アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


たけると石黒小右衛門

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

過去にご紹介したことがあっても、機会を見ては繰り返しご紹介していきたいのが、涙の杉坂峠の石黒小右衛門のお話です。
この物語は江戸時代に大洪水後の復興のためにと、幕府の命令よりも民を重んじて自ら腹を斬った代官の物語です。
武士の忠義とはなにか。
現代日本では、武士の忠義を、単にお上に使える、上に従順であることだと履き違えている人が多いです。
しかしここは民をこそ「おほみたから」とする日本なのです。
そのことをはっきりと示しているのが、この石黒小右衛門の物語です。


杉坂峠
20180409 杉坂峠
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
4月15日(日)13:30 チャンネルAJER「古事記に学ぶ日本型経営学」
4月22日(日)13:30 第50回記念 倭塾公開講座
5月5日(土)18:30〜 第26回百人一首塾(公開講座)
5月19日(土)18:30 第51回倭塾(公開講座)
6月9日(土)18:30〜 第27回 百人一首塾 公開講座
6月30日(土)13:30〜 第52回 倭塾 公開講座


石黒小右衛門は、元禄2年(1689)年、美濃国(岐阜県)で生まれた人です。
長じて京都町奉行所の与力となりました。

時代劇などで、江戸時代の町奉行所には奉行、与力、同心がいたことは、みなさまよくご存知のことと思います。
与力は、禄高二百石、拝領屋敷が200~300坪。
同心は与力の配下で、30俵2人扶持で、拝領屋敷が100坪でした。
必殺仕掛人シリーズに登場する中村主水(藤田まこと)は、同心ですから、与力の部下ということになります。

さて石黒小右衛門は、たいへんまじめで有能な男でした。
そこで京都所司代の土岐丹後守頼稔(ときたんごのかみよりとし)は、延享元(1744)年に石黒小右衛門を勘定吟味方に出世させています。
これは与力の中の最重要職です。

寛政2(1749)年、60歳になった石黒小右衛門は、長年勤めた勘定吟味役を離れて、美作国・鹿田(現・岡山県真庭市落合町鹿田)の4代目の代官に就任しました。
これもまた長年の石黒小右衛門の裏表ない勤務態度に、上司の京都所司代が推挙して抜擢してくれたおかげでした。

ところが代官に赴任して7年目の宝暦5(1755)年9月、石黒小右衛門67歳のときのことです。
大雨で旭川が増水し、堤防が決壊して各地に大水害をもたらしたのです。
なかでも向津矢村(むかつやむら)の被害は深刻で、37戸のうち2戸を残しただけで、あとは全部家屋が水に流され、収穫間近だった田畑も全滅してしまいました。
もちろん、村人も、家畜も、たくさんの命が失われてしまっています。


20180326 イシキカイカク大学



石黒小右衛門は代官として、自分の足で各所の被災状況を視察して回りました。
そして自ら陣頭指揮をとるとともに、各所の非常用の備蓄米を各村に分けて、村々の復旧に努めました。
しかし壊滅的な被害となった向津矢村だけは、どうにもなりません。
とにもかくにも、何もかもが流されてしまっていて、今日明日の食はおろか、次の収穫の見込みも立たないのです。
代官所で所轄する備蓄米にも限界があります。

やむなく石黒小右衛門は、幕府に救いを求めようと、江戸表に使いを送りました。
ところが一日千秋の思いで待っても、幕府からの返事がありません。
何度めかの催促のあと、ようやく幕府から出た指示は、
「向津矢村の復興はあきらめて、村民全員を遠く離れた日本原へ移住させよ」というものでした。

しかし村民たちにしてみれば、たとえ洪水で流されたとはいえ、先祖が眠り、長い間耕し守り続けてきた土地なのです。
なんとしてでも、村の復興を優先させたい。
しかし近隣の村々からの救援物資も、すでに底をつきかけているのです。

「それでも」と迫る村民たちの並々ならぬ思いを前にした石黒小右衛門は、向津矢村の復興を決断しました。
彼は向津矢村の結神社(むすびじんじゃ)に村民たちを集め、代官所が全責任を持って向津矢村の復興を成しとげ、その目処がつくまで、租税を半分免除すると言い渡しました。

彼は言いました。
「働くことは、
 一村一家を、
 もう一度立て直すための
 原動力である。
 真に家業に精を出せば
 神々は必ず守ってくださる。」

そして一首の和歌を村人たちに与えました。

 心だに誠の道に叶ひなば
 祈らずとても神や守らん

お代官様の石黒小右衛門のこの決意に、村人たちは感激しました。
人の気持ちというのは、強いものです。
災害に打ちひしがれていた村人たちは、そのお代官様の言葉を前に、一致団結して、その日から昼夜を問わず復旧作業に取り組みはじめたのです。

それは食べるものも決して十分ではない中での復興工事でした。
お腹は空きます。
誰もがガリガリにやせ細りました。
それでも、村人たちは、未来への希望に胸を燃やして、頑張り続けたのです。

村人たちの必死の努力は見事に実りました。
およそ一年後には、土砂に埋まった農地も、ほぼ災害前の姿を取り戻すようになったのです。

しかし石黒代官の行動は、幕府の許可なしに行ったものです。
村人たちの復興を見届けた石黒小右衛門は、事情を幕府に報告して改めて向津矢村での生活の許可を受けるために、江戸に向かいました。

ところが幕府の下した裁定は、
「命令違背、越権行為」
というものでした。

江戸からの帰り道、石黒小右衛門を乗せた駕籠(かご)が、ちょうど杉坂峠に差し掛かったとき、一台の急ぎ駕籠(かご)が追い抜こうとしてきました。
当時の習慣では、武家の乗った駕籠は、みだりに追い越すものではりません。
みだりに追い越せば、斬り捨て御免もやむなしです。

石黒小右衛門は、追いついてきた駕籠を停めて行き先と用件を尋ねました。
それは石黒小右衛門への「代官罷免」の上意を告げる早駕籠(はやかご)でした。

「罷免(ひめん)」となれば、当時のしきたりによれば、その咎(とが)めは、石黒小右衛門ひとりにとどまらず、石黒小右衛門を代官に推挙してくれた京都所司代の土岐丹後守様にも及びます。
さらにそれだけでなく、後任の代官は、当初の幕府の命令の実行をしなければならず、それはせっかく村人たちの努力で復旧させた向津矢村の村人たちが、日本原へ強制移住させなければなりません。
そんなことになったら、せっかくこれまでのまる1年、お腹を空かせながらも村の復旧工事を続けてきた村人たちの努力さえも水の泡です。

「かくなるうえは、
 自分の一死をもって
 全責任を負う他はない」

石黒小右衛門は、駕籠の中で腹を斬りました。
血で駕籠を汚さぬよう、腹にはきつくサラシを巻きました。

人間、腹を斬っても、そう易々とは死にません。
だから普通なら、長く苦しめることがないように、介錯人がいて途中で首を刎ねるのです。
しかし彼は、広い世間にたったひとつ遺された、駕籠の中という狭い空間の中で、ひとり腹を斬り、そのまま駕籠に揺られ続けました。

代官所に駕籠が着き、お呼びしても代官様が降りてこない。
不思議に思って駕籠の戸を開けたら、そこにはすでに息絶えた石黒代官の変わり果てた姿がありました。

石黒代官の亡きがらは、鹿田村の太平寺に葬られました。
知らせを聞いた向津矢村の村民たちは、石黒代官の厚い恩に報いるべく結神社の境内に末社(神社に付属する小さい神社)を建て、そこを石黒神社と名付けました。

それから三百年。

村人たちが参拝を欠かさなかった結神社は、明治42(1909)年に垂水神社に統合されました。
けれども向津矢村の人々は、いまでも村祭の鹿田踊りで石黒小右衛門のことを語り継ぎ、その遺徳を讃えているのです。

石黒小右衛門は、幕府の命令よりも村人たちの意思を尊重するという行動を取りました。
そのことは、江戸時代において、民こそが天子様の「おほみたから」であり、領主や代官は、その「おほみたから」を預かっている立場にある、という日本古来の意識に基づきます。
さりとて、幕府という組織にあって、その組織を十分に説得できなかった責任は、代官その人にあります。
だからこそ石黒小右衛門は、自らの腹と引き換えに、筋を通したのです。

武士の忠義とは、どこまでも民百姓たちが豊かに安心して安全に暮らせるようにしていくことにあります。
そのための幕府であり、そのための大名であり、そのための代官なのです。
しかし組織であれば、必ずしもその真意が伝わるとばかりは限りません。
ならば、その責任は誰がとるのかといえば、それは代官自身がとる以外にないのです。

なぜなら代官は、その所轄地域で起きたすべての出来事に責任を負う立場だからです。
そのために所轄地域内で起きる出来事について、すべての権限を与えられているのです。
権限と責任は、ときに相克します。
そのときは、代官自身が腹を斬る。

その覚悟のある人物と見込んだから、土岐丹後守は石黒小右衛門を代官に推挙しました。
その覚悟のある男であったから、石黒小右衛門は、向津矢村の復興を決断しました。
そして決断した以上、その責任を一身に負いました。

これが日本の「武士」と名のつく、「たける人」の生き様なのです。
「たける」とは、竹のように真っ直ぐにする役目を持った人のことを言うのです。

【追伸】
トップの画像は、石黒小右衛門が腹を斬った杉坂峠です。
江戸時代の街道というと、道幅の広い道路を想像するかもしれませんが、幕府は政策的にそのような広い道を作りませんでした。
ですから五街道と言われるような代表的な街道であっても、道幅は1.5メートルほどしかないところがほとんどでした。
そして、もともとは杉の木が茂る峠だったこの杉坂峠が、石黒小右衛門の死後、なぜか「竹」の茂る峠となりました。
我が国の「武」とは、神語りの昔から「たける(竹る)」ものです。
なんだかいまも残るこの杉坂峠に、神々の御意思が働いているような気がしてならないのです。


(参考)真庭市落合地域デジタルミュージアム資料

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~





関連記事
スポンサーサイト

コメント
No title
ねずさん 今日は。人はそれぞれが人生哲学を持ちますねw
・・人の死を~・・というコメがありますね。
60歳を過ぎて自死を選んだのであれば、その御方の信条を考える
べきです。教条的に”人の死を有難がるのは問題だ”と捉えるのは
どうでしょうか?全キリスト教徒たちを敵にまわしますか~?ww
この御仁には果たすべき責務と義理があり、自らの死をもってそれ
がかなえられる社会システムであったのでは?
・・とはいえこの御仁の問題点は、いかに状況が悪く悲惨であり
絶望的であっても、まず民衆の気持ちに飛び込まなかった事では?
まず幕府に助けを求めたのが拙かった。どうせ腹を切る羽目になる
のを覚悟であれば、最初から民衆に対し幕府からの援助は無いと白
を切り、民衆にヤられてもいいという気持ちで復興作業に向かう方
が建設的だったのでは?民衆側にしてみれば、幕府に働きかけもし
ないで・・と憎しみの的になったかも・・しれません・・そうなっ
たら悪代官として名が残ったかも・・。人はつらい時程憎しみの対
象を求めたりしますし。けれど復興は成ったかとw
例えばフクイチ。原発事故の後・・お上の復興作業は?いつまでヤ
バイものを入れた袋を積み上げておくのでしょうか?
結局は郷土を諦めず捨てない意志のみが、問題解決へと漸進してい
く基になるのでは?
ニホンには検索すれば様々な研究技術が転がっています。イスカン
ダル バイオ プロジェクトなどはもっと知名度が上がってもいい
はずなんですが・・他にも放線菌の研究もありますが・・。そして
そういう復興への努力にはかな~り時間がかかり、その間に人の命
も失われる可能性がありますが、そう腹を括らなければ成就できな
い事業ですね。犠牲があれば、それをお祀りする。これが日本の歴
史ですし・・人は皆、先達の屍の上に生まれ、いずれ後代のための
屍になるのだと・・教えてくれている。



2018/04/12(木) 00:45 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
事のよしあし
当時の武士の真っ直ぐさが良く解りますね。

しかしながら、切腹は、また現代でも時折聞く責任を取っての自殺も、やはり間違っています。

よく考えれば解りますが、自身が、それしかないと思い実行したとします。誰しもそれを聞いて、心を打たれるかもしれません。ここに落とし穴があります。

再度、よく考えてください。この一連の流れは、その気持ちだけで十分なのです。切腹をした人に感謝はすれど、本当にそれを有り難がる事は正しい事でしょうか。そんな事を有り難がることなど気持ち悪いとしか言いようがありません。

人の死を有り難がる、生贄の制度と似たり寄ったりです。

大事なのは、命の限り正しき道を歩む事です。当時の彼を取り巻く環境などを鑑みれば、今の我々が彼の行いをとやかくいう筋合いはありません。

ですが、現在、そして未来に、彼の行いを繋げるのならば、我々は彼の行いから今、そして未来をどうすれば良いのかを考え繋げていくのが筋です。

死を持って償うなどという愚かな行為が、まかり通る様な世の中を変えていくのが、また死ななければならないような世の中を変えていくのが、先人から学び、今を生き、未来に繋げる事ができる我々が心得ておく事だと思います。

ちなみに、死についての記事なので、これだけ見ると死刑反対ととられそうなので、書いておきますが、死刑は必要ですが、死刑を実行することがない世の中も創ろうと思えば創れる、です。

死刑が必要な理由は、死を恐れるという枷がなければ、死以外を恐れないものからすれば、枷がなくなるからです。

以上、です。
2018/04/10(火) 18:55 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
No title
こんにちは!今日も拝読させていただきました。
ありがとうございました。
シェアさせていただきます。
2018/04/10(火) 14:15 | URL | heguri #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク