アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


日本人はなぜ自分よりも強い相手と戦ったのか

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

男が武を用いるときというのは、ものごとを正して正義を実現するときです。
だから正義は絶対に負けない。
やられても、殺されても、それでも負けない、退かない。
常に日を背負う。


サクラソウ。花言葉は「長続きする愛」
20180429 サクラソウ
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
5月5日(土)18:30 百人一首塾 第26回
5月19日(土)18:30 倭塾・東京 第51回
6月9日(土)18:30 百人一首塾第27回
6月10日(日)13:30 チャンネルAJER 古事記に学ぶ日本型経営学/戦いの時を古事記に学ぶ
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月12日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


私が子供の頃に死んだ親父がよく言っていたことに、
「喧嘩をするなら、自分より強いやつとやれ」
というのがありました。
子供だって腹の立つことはあるわけです。
男の子だから当然喧嘩になります。
とっくみあいや殴り合いで生傷が絶えないのが男の子です。

けれども自分よりも強い者としか喧嘩しちゃいけないというのですから、困ったものです。
やればたいてい負けました。
負けて鼻血を流して半べそをかきながら、
「今日はこのへんで勘弁しといてやらあ!」
と言って、また殴られました(笑)

いま思えば、親父の言葉は、喧嘩に勝つとか負けるということなど問題にしていなかったことがわかります。
それは、
 たとえ負けても卑怯な真似をせずに正々堂々と挑むとか、
 強きを挫き弱きを助けるのだとか、
 軍国少年教育とも、
まったく異なるものでした。


20180326 イシキカイカク大学



男の武は、斜めになったりゆがんでいるものを真っ直ぐにただすために用いるものです。
これを古い大和言葉で「たける」と言います。斜めになったり歪んだり、混沌としたものを、竹のようにまっすぐにするという意味です。
そのためには、相手がどんなに強大であろうが、権力があろうが、何千何万何百万の人であろうが、関係ありません。
やるときにはやらなければならない。

無理だとか、負けるとかは関係ないのです。
叩かれることもあるでしょう。
傷だらけになることもあるでしょう。
我が身が可愛いなら、そんな喧嘩はしないことです。
けれど生きていれば、我が身よりももっと大事なものが必ず生じます。

その大事なもののために戦わなければならないとき、相手が強いからといって、
逃げ出すのでしょうか。
あきらめるのでしょうか。
放置するのでしょうか。

相手が強いとか弱いとかに一切関係なく、戦うべきときには戦う。
はじめから身を捨てているのです。
傷を負うが、骨が砕けようが、命の限り戦うし、命がなくなれば魂魄となっても戦う。
それが武士というものだし、日本男児だということを、父は子に教えようとしてくれたのだと思います。

もちろん詳しい説明などありません。
みなまで説明などせずに、「喧嘩するなら自分より強い者と戦え」とひとことです。
しかし、余計な説明をしなくても、時が来れば自然とわかる。
大事なことは、教わることではなくて、自分で気付くことです。
そして自分で気付ける男に育てること。
それもまた親の責任です。

「体の怪我なんてものは、何日かすれば治る。
 卑怯な真似をしたという心の傷は一生治らん。
 それどころか家名の恥だ」

その怪我ですが、昔は塗り薬といえば、ヨードチンキです。
これは、傷口にとってもしみて、塗るととても痛いものでした。
それで痛がると、これまた死んだ婆さんが、
「戦地に行けば、
 手足が飛ばされても
 声も立てないで我慢するのです。
 たかがこれくらいの傷になんですか。
 男の子なら我慢しなさい」
と言われました。
それでもヨードチンキは痛かった(笑)。

ただ、実際、親戚に、戦時中に爆風で左腕を肩から飛ばされた人がいて、その人が言うには、
「立っていて腕が飛ばされるとな、
 人間って体の重心がくるって、
 体がクルクルとまわるんだ。
 おもしろいぞ」
なんて言うし、痛いときには笑うもの、痛いから痛いと言うのは馬鹿のすることだと教えられたものです。

なぜなら男が武を用いるときというのは、ものごとを正すため、正義を実現するときだからです。
だから正義は絶対に負けない。
やられても、殺されても、それでも負けない、退かない。
常に「日を背負って戦う」のが日本人の戦い方だからです。

この「日を背負って戦う」という言葉は古事記に出てきます。
神武天皇が那賀須泥毘古(なかすねひこ)と戦うときに、兄の五瀬命の言葉として出てくるものです。
つまり戦いはどこまでも「たける」ためのものです。
そして何が正しいかは、天照大御神の御意向にある。
だから魂に恥じない生き方をし、戦いをする。
それが「日輪を背負う」ということの意味です。

その精神は、先の大戦中のものとか、戦前の教育とかそういう近代に至ってからのものではなくて、初代神武天皇の時代、あるいはもっとずっと古い時代からの日本人の生き方、戦い方の基本となっていたものなのです。

「悠久の大義」とか言うと、なんだか大げさな感じになってしまいますが、要するに、間違っているものがあれば、どんなに相手が強大だろうが立ち向かう。
そして必ず正常化する。竹のように真っ直ぐにする。
それが日本男児の「たける」であり、古くから続く日本人の大義であり、悠久の大義なのです。

*****
戦いは日一日と激しさを加えて参りました。

父母上様、長い間お世話になりました。
私も未だ十九才の若輩で、
この大空の決戦に参加できることを
深く喜んでおります。

私は潔く死んでいきます。

今日の海の色、見事なものです。
決してなげいて下さいますな。

抑々海軍航空に志した時、
真っ先に許されそして激励して下さったのは、
父母上様ではなかったでしょうか。
既に今日あるは覚悟の上でしょう。

私も魂のみたてとして、
ただただ大空に身を捧げんとして予科練に入り、
今日まで猛特訓に毎日を送ってきたのです。
今それが報いられ、
日本男子として本当に
男に花を咲かせるときが来たのです。

この十九年間、
人生五十年に比べれば短いですが、
私は実に長く感じました。
数々の思出は走馬燈の如く胸中をかけめぐります。

故郷の兎追いしあの山、
小鮒釣りしあの川、
皆懐かしい思出ばかりです。

しかし父母様にお別れするに当たり、
もっと孝行がしたかった。
そればかりが残念です。

随分暴れ者で迷惑をおかけし、
今になって後悔しております。
お身体を大切に、
そればかりがお願いです。

親に甘えた事、
叱られた事、
皆懐かしいです。
育子、昌子の二人は私の様に母に甘えたり叱られたり出来ないかと思うとかわいそうです。

いつまでも仲良くお暮らし下さい。
私も喜んで大空に散っていきます。
平常あちこちにご無沙汰ばかりしておりますから、
何卒よろしくお知らせ下さい。
お願いします。
御身大切に。ごきげんよう。

神風特別攻撃隊 大和隊員
一飛曹 塩田 寛 18才
昭和19年10月26日 レイテ沖にて特攻戦死
*******

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~






関連記事
スポンサーサイト

コメント
戦う気概なくして平和は守れない!
偽善者丸出し中国の本質は昔も今も変わっていないし、朝鮮半島の雪解けムードの裏で、ロシアやアメリカの思惑が極東アジアを引っ掻き回し、日本に過度の負担を強いる結果を招きやしないか、やはり中国やロシア、そしてアメリカを真に信用できない。あの時、アジアを混乱の渦に巻き込んだ大国たちがあったから、日本は大切な故郷と愛する人を守るため、やむを得ず戦いに挑んだと思う。武器の放棄、対話と交流、貧困支援など、「二度と戦争しない」ための数々の方策を否定はしない。ただ、対話や交流で相手の言い成りになって、貧困支援と称して金を貢がされ、武器を捨て戦う意思を放棄したとたん、一党独裁を維持する恐怖政治が日本をも覆い尽くすのを、どうして平和と言えるだろうか。理想論を唱えるだけでは、「戦争」に対する国際社会での責任から逃げる無責任な姿勢と言えないか。美しく穏やかでやさしい日本を、そして日本の名誉を守るためなら、どんなに強い相手とでも戦わなければならない。弱い者いじめは絶対許さない。そんな気概こそが今の日本に必要なんだと思う。
2018/04/30(月) 15:21 | URL | 里の牛 #-[ 編集]
No title
ねずさん 今日は。文字が一般的でない時代w
石器時代~古墳時代などの文字が一般的でなかった時代・・そういう
人間社会にも集団における掟がありタブーがあり慣習があった。石器
や土器の研究においても、移動型の集団より定着型で人口が多い集団
の方が、より石器や土器への拘りがあり、それらは象徴としての役割
を担うようになり実用的ではないおまけ・・大きさ、意味深な模様、
つまり人目を引く形態を持つようだと。石器の材質にも拘りがあり、
海外の・・シベリアなどの・・遠方にまで運ばれているのには、何か
の意味があるのかもw文字は一般的ではない。けれども人々の行き来
がある。何らかの意味を示すお印を持ち運ぶ事も、集落の入り口に安
置する事も、外来との交流・・血縁を超えた交流が太古の昔より行わ
れていたと示唆しているようです。そしてそのお印に負荷する飾りに
凝る事が、文字が一般的でない社会において”作る美”の感覚を遊ぶと
いう精神活動となっていったかもしれません。
文字が一般的ではない時代、そこには真・善などの概念よりも早く、
美を追求する欲求があったのでは?
自然界には美しいものが溢れており、特に黄金比を持つものに人間は
魅かれるそうです。巻貝の螺旋の渦・・太陽系および銀河も黄金比の
螺旋を描きながら動き続けているそうです・・その黄金比と関係のあ
るフィボナッチ数列・・これは草木の枝分かれの仕組みや花びらの数
などと関係しています。これらは自然界に存在する美ですね。そして
人間は自ら美を・・作らないではいられないんでしょうねえw





2018/04/29(日) 22:22 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
過酷な現実
文在寅大統領は、金正恩委員長に対して、「拉致被害者を返してくれれば、日本が国交を回復し、過去を清算する(賠償金を支払う)と言っている」と話したそうです。

金王朝はあまりにも多くの人民を殺しました。
金正恩委員長も、多くの人民を殺し、兄と伯父まで虐殺しました。

その国の指導者に大金をやる。
それを「雪解け」だと「歓迎」する日本のメディア。

日本は、気の毒な敗戦国です。
2018/04/29(日) 21:26 | URL | 疑問 #iydQorAY[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク