アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


今日は台湾二二八事件があった日

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

71年前の今日起こったのが
「台湾二二八事件」です。
昭和22(1947)年のことです。
事件を起こしたのは、
台湾に進駐していた
蒋介石率いる国民党軍です。
そして蒋介石は、
その後なんと約40年間にわたって
台湾を「戒厳令」下におきました。


20180227 台湾二二八事件
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
4月7日(土)18:30 第25回 百人一首塾
4月22日(日)13:30 第50回記念 倭塾公開講座
5月5日(土)18:30〜 第25回百人一首塾(公開講座)
5月19日(土)18:30 第51回倭塾(公開講座)
 *****

71年前の今日起こったのが
「台湾二二八事件」です。
昭和22(1947)年のことです。

事件を起こしたのは、
台湾に進駐していた蒋介石率いる国民党軍です。
そして蒋介石は、その後なんと約40年間にわたって台湾を、
「戒厳令」下におきました。

「戒厳令」は国家緊急権のひとつで、
すべての法の執行を停止し、
行政司法立法権のすべてを、
軍の掌握下に置く、というものです。

終戦まで台湾は日本の一部でしたが、
敗戦によって
日本本土は米軍が占領統治し、
台湾はChinaの蒋介石軍が占領統治しました。

そして戒厳令を敷いて、
占領軍政を40年も続け、
いまなお台湾は、国籍不明でいます。


1517998807




◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑



さて、では台湾二二八事件とは、
どのようなものであったのでしょうか。
そこで当時の状況を再現してみたいと思います。

ちなみに、過去に起きた出来事などの
現実を再現するものが歴史です。
再現するにはストーリーが要ります。
それを事実に基づき、
合理的かつ論理的に描くのが歴史です。

終戦までの台湾は、
教育も政治体制も、すべて、
日本本土と同じ体制でした。
当時の台湾の人々は日本人そのものであったし、
実際、自分たちは日本人と思っていました。

終戦後、台湾に、
蒋介石率いる国民党軍が
占領軍として進駐してきました。

この国民党軍が、
台湾にはじめてやってきた日のことを、
台湾出身の楊素秋(ようそしゅう)さんが
その著書に書いていますのでご紹介します。
(()の中の緑色の字はねずの解説です)

「中学校二年生のとき、
 中国から蒋介石の国軍(国府軍、国民党軍)が来るというので、
 早速歓迎のための中国語の歌を
 無理矢理練習させられました。

 しかし先生も生徒も
 中国語が全然分からないので、
 どんな意味の歌を歌っているのか、
 ちんぷんかんぷんで
 全く分かりませんでした。

 ただ先生の発音を真似して
 歌っているだけでしたので、
 私はずいぶん年をとった後も、
 その歌の内容が分かりませんでした。

 国軍歓迎の式典の日、
 朝八時に駅に集合と言われて行きました。

 しかし国軍はいつまで経っても来ませんでした。
 それで午後一時に来るから、
 十時に再度集合ということになりました。
 ところが、十時に行ってみたのですがまだ来ません。

 そこで昼食を食べに戻って
 また三時に行きましたが、
 全然来る様子はありません。

 更に待つこと二時間、
 結局来た時には
 時計の針は五時を指していました。

 日本時代は時間厳守は
 誰に習ったわけでもなく
 社会全体の雰囲気でした。
 その当たり前の生活習慣に慣れていた私たちにとって、
 これが初めての「中国時間」の洗礼でした。

(ここで中国時間という言葉が使われていますが、いまなお、待ち合わせの際にお互いが
 「中国時間?、それとも日本時間?」と確認しあいます。
 待ち合わせが中国時間なら、前後二時間(都合四時間)の幅があります。
 日本時間なら、待ち合わせの五分前には全員集合なのだそうです。)



 敗戦でChina兵(中国の兵隊)が来ると聞いた時は、
 もちろん不安でした。
 私たちは『キング』や『少年クラブ』、『幼年クラブ』といった
 雑誌に出て来るChina兵のイメージが
 ものすごく強かったのです。

 China兵はまず汚い、
 風紀が乱れている、
 ボンボロ担いで、
 こうもり傘を背中に差して裸足、
 というのを見ていましたから、
 頭の中で色々と想像を巡らせていました。

 不安な気持ちで一杯でした。

 そういうChina兵が
 潜在意識に植え込まれてはいましたが、
 本当に見た途端に、
 もうガックリしました。

 これはヒドイ!と思ったのです。
 出迎えに来ていたみんなが
 みんな「うわー」と言ったのです。
 恐ろしい光景に見えました。

 それまで日本兵しか見たことのなかった私は、
 兵隊というものは銃を担いでゲートルを巻いて
 ピシッとしているものだと思っていました。

 それが、China兵は裸足でボロボロの服を着て、
 天秤棒にドロ靴と鍋と七輪をぶら下げて、
 こうもり傘を担いでだらだらと歩いていました。
 中には手で鼻をかんでいる人や
 痰を吐いている人もいるし、
 私は呆れてものが言えませんでした。

 まるで乞食の行列でした。
 そんな兵隊を自国の兵隊として認められますか。

 今、その時のシーンを
 読者の皆さんの前に展開したら
 きっと気絶すると思います。

 女学校の先生方も口をあんぐり開けていました。
 台湾人全部が同じ思いだったと言っても
 過言ではないでしょう。」
(楊素秋著「日本人はとても素敵だった」)

(この気絶するような姿というのは、彼の国の軍隊の伝統に由来します。
 彼の国では古来、ヤクザと暴徒と軍隊は同じものです。
 また、日本に帰化したChineseにも、この特徴は残っていて、
 出かけるときに両手や背中に手荷物を嫌というほど持参する人が多いようです。
 もっとも最近の若いChineseは、この限りではないようですが。)

 
ところが、彼らの問題は、
身なりだけではありませんでした。
それ以上に、彼らの腐敗の凄まじさに、
台湾の人々は驚いたのです。

軍人や官僚による、強姦・強盗・殺人、
しかも犯人がわかっていても、
彼らは絶対に罰せられません。
凶悪犯で罰せられる場合でも、
犯人の省籍をマスコミ等で
報じることは禁じられました。

今の日本で在日半島人や大陸人が重大犯罪を犯しても
報道は日本人名で行われるのと同じです。

公共の資材が国民党官僚によって
接収・横領されました。
横領された物資は、
上海の国際市場で競売にかけられました。

そのため台湾の物価は高騰し、
インフレによって企業の倒産が相次ぎました。
短期間のうちに失業も深刻化しました。
不正の少なかった日本の統治を体験した台湾人にとって、
治安の悪化や役人の著しい腐敗は
到底受け入れがたく、
人々の不満が、
いやが上にも高まっていったのです。

昭和22(1947)年2月27日、
台北市の街頭に、ひとりの女性がいました。
闇タバコを販売していたのです。

戦後の台湾では、酒・タバコ・砂糖・塩は、
大陸から来た国民党が
強制的に専売にしていました。

同じ時期の大陸では、
国民党はそれらの自由販売を認めていました。
つまり強制専売は、
台湾の人々から
少しでも財産を巻き上げようとするものであったわけです。

その女性は40歳で、2人の子がいました。
この女性を、国民党の官憲が捕まえました。

女性は土下座して許しを懇願しました。
けれど取締官ら(取締官6名、警察官4名の計10名)は、
よってたかって女性を銃剣の柄で殴打し、
商品および所持金を全部没収しました。

同じ中国人というのに、
なぜ台湾だけが専売なんだ?と、
多くの台湾人がこの措置を差別的と考え、
不満を持っていたところに、
この殴打事件です。

ふだんからたまっている不満に加え、
あまりの仕打ちに、
タバコ売りの女性に同情が集まりました。
その場に多くの台湾人が集まってきました。

すると取締官らは、
今度は集まった民衆に向かって発砲しました。
無関係な野次馬に向かって発砲し、
数名を射殺したうえで、
取締官らは走って逃げたのです。

事件をきっかけに、
市民の怒りが爆発しました。
翌28日には、
自然発生した抗議のデモ隊が、
市庁舎へ押しかけました。
あたりまえのことだと思います。

ところが国民党は、
市庁舎の屋上に機関銃を据え、
武装もしていない市民に向けて、
予告も警告もなしに、
いきなり無差別な機関銃掃射を行ないました。

次々と倒れる市民たち。
掃射で「たくさん」の台湾市民が命を失いました。

たくさんに「」を付けたのには理由があります。
このとき機関銃掃射によって殺害されたり、
傷を負ったりした人たちの数が、
いまだにはっきりとわかっていないのです。
公表もされていません。

これが何を意味するかというと、
殺された市民たちは、
新たな支配者となった国民党にとって、
「人でなかった」ということです。
人でないから数をかぞえる必要もない。
知ろうともしない。

事件が発端となって、
政府関連の諸施設への抗議行動や、
日本語と台湾語を解しない国民党要人に対する襲撃事件が、
台湾全島で頻発しました。

市民たちはラジオ放送局を占拠し、
軍艦マーチと共に日本語で
「台湾人よ立ち上がれ!」と放送しました。
怒りというより、
いいようのない悲しみからの行動です。
涙が出ます。

市民の圧力の前に劣勢となった国民党は、
市民に対話を呼びかけました。
こう書くと、
「政治の冷静な対応カナ?」
と思われるかもしれません。

けれど、そういう期待が生まれるのは、
日本人だからです。
世界はそんなに甘くありません。

国民党は、対話を呼びかけたその一方で、
在台湾行政長官兼警備総司令の陳儀(ちんぎ)から、
当時Chinaにいた蒋介石に対して、
次の電文を打っているのです。

「政治的な野望を持っている市民が、
 大台湾主義を唱え、
 台湾人による台湾自治を訴えている」

「市民が反乱を起こした」
「組織的な反乱」
「独立を企てた反逆行為」
「奸黨亂徒に対し、
 武力をもって殲滅すべし」

そして、彼は援軍の要請をしました。

蒋介石は、陳儀の電報を
なんの検証もなしに鵜呑みにしました。
そして翌3月、
第21師団と
憲兵隊を大陸から派遣しました。

台湾の市民たちは、
日本の法治政治に慣れ親しんでいました。
それを「あたりまえのもの」と考えていました。

だから陳儀の対話姿勢に、
何の疑問も持たずに素直に応じました。

ところが対話姿勢というのは、
ただの時間稼ぎでしかなかったのです。

大陸から援軍が来ると陳儀は、
武器を持たない市民に向けて、
容赦なく発砲をくり返しました。
これにも多数の証言が残っています。

そして裁判官・医師・役人など、
日本統治下で高等教育を受けたエリート層を、
片端から逮捕投獄し、
大陸流の酷い拷問を行いました。
拷問を受けた多くの知識人たちが獄死しました。

さらに街頭には検問所が設けられました。
そして北京語が上手に話せない台湾人は、
全て逮捕されました。

逮捕された台湾人は、
手足に針金を刺し込んで
縛って束ねられました。

これを「粽(チマキ)」と称して
トラックに乗せ、
そのまま基隆港に投げ込んで溺死させました。
これは実話です。

この事件によって、
約2万8000人の台湾人が殺害されました。

それだけではありません。
殺害された台湾人たちの財産は、
すべて国民党の高官たちが個人的に摂取しました。

いま台湾では、
元国民党員たちが、
台湾のお金持ちになっています。
その原点がここにあります。

さらに表向き事件が収束した後も、
日本統治時代を高く評価しようとする者に対して、
容赦のない粛正が行われました。

その後、China本土を中共によって追われ蒋介石は、
台湾にやってきて、
台湾全土に戒厳令を発動しました。
この戒厳令は、その後なんと40年間も続きました。
戒厳令が解除された後も、
国家安全法によって
言論の自由は制限されました。

台湾に「民主化」が実現したのは、
元日本人である台湾の李登輝氏が
総統に就任後のことです。
平成4(1992)年です。
このときになって、
ようやく刑法が改正され、
台湾に言論の自由が戻ってきたのです。
ほんのつい最近の出来事です。

日本は昭和27年に占領統治から外れました。
すくなくとも形の上では
独立国になりました。

ところが、元日本であった台湾は、
戦後73年経った現在においても
いまだに連合国(国民党)による
占領統治が続いています。

国民党が、大陸を追われた政党であって、
帰るところがなくなっているということが、
事態をより一層困難にしているのです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

台湾での二二八大虐殺 (final version)



◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ





関連記事
スポンサーサイト

コメント
台湾の中華民国からの独立=アイヌ・沖縄独立の合法化の動きに注意
小名木さんが支持されている台湾民政府は、国際法に則って確実に動いています。

"2015年2月28日(米国時間27日金曜日)米国連邦地裁に対し、1946年・昭和21年1月12日に蔣介石が出した台湾人の国籍を日本人から中華民国人に強制変更させた命令を取り消せと言う訴えを米国政府及び中華民国政府を相手に提起した。"
その時の動画がこちら
ワシントンDC国際記者会見https://youtu.be/g7rKWhQwZ8M

"ワシントンDCの連邦最高裁に持ち込まれる前の2017年3月30日には連邦高裁で判決の際に連邦高裁の判断として6点が示されている。

掻い摘んでの言えば、以下のようになる。
・ 台湾の主権者は日本、言い換えれば台湾は日本領であり、台湾を日本が中国から泥棒をしたと言うカイロ宣言は紙屑であると断じている。
・ 又、国連は本土台湾人に国籍を与えることが出来ず、本土台湾人は国連憲章の人民自決に基づいて住民投票を要求し独立を目指すことは出来ない。
・ 台湾の地位は日属米占である。"
http://sharetube.jp/article/6841/

台湾問題をはじめ、カタルーニャ問題など国際法を無視した動きが活発化しています。
当然これらを法を無視した形で独立行われれば、全世界は力が全ての無秩序な世界になりますし、
法を整えるなど合法的に進めれば、北海道や沖縄なども合法的に切り取られて行きますので、
これらの動きには注意が必要です。

何故「台湾が中華民国からの独立」が問題なのか。
元台湾独立運動をしていた方が解説していますので是非ご覧下さい。
youtu.be/8971RxY_r7U
2018/03/01(木) 13:00 | URL | 子無零 すこぴお #VkKWEgvc[ 編集]
No title
ねずさん今日は。
台湾は台湾であり、タイリクに呑み込まれるのは困るというのが、
台湾の学生たちのひまわり運動であったと思います。彼らは既に
台湾という自治領が国連公認では無くても、国としての機能を果
たす道を歩いているのでは?国連の汚さを明言するのは得策では
ないので現実的に対処してますねwアメともうまく渡り合ってま
す。ニホンのガイムの方が下手ですね。というか汚染されてる・・。
食料自給も危うくする現政権の農業対策には呆れています。今年
4月からの種子保護法の廃案で、地方自治体がまともで安価な種
子を税金の補助で農家に渡すというシステムが破壊されました。
当然、農産物価格に反映してきます。おまけに3月には生きるた
めに必需であるに水道の民営化解禁。どこまで値段が上がるか?
生命基本のインフラを国が行わなくて何のための国か?の古代よ
り治水が国の根幹です。南米ボリビアでは最低月収の1/4にも及
び暴動が(1999~2000年)当時の政権は民営化を撤廃しましたが
・・その影響はこれから南米をもっと揺り動かすかもしれません。
日本でもいずれ安全な食品は高騰するでしょう。皆さん、自前の
菜園で種子も自採りを考えた方がいいかも?良心的な農家は小農
経営という事で潰される可能性が・・。そのうち、モンサントと
いう問題企業名が上がってくると・・思いますね。
食事は医療よりも大事です。ついでに、太陽活動が昨年来明らか
に低減しており、地球の磁場も弱まり地球の自転速度も遅くなっ
ているそうです。これらは気候の異常と何らかの関わりがあると
思われます。2年続きの不作。農業は地球環境や気候との取っ組
み合いです。この先数十年を考えて、今できる事を思案し動いて
いく時期です。天災国に天災が増えた・・普賢岳噴火より居住地
への被害が増加しました。これは泰平?の夢から覚める時期だと
・・そういう警告だったのかもしれません。天災は続きますよ。
国民の議論を経る事なく、食料自給や治水に係る法案を簡単に廃
棄する中央の政治屋・官僚を簡単に信用できますか?



2018/03/01(木) 04:30 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
確か国民党軍ってのは水道管の通っていない壁に蛇口を何処からか持って来たのを取り付けて「水が出ない」などと騒ぎ立てる連中。常識も何も無い烏合の衆。
2018/02/28(水) 20:04 | URL | Sat #JalddpaA[ 編集]
NHKは「スパイ」?
昨夜NHKで海上自衛隊の潜水艦の紹介がありました。
その放映を見ながら、中国も見ているだろうなと考えていました。

内容は艦内での乗組員の生活であり、特別目くじらを立てるようなものではなかったと思います。

しかし、映像には艦内の計器盤や室内の構造、魚雷の姿まで写っていました。日本の潜水艦を知りたい中国にとっては重要な情報になります。

NHKは最先端技術情報を時々報道します。
こんな情報を流して大丈夫だろうかと思いながら見ています。

その映像だけでは技術を取られるとは思われないが、その技術を開発している企業名などが分かれば「サイバー攻撃」の対象になります。

最先端技術を守りたければ「NHK」の報道に気を付ける必要があると思っています。
2018/02/28(水) 13:39 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
No title
失礼しました。蔡 英文総統は、民主進歩党、略称民進党党首です。前総統である国民党の馬 英九氏も蔡氏も、留学経験を持つ法学博士の学者でもあるエリートです。李登輝氏以降馬氏以外は民進党政権です。現在の台湾の人たちに聞いて回ると、「一つの中国論」にあまり執着していないようです。また地元の大学教授に聞くと、大陸中国とは、互いにつかず離れずがが現実的である、とこのとでした。
2018/02/28(水) 08:34 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク