アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


二人の警察官

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

映画「砂の器」で駐在さんを演じた緒形拳さん
20180312 駐在さん
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
4月1日(日)13:30 第三回名古屋倭塾公開講座
4月7日(土)18:30 第25回 百人一首塾
4月22日(日)13:30 第50回記念 倭塾公開講座
5月5日(土)18:30〜 第26回百人一首塾(公開講座)
5月19日(土)18:30 第51回倭塾(公開講座)
6月9日(土)18:30〜 第27回 百人一首塾 公開講座
6月30日(土)13:30〜 第52回 倭塾 公開講座
 *****

日が経ってしまいましたが、7年前の3月11日、東日本大震災がありました。
マグネチュード9という、たいへんな地震に加え、場所によっては波の高さ10メートルを超える津波が襲い、死傷行方不明者は、あわせて24,590人に及ぶ、たいへんな被害となりました。
深くご冥福をお祈りしたいと思います。
その震災の4日後、産経新聞がひとりの警察官のことを記事で紹介しました。
引用します。

********

「史上最高の駐在さん」
自らを犠牲…市民の命守る
(産経新聞)

東日本大震災で殉職した警察官は宮城県で6人、岩手県で4人、福島県でも1人いる。
市民の命を守るために自らの危険を顧みずに飛び出し、犠牲となった。
津波にのみこまれた2人の警察官の軌跡を追った。

「大谷駐在所史上、最高の駐在さん」。
宮城県警気仙沼署大谷駐在所の千田浩二巡査部長(30)の地域での評判はそうしたものだった。



1517998807




◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑



昨年11月、神社の行事で警備に就いていたとき、お清めとして海に入る住民に交じって自らも海に入った。
地域の人たちにとっても予期せぬ行動だった。
駐在所近くに住む岩下勝重さん(66)は、
「いきなり服を脱ぎだしたのでびっくりした。
 積極的に住民に入ってきてくれる人でした」と話す。

大谷に来て始めた釣りに没頭し、
「老後は大谷に家を買って住みたい」
と話していたという。

地震発生直後、海岸近くに人がいるのを千田さんが発見。
ためらうことなくパトカーを走らせた。
「海岸へ行く」
窓越しに同僚にジェスチャーで伝えたのが最後の姿になった。

千田さんの同僚はパトロールの途中、海から巨大な津波が押し寄せてくるのに気付き、高台の方向に逃げたが、目の端に千田さんのパトカーがのまれ、海に流されていくのが映った。

昨年4月、一緒に駐在所に赴任した妻(30)と長女(4)、長男(3)は無事だったが、津波で駐在所の半分がえぐりとられるように損壊した。
がれきの中からヘルメットが見つかった。
毎日のように町内をバイクで回り、
「困ったことはないですか」
と話しかけていたその声は、今は聞こえない。

宮城県警岩沼署生活安全課の早坂秀文警部補(55)も地震の日、同僚数人と一時約1200人が孤立した仙台空港近くの沿岸部に避難誘導に向かい音信不通になった。

遺体が発見されたのは、3日後の14日午後4時ごろ。
海岸から1キロほど離れた民家の敷地内に倒れていた。
ほかの同僚と、乗っていた車両はまだ見つかっていない。

2人の孫のおじいちゃんでもあった。
仙台市の一戸建ての家の隣に30平方メートルくらいの土地を買い、白い柵で囲われた小さな公園を造った。
その芝生で小学生の孫とキャッチボールに興じるのを近所の人はよく見ていた。

3人兄弟の末っ子。
「家族ぐるみでつきあっていた近所の交番のお巡りさんに『就職難なら警官になれば』と誘われたのがきっかけ」と母の桂子さん(85)は語る。
兄の秀明さん(60)も、
「あまりにおとなしいので、
 務まるのか不安だった」
と苦笑する。

非番の日も地域の講習会に顔を出し、お年寄りらに振り込め詐欺の被害防止策を熱心に説いた。
秀明さんは、
「弟を誇りに思う気持ち、
 悔しい気持ちが半々です」
とうつむいた。

(中村翔樹、奥田翔子)
********

この記事は、いわゆる顕名記事で、記者が自分の名前を明らかにして書いている記事です。
産経新聞の特徴は、このように、堂々と記者が自分の名前を出して記事を書いているものが非常に多い。
どことは言いませんが、世を欺(あざむ)き、嘘八百の記事を堂々と乗せて世間を騒がせるだけ騒がせておいて、まったくそのような記事には、書いた記者の名前がないというのとは大違いです。

日本は古来、
「民こそがおほみたから」
とされてきた国です。

民は、天子様(天皇)の「おほみたから」であり、お上と呼ばれて人の上に立つ人は、その天子様のたいせつな「おほみたから」を「お預かりする立場」という思考と行動をしてきたのが日本という国の古くからの形です。
これは民衆こそが最高の宝とされるという意味において、究極の民主主義と言って良い形であると思います。

世界には、天子様はいません。
ですから人の上に立つということは、イコール、人を支配する立場になる、ということを意味します。
そして「支配する」ということは、生殺与奪の権を持ち、いかようにも下の者を処分しても良いという意味になりますから、収奪はあたりまえ、という社会が形成されてきていたわけです。

西洋では、これに対して市民たちが自由平等博愛を目指して市民革命を起こしたということは、有名です。
一方、東洋社会、とりわけChinaやKoreaにおいては、途中に日本の考えられないような寛大な尽力があったにもかかわらず、21世紀の現代においてさえなお、事実上、中世以前の支配と収奪の社会体制が維持されています。

戦後の日本では、一時期、そういう社会からやってきた人たち、なかでももともと大陸や半島で悪逆非道の限りを尽くしていた共産パルチザンだった人たちに、治外法権が与えられました。
与えたのはGHQです。

そのGHQは、とっくに日本からいなくなっていますが、わずか数年の間に、収奪によって利権と大金を獲得していた彼らは、60年安保を指揮し、70年安保を裏で牛耳り、学生たちを騙して成田闘争を仕掛けさせ、そして日本の省庁や大企業に息のかかった配下を送り込んで、いまなお、日本の裏社会の支配を続けていると言われています。

いまではすっかり様子が変わってしまいましたが、明治時代にうまれた駐在さんというお仕事は、全国のほとんどの地域で、元、お侍さんだった人たちが、任官しました。
駐在さんという制度そのものは、いまの警察官制度と変わりはないのですが、なっていた人が、江戸時代の武士の文化を引きずった人たちであったわけです。

その駐在さんは、全国どこでも、悪党にはめっぽう強くて厳しいけれど、普通の良民にとっては、とても頼りになる、町や村の保安官でした。
そしてその駐在さんたちは、家々をまわり、良好な人間関係をつくり、起きた犯罪に対処する人というより、犯罪そのものが起こらない社会を護る人たちでもありました。

大都市部では、ややもすれば失われがちな、こうした日本の伝統的官憲の姿は、地方では、いまなお、一定の温かみを持って維持されています。
冒頭の警察官も、まさにそのような人たちです。

警察官のことを、マッポとかポリ公と言って、敵対する対象のように言う人がいます。
けれど普通に良い生活をしていれば、これほど頼りになる人たちはいないのです。
つまり、警察官を憎む人は、犯罪傾向のある人達であるということです。

人々がなぜ国家を形成するのかといえば、それは人々が、誰もが豊かに安全に安心して生活できるようにしていくためです。
そのための共同体が国家です。
そしてその共同体の治安を預かるのが警察官です。

福沢諭吉が面白いことを書いています。
「民度が低い国では、警察官は厳しくなければならない。
 民度の高い国では、警察官は慈愛を持って民と接することができる」

江戸時代の江戸は、およそ200万〜250万人の人口がありましたが、奉行所は月ごとの輪番制で、当月を担当する同心は、たったの6名でした。
それでいて、江戸の治安はしっかりと守られていたのです。
いまはどうでしょう。

人は成長するといいます。
人が成長する生き物なら、その人で構成される民族や国家も本来成長するはずです。
けれど、戦後の日本、とりわけ昨今の日本の犯罪の多さを考えれば、日本人の民度はむしろ退化したといえるのではないでしょうか。

しかし日本人そのものは変わっていないとするならば、では犯罪を犯しているような人たちは、いったいどういう人たちなのでしょうか。
本来清潔であるはずの台所で、ゴキブリが繁殖しているのと同じことが起こってはいないでしょうか。しかも大量に。

私たちは、本来あるべき、そのような国の形を、これからしっかりと取り戻していかなければならないと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ





関連記事
スポンサーサイト

コメント
美しき方々
お疲れ様です。
今回ご紹介いただきました自らの命と引き換えに多くの方々の命を救われた警察官の方々の崇高な行いに敬服いたします。
美しいという表現しか思いつきません。
我が国に増殖し続けている害虫の共通点は、私利私欲しか頭に無いことかと思います。この害虫どもを我々は巌となって駆除しなければなりません。

最後に、震災にてお亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。
2018/03/13(火) 09:25 | URL | KK #kpjYxc8I[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク