アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


日本の食の安全が危ない

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評予約受付中
20180501 表紙完成2のコピー

いま、日本の食材が、一部の人達にだけ利益を与え、生産者も消費者も、ことごとく損をし、しかも安全性も安心もなんら確保されないものへと変化しようとしているといわれています。
それは輸入食料がおそろしいとか、食品添加物がおそろしいとかいうような話ではありません。
国産の農産物が、そして農産物を育てる土壌が、農産物の種子そのものが、いま重大な危機にあります。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180515 畑
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
5月5日(土)18:30 百人一首塾 第26回
5月19日(土)18:30 第51回 新著出版記念 倭塾
6月9日(土)18:30 百人一首塾第27回
6月10日(日)13:30 チャンネルAJER 古事記に学ぶ日本型経営学/戦いの時を古事記に学ぶ
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


私たちは食事につかう食材に、安全と安心を求めます。
もちろん毎日のことですから、価格が安いこともたいせつな要素です。
価格が安いということは、生産者である農家のみなさんにとって、それは栽培のし易い食材であるということかもしれません。
また流通に携わる人たちにとって、儲かる食材、売れる食材であることもたいせつなことです。

しかし、それらすべては、まず、食材が安全であること、安心して口に入れることができるものであることが前提です。
なぜなら、私たちの体は、毎日食べる食材によってできあがっているからです。
そして私たちの魂は、その体に乗っています。

ところがいま、日本の食材が、一部の人達にだけ利益を与え、生産者も消費者も、ことごとく損をし、しかも安全性も安心もなんら確保されないものへと変化しようとしているといわれています。
それは輸入食料がおそろしいとか、食品添加物がおそろしいとかいうような話ではありません。
国産の農産物が、そして農産物を育てる土壌が、農産物の種子そのものが、いま重大な危機にあります。


ねずさんの最新刊!


20180326 イシキカイカク大学


どういうことか。
根っこにある問題は、利権です。
その利権とはどういうものか、食品ではなく、わかりやすい例として子宮頸がんワクチンをあげます。
子宮頸がんワクチンは、重大な副作用による危険が指摘されていながら、つい先ごろまで国をあげて推奨されていました。
女児を癌から救えるならと、すくなからぬ人たちがその推奨をしました。

その子宮頸がんワクチンは、1本が7万円もする高価なものです。
しかし原価は、海外からの輸送費も含めて100円にも満たないものです。
そのような物が、国をあげて推奨されたのです。
しかも国から補助金まで出るという。

結果、何が起こるでしょうか。
第一に、製造している海外の薬品メーカーはボロ儲けします。
その会社は、短期決算で莫大な利益を計上し、株価も上昇、CEOと呼ばれる役員たちは、何十億どころか何千億円単位の年収を手に入れることができるようになります。
もちろん株を持っている資本家も多額の配当金を得ることになります。
ただし、大儲けして一生かかっても使い切れないほどの年収を得るのは、そうしたごく一部の人達だけです。
その工場で働く圧倒的多数の人たちは、日本で言ったら年収150万円以下の低所得者たちでしかありません。

第二に、頸癌ワクチンの副作用によって大切な娘さんが命を失ったり、あるいはひどい後遺症に悩まされる数多(あまた)の悲劇が繰り返されます。
そしてその被害者たちへの保障が支払われることはまったくありません。
そもそもワクチンを受ける段階で、ワクチン接種によって生じるリスクについては、一切の責任はワクチンを受ける側が負担するという内容が細かい字で書かれた書類にサインさせられるのです。
この契約書がある以上、裁判を起こしてもどうにもならないというのが、法社会の原則です。

結局、ごく一握りの人たちの巨額の利益のために、多くの人々の安全、安心が無視され、犠牲にされる。
実はこのことが、国際社会というより、グローバリズムの現実です。
かつてはその土地にある富を収奪することが植民地支配でした。
けれど大東亜戦争後の世界では、むしろ世界の国々をある程度富ませて、巨額の商品を買わせるというのが、支配のスタイルへと変化してきています。
要するに、昔は狩りでバッファローを絶滅するまで食べたわけです。
ところが最近では、むしろ安全保障をちらつかせながら、飼育して食うように変化してきたのです。
「豚は太らせて食え」というように変化しているのです。

そしていま、日本の農業と日本人の食が、おびやかされようとしています。

このことをご案内するために、農業行政、種子、土壌、遺伝子組換え、特許、種子の多様性に分けてご案内してみます。

▼農業行政

話の初めとして、日本の農業行政のウソについてお話してみたいと思います。
みなさんは、日本の農業が過保護だという話を聞いたことがあると思います。
本当にそうでしょうか。

日本の農家の農業所得に占める行政からの補助金の割合は、少し古いデータですが、農業統計調査によれば2013年で39.1%です。
フランスは94.7%、英国が90.5%、ドイツが69.7%、その他ヨーロッパの諸国は、いずれも6割〜9割が国の補助金です。
スイスは104.8%です。
100%を超えているのは、補助金がなければ赤字だということです。
農業大国と呼ばれている米国が75.4%です。
要するに日本の農業は、過保護どころか十分な保護が行き届いていないというのが現実です。

ではなぜ世界の諸国は、農業に巨額の補助を与えているのでしょうか。
実は簡単な理屈です。
万一戦争になって、食料の輸入が途絶えたとき、国民が飢え死にすることを避けるためです。
食料は、国民が生きるための基本だからです。
なぜなら人は食べなければ生きていくことができないからです。

愛する我が子を飢え死にさせることほど、悲しいことはありません。
だからこそ二度と絶対にそのようなことが起こらないように、国家は自国の農業を保護し、食料を備蓄して常に非常時に備えているのです。

国家は、国民生活が豊かで安心して安全に暮らせることに責任を持つ国民のための機構です。
ですから、国民がいかなる場合においても絶対に餓えないようにしていくことは、国家の基本であると認識されているのです。
日本は緑が多くて水のおいしい土壌の肥えた農業に適した国土を持ちます。
しかし日本は、食料自給率が低い食料輸入国です。
万一戦乱等で食料輸入が絶えると、日本人の半数以上が餓死することになります。

イスラエルは、国土のほとんどが砂漠です。
地味も痩せています。
けれどイスラエルは、国をあげて農業を育成し、いまでは農産物は、国内需要を上回る生産力を持つ食料輸出国です。


▼種子

その農業を行うためには、農作物の種子(たね)が不可欠です。
その種子については、どこの国においても、農家の自家採種が標準です。
なぜなら土地に馴染んだ種子でなければ、まともな作物が育たないからです。

家庭菜園などを経験された方ならおわかりいただけると思うのですが、形の良い、いかにも美味しそうな実を付けているカボチャの写真の載っている袋に入った種子を買ってきて、自宅の菜園に植えたのに、ようやく育った作物は、案に相違して、形がゆがんでいたり、身が薄くて種ばかりがやたらと多かったりします。
それでも自分の菜園でできた作物は、嬉しいので食べるのですが、おそらくカボチャは、残念ながら農産物としての出荷はむつかしい。なぜなら形がいびつで実が少なく、中身は種ばかりだからです。

実はこのことは、まさに植物が生きていることの証(あかし)です。
農家においても、たとえば九州で開発された美味しいカボチャの種を関東に持ってきて育てても、最初の年は、やはり形がいびつで種ばかりが多いカボチャしかできません。
なぜかというと、違う土壌、異なる自然環境の土地へやってきたカボチャは、その地でなんとしてでも自分の種を残そうとして、実の中に種子を多くつくるのです。
種に養分を吸い取られた結果、カボチャの実は薄くなります。

そのカボチャも、そこで育てたカボチャから自分の家で種を取って、その種から作物を育てるということを繰り返すと、だいたい3年目くらいから、当初予定していた、とても美味しくて形の良い、写真通りのカボチャが育ちます。
要するに土地に馴染むのです。

これは稲や小麦、トマトやきゅうりなどでもまったく同じことが起こります。

ですからたとえばいままでコシヒカリを栽培していた関東の農家が、北海道産のゆめぴりかが美味しいと評判だからと、その種から育てた苗を、いきなり自分の田に植えても、美味しいお米は穫れません。
少量の、種苗を育てるための栽培を2〜3年かけて行い、土地に十分なじませてから、ようやく田に植えることができるようになります。

一方、それらお米の原種となるおおもとの品種は、実は国が経営する専用の農業試験場で大事に保護されて育てられています。
その国がセンターで品質保持のために育てている種苗を、原原種といいます。
そうすることで、国産米の品質保持を図っているのです。

その原原種で栽培された種子(種)は、全国の都道府県の育成センターに分けられます。
育成センターでは、それぞれの土地になじむように、その原原種を育てます。
こうして各地の育成センターで地元用に育てられた種を、原種といいます。
よく「◯◯県産コシヒカリ」と書かれて出荷されているお米の、これが種子になります。

その原種の種子から育てた苗を分けてもらって、各農家は少量の稲を育てます。
その稲から、農家では次の作付けのためのモミ(種子)を取り、そのモミから、苗を育てて翌年のお米を育てます。

こうして収穫されたお米が、「◯◯産コシヒカリ」などとなって出荷されるのですが、通常、原原種の栽培から、この農家による出荷に至るまで、5年ほどの歳月がかかります。

これはお米だけではなくて、キャベツでも大根でも、ブロッコリーでもみんな同じです。


▼土壌

ところがこれだけ大事に育てた種子でも、土地そのものが劣化してしまうと、まともな作物に育ちません。
その土地劣化の最大の要素となるのが、化学農薬です。
土に植えて作物を収穫するすべての農業作物は、植物ですから、地中に根を張ります。
育った野菜を引っこ抜きますと、根が細かく張っている様子を見ることができます。
ところが、実は、引っこ抜いたときに、野菜などの本体に付属している根っこというのは、根っこのごく一部でしかありません。

根圏菌
20180516 根圏菌


どういうことかというと、地中にはたくさんのバクテリアがいます。
目に見えない小さなバクテリアですが、その量は、地上にあるあらゆる動植物の総重量よりも、はるかに多いものなのだそうです。
そのバクテリアたちが、実は地中で、作物の根っこの先端にとりついて、そこから「バクテリアによる根」を地中に広々と張り巡らします。
これが根圏菌で、植物の根の周りには、その植物自体の根の1〜10万倍に、その根圏菌根が広がります。
その根圏菌たちが植物の根に栄養分を提供するのです。

本来、地中の根圏菌たちがつくる栄養分を植物が吸って作物ができるのです。
その根圏菌は、田んぼごと、畑ごとに違いがあります。
同じ品種の同じ種子を畑にまいても、畑ごとに味に違いが生じるのは、この根圏菌が原因です。
よく、美味しい作物を育てるには、肥えた土壌が必要だといいますが、それはまさに良性の根圏菌がたくさん繁殖している土をつくることを意味しているわけです。
すると元気な根圏菌が作物の根の周りにひろがり、おいしい作物が育つのです。

ところが化学肥料を用いると、その根圏菌が死滅します。
すると、地中のミネラルではなく、化学薬品だけを吸った作物ができあがります。
こうした作物は、根の周囲に根圏菌による根がありませんから、作物が「ひっこぬきやすく」なります。
当然です。
根圏菌による根が付属していないのです。
だから、野菜がズッポリと地面から簡単に抜けるのです。

ではそのことが、なぜ食の安全を脅かすことになるのでしょうか。
実はそこに特許種子が関係しています。


▼遺伝子組換え

よく「遺伝子組換え」という言葉を耳にされる方が多いかと思います。
それはよくないものだという人たちがいます。
その一方で、多くの方々の認識は、いまある農作物自体が「品種改良」によってもたらされたものなのだから、それと似たようなものだし、「それはそれで良いのではないか。何が問題なの?」といった認識しかないのではないかと思います。
ところが実はこれはとてもおそろしいことなのです。

どういうことかというと、いわゆる品種改良というのは、同一品種の中で行われるのです。
植物は「めしべ」に「おしべ」が取り付いて受精します。
そこで人工的に、品質の良いものどうしを掛け合わせることで、より良い品種を作り出します。
これが「品種改良」です。
要するに美男と美女を結婚させることで、より美しくて性格の良い優秀な子孫を得ようとするようなものです。

ところが「遺伝子組み換え」は違います。
たとえば、あるキャベツが、特定の病気にかかりやすいとします。
そこでその病気に強い、たとえばイモムシの遺伝子を、その植物に移植します。
こうしてイモムシとキャベツのあいの子を人工的につくりあげます。
これが「遺伝子組換え」です。

昔、「The Fly」(邦名「蝿男」)という映画がありました。
瞬間移動装置を開発した学者が、実験中に自分の遺伝子にハエの遺伝子が混ざって怪物に変身してしまうという科学ホラー映画です。
これと同じことを植物に応用しているのが「遺伝子組換え」です。

目的は、特定の病気に強い品種をつくるためとか、害虫に強くて栽培が容易な品種をつくるとかです。
しかし、こうして生まれた「キャベツのような形はしているけれど、キャベツの遺伝子だけから生まれたわけではないキャベツ」が栽培され、市場に出されて人々の食卓に並ぶわけです。
その食品は、何のDNAが混ざっているのかまったくわからない食品です。
それを私たちは、ただ形が大豆やキャベツに似ているからと、買わされ、食べさせられるわけです。

しかしそのような食べ物を体内に採り入れたとき、果たしてどのような副作用があるのか。
これはまったく検証されていないことです。
私たちの体は、食べたものの栄養素によってできあがっています。
その栄養素が、自然にある栄養素ではなくて、人為的に作られた栄養素に似た栄養素でないものに入れ替わるわけです。
それによって、人体にどのような影響が生じるのか。
それは世代を超えて遺伝するのかしないのか。
数代を経過したときに、どのような変化をもたらすのか。
そうしたことは、現段階では実はまったくわかっていないのです。

この「遺伝子組み換え食品」について、よく「神の御心に反している」という言い方をする人がいます。
そのような言われ方をすると、なにやら遺伝子組換え食品に反対していることが、カルトめいた話のように聞こえてしまいますが、しかし自然界においては、異種との結合はありえないことです。
たとえば、猿とピューマが結ばれて、猿ピューマなどという生物が誕生することは、自然界では絶対に起こらないことです。

ところが猿は知能が発達している。
ピューマは、あらゆる動物の中でもっともジャンプ力がある(垂直跳びで7メートルの高さまでジャンプできるのだそうです)。
もしかするとその猿は、そこでオリンピックの走り高跳びや、三段跳びで優勝することができるかもしれません。
しかしそうやって生まれた猿が、果たして運動競技以外の分野でどのような影響を人々にもたらすかは、それは誰にもわからないことです。
そして、そのような異種同士を掛け合わせるという、自然界に存在しないことを行うことが、果たして人類に許されていることなのか。
人類は神なのか。
これははなはだ疑問が持たれるところです。

そして問題は、その遺伝子組換えによって、得られた新種の種子が、特許の対象になったことです。


▼特許

開発者に特許が認められているのですから、その作物が普及すれば、特許権者は大儲けできます。
そこで内外の大手企業が、いま進めていることが、世界各国の種子法の改定と、遺伝子組換え食品としての表示の撤廃、そして農家の支配です。

どういうことかというと、どこの国でも、自国の国民の生命の安全と安心を確保するために、自国内で生産する食料については、その種子について、法律でこれを保護しています。
たとえば日本のお米の種子なら、それは国をあげて原原種からきちんと管理されているわけです。

ところが遺伝子組換え食品を売りたい企業からすると、これはとんでもなく邪魔な法律です。
なぜならそのような法律があったら、肝心の自社開発の特許種子が売れないからです。
当然です。
普通の人なら、遺伝子組換え食品よりも、ノーマルな食品を選びます。

ではどうするかというと、法制度を変えさせて農家による自家栽培した種の使用を禁止するのです。
そうすることでその会社が開発した遺伝子組換え食品しか栽培させないようにする。
さらに栽培にあたっては、種子の栽培方法まで、契約でがんじがらめにする。
つまり肥料まですべて自社製品しか使わせないようにするのです。
そして契約に違背したときに、法外なペナルティを支払うことを契約書に明記する。
さらに遺伝子組換え食品であることの明示をしなくても良いように法を改定させる。

最初は、遺伝子組換え食品の方が、価格が安く提供されます。
そんな甘言に惑わされて、一度その種子を使うと、土壌がダメになって、もはやその会社の種子でしか農作物の栽培ができなくなります。
なぜなら根圏菌が、指定された化学肥料によって死滅するからです。

先に述べましたように、特定の種子をいきなり撒いても、相応の品質の作物はできません。
最初の1〜2年は、売り物にさえもならないような作物しか収穫できない。
ところがその場合のリスクの負担は、すべて農家の側が負うというのも、契約で決まっています。

こうして3〜4年のうちには、その国の農家は、完全にその企業の支配下におかれることになります。
そうなったところでその企業は、種子の値段を釣り上げます。
すると、会社はボロ儲けできる、というわけです。

実際にフィリピンやその他多くの途上国が、法を改定してこの種子を受入れ、結果、種子の値段は5〜10倍に膨れ上がりました。
このため農業はまったく成り立たなくなりました。
なんとかして農業を保護したい政府は、農業補填を行いたいのですが、国にお金がない。

フィリピンのマニラといえば、いまや大都会です。
しかしその大都会に、いまでもゴミ捨て場で生きる子供たちがいます。
すさまじい臭気と危険な環境の中で、子供たちの最大の夢は「大人になるまで生きること」なのだそうです。

そんなこと、日本のODAもあって、もう10〜20年前までの話にすぎなくなっているのではと思ったら大間違いです。
最近では、また、ゴミの山に暮らす子供たちの数が増えてきているのです。
なぜかというと、離島で農業をして暮らしていた農家の人たちが、軒並み破産して農地を捨ててマニラに移住してきているからです。

とんでもないことと思われるかもしれません。
しかしその狙いの矛先は、なんと日本にも向かっています。
TPPによって関税障壁を取り払うだけでなく、彼らが作った遺伝子組換えの特許種子を、日本はいま、日本の種子を守るための種子法を改正してまでして、迎え入れようとしています。


▼種子の多様性

同じキャベツであっても、地方ごとに、また畑ごとに、できる作物は微妙に異なります。
同じコシヒカリであっても、同様です。
そしてその微妙な違いが、実は、種の保存と、私たちの生きる力を守っています。

このことは、コレラや赤痢といった法定伝染病に例えるとわかりやすいです。
コレラや赤痢は、法定伝染病で、罹患したらまず、死にます。
人口の3分の2が失われることさえもあります。

けれど、どんなに強力なウイルスであっても、そのウイルスへの抗体を持っている人というのは必ずいて、だから人類は死滅することなく、いまも種が保存されています。
これはDNAの多様性がもたらすものです。

稲であっても、国内にある品種は500を超えます。
さらに厳密にDNAレベルにまでなれば、それこそ田んぼごとに、微妙にDNAが異なります。
そしてその多様性があるから、環境変化や、特定の作物の病気が流行っても、種が保存されるのです。

ところが作物ごとの種子が、特定企業だけが提供する遺伝子組み換えの種子しか使えないとなったら、どうなるのでしょうか。
なんらかの突発的事故によって、地球全体からその種が滅んでしまうことだってありえるのです。

しかもその遺伝子組換えによって生まれた種子を用いて栽培した作物が、人体にどのような影響を及ぼすかは、現実にわかっていないことでもあります。

ですから、種は多様であることが良いことです。
そうでなくてはならないのです。
ところが特定企業の特定品種しか栽培「できなく」なると、万一、なんらかの自然現象等で、その種が絶滅の危機を迎えたとき、品種そのものが失われてしまう危険があります。
実際、いま、毎年数千種の植物が地球上から姿を消していっているといわれています。


▼まとめ

農業は国の基本です。
なぜなら私たちは、人間である限り、食べなければ生きていくことができないからです。
だからこそ農業は、安全と安心のあるものでなければならないし、国家規模で大切に保護されなければならないものなのです。

一部の人だけが儲けて、他の多くの人々が悲惨を味わう。
そのような世界に、そのような日本に、決して、してはいけません。

ではこの問題の最大の焦点は何でしょうか。
その答えが「種子に特許を認めること」です。

そもそも種子というのは、自然が作ったものです。
その種子に、人が多少の手を加えたからといって、その種子に特許など、ありえない話です。

このことに気付いたヨーロッパ諸国では、まずドイツが、続けて他の諸国が、種子への特許を禁ずる法を施行しています。
そうすることで、自国の食を守っているのです。

残念ながら日本では、農水省が先頭をきって、種子への特許を認め、また遺伝子組換え食品の栽培を奨励しています。
過去70年間を振り返ったとき、およそ農水省の行った農業行政の結果は、これまで日本の農業を壊滅させる方向にばかり振れたものでした。

なぜ農業のエリートが集った農水省が、政策を間違え続けるのでしょうか。
その理由は、目先の利害に踊らされて、食糧問題の根幹にある、
 豊かで
 安全で
 安心できる作物
を安定的に供給するという、農業行政の根幹を忘れているからであると思います。

私たちが目覚めること。
それは、我が国が神話の時代から担ってきた、
 よろこびあふれる楽しいクニを築くこと
そして、
 誰もが豊かに安全に安心して暮らせるクニを築くこと。
 そのためにこそ政治があるのだということ。
 政治とは、誰か特定の人に稼がせるためのものなどでは決してない、
ということを、いま私たち臣民のひとりひとりが、自覚することなのではないかと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

以上のことは、去る5月13日に京都で開催された「日本の農業と食のシンポジウム」での登壇者の皆様のお話を私なりにまとめさせていただいたものです。
⇒ http://toyouke.com/kyoto2018/

また、日本の食糧問題については「食政策センタービジョン21」のホームページが詳しいです。
⇒ http://www.yasudasetsuko.com/index.html

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

▽最新刊・好評予約受付中▽
  

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~



関連記事

コメント
維新回天を今こそ
今回の種子法の件もそうですが、官僚が政治を支配してるということがはっきり分かりますね。
官僚が利権のために、自然に逆らったことを推し進める。
しかもその官僚が、反日教育を受けてきたアホエリートばかりというから更に始末が悪い。
行政の独裁とも言える状況を打破するために、維新回天が必要です。
その一つとして、生産至上主義、消費至上主義は廃すべきです。
大量消費という言葉が叫ばれて久しく、消費=成長という欺瞞が蔓延るこの現代ですが、地球の資源が有限である限り、無限の生産=消費=成長など幻に過ぎません。再生できないものは消費しない。消費ではなく再生に主体を置く産業構造が必要だと確信しています。
皆様も改めて考えてみてはいかがでしょう。、
2018/05/22(火) 22:51 | URL | 日和歌 #-[ 編集]
No title
国会でも取り上げられていたようですが”大企業栄えて、国滅ぶ”。そう言う世の中になって欲しくないと思います。

本来ならば、生命力の高い原種や固定種。これを大事にすべきだと思います。それには、消費者・流通の意識が変わらないと、現在が経済社会である以上、生産者を支えていくことはできないと思います。

健康につきましても、生活習慣や考え方をを変えない限り、根本的な治癒は難しいと思います。ワクチンのみならず、抗がん剤などと言う選択肢を平気で勧めること自体、私には恐ろしく感じられます。
最近、私の友人が透析で入院しました。別の選択肢もありました。多くの人が医者の言いなりになってしまう、そういった社会であることをとても残念に思います。
2018/05/20(日) 22:51 | URL | one #-[ 編集]
自民公明は
自民党は所詮パヨクです
安倍晋三とはそのパヨクの中では比較的マシな程度のぱよちんなのです
一番怖いと思うのは保守側の安倍さんだから大丈夫という油断ですわ
2018/05/18(金) 02:03 | URL | ウィンド #-[ 編集]
No title
世界でも最低の罹患率なので悲観的にならず公的検診で早期発見・早期治療で回避できるものと思います。
●世界最低の罹患率で、空気感染や飛沫感染で無く粘膜感染で気を付ければ予防可能だということ。
●このワクチンがすべてのウイルスに効果があるわけでなく、接種後も検診は欠かさずしなければいけないこと。
●新しいワクチンなんで20~40年先の効果が証明されていないこと。
であれば今まで通り性交渉には気を付けて、検診は欠かさず行えば手遅れになることはないと思います。
芸能界や飲食業などの職業病になると思うので彼ら彼女らにはワクチンを接種したほうがいいと思います。


2018/05/17(木) 15:28 | URL | #-[ 編集]
No title
更新、ありがとうございます。
種子法廃止には絶対反対です。
また、今、小泉進次郎氏によって、韓国肥料が輸入され、使用されようとしています。
これは農作物だけではなく、土地、河川の汚染にもつながりかねない問題です。このこともそのうち取り上げて頂けたら、と思います。
2018/05/17(木) 10:26 | URL | 翠子 #hZ1/yzvw[ 編集]
No title
種子法廃止に賛成です。
日本の種苗会社は野菜の種子では世界と戦えています。
ですが、種子法のせいで穀物の種子では世界で惨敗しています。
種子法を改正して国内の種苗会社に世界と戦えるようにしてあげたいです。
2018/05/16(水) 20:53 | URL | #-[ 編集]
人類最強の性質
先日の日本語の話、興味深く読みました。古くて独特だったのですね。日本の歴史や国家体制が独特であることは再三教えて頂いています。日本人は「ネオトニー」という人類最強の性質を持つという説があります。(産経新聞2017.12.25 竹内久美子) 人類進化の原動力になったもので、幼い、未熟、発想が柔軟、心がまっすぐで優しい を意味します。ブログ主様の見解を頂ければと思います。
2018/05/16(水) 17:33 | URL | #-[ 編集]
No title
日本農業新聞 2018年05月15日 によれば、

「自家増殖の原則禁止は品種登録した品種が対象。在来種のように農家が自家採種してきたものは対象外で、これまで通り認められる。」

とあります。

農業に詳しくないので、品種登録と在来種の違いが正確にわかりませんが、単に新しい品種が出来たら保護するという意味だと思いました。
2018/05/16(水) 14:56 | URL | #-[ 編集]
農業ばかりでは、
危ないのは農業だけではありません、農業に従事されている方々は
200万人とも250万人とも言われていますが8割が高齢者です、
後10年もすれば40万人になってしまいます、
そして 本当に危ないのは漁業、今国内では15万3千人、
そのうちのこれも8割が高齢者です、 
日本はいったい・・・
2018/05/16(水) 12:42 | URL | うろ #-[ 編集]
No title
サカタのタネ、タキイ種苗、カネコ種苗、ホーブ、ホクト、日本農林社、トキタ種苗などなどに頑張ってもらわないとですね。
2018/05/16(水) 10:34 | URL | 貴橋明三 #-[ 編集]
HPVワクチン
種子法廃止には反対ですが、医師としてHPVワクチンの副作用については、反論したいと思います。
なぜ、世界中で広く接種されているワクチンが日本人にだけ副作用をもたらすのでしょう。
日本では副作用の報道のため自粛が始まり、毎年3千人の子宮頚癌患者が死んでいます。
この副作用報道の始まりは「朝日新聞」からです。
何らかの意図を感じます。
2018/05/16(水) 10:21 | URL | ネコ太郎 #-[ 編集]
No title
子宮頸癌ワクチンの件も種子法の件も、様々な情報を見れば論調は二分しているように思います。専門家じゃないので判断が難しいのですが、決して一方的な主張に惑わされない様にします。何事も…!
2018/05/16(水) 09:56 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク