アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


日本人は二度まで我慢する

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

二度まで我慢するということは、三度目の我慢はない、ということです。
三度、四度と我慢をしてきて、我慢を我慢とさえ思わなかった戦後は、いま終わろうとしています。
日本は生まれ変るのです。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180602 武士
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
6月9日(土)18:30 百人一首塾第27回
6月10日(日)13:30 チャンネルAJER 古事記に学ぶ日本型経営学/戦いの時を古事記に学ぶ
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


先日、イシキカイカク大学で講義のあと、幕末から明治にかけて日本にやってきた外国人たちに、ある共通認識があったという話になりました。
どういう話かというと、当時の外国人たちは、
「日本人はどんなに馬鹿にしても、
 ニコニコしている。
 だがそれは二度までだ。
 三度目にはあいつらは
 突然日本刀を抜いて斬りかかってくる」
と語り合っていたというのです。

話の真偽のほどは不明ですが、こういう行動が日本人の武士たちの間にあったことは事実です。
よく「仏の顔も三度まで」といいます。
しかしそれは、あくまで仏様だからです。
仏様だから3度目までこらえてくださるのであって(4度目はない)、人なら一二回は間違いもあるだろうとこらえてくれるかもしれないが、三度目には許してもらえないよ、ということの裏返しの言葉でもあります。

このことは実は神話に由来していて、大国主神話の国譲りに際して、話し合いの交渉で、高天原は二度は許しましたが、三度目には建御雷神を派遣して、問答無用で平定しています。

海彦山彦で有名な山佐知毘古(やまさちひこ)は、兄の海佐知毘古(うみさちひこ)に謝罪をする際に、一度目は腰に佩(は)いている十拳剣(とつかのつるぎ)をつぶして5百本の釣り針を献上して許しを乞い、二度目には千本の釣り針を献上して許しを乞いましたが、三度目には、呪を込めた釣り針一本だけを後ろ手に渡して、兄を海で溺れさせ、経済的にも制裁を加えて徹底的に叩きのめしています。

ねずさんの最新刊!


20180326 イシキカイカク大学



基本的に和を大切にする日本人は、少々馬鹿にされようと小突かれようと、ニコニコ笑ってできるだけ波風が立ったり紛争になったりすることを避けようとします。
こちらが我慢してさえすればまるくおさまるのならと、自分に非がなくてもお詫びをしたりして、なんとか紛争を避けようとするのです。

それに一度目は、誰にだって間違いはあるし、その気がなくて人を傷つけてしまうこともあるし、手違いということもあります。
しかし二度繰り返されるなら、それは故意である疑いが生じます。
ですから三度目に備えて覚悟を決めます。
そして本当に三度目になったら、問答無用で全力で叩きのめすのです。

武士は、町人に馬鹿にされても、二度までは我慢します。
しかし三度目は斬り捨て御免です。
一度や二度で、刀を抜けば、こらえ性がないとして、斬った武士の側が切腹です。
当然です。人の命を奪ったのです。武士ならその責任を取らなければなりませんし、そのために腰に大小日本の刀を差しています。大刀は相手を切り伏せるためのものです。小刀は責任を取って自分の腹を斬るためのものです。
それが武士の掟(おきて)です。

しかし、その前に二度、同じことがあって我慢していたとわかれば、武士に切腹はありません。
罪を問われることもなく、むしろ斬り伏せたことが当然のこととされ、無罪となりました。
それどころか、むしろ三度馬鹿にされて、それでも刀を抜かなかったとなれば、
「武士でありながら町民に軽んじられた不心得者であり、藩の名誉を傷つけた」として藩からお咎めを受けました。
ひとりの武士の不名誉は、その武士だけの問題ではなく、藩全体の名誉でもあるからです。

ちなみに時代劇に、よく辻斬りが登場します。
現実には、ほとんどそのようなことはなかったのが史実ですが、もし仮にドラマのように、武士が夜道を歩いていて突然辻斬りに襲われたとします。

このとき亡くなった武士が、それなりに刀を抜いて相手と斬りあっているなら、お咎(とが)めはありません。
しかし、刀に手をかけることもなく斬り殺されたのであれば、その斬り殺された武士の家は、良くて俸禄召し上げ、悪くすればお取り潰しとなり、その家族は藩から追放になりました。

藩から追放されるということは、武士の家は基本、いまでいう社宅で、藩から支給の屋敷に住んでいましたから、明日から住まいもなくなるわけです。
もちろん引っ越しの費用も出ません。
ただ追い出されるのです。
老若男女を問わずに、です。
それが決まりです。

武士である以上、辻斬りに出会ったならば、相手は悪者なのですから、たとえ及ばずといえども一太刀報いなければならないのです。
それさえも出来なかったということは、武士として不心得であり、腰抜けとみなされたし、武士と藩は一心同体での不可分のものということが建前ですから、藩まで腰抜け扱いされては、藩の面目が立ちません。
だから藩から処分を受けます。
大げさに思われるかもしれませんが、それが武士の掟(おきて)でした。

斬られたのが町人ならば話は別です。
脇差も抜かずに一方的に斬られても、それは単に被害者であって、被害者に処分がなされることはありません。
しかし武士はどこまでも武士なのです。
たとえ被害者であっても、一太刀も報いることなく斬られたとあっては、藩の面目がたちませんし、そもそも秩序を預かる武士が腰抜けでは、ご政道が成り立ちません。

近年の映画やドラマなどの傾向を観ていると、その武士についての履違えがたいへんに目立つものになっています。
あたかも武士は、斬り捨て御免の乱暴者のような描写があったりしますが、大きな間違いです。

武士というのは、「武(たける)」+「士(さむらふ)」で成り立つ呼び名です。
「武(たける)」は「竹る」で、ものごとを真っ直ぐにする働きのことをいいます。
「士(さむらふ)」は、お仕えするという意です。
つまり、ものごとをまっすぐにする、あるいはまっすぐに保つために、お仕えしているのが武士です。
ただ刀を振り回すのが武士ではありません。

「まっすぐにする」ということは、秩序を保つということです。
世の中が人でできあがっている以上、そこには必ず秩序が必要になります。
その秩序を保つのが武士の役割です。

「秩」というのは、「禾偏(のぎへん)+失(うしなう)」で成り立つ字です。
禾偏はたわわに稔った稲穂で、これが手から消える(失われる)、つまり稲(米)をお蔵に順番にきちんと収納してしまう、という意味で、そこから物事の順番を示す言葉となったものです。
大和言葉では、これを「さち」とか「つぐ」と読みます。
つまり物事の順序をきちんと整えることが秩序です。

我が国では、国家最高権威に天皇がおわし、その下に政体としての政治権力が置かれています。
政治とは、「正しきを行い治(しら)しめる」という意味です。
そのために力を用いて監視するのが権力の意味になります。
(権という字は、ミミズクがスズメを見張っていることの象形です)
権力が監視する対象は、天皇の「おほみたから」としての民(たみ)です。
民(たみ)とは、田んぼで働くみんなのことを言います。

つまり、天皇の「おほみたから」である民が、豊かに安心して安全に暮らすことができるように、していくことが権力の役割であり、そのために権力は秩序を保持し、世の歪みを正します。
武士はそのための存在です。

世の中の歪みを正すべき武士が、心身ともに歪んでいたら、世の秩序は崩壊します。
ですから武士は、常日頃から、あらゆる面において、まっすぐであることが求められました。

ところが日本以外の諸国には、残念ながら天皇という存在がありません。
国家最高の存在は、最高権力者です。
最高権力者を処罰できる、つまり最高権力者に責任を追求できる人はいません(すれば殺される)から、国家最高権力者は、国家最高の無責任者でもあります。
最高に無責任な者を、国家最高の存在にしてしまっているのです。

国家最高の無責任者であって、一切責任を負うことがない人ですから、自分の贅沢だけを求めます。
民衆が貧困に陥ろうが、ペストで村が全滅しようが、自分が贅沢できれば良いのであって、民衆のことなど、所詮は他人事です。
こうなると、ただの収奪者ですから、民衆から恨みを買うことになります。

そこで国家最高の無責任者は、我が身を護るために兵を雇います。
武芸に秀でた強い兵は賃金が高いから、多数を雇うことはできません。
従って、競わせて、その中で一番強い者を雇います。
競う段階で、負けた側は死にますから、以後の賃金がかからなくなります。

最もお金がかからないのが奴隷兵です。
ですから奴隷兵は、数を用意することができます。
そのかわりただの奴隷ですから、性能の良い武器など与えることはありません。
粗製乱造品で十分ということになります。
ですから剣は、形は刀であっても、切れることはなく、単に鉄棒としての重量で敵を骨折させて倒すという形状になります。
弓矢も、どこに矢が飛んでいくかわからないような粗製乱造品であっても、とりあえず数射れば、そのなかの何本かは敵に当たるという具合です。

要するにマフィアのボスが、対立抗争する相手に勝つために、用心棒を雇い、奴隷を使って相手を攻め立てる。
こうしてもっとも強大な勢力を持ったマフィアが、他のマフィアのシマから収奪をすることで、さらに贅沢な暮らしを手に入れる、というのが、世界における秩序です。
そのどこにも、下層の人々が豊かに安心して安全に暮らせるようにという配慮の必要はありません。
これがいまも続く、世界秩序です。

その世界秩序のもとでは、戦後の日本は永遠の敵国とされてきました。
よく戦争映画や戦争を扱うドラマなどでは、ナチス・ドイツの兵たちが一方的にやっつけられる側になって、喝采を浴びるようになっていますが、日本の置かれた地位は、そのナチスドイツと、実は同じ位置にあったわけです。

ですから日本をどれだけ貶めても、それが罪になることもなかったし、日本はそれに対して怒ることも抵抗することもできませんでした。

ところが2015年に、安倍総理が米国の議会で演説し、
「日米は共に冷戦を戦い勝利した戦勝国である」
との宣言をし、米国議会の議員全員が総立ちで拍手をするという出来事が起こりました。

そして現在、日米は北朝鮮という共通の敵、そしてその背後にある共産主義という人類共通の敵と、共に対峙するという情況に至っています。
つまり日米は、すでに国際政治・軍事・外交面における同盟国であり、その日本を貶める工作は、国際秩序への反逆者という情況に、情況が変化しています。

これが何を意味しているかというと、日本は戦後長く「怒ってはいけない国」であったものが、70年を経由して日米関係が新たな時代となり、それから3年経った現在において日本は、「怒ることができる国」、あるいは「怒らなければならない国」になりつつある、ということです。

この戦後の70年間(1945〜2015)というのは、日本は馬鹿にされてもコケにされても、怒ることができない国だったのです。
なぜなら国際秩序の上において、日本は最下層の国であったからです。
ところが2015年を境に、日本は国際秩序の上位国へと変化しました。

もちろん国連の敵国条項はまだあります。
しかしその国連の汚鮮が、いまやどうにもならないほど荒んだものになっていることは、もはや国際社会の常識です。

そして新たな世界秩序のもとでは、今度は日本は怒ることができる国でなければならなくなったのです。
従って、2015年を境に、日本を嗤(わら)い、日本を馬鹿にする国は、三度目には経済という武力によって、徹底的な反撃を受けることになります。

そしてこうした変化は、国内政治にも大きな影響を及ぼします。
日本国内においても、日本人は何をしても怒ることさえ出来ない奴隷という立場から、怒るべきときには怒ることが求められる、普通の国へと変化してきているのです。

秩序を維持すべき武士が怒るべきときに怒らなければ、町方ではヤクザ者がのさばって、やりたい放題になります。
実際、まさに時代はそのようになっています。

二度まで我慢するということは、三度目の我慢はない、ということです。
三度、四度と我慢をしてきて、我慢を我慢とさえ思わなかった戦後は、いま終わろうとしています。

日本は生まれ変るのです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

▽最新刊・好評予約受付中▽
  

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




関連記事

コメント
No title
ねずさん 今日は。
チャ~チルも書いてましたね。日本人は外交を知らない。ディベートを
知らない。ニコニコ沈黙してるので押すと許容し、更に押すとニコニ
コ沈黙許容・・ところが突然怒って掴みかかる・・お陰でシンガポ~
ルを失った。・・こんな感じの文章です。
いつまでもコレでは・・同じ事を引き起こしかねませんね。
世界は欧米流が主流なわけで・・日本流は通じ難い訳ですしw
最初から、ニコニコしつつ講義の声をあげなくては。この点、キタの
はったり外交にも学ぶ事がありますねw最小限の犠牲で最大限の効果
をあげる・・狂犬と言われる看板づくりにも髪型から・・隙はない。
時代に合わせて世界事情に合わせて、小手技位は使えないとねw閨閥・
学閥に頼ったオヤクショには限界ありと・・。
二度まで我慢する必要はありませんよ~w最初からはっきりと物申さ
なければ舐められるだけですw世界は狡く手強いですから。営業は話
ができてナンボで~すw裏切りの海賊国家・英国にも学ぶ事は多いw
逆に日本が世界に提示している事もあります。日本の面白い所は、流
入してきた中でも気に入ったものは、なかな~か手放さない事。アメ
リカ人が書いているそうです。日本には古い時代の遺物が保存される。
例えば、もしアメリカ人がアメリカを忘れた時、その昔のアメリカは
日本に見出されるであろうと。
実際アメリカでは、多文化主義という制約の締め付けでメリ~クリス
マスと言えず、ハッピ~ホリディと言わねば~という雰囲気だそうで
す。ところがwこんなオバマ大統領の時代に、日本にいた駐日大使の
ケネディ女史は、日本からYouTubeにアップ・・サンタの格好をして
メリ~クリスマス!とw続いて恋ダンスを踊るスタッフと日本の映像
が流れますw天晴れ~ケネディさんwあの父にこの娘あり・・放射性
物質汚染が騒がれていた日本に赴任し、イロイロ尽力されてました。
人の心は変わるもの。変え得るもの。ニコニコしているだけでは掴め
ません。話術を磨き、ある程度迎合しつつも妥協点を探すのも大事で
す。日本の中には、これまで流入させてきた各国の良いものが保存さ
れているのです・・そこから相手を惹きこむ努力をしないとw
そう・・YouTubeのミギ系動画削除問題にしても、黙って自主削除で
は話にならないのではないですか?また怒るより先にテキさんを徹底
的に研究しつくさないとw表現の自由に抵触しますよねw憲法は使っ
てナンボw不満を黙って我慢~・・というのでは前に進めませんよ。
情報戦ですし~w


2018/06/05(火) 03:57 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2018/06/02(土) 10:29 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク