アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


権力の正統性とデフレスパイラル

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

戦後日本の法が最上位という考え方は、世界では通用しないものです。
それは戦後日本的価値観の抜本的な見直しが、いま求められているということです。
法治国家であることを否定しているのではありません。
法には成文法と不文法(慣習法)がありますが、世界では成分法より慣習法が優先しているのが常識だということです。


20180202 右肩上がり
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
4月7日(土)18:30 第25回 百人一首塾
https://www.facebook.com/events/147531692576940/
4月22日(日)13:30 第50回記念 倭塾公開講座
https://www.facebook.com/events/179618245972621/
 *****

学校で、学級委員長がクラス会の司会などを務めることができるのは、多くの場合、委員が学級内選挙で選ばれ、校内の規約に委員長の職掌がちゃんと書かれているからです。
また、会社の部長さんが部内で権力を行使できるのは、人事部からちゃんと辞令をもらっているからです。
このように権力には、かならずその権力を裏付ける理由が必要です。
その「権力の裏付け」になるものが、「権力の正統性」です。

このことについて今月号の『玉響』の対談に、面白い見解が述べられていました。
引用します。
「日本を始めとする民主主義国家というのは、
 インドも含めて、
 いちおう真っ当な選挙をやって、
 人民から信任を得ているという正統性があるのです。
 中国共産党は疑似選挙みたいなことはやっていますが、
 本当の意味での無差別な選挙というものはやっていないわけです。
 だから正統性がなく、
 経済成長が危機にに瀕すると、
 どこの国でも対外的な敵を作る。
 その標的として、
 日本が一番やりやすいということなんです。」
『玉響』では、この他、憲法問題、外交問題、少子化問題、農業問題等、様々な議題をあげられていました。

20180202 玉響





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!



もともとChinaは、歴代王朝の正統性は、天命にあるとされてきた国です。
天上界に天帝と呼ばれる絶対神がいて、特定の家系に人類界を統治するための権限を与えます。
それが天命で、その天命を与えられた人が皇帝です。
天帝は目に見えませんから、皇帝が実質的な天帝の代理人です。
だから皇帝は天帝の持つ人知を超越した権力を持つのです。

ところが皇帝に人望がなくなると、天帝が、別な家系の人、つまり姓が異なる人に天命を移し替えます。
これが易姓革命です。
 易姓=姓が易(か)わる
 革命=天命が革(あらたま)る
です。
従って、漢語にいう革命は、天命があらたまることをいうのであって、民衆が蜂起して権力を打ち倒すという共産革命の考え方とは、本来の意味が違います。

幕末の翻訳家たちは、レボリューション(Revolution)の訳語を、「きっとこれはChinaの易姓革命と同じものであろう」ということで「革命」と訳しましたが、実はレボリューションと易姓革命も、これまたまったく異なるものです。
易姓革命は、天命があらたまることですが、レボリューションは、リボルバー(Revolver)の派生語で、回転することを意味する単語です。
拳銃のリボルバー式と言ったら、わかりやすいかもしれません。
つまり、レボリューションというのは、復古運動、古代ギリシャやローマ時代の栄光の世紀への回帰運動のことが、レボリューションです。

ヨーロッパの中世というのは、原始的で闇雲な殺し合いが長く続いた時代で、実に文化レベルも低くて、軍事的にも疲弊した弱国の寄せ集め状態となっていました。
ですから14世紀のはじめにモンゴルの大軍が押し寄せたとき、まさに「ひとたまりもなく」制圧されてしまったわけです。

そのモンゴル帝国は、相続によって国が細分化されていきましたが、そのとき、モンゴルの支配下で金融業を営んで巨額の財を成した人たちが、積極的にギリシャの哲人んどを呼び込んで、あらためて古代ローマ帝国の栄光を取り戻そう、リボルブしようということで、はじまったのが、現代に続くヨーロッパ諸国です。

つまりモンゴルによって破壊された(実際には好転化)された西洋の文化を取り戻そう(リボルブしよう)ということで、あらたに王朝が立ったわけで、その取り戻す理由の正統性が、後に王権神授説のようなものに発展していきます。
ところがモンゴル以降、西洋では実は金融資本家が巨大な財力を築き上げるようになります。
はじめのうちは、資本家たちは王の庇護を歓迎しますが、そのうち王を超える財力を持つようになると、王の存在がじゃまになる。

そこで市民の中で弁舌のたつ者を焚き付けて、行われたものが市民革命です。
ですから市民革命によって生まれた新たな権力機構には正統性がありません。
そこでナポレオンを新たな皇帝にしてみたり、いろいろな取組が行われるのですが、最終的には、誰もが認める正統性を持つ者を選ぶには、選挙がもっとも望ましいだろうということになって、選挙制民主主義へと向かうことになるわけです。
ただし、その選挙は、もともとは権力者となりうる可能性を持つ者の中で行われる選挙です。

ですから、選挙も、もともとは、市民の代表者であること、資本があること、一般市民のために戦う勇気のある者の中での選挙だったわけで、これは身近なところでは、日本相撲協会内部での理事選とよく似ています。
ところが、敗れた側は、どうしても選挙結果に承服できないとなると、「一部のメンバーだけでの選挙の結果はこうだったけれど、民意はまったく違うのだから、選挙民の範囲をもっと増やすべきだ」ということになってきます。
こうして選挙民の範囲が拡大し、結果、18歳以上とか、25歳以上とか、国によっていろいろありますけれど、世間一般の人たちが、全員選挙に投票することで民意を問うという、いまの世界の普通選挙に至っています。

ところがここにも問題が出てきます。
すべての民衆を対象とした選挙というのは聞こえは良いのですが、一般市民というのは、必ずしも選挙結果についての利害関係者ではないわけです。
日頃は政治とは何の関わりもなく生きている人々が、選挙で投票券を持つわけで、そうなるといきおい選挙は、単なる人気投票になります。
つまり、民衆に媚びて都合の良いことばかりを口にする者が、選挙に強くなる結果となります。
選挙制度による民主主義が、衆愚政治に陥るというのは、そういうことによります。

Chinaの場合は、これとは違う歴史を辿ります。
天命があらたまったことを裏付けるのが、各王朝ごとにつくられた史書なのですが、そこには前の王朝の盛衰が描かれ、「前の王朝の初代皇帝には人望があり天命をいただいたが、代々続くうちに腐敗し、ついに天命が我が王朝に下ったのだ」というのが、すべてのChinaの歴代王朝の史書の筋書きです。

Chinaはこうして皇帝の正統性を確保してきたのですが、戦後に生まれた中華人民共和国の場合、土台が共産主義ですから、神や宗教を否定しています。
つまり中共政府は、正統性を「天命に依拠する」ことができないのです。
そこで毛沢東が行ったことが、毛沢東自身を神化すること、および反対派に対する猛烈な粛清でした。
これにより強引に権力の集中を確保したわけです。

毛沢東が高齢化したときに、この路線に修正を加えたのが鄧小平です。
鄧小平は改革開放政策を行い、「China経済を成長させる」ことを中共政権の正統性の根幹にしたのです。
ここからChineseたちを儲けさせることが中共政権の正統性となります。

この鄧小平戦略は、まさに大成功となりました。
なぜかというと、ちょうどその頃の日本が、産業の「規格大量生産」構造による高度経済成長から、消費の成熟による「多品種少量生産」へと経済構造が変化する渦中にあったからです。

多品種少量生産は、当然のように製造コスト負担の上昇を招きます。
ですから当時の日本企業は、より安い製造コストを求めて、人件費の安いKoreaやChinaへの進出を競うことになりました。
Chinaには日本の生産設備が移転するというだけでなく、日本の技術移転し、この結果日本の技術が流出して、日本は、付加価値の高い製品製造分野をほぼChina、Koreaに吸い尽くされてしまうという事態を招くわけです。
このため日本の産業は空洞化し、日本国内では、多品種製造の基礎になる共通の基盤(部品)だけが残るという状態になりました。

もっとも利益幅の大きい最終消費財の製造がChinaやKoreaに流出し、一方では基盤(部品)産業はロボット化していったわけです。
日本国内では、製造分野から大量の失業者が生まれ、さりとて、これに替わる産業がまだ十分に育っていない。
このことから、消費は縮小し、GDPも、世界で唯一20年のマイナス成長を遂げることになったというのが、実は、平成になってからの出口の見えない不況とデフレ・スパイラルの原因です。

似たようなケースが、1929年のNY市場大暴落時の米国経済にあります。
この恐慌まで、米国経済は英国の下請け経済でした。
NY市場の株価の大暴落のあと、米国経済は20年の停滞期を迎えています。
この間、旧型産業は壊滅的打撃を被りますから、街には失業者があふれ、消費は縮小し、景気はどん底、経済性もマイナス成長になりました。
結果として米国は、当時としては新産業となる石油産業によって経済力を回復させるのですが、旧産業が縮小し、新産業がその雇用や失われた経済を吸収してさらに大きなものとして成長するまで、まる20年の歳月を要したわけです。
実は日本もこれと同じ動きをしています。

ところが近年では、多品種少量生産財さえも、モノあまりの時代となりました。
しかもKoreaもChinaも経済成長を遂げた結果、その経済成長の根幹にあった格安人件費が高騰し、低価格多品種少量生産の競争力そのものが低下してしまうわけです。

ですから彼らはいま、日本にある最先端技術の窃盗に必死で、日本から奪うべき技術情報の具体的なリストまで用意して、ありとあらゆる方法で、日本から技術を盗み取ろうとしています。
そのリスト等については、坂東忠信さんが最近、詳しい情報を色々と出されているので、ご参考になろうかと思います。

経済の話になりましたので、もう少し続けますが、こうした状況の中にあって、近年の日本で新たに始まったのが、生産連合による「多品種大量生産」への動きと、「オンリーワンの付加価値化」です。

「多品種少量生産」の最大の難点は、各社が横並びで少しづつしか製造できない=製造コストが高くつくという点にあるのですが、そうであれば、各社が製造する品目を分担してしまえば、それぞれの品目については、各社は「大量生産」が可能になります。
当然、製造コストも下がります。

これを実現するためには、各社が連携できる相互信頼性が不可欠なのですが、KoreaやChinaにはこれができません。
自分さえ儲ければ良いと考えるKorea、Chinaでは、互いの信頼関係によって柔軟な取引を確立することが困難なのです。

このことを理解するために、わかりやすいのがマイクロソフト社や、アップル社の製品戦略です。
いちばん大事なソースを開示してしまう・・・つまりプラットフォームを開示してしまうことによって、世界中のファンが次々とアプリを開発し、それがまた新たな需要を喚起し、両者はそれを必要とするユーザーを次々に取り込むことに成功しました。

ここへきて、アップル社が少しリードするようになってきましたが、それはできあがったアプリについて、アップル社が安全性等を常に検証し、確保することで、ユーザーへの高品質と高性能、そしてなにより大切な消費者の信頼を得ることができたからです。

現在の日本製品の流れも、まったくこの流れに沿っています。
企業同士の連携によって多品種大量生産を実現して製造コストを下げる一方で、ユーザーに合ったサービス(オンリーワンのサービス)を企業側の努力によって実現し、さらに製品の安全性を確保する。
つまり、日本企業は、企業同士のゆるやかな連携によって、品質が良くて高付加価値なサービスを提供するという仕組みへと変化しているのです。

ひとつの例が、自動車産業です。
自動車の衝突安全装備や、危険察知装備は、テレビのCMでもよく宣伝しているのでご存知のことと思いますが、こうした装備は、どこかの会社が独占してしまうのではなく、むしろソースを開示することで、連携できる各社の標準装備にしてしまうわけです。
そうなると、標準化された装備を持つクルマしか売れませんし、安全という新たな需要が喚起されますから、クルマに関する消費そのものが上向きになります。
しかもその装置を造っているのは、それぞれの装備ごとに一社ですから、各社ともに製造コストを下げることが可能なのです。

こうしたことは、ノウハウを開示しても、ちゃんと権利金をキチンと支払うという相互信頼が図れる企業間でなければ、成り立ちません。
約束を破ったり、自分の会社の都合ばかりを主張したり、横からスパイして技術情報を盗み出すような企業は、自然と排除されることになります。
つまり世界の市場における競争から、脱落していくのです。

昨今、大手企業の倒産が相次いでいますが、経営幹部に日本人のような顔をした日本人でない人を起用してしまうと、こうした相互信頼の理屈がわからないし、理解できない。
結果として、多品種少量生産の製造コストの増加に対処できず、企業利益を下げ、資産を食いつぶして倒産に至っています。

つまり日本は、20年のマイナス成長期を経て、いま新たな成長期へとシフトしつつあるといえるのですが、これができるのは、日本が和を根本とする国だからです。
そしてその根本にある和は、天皇が、Chinaでいえば天帝の地位にあって、しかもそれが単なる形而上学的な存在ではなく、人であることによって確立されています。
つまり日本が、権力によって国や人を支配するという歴史ではなく、最高権威のもとに権力を置いて、権力がどこまでも天皇の「おほみたから」を豊かに安全に安心して暮らせるようにするという国家の仕組みを確立していたことが、日本をして和の国にしているのです。
逆にいえば、日本的和を取り戻さなければ、日本の繁栄も未来もないといえます。
このことは、言い方を変えると、我が国における戦後文化の最大の欠陥を、日本が乗り越えることができるかどうかに、日本の未来がかかっているということになります。

戦後文化の最大の欠点は、我が国の最高権力の正統性を、日本国憲法に置いたことです。
三権分立といいますが、三権の長がなぜ正統性を持つかといえば、それはそのように憲法に記載されているから、ということが、戦後教育です。
つまり憲法こそが、国家権力の正統性を担保する唯一絶対のものであるかのように、実は、日本人は洗脳され、錯覚してしまっています。

国家権力行使の正統性が、憲法に依拠すると、憲法が絶対のものという価値観が生まれます。
ところがその憲法は、単に位置づけと手続きを定めたものにすぎず、価値観ではありません。
つまり憲法を正統性の根幹に据えるということは、手続きを価値観の根幹に据えるということにしかなりません。
このため、権力の源泉は手続きにあるという、おかしな価値観が生まれてしまうのです。

西洋をはじめ、世界は違います。
憲法を筆頭とする法よりも、慣習法が優先します。
世界では、むしろこちらの方が常識なのです。
日本では、事の是非を別として、人を殺したら刑罰の対象になります。
しかし、テロのため、あるいはどこかの国のように、愛国(反日)のためであれば、人を殺そうが、財物を破壊しようが、刑罰の対象にはなりません。
法よりも社会慣習が優先するからです。

ここを誤解した日本企業は、外地での裁判に、いま全敗です。
ということは、戦後日本の法が最上位という考え方は、世界では通用しないものであるということです。
そしてそれは、戦後日本的価値観の抜本的な見直しが、いま求められているということです。

日本が伝統的価値観である天皇のシラス国を取り戻すということは、日本にもとからある慣習を取り戻すということです。
その慣習のもとでは、権力の正統性は、天皇の「おほみたから」である民衆の豊かさと安全と安心、そして愛と喜びと幸せと美しさを実現できる日々を保つことに責任を持つことにおかれます。
つまり日本における権力の正統性は、民衆に対して責任を持つことにあります。
権力と責任は一体なのです。

以上の論考は、現代法学を学ばれた方には奇異に感じられることと思います。
けれども、実際に日本の企業が外地の裁判で全敗していること、それは私たちが常識として教わってきたことが、実は世界ではまったく通用しない敗戦国に押し付けられた間違った社会通念であったかもしれないこと。
そうしたことから、私たちは戦後日本の常識を、いまあらためて根底から考え直してみなければならない岐路に立たされているという認識のもとでの考察です。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ



関連記事

コメント
日本の灯台
こんにちは。毎回素晴らしい内容のお話をありがとうございます。
私はここ数年来、人類社会といったものが幻想そのものではないのかと悲観的な見方をしていました。それでも、ネットで小名木先生を知るにつれ、自分の考え方を改めなければならないと思うようになりました。
日本人は今一度、あの異常ともいえる好景気に沸いた(バブルと呼ばれた)時代を見つめ直す必要があると思います。
あの当時、猫も杓子も、やれ海外資産だ、海外旅行だ、世界一周旅行だとか、よく耳にしたものです。私は、それを横目で見ながら、
どうしちゃったの日本人と思いながらも、自分だけが取り残されたと感じたものです。
私はその結果、日本に何が起こったのか、ということの方がより重要なことだと思っています。その後どうなったのか、海外資産は奪われ、延いては自分たちの会社や土地、さらには自分の家まで奪われ、最後には自分の命まで絶つという悲惨な結果になってしまったということです。これが一流という名の下に起こった
経済そのものだったのではないでしょうか。
本来、すべての国民が、豊かに、そして相互扶助を目的としたものである筈です(経世済民)。単に金儲けだけの、その一方では人間の命さえも奪ってしまう道具になっていないのか。福沢諭吉先生と同時代にアメリカに生きた思想家で、ヘンリー・デヴィット・ソローという人がいました。ソローは、イギリスで起こった産業革命の波が、アメリカ社会にも押し寄せ、それを目の当たりにし、゛人間は道具を扱うだけの道具になってしまった゛と当時のアメリカ社会に警鐘を鳴らしていたのです。
学問所を開くと、ブログで紹介されていましたが、素晴らしい構想ですね。
私は、本当の意味での学問とは、人々を生かすものであって、決して人々を死に追い込むものではないと考えてます。
2018/02/05(月) 06:17 | URL | syn-i #qN2NVG3Y[ 編集]
反日国
お疲れ様です。
経済のお話、大変勉強になりました!
まやかしの友好に腑抜けて、そもそも反日敵国に産業を展開するなどリスク意識が極めて低い平和ボケ日本人ですね。
早く展開した工場などを地方に戻して北方領土から沖縄まで日本全体が和で一丸となって相乗効果を醸し出す状態に戻って欲しいものです。
2018/02/04(日) 13:34 | URL | KK #kpjYxc8I[ 編集]
No title
すばらしいお話でした。
 大きなテーマが、並びました。

 経済について、、、仮にですが、日本の産業構造が、
 高度成長期のままであったなら、「多品種少量生産」の
 コストは、たとい市場が成熟期を迎えたとしても、苦も無く
 ロボット化などにより、吸収可能であったものと思われます。

 企業が安いコストを求めて、海外に進出した。その通りなのですが、
 結果としてなのであって、それに至る過程については、そっくり省略されて
 います。東芝のラジカセを叩き壊すパフォーマンスがあったり、、、。
 貿易黒字、為替、etc。
 せっかくの、前向きなお話に、相済みません。
 
 沢山の人間を、養える産業としては、いま一度、土建国家を目指すのも、
 いいのでは、とも。
2018/02/04(日) 13:12 | URL | レッスルマニア #-[ 編集]
大陸法と議会と民主主義
「成分法より慣習法が優先している」という書き方は、誤解を招くでしょうね。近代法の体系、特に大陸法系のそれでは成文法が最も重要で基本的な法源と見做されていて、それよりも優先するものがあるというのは「間違い」と非難されてしまうでしょう。

しかし、成分法を制定する際にすで確立している慣習や伝統を取り入れたり、社会的コンセンサスを得てからそれを立法化したりというのはごく普通のことですし、民主主義では多くの人が賛同したルールが法制化されるはず(ということなっている)ので、社会が持っている最大公約数的な価値観や倫理観が基礎となって法律が作られるはずです。その意味では成分法の法源は慣習(法)であるといえないこともない。

しかし、これは設計主義者には都合が悪いのです。そもそも成分法を最上位に置く大陸法の考え方はフランス革命期に始まります。革命派の「正統性」の根拠は議会でした。実力(暴力)を持つ勢力が憲法やら選挙やらを道具にして、自分に都合のいい立法議会や国民公会などの議会を作り、そこで作った成文法を絶対のものとしました。官僚や裁判官は王党派や貴族だったので、解釈の自由を認めるわけにはいかなかったからです。

この法体系がナポレオンによって欧州大陸に広められ、「大陸法」となります。そんな時期に開国した明治日本は、江戸幕府の旧弊を払しょくするのに都合がよかったのか、大陸法の体系を導入することになります。

大陸法を基礎とする政体だと議会が絶大な力を持つので、ここを少数派が握ると歴史や伝統、多数派の価値観に反する政策を強要できます。日本は議院内閣制ですから議会(衆議院)を押さえると政府も押さえることができます。この状態ですでに政権交代が起こりやすい「小選挙区制」が導入され、さらには「議員定数削減」が繰り返し叫ばれています。どういう勢力が何を狙っているのかが分かろうというものです。
2018/02/04(日) 11:43 | URL | ブラッディ・ノーズ #-[ 編集]
No title
訂正です。「国家権力のできることできないことの原則を示すものではありません」は、「国家権力のできることとできないことの原則を示すものです」です。申し訳ありません。
2018/02/04(日) 10:35 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク