アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


歴史的に常に対等を求め続けたのはどの国でしょうか

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評予約受付中
20180501 表紙完成2のコピー

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180502 京都御所
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


斜めの人の目には、真っ直ぐなものが斜めに写ります。
けれど、そのような人たちが世界の信頼を勝ち得ることは絶対にありません。
なぜなら、人には良心があり、国はそれぞれが独立しているからです。
いくらChinaやKoreaの政府が自国民の言論を抑圧して、無理を通したとしても、それで世界が納得することは絶対にありません。
それならば、まずは日本人である私たちが、真っ直ぐなものを取り戻すことです。
そしてそれを私たち自身が、常識として、世界に向けて堂々とそれを発信できるようになることです。
そのための学びは、実はものすごく楽しいことです。


【お知らせ】
5月5日(土)18:30 百人一首塾 第26回
5月19日(土)18:30 倭塾・東京 第51回
6月9日(土)18:30 百人一首塾第27回
6月10日(日)13:30 チャンネルAJER 古事記に学ぶ日本型経営学/戦いの時を古事記に学ぶ
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月12日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


西暦608年の第三回遣隋使で日本は、「東の天皇、敬(つつし)みて西の皇帝に白(もう)す」と書いた国書を隋の皇帝に渡しました。
隋という、当時にあって東亜最強と謳われた強大な軍事帝国に対して我が国は、実に堂々と対等な関係を打ち出したのです。

このことは、当時の日本が朝鮮半島南部を領土の一部にしていたことを考え合わせれば、いかにすごいことかわかります。
それは、当時の我が国は「大陸と陸続き」だったということだからです。
ちなみに日本列島が陸続きというのではありません。
当時の日本は、朝鮮半島南部が日本の直轄地、つまり日本の領土となっていました。
その北側に、緩衝地帯として百済と新羅があり、その向こうには倭国と敵対する軍事国家の高句麗があり、その向こうに隋の大帝国ができたわけです。
半島南部に直轄地があるということは、その隋と日本が陸続きとなったということになるのです。

そうでありながらここまで堂々と、隋の大軍事帝国に対して対等な関係を突きつけたというところに、実に日本らしさがあります。
どちらが上でどちらが下かではないのです。
隋だから対等を要求したということよりも、どんなに強大な帝国であっても、あるいは逆に弱小国であったとしても、日本は堂々と対等な関係を求める。

それは、人と人との間には、上下の関係などなく、たとえば武力では劣るかもしれないけれど、学問では上である等々、良いところもあれば欠けているところもあるのが世の常なのだという日本的価値観が根拠になっているものです。


20180326 イシキカイカク大学



世の中に秩序は必要です。
ですからたとえば百済や新羅は、この時代、我が国に臣下の礼をとっています。
しかし彼らはそうすることによって、国民のひとりひとりまでもが、天皇の「おほみたから」とされたのです。
社会的秩序のための上下関係と、人としての対等関係は両立するものです。

たとえば仕事の上では、A君が部長、B君が係長なら、その上下関係は職務上、十二分に尊重されるべきものです。
しかしゴルフではB君が指導者で、A君がその生徒なら、ゴルフをするときの立場は逆になります。
それが映画化されたのが「釣りバカ日誌」ですが、こうした関係観は、上下関係ばかりを意識する社会では成立し得ないものです。

そして対等な関係を重んずる社会が我が国において実現し得たのは、我が国が万世一系という誰も否定できない天皇という国家最高権威の存在を、古い時代から確立できたことによります。
天皇の存在があることによって、我が国は国家最高権力者よりも、上位に国家最高権威を置くことができたのです。
そしてそうあることによって我が国は、一般の民衆が権力者の奴隷ではなく、むしろ権力者は民衆の生活に責任を持つ者という自覚と社会制度を確立することができたのです。

その天皇という呼称が、冒頭の国書に用いられています。
このときの国書が、我が国が、対外的に「天皇」という語を用いた最初の出来事です。

我が国が日本という国号を正式に採用したのは、西暦689年の飛鳥浄御原令からです。
つまり天皇という呼称は、日本という国号よりも古い。
ということは、我が国は「日本があって天皇があるのではない」ということです。
先に天皇があって、その「天皇のもとに日本がある」のです。

現行憲法は(これは憲法というよりGHQに与えられた日本国民の服務規程ですが)、天皇を国民統合の象徴と書いています。
なぜ国民統合の象徴になるかといえば、天皇が日本より古い存在であり、日本国の、いわば生みの親だからです。
その意味からすれば、現行憲法よりも天皇は、はるか上位の我が国の最高権威であり、我が国の国長(首長)です。

政治や行政、司法といった国権の発動は、それぞれの機関が責任を持つとして、天皇がその上位にある国家最高権威であることは、現行憲法下においても、何ら変わることはありません。

もしそうではなく、天皇さえも憲法下の存在であるとするならば、天皇の地位は行政・司法・立法府という国家権力機構と並列ということになります。
すると国民は、権力の下に隷属する国民ということになります。
いくら国民主権を唱えたところで、ひとたび国権の長を選べば、その国権の長は、国民や国民生活の生殺与奪の権を持つのですから、国民は隷民にしかなりません。

そうではなく、政治や行政が、国民や国民生活に責任を持つという体制を保持したいのなら、国民は国家最高権威としての天皇のもとにある「おほみたから」でなければならないのです。
従って、天皇の御存在を否定するような人たちは、国民こそが「おほみたから」であるとする、日本に古来からある世界中の国々の過去から現在に及ぶ様々な体制の中で、最もすぐれた究極の民主主義を否定する、おそるべきテロリストたちであるということになります。

おもしろいのは、このような人たちの集団に限って、世界平和とか戦争反対といった、絶対に誰も反対し得ない耳障りの良いことを常々口にすることです。
上辺だけ調子の良いことを言って、その実、腹は真っ黒という人種には決してだまされないことです。

日本書紀は、神々が「よろこびあふれる楽しい国」を築きたいと、この世を造ったと記されています。
しかし、そのような国であっても、神々でさえも、さまざまな苦難を襲います。
そしてその苦難を乗り越えた先に、よろこびがあり、そのよろこびもつかの間、また苦難が神々を襲います。
それでも負けない、くじけない。
そうした強い心を育み共有していくことにこそ、幸せあふれる楽しい国があるのだということを、教えてくれています。
決して、甘いことばかりではないのです。

今月号の『玉響』(http://www.nihoniyasaka.com/book/)で勉強させていただいたのですが、「体(からだ)」というのは、もともとは「からだま」の略なのだそうです。
「からだま」というのは、魂の入る殻(から)を意味します。
人は死ぬと「仏(ほとけ)」になりますが、その「ほとけ」は、もともとは「ほどける」から来ているのだそうです。
つまり、肉体から魂がほどける。

肉体は有限ですが、魂は無限だという、古い昔からの日本人に根ざした魂観から、日本語が生まれているわけです。
その魂の集合体が、大和魂です。
その大和魂は、過去から現在、未来に至る日本人の魂の連続した集合体です。
その連続の中に、いまを生きている私達ひとりひとりの魂があります。

せっかく日本人に生まれながら、いつまでも戦後的な低い価値観に拘泥したり、衣の下から鎧(よろい)がチラチラとのぞいている天皇制反対とか世界平和とか言っているペテン師達に騙され続けて一生を終わるのは馬鹿げています。
日本人として目を覚まし、あらためて日本を取り戻すための一歩を踏み出して行きたいと思います。

ChinaやSouthKoreaや在日Koreanが日本の悪口を言います。
もちろん反論や論証は必要です。腹も立ちます。
しかし、だからといって彼らと同じレベルで、我々日本人が彼らの悪口を言い続けたら、100年言い続けたら、何が変わるのでしょうか。

少なくとも、彼らが変わることはありません。
千年前からずっと変わっていないのです。
たかが百年で変わるはずもない。
では、反論だからと彼らの悪口を言い続けた日本は100年後どうなっているでしょうか。
世界は日本を、彼らと同じレベルの国としかみなくなるのではないでしょうか。

「困ったときには原点に還れ」ということは、誰もが知る常識です。
ならば、日本を取り戻すには日本の原点にまで立ち返って日本を学び、日本を知ることです。
そして私たち日本人が常識として、日本を日本人を、そして日本の歴史を堂々と語れるようになることです。
それが「身を正す」ということなのではないかと思います。

斜めの人の目には、真っ直ぐなものが斜めに写ります。
けれど、そのような人たちが世界の信頼を勝ち得ることは絶対にありません。
なぜなら、人には良心があり、国はそれぞれが独立しているからです。
いくらChinaやKoreaの政府が自国民の言論を抑圧して、無理を通したとしても、それで世界が納得することは絶対にありません。
それならば、まずは日本人である私たちが、真っ直ぐなものを取り戻すことです。
そしてそれを私たち自身が、常識として、世界に向けて堂々とそれを発信できるようになることです。
そのための学びは、実はものすごく楽しいことです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

▽最新刊・好評予約受付中▽
  

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




関連記事
スポンサーサイト

コメント
good
良い話しです。好い話しです。拍手!
2018/05/03(木) 20:00 | URL | 夏丸 #dAILzjWo[ 編集]
共犯者
犯罪には主犯と共犯がいます。
主犯は直接手を下した加害者であり、共犯は直接手は出していないが、主犯の犯罪行為に手を貸した人です。

最近、山口達也氏の高校生への「ハレンチ罪」が報道を賑やかしています。しかし、いくら山口氏でも全く見知らない高校生に手を出すことはないでしょう。

良く見知った高校生を呼び出したのです。では、どこで知り合ったのでしょうか。私はNHKの「Rの法則」といった番組があったことを知りませんでした。その番組は山口メンバーと女子高校生が出演する番組で、内容に対してかなり批判があった番組のようです。

NHKが何故そのような番組を制作したのかは分かりません。
が、其の番組がなければ恐らく山口氏と被害高校生が知り合うことはなかったと思います。

いわばNHKは今回の事件の共犯者です。
今回の事件はもしかすると氷山の一角かも知れません。
2018/05/03(木) 12:20 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク