アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


天然の災害が多い国だからこそ考えなければならないこと

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

結論から言えば、我が国には価格競争はなじまない、ということです。
競争は常に品質競争でなければならないし、そのための社会システムこそが我が国の国民の安全と安心を確保することにつながるのです。
近年、やたらとグローバル・スタンダードが声高に叫ばれますが、なんでもかんでも外国のものが良いとする姿勢では、一部の人の利権にはつながっても、おほみたからである国民の安全安心には決してつながることはないのです。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180623 あじさい

(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


日本は天然の災害が多い国です。公共工事に価格競争を持ち込むことは愚かなことです。

大阪の地震で小学校の塀が倒れて女子児童がお亡くなりになるという悲惨な事故が起こりました。
亡くなられた学童の女児には、深く哀悼の意を捧げたいと思います。

この事件では、ブロック塀に鉄心が入っていない、側面補強がされていないなどの工事の不備、またそれを見過ごしてきた行政や議会、学校の怠慢が指摘されています。
しかし、実はここで起きた問題は、いまや当該小学校だけの問題ではなく、全国いたるところで起きている問題です。

その最大の要因は公共工事に価格競争を求めた民意と称する政治にあります。
日本人ならわかっているはずです。
日本は天然の災害の多い国なのです。
工事を手抜きなしにきちんと行うにはコストがかかります。

しかし日本では、たとえ見えない所でも、きちんと補強します。
なぜなら災害に強い建設をしなければ、いざというときに取り返しのつかないことになるのです。
事故が起きからでは遅いのです。
災害が起こることを前提に、そのための備えをしていくのです。
つまり我が国にはグローバル・スタンダードとは異なる、我が国独自の手抜き工事が行われない、安かろう悪かろうの愚に陥らない、独自の社会システムが必要なのです。

ところがテレビなどの評論家やコメンテーターの言を聞くと、言ってることは、
「罰則規定を強化しろ」です。
馬鹿としか言いようがないと思います。


ねずさんの最新刊!


20180612 イシキカイカク大学



なぜなら罰則は、手抜き工事があったら、科せられるものです。
つまり事後処分でしかなく、しかもバレなければ、いくらでも手抜き工事をして儲けをあげることができるという現象をもたらすのです。

さらにいえば、パラオで崩落したSouth Korea受注の橋のように、散々な手抜き工事の上、橋ができて完成金の支払いを受けたら、サッサと法人を解散して、一切の責任を被らずにすむようにするという、とんでもない行動まで招くのです。

そもそも手抜き工事が何故起きるのかといえば、それはモラルの問題ではないのです。
まともに工事をしたら、業者に利益がないのです。
なぜなら、適正価格では単に価格だけでの競争入札では、工事を落札できないのです。
つまり業者は、儲けが出ない、ときに赤字を前提とした入札価格を提示しなければならないのです。

そうであれば、価格の高い腕の良い職人は使えないし、材料費もケチって、少しでも価格の安い粗悪品を使わなければなりません。
それさえも許されないならば、もはや業者がやっていくためには、たとえばブロック塀なら、中に入れなければならない鉄芯を、見えないからと、100本必要なところを、形ばかりの10本にする、コンクリート代を安くするために、コンクリートに埋まって見えなくなるところには、発泡スチロールや粗大ごみなどを投入して使用コンクリートの量を減らす、鉄芯の下に敷くべきコンクリートのスペーサーを強度の低い粗悪品にするなどして、材料費も安く抑えるしかないのです。

そしてそうなれば、見かけこそ、それなりに立派なものが作られても、中身がスカスカのハリボテのような建築物しかできなくなります。
当然、地震が起きれば、崩落し倒壊する。
あたりまえのことです。

日本は天然の災害の多い国なのです。
だからこそ我が国では、古来、特に公共工事においては、常に価格競争ではなく、品質競争が行われるような社会システムを構築してきたのです。
具体的には、役所の側で、工事費用の見積もりを出します。
一切の手抜きなし、使う材料も高品質なものが選ばれます。
そしてできた見積もり価格に20%、業者の利益を乗せます。
そして入札を行う。
業者の入札価格は、役所の見積もり価格よりも、高くてもいけないし、安くてもいけない。
つまり、役所の求める品質を、完全に理解し、その求める品質の工事を完全に受託できる業者だけが、入札できるという仕組みです。
そして工事を受注すれば、業者は確実に20%の利益を得ることができる。

利益が完全に保証されている中で、競争しようとするならば、もはや品質競争しかないのです。
そうなれば、より腕の良い職人の出番です。

しかも工事の受注に際しては、工事を行う会社には、必ず同業他社を完成工事の保証会社として付けさせていました。
万一工事の最中に請負業者が倒産した場合でも、保証会社が、ちゃんと工事を引き継ぐのです。
そして、万一、請負業者に手抜き工事が発覚すれば、保証会社も、二度と公共工事の請負ができなくなります。
甘くはないのです。
それだけに、どの業者も、役所に対しても、同業者に対しても、常に堂々と誇れるだけの仕事をしていかなければならなかったのです。

ですから、昭和40年代までに建てられた公共建築物では、外壁がガラス張りのビルならば、そのビルのガラスは、まるで一枚のガラス板でできているのかと思われるほど、正確なものとなっていました。
あるいはビルの窓ガラスは、まるで建物全体が一枚のガラスで作られたのかと思われるほど、正確に窓ガラスがはめ込まれていました。

ところがこれが昭和50年代以降に建てられたビル、とりわけ最近の建築物になると、ビルの窓ガラスは、あっち向いたりこっち向いたりしていて、隣のビルが、でこぼこに映っています。
しかも地震が来れば、鉄心さえも入っていないブロック塀は、いとも簡単に倒壊しています。
あたりまえの結果です。

では、昭和40年代までと、50年代では、公共工事の何が違うのでしょうか。
米国の圧力で、談合が廃止になったことです。

ネットで談合を検索すると、出てくる情報は、談合がいかに悪質なものかといった論調のものばかりです。
そしていまでは談合は、犯罪とまで目されるようになっています。

けれど違うのです。
江戸時代には、すでに談合が行われていことが確認されています。
調べれば、もっと古い時代、おそらくは1400年前の法隆寺五重塔の建築さえも、業者間談合が行われていたであろうということができようかと思います。
つまり談合は、我が国になくてはならない、建築方式なのです。

なぜなくてはならないかといえば、日本は天然の災害が多い国だからです。
地震、大水、火事、噴火、雷、大風、津波に土砂災害等々と、日本は天然災害の宝庫のような国です。
そしてそうした天然の災害は、いつ起きるのか、誰にも予測はつきません。

予測といえば、これは工学博士の武田邦彦先生もお話されていたことですが、現実問題として、地震の予知は不可能なことです。
ところが不思議な事に、かなり以前から東海大地震だけが予測され、東海地方はその地震対策のための建物の補強対策や、地震発生時の備蓄食料、避難施設に多くの予算が割かれ、また、津波対策のために沖合に津波ソナーがいくつも設置されました。
学校や公共施設等では、地震の際の避難訓練が毎年行われ、また万一の場合の警察・消防・自衛隊の三者の強力による災害支援活動のための合同訓練も催されています。

ところが、実際に起きた地震は、神奈川・静岡・愛知・三重の東海4県ではなく、関西の阪神淡路大震災、東北を襲った東日本大震災、そして今回の大阪高槻地域の地震です。
なんのことはない、東海以外の地域で、深刻な地震災害が起こっているのです。
そしてそれらの地域は、いずれも過去に大きな地震を経験しているにもかかわらず、東海ではないという理由で、震災対策は、かなり後手にまわっています。

地震がいつ、どこで起きるかは、わからないのです。
わからないなら地震対策は、はじめから東海四県に限らず、日本全国が同じ水準で行われたはずで、それによって失われずに済んだ命がどれだけあったかしれません。

だいたい万一の震災時の備蓄食料の確保、防災用品の自治体レベルでの確保、避難施設への誘導と、そこでの安全対策などは、果たして十分なものといえるのでしょうか。

先日、ある市が、市の持つ広大な公園の内部に、万一の際の避難施設を用意しているというので見に行きました。
説明の担当の方が、
「ここが避難時の仮設トイレの設置場所になり、あらかじめ浄化槽が埋め込まれています」
とおっしゃるので、
「ここにトイレはいくつ設置されるのですか?」
と質問すると、
「はい。10基です」
「避難民は何名を収容する計算ですか?」
「はい。ここには1万人が収容可能です。」
これが現実なのです。

これが防災対策の現実なのです。

日本は天然の災害が多い国です。
公共工事に価格競争を持ち込むことは愚かなことです。

私達は、私達の日本にとって、何が大切なのかをしっかりと見極めていかなければならないと思います。
グローバルスタンダードと言ったところで、そもそも地震のない国と、日本のような地震大国では、国のあり方が違うのはむしろ当然のことです。

民間工事では、ある程度価格競争になるのは仕方がないにしても、すくなくとも公共工事に関しては、我が国は価格競争ではなく、どこまでも災害に強い品質競争を行うべきだと、私は思います。
談合だからけしからんと頭ごなしに決めつける前に、日本にとって何が必要かを先に考えるべきです。

結論から言えば、我が国には価格競争はなじまない、ということです。
競争は常に品質競争でなければならないし、そのための社会システムこそが我が国の国民の安全と安心を確保することにつながるのです。
近年、やたらとグローバル・スタンダードが声高に叫ばれますが、なんでもかんでも外国のものが良いとする姿勢では、一部の人の利権にはつながっても、おほみたからである国民の安全安心には決してつながることはないのです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

▽最新刊・好評予約受付中▽
  

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~





関連記事

コメント
No title
こんにちは。
今回の地震も断水が起きました。公営だからこそ、天災後の復旧努力
も速やかです。しかし、命のインフラである水道を民間・・というよ
り外資に任せようという動きがあります。仮に某隣国が水道を握った
ら?もちろん政商が入りますから、天災後の復興に動く事はないでしょ
ね。日本の被災者が困る方がいいのでしょうから・・トクアのネット
では日本の天災の度に祝賀メールで溢れるという民度ですし。
もっと政治に興味を持たないと、将来の生存に関わってきます。
日本国民は最低限の生活を憲法で保障されているのではなかったかな?
水は命を生きながらえるのに食料よりも大事なのです。水道は命のイ
ンフラです。天災国である日本を解ってないセ~ジ屋はどこの人かな?
もう一つ。一時期電話は固定電話も携帯もN・Tしか通じなかったようです。
天災時の混乱をひきおこすテロはこ~ゆう所からも可能です。安易に値段
だけで選んでませんか?同様に電気についても考え直してみませんか?
・・お安くなります・・という電話勧誘・・よ~く聞きただすとソ・・・
海外でもお商売なさってる・・何故最初から名のらないのかな?


2018/06/26(火) 01:49 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
建築家
地震や災害のある国は日本だけではなく、問題は日本の役人には、工事の仕様書を作る習慣も能力も無いので、ただ一枚の紙の契約書を作って、サボっているのです。普通の汚職や談合の無い国でも、しっかりとした工事ができるのであって、値段も日本より格段に安いのです。役人が管理、監査、をしたくなければ、第3者の専門家を雇えば良いのです。要するに、役人の天下り先に余分な利益を与えて、あとで頂きます、という仕組みです。
2018/06/25(月) 02:55 | URL | km #-[ 編集]
指名入札は安かろう悪かろうの見本市!!!
 入札を受けるには安値受注が基本です。役所と如何に親密な関係を構築し情報をリークしてもらうかに苦心することが最も大切です。
 受注の無い中優秀な技術者を多くかえるわけには行きません。有資格者の名前は借用、安値受注に成功したらアルバイトを採用して雑な工事を施工するという具合です。
 指名入札は日本から職人の技術を失わせる制度で少なくとも国の行う大きな物件からは正しい随意契約をすべきと思います。年金機構のデータ入力が中国企業に持っていかれるのが実態ですし、霞ヶ関のデータの多くはソフトバンク系列の韓国企業に占拠されています。
 「安ければ良かろう」は特亜3国(ダニ国家)に仕事を任せろという霞ヶ関のサインと思われます。

2018/06/24(日) 19:34 | URL | 日本を愛する日本人から一言・・・ #bvoP3EXo[ 編集]
価格競争もほどほどに
あまりにも価格競争を競っても、結局はその産業の自滅を招くのはわかるが、(名古屋喫茶店、モーニング競争は価格競争をしすぎて自滅した。)
逆に、価格競争がない場合、かつての国鉄や今のNHKのように自浄作用がなく、言い値で価格が吊り上がるのはどうなのか?
2018/06/24(日) 16:20 | URL | イッケ #-[ 編集]
No title
談合について、以前、知り合いと話していて、これはいい事だと思うと言いました。
「競争せずに、業者間で仕事を回していって、ちゃんと仕事をしていれば、倒産することもなくのがいいと思う。その仕事を誇りを持ってすればいいし。」ということを話しました。知り合いは、嬉しそうで驚いていました。発注する側の人間で、談合が悪いという風潮に、疑問を持っていたからです。
 私の、実家は工務店で、父は誇りを持って仕事をしていました。台風が来たあとは、メンテナンスのために、請け負った家々をまわり、自宅は、後回しでした。職人魂のある父でした。だから、談合については素人の私が、本質をついた答えができてのかもしれません。
2018/06/24(日) 11:26 | URL | えっちゃん #-[ 編集]
新名阪高速道路を開通は大自然の怒りを招く
更新ありがとうございます。
大阪北部を震源地とした地震で
他界された方々のご冥福をお祈り致します。私も震源地に近い所が職場なので、地震をモロに感じました。地下鉄が不通だったので車で帰宅したのは深夜でした。 この地震が起こった原因は、龍神様が鎮まっていた古来からの聖地を新名阪高速道路が開通したせいで汚してしまい、龍神様方の怒りの為地震が起こったと言われている方が多くおられます。そんな馬鹿な迷信だろって、日本の心を失った人達は思うかもしれませんが、この地域には古い神社が龍脈を守る為に複数、鎮座しているのです。それを敢えて犯して利権と利便性のみを追求して高速道路を開通した事は、大自然(神々)の怒りを買う事は当然だと想います。 この高速道路の工事中に原因不明の事故で亡くなった方は10名もおられるそうです。 私は今からでも新名阪高速道路は通行止めにして名古屋までの拡張は即事停止すべきだと想います。この事を真摯に受け止めなければ、激しい地震が連鎖して起こる事のではないかと危惧しております。
2018/06/24(日) 08:28 | URL | 大阪市民 #-[ 編集]
談合の実態を教えて下さい
談合は、外国勢(米国)が、受注獲得のため、手がうたれ、禁止されたように聞いています。
そのあたりのこと(当時の情報の当否、そして、現状)について、詳しく教えていただけると、有り難いです。
2018/06/24(日) 08:09 | URL | 花田良春 #-[ 編集]
No title
2009年
「仕分け」と称して テレビ視聴者向けの
パフォーマンスが民主党主導で行われました。
蓮舫と枝野が官僚を呼び付け「悪代官を斬る」
とばかりに「これは駄目」と やりました。

全国の老朽化した小学校体育館 修復予算を
「見直し」とかで削りました。

こう地震が続くとあの件はどうなったか?
心配です。


2018/06/24(日) 07:54 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク