アクセスランキング

日本を取り戻したい。 そのために日本を学びます。 そうすることで私たちは愛と喜びと幸せと美しさのある本来の日本人に戻れると思うからです。


憲法のために国があるのか、国民のために憲法があるのか

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

法も行政も立法も司法も、すべては私たち皇国臣民が、
豊かに安全に安心して暮らせるためにあるものです。
憲法のために国があるのではありません。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180514 5月の花
(画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
5月5日(土)18:30 百人一首塾 第26回
5月19日(土)18:30 第51回 新著出版記念 倭塾
6月9日(土)18:30 百人一首塾第27回
6月10日(日)13:30 チャンネルAJER 古事記に学ぶ日本型経営学/戦いの時を古事記に学ぶ
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


昔、戦国時代のことですが、可児才蔵(かにさいぞう)という戦国武者がいました。
槍は宝蔵院流で、戦(いくさ)の場での猛烈な働きぶりは、討った敵将の数が多すぎて、腰にぶら下げきれない。
そこでいつも背中に笹(ささ)を背負い、自分が討ち取った敵将の首に必ず笹の葉を咥(くわ)えさせていました。
おかげで、ついたあだ名が「笹の才蔵」!。

この笹の才蔵、あまりにも実戦で強かったことから、ある日、才蔵に試合を申し込む武者が現れました。
日時が指定され、その相手の武者が試合場である河原で待っていると、笹の指物(さしもの)を背中に負い、甲冑(かっちゅう)で身を固めた才蔵がやってきました。
ところが見れば、才蔵の後ろには才蔵の部下10名が、鉄砲を持って火縄に火をつけています。

相手の武者は驚いて、
「これは実戦ではない。試合だ」と抗議しました。
すると才蔵、
「俺の試合は実戦が全てだ」と呵々大笑して答えたそうです。

これが実戦というものです。


ねずさんの最新刊!


20180326 イシキカイカク大学



日本に対して攻撃を加えようとする者、あるいは尖閣領海に勝手に侵入しようとする者、あるいは竹島に勝手に上陸して石碑などを立てる者、そういう者たちが、そんなことをやろうという気持ちさえ起こさせなくするほど、圧倒的な力を持つこと。
これこそが、国としてもっとも大事なことです。

そこで仮の話ですが、日本の憲法に
=====
第◯条 日本の領土領海への侵犯ないし日本人への不当な暴力あるいは日本人の財産に対する破壊行為等が行われたときは、日本は即時徹底した無差別な報復攻撃を行うものとする。
=====
と書いてあり、現実に日本が相応の攻撃力を持った軍隊を保持していたとしたら、その日本の竹島や尖閣に侵入しようとしたり、あるいは現地の日本企業への破壊行為などは、果たして行われるでしょうか。
もし、日本や日本人、日本の施設などに対して、ちょっかいを出そうとするなら、それこそその国は、日本との間で全面戦争をする覚悟がなければ、手出しできません。
そして全面戦争をしかけるとしても、日本の軍事力があまりに強大であれば、誰も日本には手出しできなくなります。

では反対に、日本の憲法に「日本は他国から何をされても、いっさい報復は行わず、つねにやられっぱなしで満足し、かえって大金をお好きなだけ支払うものとする」と書いてあり、実際、戦う力はあるのに、政府がこれを行使しようとしないとしたら、どうでしょう。
そういうありがたい国があるなら、国際社会では、そこからカネをふんだくらない方が、むしろどうかしているかもしれません。

そもそも、他国軍が日本国土に攻め込んで日本人の虐殺をはじめたとしても、緊急出動する自衛隊車両は赤信号でちゃんと停まらなくちゃならないし、制限速度も守らなければならない。
渋滞に巻き込まれたら、おとなしくクルマの行列に並んでなくてはならない。
能天気にもほどがあります。
けれどこれがいまの日本の現実です。

可児才蔵が亡くなったのが1613年です。
いまからおよそ4百年前のことです。
4百年前の日本人がちゃんと理解していた事実を、4百年後の日本人はわからなくなっている。

人類は進化するなんて、嘘です。
学ばなければどんどん後退する。退化する。
個人でも同じです。
いくら学生時代に優秀だったからといって、社会人になってからの数十年、何も学ばずに生きていれば、同じ期間、一生懸命学び続けた人に追いつかなくなる。
そういうものだと思います。

軍隊についていうなら、そもそも軍隊については憲法に書く必要すらないことです。
先日も書きましたが、西洋で生まれた憲法(Constitution)は、共同体のための共同宣言のようなものです。
従って共同体の様相や環境が変化すれば、それにあわせて変化させる(改定する)のが当然であって、環境が変化しても、昔のままを墨守するのは、ただの現実逃避です。

ところが日本人にとっての憲法は「いつくしき・のり」であって、もともと「万古不易の美しい人の道」を示すものです。
そうであれば、日本における憲法は、大日本帝国憲法の改定というより、もし直すなら十七条憲法の一部改定をすべきことであって、大日本帝国憲法にせよ、日本国憲法にせよ、憲法という名をむしろ「日本国基本法」等に改めるべきです。

そうでなければ、すでに役割を終えた馬鹿げた決まりであっても、墨守しなければならなくなります。

我が国は、歴史的に「いつくしき・のり」としての憲法よりも、はるか上位に天皇がおわすという国柄を持つ国です。
従って、軍隊も領土も国土も、そのすべては天皇のものであって、政治責任者は、その運用権を持つだけです。
そして政治責任者の権限の行使には、当然政治責任が伴います。
あたりまえのことです。
責任を伴わない政治ほど、おそろしいものはないからです。

権限と責任。
憲法論議をする前に、わたしたちはそのことをしっかりと考えていかなければならないと思います。

そもそも法も行政も立法も司法も、すべては私たち皇国臣民が、豊かに安全に安心して暮らせるためにあるものです。
憲法のために国があるのではないのです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

▽最新刊・好評予約受付中▽
  

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




関連記事

コメント
続きです
このブログも100万人以上の日本人が見て勉強すれば日本の夜明けは早いと思われる。
2018/05/20(日) 10:45 | URL | 日本を愛する日本人から一言・・・ #bvoP3EXo[ 編集]
続きです
 今、虎の門ニュースでは保守系の方達が論陣を張っておられる。
2018/05/20(日) 10:42 | URL | 日本を愛する日本人から一言・・・ #bvoP3EXo[ 編集]
続きです。禁止ワードに苦戦中!!!
植民地という貴重な財産をとられた西洋が裏では根に持ち、未だに隣国3国を挑発して慰安婦や南京事件をおこしているのだろう。
 オトポール駅から2万人のユダヤ人を救出した樋口紀一郎中将、それを認めた東条英機満州参謀長、また上海で1.8万人を救った犬塚大佐等日本の軍人は世界でもっとも人権を大切にしたのだ。何故人道の罪で裁かれなければならなかったのか?事後法で人を裁くことはありえない事位先進国では常識だろう。
2018/05/20(日) 10:37 | URL | 日本を愛する日本人から一言・・・ #bvoP3EXo[ 編集]
日本国憲法は敵国のために作られた。。。
日本国憲法は日本人が強固な精神と軍隊により二度と米国や西洋諸国に戦いを挑まないよう連合国(米国)により作成されたものである。
 天皇陛下という一人の人間が”武器を置きなさい。”と命じて1億人もの国民が従うような国は世界に存在しない。
 いわゆる従軍慰安婦(戦時売春婦)など進出した国の人々を陵辱しないため日本からわざわざ派遣したのである。植民地の人間を奴隷として自由に使う西洋人や隣国3国の人間にその心が理解できるはずがない。
 日本は先の大戦では戦時法違反の原爆や都市無差別攻撃により、やむなく武器を置いたが世界から植民地がなくなるという人類初めての偉業を成し遂げたのである。ねづきちブログに登場する軍人の数々の皆さんが成し遂げたのである。
2018/05/20(日) 10:33 | URL | 日本を愛する日本人から一言・・・ #bvoP3EXo[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク