家は物語を書く自由はあるが、歴史を歪める自由はないはずです。
2018/01/25(木) 11:35 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク