アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


東大総長を三度勤めた山川健次郎に学ぶ男の生き様

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

ひとりの人間の成長には、多くの人の支えと、歴史があります。
人はひとりで生きているわけではない。
それぞれの家や郷土、故国の歴史の中に生き、友や仲間に支えられて生きています。
そしてそういう自覚こそ人を育てるものであると思います。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180525 東大赤門
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
6月9日(土)18:30 百人一首塾第27回
6月10日(日)13:30 チャンネルAJER 古事記に学ぶ日本型経営学/戦いの時を古事記に学ぶ
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


東大の総長が自衛隊に押しかけてきて、「自分を一兵卒として給油支援に従軍させろ」言ったとしたら。
いまの時代、果たしてそれはニュースになるでしょうか。

ところがそういうことが実際にあったのです。
陸軍に東大総長が押し掛けてきて、
「日露戦争に一兵卒として従軍させろ」と申し出たのです。

それが山川健次郎(1854~1931)です。
地位も名誉も関係ない。
国のために一命を捧げる。
それだけの心で押しかけた山川健次郎に、陸軍の人事担当者は困りはてたといいます。

その山川健次郎は、会津藩の国家老だった山川重固の次男です。
少年期に白虎隊に入隊しています。
それは数え年15歳(満14歳)のときのことでした。

白虎隊は15歳から18歳までの少年たちで編成されました。
しかしいよいよ戦いというとき、会津藩は健次郎を含む15歳の年少組を外したのです。
表向きは15歳の少年では、鉄砲があまりにも重すぎたということです。
しかしあまりに不憫であったというのが本当の理由だったのかもしれません。


ねずさんの最新刊!


20180326 イシキカイカク大学



山川健次郎
20180525 山川健次郎
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。)


慶応4(1868)年8月22日、官軍によって国境の母成峠が破られました。
いよいよ城下での決戦と知った健次郎の親友の家では、母、祖母、兄嫁、姉、妹の5人が、互いの首を刺して命を絶ちました。
他の家でも、母や妻ら女性たち全員が、刀で喉を突いて絶命しました。

城内に集った武士たちは、ですから皆、年とった父母や妻子を刺し殺して城に集まった武士たちでした。
いまよりも、もっとずっと父母の孝が大事にされた時代です。
どれほどの決意と覚悟があったのか、推して知るべしです。

城主の松平容保は、覚悟の武士たちを従えて滝沢峠に向かいました。
白虎隊も滝沢口まで行きました。
ところがここで、白虎隊の中で15歳以下の年少組は待機を命ぜられました。

ひとつ上の年齢の白虎隊は、出陣しました。
滝沢村での戦いは激戦となりました。
白虎隊の面々は戻る途中の飯守山(いいもりやま)で、城が黒煙を上げているのを見ました。
「城が落ちた。
 もはやこれまで」と、
少年たちは互いの喉を刀で突き刺しました。
20人中19名がその場で絶命しました。
たまたま通りがかった老婆に、ひとりだけが助けられました。

本当は、このときまだ城は落ちていませんでした。
少年たちは思い違いで自決しています。
このことが城中に伝えられたとき、城内の者は皆、絶句しました。

亡くなった少年たちは、健次郎が兄と慕った先輩たちでした。
学問を教えてくれ、武道の修行を教えてくれた先輩たちでした。
このとき健次郎は、死んでいったひとりひとりの顔を思い浮かべて滂沱の涙を流したそうです。
会津の悲劇を心に刻み、一生忘れまいと心に誓いました。

戦いに敗れた会津藩は、下北半島に移封になりました。
会津藩士秋月悌次郎は、長州藩の参謀奥平謙輔に会って、会津の少年2名を書生に使ってほしいと頼み込みました。
このなかのひとりが健次郎でした。
それは会津の再建を次の世代に託そうとした心からでした。

激しい戦いのあと、従軍し生き残った若者たちが、友が死んで自分だけが生き残ったことへの理不尽感から、捨て鉢になってしまって、今日を限りの命とばかりに乱暴狼藉を働くようになるということは、これはどこの国でもあることです。
しかし我が国では、戊辰戦争のときもそうでしたし、先の大戦のときもそうでしたが、むしろ復興のために全力を出して、十代の若者なら学問に精を出し、成人者なら仕事に打ち込んでいます。

なかでもとりわけ優秀だった健次郎は、明治4年(1871)北海道開拓使の次官・黒田清隆が汽船「じゃぱん号」に乗って渡米する際に、同行を命ぜられています。
そしてこのことが健次郎の未来を変えていきました。

船が太平洋の真ん中を航海中のことです。
船内に張り紙が掲示されました。
「明日朝、
 本船は日本に向かって航海する
 太平洋郵便会社の船に出会う。
 日本に手紙を出したい者は
 用意するように」

翌朝、ふたつの船は出会い、郵便が交換されました。
このとき健次郎は、西洋の科学技術の凄味を実感したといいます。
一行はサンフランシスコに到着したあと、列車で大陸を横断しました。
見たこともない、煙を吐く巨大な機関車に、またもや健次郎は仰天しました。

健次郎は思ったそうです。
「会津藩は漢学による道徳教育に
 偏り過ぎていたのかもしれない。
 科学技術を軽視したために
 自分たちは負けたといえる。」
このように考えた健次郎は、米国内で科学技術を徹底的に学ぼうと決意しました。

健次郎は、名門エール大学への進学を目指しました。
しかしそのためには、米国人と同等以上の語学力、会話力、読解力、知識が必要となります。
健次郎は語学力を身につけるため、日本人のいないところに住むことを決意します。

こうして健次郎は、エール大学から北に45キロほど行ったノールリッチという人口1万人の小さな町で下宿することになりました。
そして不眠不休で猛勉強しました。

そうは言っても人間です。
ときには勉強に身が入らない日もありました。
健次郎は、そいうときには会津を思い浮かべました。
会津の人々の期待を一身に担って渡米したのです。
死んでいった先輩たちのためにも、これからの会津の人達のためにも、自分がここでくじけるわけにいかない。

この当時、会津藩は、青森の下北半島と岩手県の県境あたりに移封になっています。
そこは極寒の地です。
土地はやせ、米もとれない。
壮健な男達の多くは戊辰戦争で失われています。
ですから多くは、未亡人と子供たちと老夫婦しかいない。
飢えと寒さで、藩士やその家族が次々と死んでいきました。
そこに健次郎の家族もいました。

健次郎は手紙で、このことを知りました。
健次郎は声を出して泣いたそうです。
会津の人々の苦境。
それを思ったら、自分は負けたり逃げたりするわけにいかない。

猛勉強の結果、健次郎は念願のエール大学に一発合格しました。
健次郎は、日本と米国との国力の差は、日本人の科学軽視にあると感じ、物理学を専攻しました。

ところが日本国内では、明治新政府の財政が逼迫し、国庫が破産の危機に見舞われました。
このとき各藩が競って送りだした留学生への国費支出があまりにも高額に上るとの問題が浮上しました。
こうして健次郎にも帰国命令が出されました。

健次郎はあと一年半で卒業というところでした。
健次郎は帰朝命令を一日伸ばしにして無視しようとしました。
しかし経済的な問題は避けて通れない。
このとき健次郎の友人ロバート・モリスの伯母のハルドマン夫人が、学資援助を申し出てくれました。
ただし条件をひとつ出されました。
それは、
「あなたが大学を卒業して帰国したら、
 もっぱら国のために尽すこと」
というものでした。
健次郎は終生、ハルドマン夫人の写真を居室に飾っていたそうです。

4年半の留学を終え、21歳になった健次郎は、エール大学で物理学の学位を取得して帰国の途につきました。
健次郎は、エール大学を3年の最短期間で卒業しています。
ものすごいことです。
健次郎の努力がしのばれます。

日本に帰国した健次郎は、東京大学の前身である東京開成学校の教授補に就職しました。
そして明治12年、彼は、日本人として最初の物理学教授となりました。

明治19(1886)年、帝国大学令が発布され、東京大学は東京帝国大学と名称を変更しました。
東京帝国大学は、文科、理科、医科、工科、法科の5つの単科大学で構成されました。
健次郎は明治26年、40歳の若さで理科大学長に就任しました。

健次郎の教授時代の逸話があります。
健次郎は、自分の研究で成果がでると、その成果を惜しげもなく弟子たちに譲ったのだそうです。
そのため、いつのまにか弟子のほうが有名になることがよくありました。
しかし健次郎は、そのことをいつも喜んでくれていました。

自分のために研究をしているのなら、成果は自分のものにしたいと思うのはあたりまえのことですし、そうでなければならないものです。
しかしどこまでもお国のために自分の力も命さえも捧げているのなら、手柄など誰のものであっても良い。
むしろ自分の研究成果がその人の成功体験となり、物理学の普及促進に拍車がかかるようになるなら、そっちのほうがはるかに望ましい。

こうして彼の弟子として田中館愛橘、長岡半太郎などの物理学者、そしてその弟子にはノーベル賞を受賞した湯川秀樹、朝永振一郎などが陸続と輩出されるようになるのです。

明治34(1901)年、健次郎は48歳で東京帝国大学総長に就任しました。
薩長政権下において、朝敵となった会津藩から最高学府の総長が就任したのです。
まさに異例のことです。
旧会津藩の関係者たちは、健次郎の就任に涙を流して喜んでくれました。

日露戦争のあと、東京帝国大学の教授処分をめぐって、文部省と帝大が衝突するという事件が起こりました。
それが「七博士事件」です。
東京帝大教授戸水寛水をリ一ダーとする七博士が、時の宰相桂太郎に、対露即時開戦論を建議し、奉天戦後には、ロシアに対してバイカル湖以東の割譲を要求しろと主張したのです。

当時のメディアは、戸水教授らをバイカル博士と褒めあげて喝采しました。
しかし実際にはこのとき日本軍は疲弊しきって、戦闘を継続するだけの余力は残っていませんでした。
政府は文部省を通じて東大に7教授の処分を求めました。

この頃には世論もようやく「対露強硬論」がいかに空論にすぎなかったかを理解していました。
七博士の言論は、勇ましいけれど中身がない空理空論にすぎないものであったことが世間にも知れていました。
東大総長であった健次郎も、戸水教授ら7博士の意見に反対でした。

しかし学問の自由を守ることと、意見の対立は別な問題です。
健次郎は、城を大学に、刀を信念に置き替えて文部省を相手に戦い、一歩も引かず、ついに7博士の処分を聞き入れませんでした。
そして事件解決後、健次郎はすべての責任をとって東大総長を辞任しました。

教授、学生などは、東大の全学をあげて、健次郎を慰留したそうです。
総長としての健次郎の勇気ある行動に、誰もが共感したのです。
しかし東大教授ともあろう者が、軽々に世論の誘導に乗って国運を衰亡させることなど、あってはならないことです。
だから健次郎は、東大総長として一切の責任をとったのです。

東大総長を辞任した健次郎に、貴族院議会から声がかかりました。
こうして健次郎は51歳で貴族院議員となりました。
そして58歳で九州帝国大学初代総長、60歳で再び東京帝国大学総長に就任しています。
このときも、九州帝大の学生たちが総立ちになって健次郎の慰留をしたといいます。

彼が信望を集めたのは、彼の教育への情熱ばかりではなく、彼の持つ厳しさ、清貧、学生たちへのやさしさにあったといいます。
健次郎の娘は、彼を評して
「それは厳しく神にも等しい人でした」
と語っています。

健次郎は、その後61歳で京都帝国大学総長を兼任、62歳の大正4(1915)年に男爵となり、昭和6(1931)年6月、恩師である長州の奥平謙輔の書が飾ってある自宅で、永眠しました。享年77歳でした。

ひとりの人間の成長には、多くの人の支えと、歴史があります。
人はひとりで生きているわけではない。
それぞれの家や郷土、故国の歴史の中に生き、友や仲間に支えられて生きています。
そしてそういう自覚こそ人を育てるものであると思います。

※この記事は2009年10月の記事のリニューアルです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

▽最新刊・好評予約受付中▽
  

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




関連記事
スポンサーサイト

コメント
今日も素晴らしいお話どうもありがとうございました。
最近日本の良さを紹介する番組に出会う事があります。(地上波はスポーツ番組以外は基本的に見ないのですが)。このような日本人を紹介するような番組が地上波で見られるようになると一気にホンマモンの日本人が増えるのではと思います。
 一度CGSで日本人シリーズで紹介されると良いと思いました。今日の他のブログでシバキ隊のボスが亡くなった旨、紹介がありました。彼も元は保守系の活動家だったのにお金の面でパヨクに偏向したとの事でした。
 若いときに多くの立派な人の機微に触れておくと人生を生きていく上での滋養になるのではと思いました。
2018/05/27(日) 10:34 | URL | 日本を愛する日本人から一言・・・ #bvoP3EXo[ 編集]
いまも残るアメリカ流学生育成術
私も米国で博士号を取りましたが、学位論文の研究では教授から自分の単名で公表するようにいわれました。師である教授が弟子の院生にその研究を学生だけの単名で公表するように勧めるというのはいまなお残っている米大学の風習の一つですね。お互いにファーストネームで呼び合うのもそう。山川やその時代の日本人が留学したアメリカは、ちょうど今の日本のように、外国人にとても親切な時代の「古き良きアメリカ」の時代でした。この時代の米大学を記録した本に池原止戈夫の「アメリカ学生生活」(1947、小峰書店)があります。池原は戦前にノーバート・ウィーナーの弟子になった工学者です。いまもかわらずこの種の伝統は米大学街には残っているように思いますが、100年も経つと第一次第二次世界大戦を経験し、人々の考え方もだいぶ様変わりしたといえるでしょうね。
2018/05/27(日) 10:15 | URL | KI #-[ 編集]
おはようございます。
日大ラグビーのように、学校や監督が生徒を守らないショッキングなニュースが連日流れています。
今日のお話を、教育者、学会は良く学び、山川健次郎先生を見習って欲しいと思いました。

それにしても会津藩の国家老だった山川重固のお子さんは、大山捨松さん、山川大蔵さんといい素晴らしいですね。

本日も素晴らしいブログを、ありがとうございました。
2018/05/27(日) 10:09 | URL | ラベンダー #MMIYU.WA[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク