アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


果敢に戦った私達の先輩たち

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

B29といえば、先の大戦のときに「超空の要塞」と形容された、当時にあって世界最先端の爆撃機です。
史実を調べてみると、B-29の総生産数は3,971機です。
我軍は、はるかに性能がおいついていないとされた戦闘機で、そのうちの2709機が損傷、512機を撃墜しています。なんと81%を損耗させています。


B-29
B29
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
4月7日(土)18:30 第25回 百人一首塾
4月15日(日)13:30 チャンネルAJER「古事記に学ぶ日本型経営学」
4月22日(日)13:30 第50回記念 倭塾公開講座
5月5日(土)18:30〜 第26回百人一首塾(公開講座)
5月19日(土)18:30 第51回倭塾(公開講座)
6月9日(土)18:30〜 第27回 百人一首塾 公開講座
6月30日(土)13:30〜 第52回 倭塾 公開講座


B29は高度1万メートルの上空を、100機から500機の大編隊でやってきて、地上に焼夷弾の雨を降らせました。
当時の日本の家屋は木造です。
その木造の家屋が密集している大都会に、雨あられと焼夷弾が降ってくるとどうなるか。

その焼夷弾は空中で四分五裂し、バラバラになって地上に落下するようにできていました。
それが家々に突き刺さり発火しました。
この爆撃によって、日本では約55万9千人の死者が出ました。

これは誰がどうみても、非戦闘員への無差別攻撃です。
つまり明らかに戦時国際法違反となる行為です。
広島と長崎に原爆を落としたのもB29です。

 ***

20180326 イシキカイカク大学



B29の正式名称は、ボーイングB29スーパーフォートレス(Superfortress)といいます。
日本語に訳したら「超空の要塞」です。
名前だけ聞いたら、アニメの宇宙戦隊ものか、ゲームに出てくる空飛ぶ要塞みたいです。
しかしB29は、まさに超空の要塞にふさわしい大型爆撃機でした。
全長30メートル、全幅43メートル。
2200馬力のエンジンを4機積み、プロペラは4発で、最大速力は最大速力は時速581キロに達します。

しかもその周囲には、20㎜の機銃1門と、12.7㎜の機銃が12門備え付けられ、どの方位からの攻撃にも完璧な迎撃態勢を敷くという、まさに空飛ぶ要塞そのものでした。

米国はB29の大編隊を、最初は英国に送りました。
ところが偶然ドイツ空軍がその大編隊を発見します。
ドイツはびっくりして、慌てて迎撃用のジェット戦闘機の開発を急がせています。
それが「Ta183」です。
Ta183
Ta-183


このTa183は、結局完成には至らなかったのだけれど、その技術は戦後米国に引き渡され、以後のジェット戦闘機の時代を築きました。

一方、いったん英国に集結したB29は、ヨーロッパ戦線に投入されませんでした。
どういうことかというと、実は、この前年である昭和18(1943)年8月に、ケベックで、米国ルーズベルト大統領と、チャーチル英首相が首脳会談をひらき、中国への支援続行と、ビルマ方面での作戦、対日無差別絨毯爆撃の実行などを決めたのです。

つまり米軍の動きとは別に、ルーズベルト大統領ははじめからB29を用いた無差別絨毯爆撃を対日用に限定して実施すると決めていたのです。
要するに、同じ白人同志の戦いには、こうした明白な戦時国際法違反の軍事行動は、後後のためによろしくないとされ、その使用は、あくまで「黄色い猿」に対してのみ行うという考えであったのです。

先にB29の引退について述べると、対日戦線で猛威をふるったB29は、その後の昭和25年に起きた朝鮮戦争で、ソ連製のジェット戦闘機のミグにさんざん撃ち落とされ、結果、引退を余儀なくされています。
ミグ戦闘機の最大速度は、B29の2倍ほどもあり、また実用高度は1万5千メートルと、これまたB29より、1.5倍もの高高度での飛行が可能です。
ジェット戦闘機が登場することで、B29は超空の要塞ならぬ、低空で飛ぶのろまな、ただの的(まと)になったのです。

ちなみに終戦の少し前、日本では、B29対策にジェット戦闘機が開発されていました。
こちらはドイツ軍と異なり、実際に完成に至っています。
それが中島飛行機が開発した橘花(きっか)で、燃料はなんと松の木の切り株を乾溜させた松根テレビン油でした。
「そんなしょうもない油で」と思われるかもしれませんが、この油は後年、フランスがロケットの打ち上げエンジンの油として用いられています。おかしなものではないのです。

橘花(きっか)は、昭和20年8月7日にはテスト飛行が行われ、終戦時には数十機が量産体制に入っていました。
終戦があと半月遅れていたら、昭和20年の段階でB29は、大空ののろまな的になっていたのかもしれません。

 ***

さて、英国にいったん集結したB29は、昭和19(1944)年6月に、China内陸部の成都にはいりました。
そして準備を整え、昭和19年8月20日に、日本本土空爆のために約100機の大編隊で飛び立っています。

この大編隊は、済州島の上空約8千メートルで、同島にあった陸軍の電波探知所によって発見されました。
電波探知所は、緊急無電で、本土防衛制空部隊に「謎の大編隊迫る」と報告しています。

連絡を受けた陸軍飛行第4戦隊は、直ちに「隼」「屠龍」「疾風」「飛燕」等の新鋭戦闘機に分乗し、曽根、芦屋、雁ノ巣、板付、大刀洗の各陸軍飛行基地から迎撃発進しました。
そして両者は北九州上空で会戦となりました。

B-29は、上下左右といわず、飛行中に全方位からの攻撃に迎撃できる性能をもった空の要塞です。
そのB29が、100機の砲門を全開にして弾幕をはりました。
その弾幕をかいくぐり、日本の戦闘機がB29に果敢に突撃しました。
そしてたちまち13機のB29を撃墜させてしまいました。

このときのものではありませんが、日本の戦闘機とB29の戦いの模様を、当時中学一年生だった北九州の齋藤茂夫氏が手記に書いていますので紹介します。

「8月20日は日曜日で、
 特別な動員命令も下されず、
 学校は休みであった。

 私は午前中は
 大豆畠の草取り等の
 農作業に精を出し、
 午後からは近所の友達の
 加藤清さんや古川喜一さん等と
 直ぐ近くの城瀬の海岸に
 泳ぎにいった。
 そして魚を釣ったり、
 さざえ、あわび、トコブシ、
 うに、みな等を採った。
 当日は日本晴れで、
 波も静かで絶好の磯日和であった。

 当日何時もの様に磯をしていると、
 軽い爆音が聞こえたので見上げると
 約8千メートルの上空を
 真っ白い飛行機雲を
 たなびかせながら、
 3機又は4機編隊で、
 東南東に飛行する
 B29を目撃した。

 もちろん北九州方面爆撃の
 侵入であることは直ぐ解った。
 非常に悔しいが
 いかんともなしがたく、
 出来ることは
 ぐっと睨みつけるだけであった。

 そしてまたしても無差別爆撃で
 無辜(むこ)の乳幼児や
 婦女子等の非戦闘員が
 沢山虐殺されるのかと思うと
 非常に強い憤りを
 憶えずにはいられなかった。

 私はその時、
 しばらく泳ぐのを忘れて
 飛行するB29の
 編隊を見上げていた。

 それはB29の描き出す
 真っ白な飛行機雲が、
 真っ青な空に鮮明に際立ち、
 とても美しかったので
 見惚れていたのである。

 その後私は再び磯を続けた。
 暫くして南の空から
 激しくキーンと云う爆音や、
 ダダッという銃撃音が
 聞こえてきた。

 見上げると多くのB29が
 編隊を乱して
 北に向かって飛んで来た。

 更に良く見ると、
 豆粒の様な我が戦闘機群が
 逃走するB29を
 縦横無尽に攻撃していた。

 壮絶なる空中戦闘が
 展開されているのである。

 私達は機銃掃射を避けるべく
 慌てて付近の岩陰に避難して
 更に繰り広げられる空中戦闘を
 手に汗を握りながら見上げていた。

 空中戦闘が始まった頃、
 加唐島上空辺りで
 我が戦闘機1機が黒煙を吐き
 高度を下げながら南の方向に
 飛行するのが見られた。
 空中戦闘で不覚にも
 被弾したのである。
 私は此の戦闘機が
 無事帰投する事を
 祈らずには居られなかった。

 やがて朦々たる
 黒煙に包まれて
 火達磨になった
 B29が接近して来た。

 良く見ると隼戦闘機が
 上に成り下になりして
 執拗に攻撃を加えている。

 B29は高度をグングン
 下げながら初山村の
 当田海岸に接近した時、
 数個の落下傘が開いた。

 火達磨のB29は更に飛び続け
 久喜の西側の小山の端陰に隠れ
 私の視界から消えた。

 1分~2分の後、
 初山村方面から
 大きな爆発音が聞こえ、
 同時に黒煙が中天高く
 立ち上るのが、
 城瀬の海岸からも
 明確に見えた。

 私は小躍りして、
 手を叩き歓喜を上げて喜んだ。

 純粋培養の皇国小国民である私は
 不逞にも皇土を犯したり
 窺おうとした憎き奴等の
 当然の末路であると思った。

 生田伍長機の「隼」は、
 初山上空を2~3周して
 B29撃墜を確認して
 南方向に飛翔帰投した。

 私は鬼神をも哭かしめる
 生田伍長の阿修羅の如き奮戦に
 最高の賛辞を送るとともに
 飛び去る生田機を
 涙に潤む目で見送っていた。

 9月に入り中学は
 2学期が始まった。
 何日か後の或る日、
 学校帰りに初山村の
 墜落現場を見学に行った。

 現場は墜落してから
 日数を経過していたので、
 残骸等は大方片付けられていた。

 何か戦利品は無いかと
 付近を探したら、
 弾丸の欠片と
 焼け焦げた英文の
 書類片を発見したので
 拾って持ち帰った。」

たまに聞かれる話なですが、次のように言う人がいます。
「B29の編隊が日本の上空にやってくる。日本の戦闘機が迎撃に向かうのだけれど、日本の戦闘機の最高高度は、せいぜい6千メートル。高度が全然届かないし、速力が違いすぎて、追いつくこともできなかった。
加えて、B29は、飛行機の周囲360度に死角のない完全武装だったから、迎撃に向かった日本の飛行機は、見る間に上空から撃墜されて、まるで歯が立たなかった。」

ところが史実を調べてみると、B-29の総生産数は3,971機です。
そのうち512機が撃墜されています。(一説によれば714機)
そしてのべ2707機が損傷し、乗員の戦死者は2982名にのぼっています。
米軍の場合、自軍の飛行機は、戦闘不能状態になっていても、とにかく戦地を離脱できた飛行機は撃墜の数に入れません。
従ってここでいう撃墜は、まさに日本上空で撃墜されたB29の数字です。
そして3971機のうち、2709機が損傷、512機が撃墜ということは、生産されたB29のうち、81%が日本側の航空隊によって、損耗したということです。
なるほどB29と日本のプロペラの戦闘機では、性能差が圧倒的です。
にもかかわらず、具体的な数字を見る限り、日本は実によく戦ったといえるのではないでしょうか。

上の目撃談に出てくる生田憲生伍長の操縦していた飛行機は「隼(はやぶさ)」です。
そうです。あの加藤隼戦闘隊の「隼」です。
「隼」は、全幅約10メートル、全長約9メートル、最大速度515Km/hの飛行機です。

隼


この日、生田伍長は、僚機とともに福岡上空で索敵中に、約5千メートルの高度で逃走するB29を捕捉しました。
生田機は限界高度である高度約5500メートルの上空でB29の後方に舞い上がり、B29の背後から機体に12.7ミリ機関砲を叩き込んでいます。

そして更に反転して、今度はB29の真っ正面から、銃撃を浴びせました。
B29は、炎上し、高度を下げながらも、なおも飛行を続ける。
生田機は、逃走するB29を確実に撃墜すべく、壱岐上空まで追撃して、更に弾丸を発動機に叩き込んでいます。
猛火に包まれたB29から敵の飛行士7名が、落下傘で脱出しています。
そしてB29は初山村・梅津新田の山中に墜落し、爆発炎上しました。
生田伍長は、初山村上空を2周して撃墜を確認した後、母基地に凱旋帰投しています。

B29から降下した米兵のうち、2名は死亡だったそうです。
そして5名が憲兵隊に捕獲され、壱岐要塞司令部の営倉に連行され、翌日福岡の油山捕虜収容所に護送されています。
この5名は、この日のすこし前に、北九州各都市を無差別に爆撃して、数百名の住民を虐殺した兵です。

当時、米軍の中では、日本軍に捕虜になったときには、大人しくしていれば、危害を加えられる心配はない、という指導がなされていたそうです。
なるほど一部には、名古屋の岡田資(おかだたすく)事件のように、捕獲した米兵を斬首している事件もありますが、これは戦後のBC級裁判ですら、米軍側が「名古屋空襲は無差別爆撃であり国際法違法である」との見解を導き出しています。

つまり「一般市民を無慈悲に殺傷しようとした無差別爆撃の搭乗員は、ハーグ条約違反の政争犯罪人であり、捕虜とはいえない」のです。
東京大空襲による死者
東京大空襲による死者


北九州で逮捕された米兵5名のその後については、てもと資料がないので、どうなったのかはよくわかりませんが、ただ、ひとつ、このときに墜落したB29の乗組員のうち、亡くなられた2名の米兵は、日本軍と地元住民とで、現場付近で丁重に埋葬され、十字架を立てて野辺の草花が供えられました。

これは壱岐要塞司令官であった陸軍少将、千々波幸次将軍(陸士26期・陸大38期)が、副官に命じて埋葬させたもので、戦後の昭和20年末、埋葬された米兵の遺骨は、進駐軍が掘り出して米国に持ち帰っています。
このとき進駐軍の上官は、日本軍が丁重に葬った正義と温情に対して、感謝の念を伝えています。

圧倒的な機体の能力差があっても尚、果敢に立ち向かった私達の先輩たち。
そして撃墜し亡くなられた米兵に対しても、きちんと埋葬し、野辺の花を手向けた私達の先輩たち。

すくなくとも、そういう日本人の心は、これから先、日本が日本である限り、ずっとずっと大事にしていきたいものだと思います。


※この記事は2010年4月の記事に加筆して再掲したものです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~





関連記事
スポンサーサイト

コメント
No title
はじめまして。
この記事と「果敢に戦った私達の先輩たち」を読ませていただき、思わず涙が出てしまいました。高齢で亡くなった近所のお爺さんの戦時中の話で、南方に行った日本兵は現地の人に尊敬されていた、という話を聞いていた時は半信半疑でした。先の戦争の悲惨さと軍国主義の恐ろしさばかりを教えられてきた身として、感慨深いものがあります。
今年の戊辰戦争150年関連で、当時賊軍と言われた東北諸藩の歴史を学ぶ機会が持てて、士道を貫いたと一言で片づけていた現実が見えてきたとき、この記事を読んで、改めて日本人が受けついでる精神の奥深さに思い至っています。文武両道と人格形成はリンクしていたという、読んだ本の言葉が蘇ります。
教育は知識や技術の高低を争うものではなく、人の営みを大切にできる実践者を作ることですね。江戸の昔から培ってきた士道の賜物「公に殉ずる精神」は軍国主義とは別ものだと思ってます。
2018/04/24(火) 16:05 | URL | すっぱいリンゴ #-[ 編集]
No title
ねずさん 今日は。ドイツも1942年から容赦なく空爆されてます。
欧州における空爆は、英が強攻を主張し米が合意という感じですか。
ベルリン・ハンブルグ・ドレスデンなどが空爆を受けてますが、他の
地域や道路などのインフラも破壊され、そのことにより庶民や収容所
の人々のガ死率が上がったという説も。ドレスデン空爆(1945.2/13~
14)では市街の85%消失と・・人的被害は2.5~15万人と不詳。英国は
ドイツによる空爆ザ・ブリッツを受けておりロンドンなどは57日連続
で空爆されていたお返しでしょう。ベルリン陥落時はベルリンだけで
旧ソ軍によるドイツ女性被害10万人・・対してレニングラード包囲戦
で庶民100万人とも言われる被害とや旧ソ兵捕虜の送られた強制収容
所での高い死亡率・・つまり軍人ではない、あるいは戦闘できない者
達への攻撃・・コレはシロ同士の方が苛烈では?
欧州は血みどろの中から国家形成してきた土壌。当時のアメリカ兵の
出自で最多が英国、次いで独。その出自の血脈は数百年の争いの結果
であり逆らい難いものです・・当時のアメリカ人なら尚の事。アメリ
カ内部で、独系の子供達の参加した式典にはアメ国旗とナッチ~国旗
が並んでいましたし・・映像が残ってます。ドイツ本土への空爆には
語られぬ葛藤があったでしょうね。そうすると、アメ軍としては別の
攻撃対象を提示し戦闘意欲を維持させ続けなくてはならない。・・そ
こに日本人がいたわけです。アメリカ大陸のネイティブともどこか似
ている人々が。一神教徒の〇か✖かという二元論の洗脳はココでも威
力発揮~。単なる肌のイロ問題と捉えない方がいいと思いますよ。
・・・そして英映画”チャ~チル・・・・”(2017年)ではアカデミ~
主演男優賞受賞。さて、コレはドコに対するプロパガンダであり、ド
コに対する応酬か?公開は英米カナダ日ww独映画”帰ってきたヒ〇ラ
~”(2015年)公開は独・日ww・・コレ本当かな~w・・日本って
のは面白い立ち位置にいるんだな~と思いますよ。明らかではないけ
れど、ネットとDVDではどういう広がり具合なのかな~?w

2018/04/09(月) 02:40 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
罪の意識などあるわけがないアメリカ
何十万の一般市民の頭上に焼夷弾をばら撒ける彼らの感覚は、インディアンを征服するときと同じだったと思います。日本人(もっとも生意気な有色人種)を焼き尽くすことに抵抗などない。用意周到な対日爆撃計画がアメリカの本心を表しています。
B29は戦争犯罪の象徴です。B29に果敢に向かっていった日本軍機は我々の誇りです。
無差別殺戮を犯したB29搭乗員に対しても日本人は武士の情けを示しました。
私達が忘れてならないことと改めて感じました。
2018/04/08(日) 21:45 | URL | 里の牛 #-[ 編集]
ねずさんの方が正しいのではないかね!
https://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160623/dms1606231550005-n1.htm
先の戦争におけるB29の被害機数はあまり知られていない。本土空襲にきた約3万機のうち、何と、陸海軍の本土防空部隊によって485機が撃墜され、2707機が撃破されていたのだ。

大東亜戦争の開始直後と空母の大半を失った終盤の本土空襲時の状況を糞味噌にするようじゃおかしいナア。

米軍は基本的に絶対安全になってから空襲するチキン部隊。1945年にはもう本土を守るゼロ戦がほとんどないことを知って空襲しているわけだ。

しかし、まだ本土決戦に備えた空軍機が残っていた。垂直に高度1万mを超えて折り返して上から打ち下ろす戦法の部隊。保江邦夫教授の父親がそうだった。

そういう航空部隊が小倉にあったから、小倉目標のB29が長崎に原爆を落とした。

数は少なくても、精鋭部隊が本土空襲を防御し、かなりのB29を撃ち落としたのは間違いない事実。

米軍の記録はいまの財務省のようなもので、都合の悪いことは全部書き換えている。そんなものを信じても何の価値もない。いまのような米人ではなかった。

当時のアメリカは、人種差別があり、アジア人と白人の婚姻は違法行為だった。不動産も買えない。そういう時代での戦争だ。

あまり馬鹿げたデータにとらわれるべきではないぞ。
2018/04/08(日) 18:59 | URL | KI #-[ 編集]
戦果判定、評価の難しさ
> 米軍の場合、自軍の飛行機は、戦闘不能状態になっていても、とにかく戦地を離脱できた飛行機は撃墜の数に入れません

というのは概ね正しいと思うのですが(米軍側が敵を撃墜した場合の判定の基準がこれだから)、「512機が撃墜」というのは「撃墜」ではなくて「Combat losses=戦闘による喪失」ではないでしょうか。これは作戦飛行中の故障による未帰還(B-29は故障が多かった)、B-29同士の衝突による墜落(低空からの夜間無差別空襲では大編隊による密集飛行が多かった)も含みます。あと多かったと思われるのは、日本軍からの攻撃によって被害を受け、戦場を離脱することになるも(主が書いているとおり、撃墜にはならない)、サイパン、テニアン、グアムにまでたどり着けなかった場合です(たどり着いたけど被害甚大で廃棄になったものはよく分からない)。

戦後にまとめられた『米国戦略爆撃調査団報告書』では、日本軍による撃墜が147機、事故を含む他の原因による喪失が267機、延べ出撃数に対する損耗率は1.32%程度となっていますが、戦果判定はもともと難しく、自軍の被害判定でも未帰還は確実でもそれが敵による撃墜か事故かは、味方に目撃者がいなければ確実には分かりません。

> B29のうち、81%が日本側の航空隊によって、損耗したということです。

ただ、この評価はどうかとは思います。まず、「2709機が損傷」というのが分からない。「損傷」というのが「何らかの被害は受けたが作戦行動に影響ない」だとすれば、防衛側としては撃退としたことにはなりませんし、損耗を強いたとも言えません。作戦不能で戦場を離脱した場合、「撃破」と表現されます。次に瑣末なことながら「航空隊」よりは「高射砲」の方が戦果を挙げていると推測されます。少なくとも航空隊だけが活躍したわけではありません。最後に上述の「損耗率は1.32%程度」という評価とのかい離です。

仮に「B-29を3971機すべて撃墜した」としても、「本土爆撃をさせずにシャットアウトした」というのと「跳梁跋扈を許し、日本は焼け野原になったけど最終的には何とか撃破した」というのでは評価はぜんぜん違います。ちなみに「損耗率は1.32%程度」というのは対日作戦トータルの話で、東京や中島飛行機などの拠点空襲においては5%程度、北九州では20%以上になる作戦もあり、この数字もも鵜呑みにしていいものではありません。

ちなみにちなみに朝鮮戦争におけるB-29は延べ出撃回数約21000回で 損失数34機なので、損耗率0.16%程度。MiG-15は航続距離が短く、出撃基地である中国、ソ連から飛んでくると北朝鮮上空での行動時間に制限があり、飛行区域も中朝国境付近だったために、それ以外の空域でB-29の出撃回数は減っていません。またB-29は被弾したとしても韓国領域(国連軍占領地域)に不時着、脱出すればよいので、人員被害はさらに少なくなります。

まあ、それでもMig-15の戦闘力は強力なので、マッカーサーが主張したように中国領域に侵入しての爆撃(原爆投下)を行おうとすれば、米爆撃団は大きな被害を受けていたかもしれませんが。

朝鮮戦争の戦果報告は米軍発表のものと、モスクワ発信のものではまるで違うので、これも十分な吟味検討が必要です。
2018/04/08(日) 12:59 | URL | ストライカー #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク