アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


芙蓉の花

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180401 芙蓉の花
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
4月1日(日)13:30 第三回名古屋倭塾公開講座
4月7日(土)18:30 第25回 百人一首塾
4月15日(日)13:30 チャンネルAJER「古事記に学ぶ日本型経営学」
4月22日(日)13:30 第50回記念 倭塾公開講座
5月5日(土)18:30〜 第26回百人一首塾(公開講座)
5月19日(土)18:30 第51回倭塾(公開講座)
6月9日(土)18:30〜 第27回 百人一首塾 公開講座
6月30日(土)13:30〜 第52回 倭塾 公開講座


ある本からの引用です。
まずはお読みください。
記述は昭和20年8月15日の出来事からです。
(一部ブログ用に単語を変えています。)

===========

日本が負けたとはどういうことだろう。
一人になっても戦うはずではなかったのか。
そのために私達はあんなにも一生懸命薙刀(なぎなた)の練習をしたはずだ。
負けたら玉砕のはずだ。
負けて日本があるなんておかしい。
12歳の少女の頭は大混乱してきた。
私は妹を残して一人また外へと出ていった。

「軍人の父はどうなるのだろう」
「幼年学校の兄はどうなるのだろう」
「この先、私達はどうなるのだろう」
そんなことを考えながら歩いていた校庭の花壇に咲いていた芙蓉の花。
午後の強い日差しを浴びながら、それは静かに咲いていた。
花びらを淡いピンクに染めて、まるで夢のように優しくて美しかった。
そして、このときの不気味なまでの鎮まり。
8月15日の午後は、私の上で驚くほど静かに流れていった。



20180326 イシキカイカク大学


しばらくして学校へ戻ってみると、責任者という感じの軍服姿の男性が全員になにやら小さな包みを渡し始めていた。
「これはいったい何?」
「青酸カリ」
そんな会話が耳に入る。
あぁ、やっぱり玉砕、いや集団自決というのかな。
なぜかほっとする。

「Koreanが日本人を
 皆殺しにするといっている。
 現に街では、
 暴徒らによって
 何百人もの日本人が
 殺されているそうだ。
 覚悟しておいてほしい。
 ベルが三回なったら
 この白い包みの中のものを
 飲んでくれ」

その男性はそう言い残すと出ていった。
着替えをする人、化粧を始める人、もって来た缶詰を食べ始める人、ただ泣いているだけの人、様々だ。
誰かが私と妹にキャラメルをくれた。
しかし、私と妹は母の手をしっかり握りしめたまま、黙ってそのキャラメルを見つめていた。

暑い日差しが西に傾き窓を赤く染め始めた頃、ずっと遠くのほうから何か異様なざわめきが聞こえる。
耳を澄ますと、それは集団となって何かわめきたてている人間の声だ。

「この学校に収容されている
 日本人を殺すと言って、
 大勢のKoreanが
 押しかけてきている」
との情報が伝えられる。

「さぁ薬を飲もう」
「いや、ベルが鳴っていない」
などと騒然となる。

私は窓からその声のする方をじっと見ていたが、やがて、遠くにその姿が目に入るやいなや体中から血の気が引いてしまった。
数百人に上る人々が手に手に竹槍や石をもって大声を出しながらやって来るのである。
校舎のどこかで窓ガラスの割れるすさまじい音が響き渡る。
その場にいた全員が青酸カリを握り締め、ベルの音は今か今かと緊張のあまり震えていた。

その時、
「子供達、集まれ」
と男達が大声で叫ぶのが聞こえた。
私の手を強く握って離そうとしない母の手を振り切って、声のしている校庭のほうへと歩いていった。
二十人近く集まった子供達を前に、校長先生の話が始まった。

「みんなにお願いがあります。
 よく聴いてください。
 Koreaの人達は
 子供のいる前では
 絶対に悪いことをしない
 人達です。
 そういう民族です。
 だから、
 あなた達全員で、
 あの人達の前で、
 『哀号(あいごう)、哀号、
  助けてください』
 と泣き叫んでください」

私はそれを聞いて、真っ先にKoreaの群衆の前に出ていった。
そして、校長先生が言ったように、
「哀号、哀号、
 助けてください。
 殺さないでください』
と泣きながら懇願した。

みんなも続いて口々に叫んだ。
誰もが皆必死だった。
校長先生はひとり
「Korea独立おめでとう」
と叫びながら手を振っている。

私たちの「哀号」の声が裏山にこだましている。
この必死の叫びはKoreaの人々の心に何を訴えることができたのか。
やがて彼らは、私達に何の危害を与えることもなく引き上げていった。

たった一人の校長先生の叡智で大勢の日本人の命が救われ、またKoreaの人達を暴徒とせずにすんだのだ。
この先生の優しく深い微笑みは、私の心に深く刻み込まれている。

「死」に直面していた命が助かったということで、私達の恐怖は一転して歓喜へと変わった。
私は自分の「哀号」の叫びに未だ鎮まらぬ心を抱きながら、学校の裏庭へと出て行った。
裏庭は小高い山の斜面へと続いており、そこに細い道が通っていた。
私は一人その道をゆっくりと歩いていた。

そして次の瞬間息が止まり、恐怖で叫びだしそうになるのを必死にこらえながら草むらの中に身を潜めた。
身体の震えるのを抑えることができなかった。

道の下の方から若い男が五人、まるでお祭りのように大声で歌いながらやってくる。
そしてその男達の持つ棒には全裸にされた女性が逆さまに吊るされている。
二本の棒に片足ずつ結び付けられ、中心には棒が突き刺さっている。
それを神輿のように担ぎながら男達ははしゃいでいるのだ。

女性の長い髪が木の葉の上を引きずられていく。
体中が血に染まっている。
そしてかすかに聞こえる呻き声。
あぁまだ生きている。

どうやって学校まで帰ったのか覚えていない。
この時見た光景は何故か誰にも話さなかった。
だが「一生忘れないぞ」と自分の心に誓った。

この夜、皆はそれぞれ持っている食べ物を出し合って、
「明日をも知れぬ命なのだから」
と宴会のように食べあった。

そうしているうちにも、街のあちこちに火の手が上がり始めた。
日本人住宅や神社仏閣が燃えていると大人達が話している。
一つの火勢が衰え始めるとまた別の所がすごい勢いで燃え始める。

パッと燃え上がる火柱を放心状態で眺めながら、日本は負けたのだと初めて実感する。
皆殺しだといって押しかけてきた村人達、ひとりの女声をなぶり殺しにしようとしていた男達、そして神社にまで火を放っている人々、

いままで「鬼畜米英」と教え込まれてきたが、この時、私の中でその言葉は「鬼畜Korea」という言葉にすり替えられたのだった。

=========


この文は、天内みどり著『芙蓉の花〜北朝鮮引揚げの記録〜』という本のP.24〜P.28を引用したものです。
本は、いま二刷りですが、またたくまに在庫がなくなり、新刊なら1300円の本が、いまAmazonでは古本が1万2,980円もします。

著者は終戦のときに、やっとの思いで満洲の新京駅から日本に帰ろうと汽車に乗るのですが、途中、朝鮮の宣川で下車させられ、8月15日を宣川の日本人学校で過ごしました。
そのときの模様が、上の文です。

その後ようやく日本に帰還するのですが、今度は文中にある妹さんを北朝鮮によって拉致されています。
その実体験を綴ったのが、本書です。



本書は、たいへん公平に、同じ半島の人であっても、日本人にとても親切にしてくれたやさしいオモニたちのことも詳しく紹介しています。
従って決して恨みつらみを書き記しただけの本ではありません。

また、本書は終戦時の帰国時に、苦労をともにした妹のかほるさんが、突然失踪し、それが後にNorth Koreaによる拉致被害であった可能性が大きいことも、きわめて冷静に記述しています。

上に紹介した文では、日本が負けたその当日から、Koreanたちが集団で日本人を襲う様子が描かれています。
このときのKoreaは、すでに日本によって36年間も統治されていたのですから、すくなくとも42歳以下のKoreanは、日本人としての戦前の教育を受けていた人達です。

にも関わらず、日本が負けたと知るやいなや、瞬時にして暴徒となって集団で、日本人を襲いました。
彼らの襲撃というのは、日本人にはおそらく想像もつかない激しいもので、とにかく目につくもののすべてを持ち去ってしまう。
略奪するときにでも、どれにしようかなと、つい選ぼうとしてしまいそうなのは、我々が日本人だからで、KoreanやChineseの略奪は、机でも椅子でも、済んでしまえば、まるで引っ越しでもしたあとかのように、何もかも奪い去ってしまうというのが、彼らの流儀です。

そしてこのとき、女性であれば年寄りや子供でも暴行の対象になるし、裸にした女性の股に棒を刺すというのも、彼らの伝統芸と言ってよいほど、他の当時の記録の随所に登場します。
人の身体を、モノとしか思うことができない。

日本人としてのしっかりとした教育がされたあとでさえも、彼らの獣性は何も変わらなかったし、このことは、戦後73年間、日本に住んで日本の教育を受けてきていながら、相変わらず獣のような犯罪を連続して犯す(どの民族とはあえて言いませんが)彼らの姿を見れば、民族の血というものの持つおそろしさというものは、決して変わることがないのだということが理解できようかと思います。

また、「哀号」と言って土下座して号泣すれば許すという性癖も、彼らの特徴です。
どちらが上か、どちらが下かという上下関係でしか物事を見ることができない彼らは、自分が上だという実感を得ることができれば、収まる場合もあります。

この心理を、あたかも日本人の生態であるかのように誤認させた『謝罪の王様』という映画がありましたが、日本人には理解できない行動パターンです。
なぜなら日本人には常に「一寸の虫にも五分の魂」という心理が働くからです。

上古の昔から天皇という存在によって、民がおほみたからとされてきた日本には、民族のDNAとして和の精神が根付き、また身分や立場や上下の関係を越えて、人として対等という共通心理があります。
だから土下座しようがしまいが、相手が下出に出ようが出まいが許せないものは許せないし、たとえ宿敵であったとしても敵に塩を送るのが日本人の一般的社会通念です。

そしてそうしたことがあたりまえになっているのは、日本に天皇という存在があったからです。
このことを、私達は、もう一度、日本社会全体として、しっかりと認識し直さなければならないと思っています。

犬は犬種によって、その習性がまったく異なります。
このことは、犬が育った環境とはまったく関わりがありません。
個体としては、それなりの行動をとったとしても、犬種の持つ性質は、犬種ごとに完全に異なります。

残念ながら、人間もおなじ哺乳類であり、人にも人種や民族による違いがあります。
これは個体の問題とは異なるものです。

およそ社会を考えるときには、個人にとっての美徳は、常に集団にとっての悪徳となります。
逆にいえば、個人にとっての悪徳は、集団の美徳や利益になる、ということです。

差別はいけないことだと思います。
しかし、この事を踏まえた区別は、日本が豊かで安心して安全に暮らせる国であるためには、絶対に必要なことであることを、あらためて申し上げたいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~





関連記事

コメント
ブラック国会
政府は「働き方法案」を提出するそうです。
私は中身を知らないので批評は出来ません。
労働者を守るための法案だろうとは思います。

しかし、その前に「国会審議」の在り方を改善すべきではないか。
森友問題で証人喚問に応じた「佐川前理財局長」が言っていました。

野党の連日の質問や書類開示要求に対応しきれなかったと。
官僚が野党の質問対応に追われ、佐川氏の国会答弁もまともにできなかったことを国会議員はどう考えているのでしょうか。

国会での質問事前通告は期日が決まっています。
しかし、野党は意図的にそれを守らない。
これでは官僚に深夜残業を押し付けるブラック国会ではないか。

ブラック企業を批判する前に「ブラック国会」を改善するのが先でなないでしょうか。

野党の皆さん答えて下さい。
財務省の文書書換をやらせたのは、まともな答弁書を作らせなかった野党の責任ではないですか。
2018/04/01(日) 13:49 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
鬼畜Korea&Chinese
お疲れ様です。
股に棒を… 通州事件などと同様の非道狂行…
鬼畜Korea&Chinese、我々日本人は決して許容することはできません。
2018/04/01(日) 13:27 | URL | KK #TEiPOCfc[ 編集]
小名木先生
お早うございます。
重たいお話を読みながら体が震えてきますが寒い訳ではありません。
朝に開花した芙蓉は夕方には萎んでしまいます。
実に儚い命です。
しかし、新しい花を毎日次々と咲かせます。
何かを教えられている…芙蓉の花を眺めているとそんな気がしてなりません。
2018/04/01(日) 07:39 | URL | 竹千代 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク