アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


青葉慈蔵尊の慰霊祭の日

◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中

新作動画『江戸の天才数学者 関孝和』


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

今日は埼玉県さいたま市大宮区にある青葉園で「青葉慈蔵尊の慰霊祭」がある日です。
国家が崩壊して失くなった満洲において、日本人看護婦が受けた受難の歴史と、亡くなられた看護婦さんたちの御魂を靖んじるための慰霊祭です。
この満洲従軍看護婦受難の物語については、過去記事に詳しいので、ここでは割愛します。
 満州従軍看護婦哀歌(1)
 満州従軍看護婦哀歌(2)
 満州従軍看護婦哀歌(3)
この物語に関連して、いくつか申し上げたいことがありますので、今日はそちらを書いてみたいと思います。


天に向かって凛と咲くタチアオイ
20180620 天に向かって凛と咲くタチアオイ
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


1 従軍看護婦

従軍看護婦(じゅうぐんかんごふ)というのは、軍に随伴して野戦病院などに勤務して医療活動を行う女性看護婦人のことをいいます。
西欧では、1854年のクリミア戦争で、英国のシドニー・ハーバート戦時大臣が、女性看護婦教育にあたっていたナイチンゲールに、戦地での看護を依頼したことがはじまりとされます。
このときナイチンゲールは、38名の女性看護婦らを率いて前線に向かい、たいへんな成果をあげています。

それ以前にも18世紀の後半から、米国では世界に先駆けて女性看護婦が活躍してきた歴史を持つなどといった記述をしているものもありますが、女性が戦地で看護婦を行うことは、もともとは文化の進んだ国では行われていなかったことでした。

平時の市中における医療施設で女性が看護にあたったり、あるいは医療を行ったりということは、ごく普通にありましたし、たとえば古い時代の英国では、医療は女性が行うものとされていました。
その女性は、遠目にもわかるように、黒い衣装に、先の尖った山高帽子をかぶりましたが、それが後年、英国を征服したキリスト教徒によって、魔女とされたりしています。

ただ、女性が医療や看護を行うのは、あくまで平時、もしくは市中の医療施設であって、戦場やその前線における医療は、古い時代には男性医師と男性の補助者だけがこれにあたるとされていました。
生物学的には、男は戦って死ぬために生きているのであり、女は子を産むことで子孫を絶やさないために生きているとされているのだそうですが、その男たちの戦いの戦場に女性が入り込めば、危険極まりないわけです。

戦場は、死ぬ人もいれば、ケガや病気で倒れる人もいます。
ですから医療も看護も不可欠です。
そのこと自体は、たとえば日本の戦国時代の戦でも変わりはありません。

ねずさんの最新刊!


20180612 イシキカイカク大学



では戦国時代の戦での医療はどうなっていたのでしょうか。
これは戦国時代も、その後の戊辰戦争の時代も同じですが、医師も看護助手も随伴するのが、常でした。
ただし、医師も看護助手も、全員、男性です。
女性は同行させることはありませんでした。

理由は簡単で、戦場で名誉の戦いをしようという武士たちが、戦地において女性問題を起こせば、故郷(クニ)にいる親兄弟や親戚一同に、「女にだらしのない男」として大恥をかかせることになるし、そんなことで勇敢に戦った武士の名誉が削がれるようなことがあってはならないからです。

好きな男性に声をかけられたり触れられたりすれば嬉しいけれど、嫌いな男性に声をかけられたり触れられたりするのは、蕁麻疹が出るほど嫌だという女性心理は、今も昔も変わりません。
ややこしいのは、好きな男性であっても、触れられたことにびっくりすれば、思わず泣き出してしまうというのも古来変わらぬ女心ですし、交際していた男性であっても、ある瞬間から嫌いになったら声が聞こえるだけで蕁麻疹が出る(笑)というのも、これまた古来変わらぬ女心です。
そういう微妙な心理の変化は、男性には理解不能ですし、そんなことで困惑して肝心の戦に身が入らないのでは、困ったことでは済まされない大事となります。
それならば、いっそ戦場には女性は伴わない方がはるかに安全というわけで、医療も看護も、戦場ではそれらはすべて男性の役割となっていたのです。

ちなみに嘘のような本当の話ですが、昔のお侍さんは、戦場で刀傷を受けても気合で流血を止めることができたのだそうで、これを応用したのが有名な筑波のガマの油売りだそうです。
ほんとうに「エイッ」と気合を入れると、傷口がふさがり出血も止まるのだそうで、そのうえであとから傷口を縫い合わせたのだそうです。
それも自分でできるところは、自分で縫ったといいますから、たいしたものです。

明治に入って、洋式軍隊ができたときも、これは同じで、ですから日本軍では、軍医も軍医の助手も、全員がもともとは男性でした。
ところが日清戦争の折に、洋式にならって、日本赤十字から陸軍に女性看護婦が派遣されました。

それでもこの当時はまだ女性看護婦たちは危険の大きな大陸には派遣されず、大本営のあった広島に設置された軍病院(主に大陸で伝染病に罹患した患者が収容された)だけでの看護をしています。
そこには主に大陸で感染症に罹患した患者が収容されていたのですが、それでも4名の伝染病罹患による殉職者を出しています。
このときのひとりが岩崎ゆきで、わずか17歳の乙女の覚悟と死が高く評価されるに至ることになります。
岩崎ゆきと従軍看護婦のはじまり
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3545.html

また、このときの日赤の従軍看護婦たちが叙勲され、これら一連のことを当時のメディアが従軍看護婦の「壮挙」として讃えたことから女性従軍看護婦の積極的登用が行われるようになり、続く日露戦争では、2160名もの女性看護婦が従軍するようになりました。
しかしこの段階でも、まだ女性看護婦は内地勤務であって、国外に出ることはなかったのですが、それでも大陸からの感染症に罹患して39名が病死しています。

ちなみに感染症罹患は、大陸での戦いでは本当に酷いもので、とにかく内地と違って水が汚い。
当時の大陸では、農民が城塞都市内の糞尿を桶に入れてもらってきて農業をしたのですが、日本のように、それを発酵させて肥料に用いるということをしない。
そのまま畑に撒いて、女性が裸足でそれを土に混ぜるというのが普通で、出来上がった作物を都市部に運ぶ際の桶は、糞尿を運んだ際に用いた桶をそのまま洗わずに(水がないから洗えない)用いるのがあたりまえでした。

また城塞都市内で糞尿を壺に入れる(壺に糞尿をする)のは、限られた一部の金持ちだけで、城塞内に住む一般庶民は、路上で下の用をするのが普通で、これを犬が食べて、その犬をまた人間が食べるといったことが普通に行われていました(ラルフ・タウンゼント著『暗黒大陸中国の真実』)。

そのような劣悪な衛生環境でしたから、どこもかしこも、何もかもバイ菌だらけであったわけで、日清日露以来、我軍が大陸に出兵することは、要するに兵を劣悪な環境下に置くことにもなったわけですから、感染症に罹患する兵が極めて多かったし、内地に運んでそれを治療しても、その治療中に大切な女性看護婦がやはり感染症に罹患して死亡するという悲しい出来事も多々発生したわけです。

日本は、日露戦争、第一次世界大戦以降、シベリア出兵、日華事変と、大陸への出兵を余儀なくされましたが、こうなると細菌性の感染症対策が極めて重要になるわけで、そのために置かれたのが「関東軍防疫給水部本部」です。
人は水を飲まなければ死んでしまいますが、その水の衛生をいかに保つか、感染症からいかに兵や住民を護るかは、当時にあっては、死活問題ともいえる重大事だったわけです。

「関東軍防疫給水部本部」は、当時にあって世界最大かつ最新の防疫研究機関です。
年間の研究費予算は、当時世界屈指の名門大学であった東京大学(いまでは世界的には二流大学に落ちていると言われています)とほぼ同じ年間200万円(昭和17年度)の研究費が与えられていました。
そして3千人をこえる職員が日夜研究に励み、世界的な特許もいくつも取得する研究成果をあげていたのです。
そしてその研究成果は、終戦時にGHQに摂取され、この成果によって、大躍進したのが、いま世界的な大手薬品メーカーとなっている米国製薬会社です。
そして研究成果をすべて奪われた「関東軍防疫給水部本部」の通称名が「満州第731部隊」です。

まさに悪の権化のように言われている「関東軍防疫給水部」ですが、罹患者を内地に運んで厳格な衛生管理を施していながら、女性看護婦が次々と感染して死んだのです。
大陸へは国際条約(北京議定書)によって出兵はしなければならない。
けれど感染症罹患は極力防ぎたい。
そのあたりまえのことに、真剣に取り組んだかつての日本と、その機関が、あたかも悪魔の部隊のように声高に言われて続けてきたというのが、戦後の日本のある種の狂気であったといえると思います。

さて従軍看護婦ですが、昭和12年に日華事変が勃発すると、外地における医局の看護師の数が重大な不足という事態を迎えるようになりました。
そこで苦肉の策として、内地から女性看護婦を大陸に送り出すようになります。

そしてこの結果、終戦までの8年の間に、延べ3万5千名もの女性看護婦が従軍して外地に赴任するようになるわけです。
そしてこのうちの1120名が戦没して、いま靖国神社に祀られています。

なかでも戦況の厳しくなってきた南方戦線では、軍とともにジャングルの中を逃げ回り、食べるものさえないなか、最後には自決してお亡くなりになった看護婦も大勢います。
また、戦争終結後には、北満において、ソ連軍やChina兵によって酷い目に遭わされた看護婦も多く、やっとのことで、内地に向けて帰還しようとしているところを、半島で強姦や生殺しなど、およそ鬼畜さえも目をそむけたくなるような酷い目に遭わされた看護婦も大勢いると聞いています。
またこのことは、軍の看護婦のみならず、産婦人科等のためにと大陸に渡った産婆さんや、その助手、あるいは女医たちまでも、酷い仕打ちを受けることになりました。

日本人の感覚からすれば、ひどいことをしたから、力関係が変わったときに酷い目に遭わされた、つまり事前に日本人の側が大陸や半島の人々にひどいことをしたのではないかなどと、つい勘ぐってしまいがちなのですが、事実はまったく異なります。
力関係において鬼畜が上位に立てば、鬼畜はそれまでの恩義をすべて仇で返します。
あたりまえのことです。
鬼畜に恩義という概念はないのです。
それが世界の現実であること、すくなくとも、そんな事実が、ほんの6〜70年前に実際に起こっていたのだということを、私達現代日本人は、子や孫のために自覚する必要があります。

2 青葉慈蔵尊の物語について、

私の書いた満洲従軍看護婦哀歌の物語について、いまなお、アップするたびに、私を糾弾する文章を書く人がいると聞いています。
読む気もしないし、誰がどのような考え方をしようが自由なので、放置していますが、ただひとつ、批判も感想のうちですので、それ自体は良いのですが、内容ではなく私個人への人格攻撃になっているのは、残念なことです。
どんなに正しいと信じることであったとしても、「正しいことをするなら何をしても許される」と考えるのは、左翼思考です。

世の中には、◯か☓かの二種類しかないのではなくて、0と100の間には1〜99までの多様な考えや思考があるのです。
これを正しい正しくないでいうならば、88の正しさを持つ人でも12は間違っていることになりますし、98間違っている人であっても、ひとつくらいは正しいこともあったりするということです。
要は、世の中には完璧などないのですから、0や100しか求めないのであれば、世間を狭くするしかなくなることは、誰でも知っている常識です。

逆にいえば、自分がどんなに正しくありたいと願ったとしても、必ず間違いはどこかにあるし、どんなにすごい先生であっても、やはりたくさんの間違いがあるのです。
したがって我々凡人は、世の中に正しいことを10しか持たない人もいれば、80ある人もあるという前提の中で、それぞれの先生方からすこしでも良いところを吸収して、自分が成長していくしかない。
その先生の間違いの部分をあげつらって、責め立てたところでなんの益にもならないし、そういうことをする人を、多くの世間の常識人は信用しない。

不思議なことに、保守を自称する人の中の一部には、このような簡単な常識さえ持たず、やたらに他の同じ保守系の人を攻め立てる人がいるようです。
しかし、そういうことでは、自分が偉くなったように錯覚することはできるかもしれませんが、世間の多くの人は、むしろそれを粘着性の性格異常者としかみなしません。
日本を取り戻そうという闘士が、粘着性の性格異常では、世間はついてきません。

またさらに我が国では古来、正しいことをするためならどんな非道をしても許されるという思考はありません。
武士が非道をただし、正しい行いを通すためにと刃傷に及べば、たとえどんな理由や正論があったとしても、みずから腹を斬らなければならないとされてきたのが日本です。

そして、多くの人に目覚めてもらうことが日本を取り戻すということであるならば、そこにおける行動は、正義を振りかざしながら何の責任も負わない無責任な正義ではなく、むしろ0と100の人以外の、1〜99の人々にとって、愛と喜びと幸せと美しさを及ぼすものでなければならないと私は思います。

言いたいことは以上です。

最後に、青葉慈蔵尊に祀られた従軍看護婦の皆様、また従軍看護婦として散華された皆様のご冥福を心からお祈り申し上げたいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

▽最新刊・好評予約受付中▽
  

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~





関連記事

コメント
No title
私が至らないばかりに、日常会話でさえ全く違う意味に解釈されてしまい、ねず先生や関係者の方々が不快な思いをされているのではと大変心苦しく思っております。切腹は出来ないけれど、日々「最期の一日」と思いながら静かに暮らしております。私の様な末端の凡人でもお役に立てる事があれば教えて頂きたく存じます。
青葉園へは近い内に参りたいと思っております。
2018/06/25(月) 02:25 | URL | #-[ 編集]
No title
今日もありがとうございます。
731部隊のことは、20年以上前に、「 悪魔の飽食―日本細菌戦部隊の恐怖の実像! (角川文庫) | 森村 誠一」で知りました。推理小説家で、好きだったので、読んだ記憶があります。内容が、あまりにひどいので、悲しくなりました。後に、あとで、事実ではないということも知りましたが、詳しいことはわかりませんでした。
 GHQのWGIPを知り、ねずさんの懇切丁寧な記事を読むうち、どんどん洗脳が解け、明治以降の歴史も分かってきました。江戸時代の素晴らしさも。
世界最大かつ最新の防疫研究機関の研究成果が、終戦時にGHQに摂取され、米国製薬会社が大躍進したという事もすんなり理解できます。また、STAP細胞も、麻を禁止し、禁止薬物の連想をさせました。薬効成分の研究成果も、米国製薬会社のお手柄のようになっています。
 今回の記事も転載させて頂きました。記事のあとに、青葉慈蔵尊の慰霊祭の様子が分かる画像をつけ足しました。まだ、従軍看護婦の方が、お元気でいられる姿に頭がさがりました。 
2018/06/21(木) 12:26 | URL | えっちゃん #-[ 編集]
ねず先生
青葉慈蔵尊の慰霊の日に、ブログアップをありがとうございます。

神楽坂の「酒たまねぎや」という方のホームページでは、かなり酷い中傷がされています。
http://www.tamanegiya.com/blog/2017/07/25/sagisihorikimiko/


この方の魂と、毎年6月21日に青葉慈蔵尊の慰霊の日に、お墓へお花を供え、手を合わせ黙祷を捧げる人々と、どちらの魂が美しいかは1〜99の人達には一目瞭然です。

私は、黙祷を捧げる一人でいたいです。


『不思議なことに、保守を自称する人の中の一部には、このような簡単な常識さえ持たず、やたらに他の同じ保守系の人を攻め立てる人がいるようです。
しかし、そういうことでは、自分が偉くなったように錯覚することはできるかもしれませんが、世間の多くの人は、むしろそれを粘着性の性格異常者としかみなしません。
日本を取り戻そうという闘士が、粘着性の性格異常者では、世間はついてきません。

またさらに我が国では古来、正しいことをするためならどんな非道をしても許されるという思考はありません。
武士が非道をただし、正しい行いを通すためにと刃傷に及べば、たとえどんな理由や正論があったとしても、みずから腹を斬らなければならないとされてきたのが日本です。

そして、多くの人に目覚めてもらうことが日本を取り戻すということであるならば、そこにおける行動は、正義を振りかざしながら何の責任も負わない無責任な正義ではなく、むしろ0と100の人以外の、1〜99の人々にとって、愛と喜びと幸せと美しさを及ぼすものでなければならないと私は思います。』

いつもありがとうございます。
2018/06/21(木) 09:06 | URL | 日本ミツバチ #MMIYU.WA[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク