アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


軍犬金剛と那智の物語

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

靖国神社に軍犬慰霊像があります。
彼らは満洲や南方で将兵と共に戦った軍犬たちの慰霊碑です。
そして実は7月7日は、昭和8年に陸軍省が軍犬金剛、那智号に初の甲号功章を授与した日でもあります。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180627 軍犬
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


靖国神社に軍犬慰霊像があります。
彼らは満洲や南方で将兵と共に戦った軍犬たちの慰霊碑です。
そして実は7月7日は、昭和8年に陸軍省が軍犬金剛、那智号に初の甲号功章を授与した日でもあります。

このときの金剛、那智号の活躍について、「金剛、那智の記念碑」のあった奉天(瀋陽)の加茂国民学校で行われた慰霊祭において、神奈川県逗子市の逗子高等女学校の先生をしておられた板倉鎮子氏が小学生に話されたものが、ネットに掲載されていましたので、ここに転載します。

**********
軍犬 金剛、那智の話
(週間小国民_昭和17年10月4日号から)
http://kiriken.web9.jp/gunken/kongou_nachi.html</u>">http://kiriken.web9.jp/gunken/kongou_nachi.html

那智は中華民国の青島の浅野浩利さんのお家で生まれました。
お母さん犬は小夜丸というシェパードです。
仔犬は全部で7匹生まれました。
オスの4頭は戦艦の名を取って、
金剛、長門、陸奥、榛名とつけられ、
雌の3頭は那智、摩耶、高雄と
巡洋艦の名を付けてもらいました。


ねずさんの新刊



20160630 軍犬 金剛、那智


無敵の我が軍艦のように
7頭とも揃って身体の丈夫な賢い犬ばかりでした。
そのうちでも那智はとりわけ利口なので、
当時奉天の独立守備隊第二大隊で軍犬班の将校だった板倉大尉の許で
立派な軍用犬にしようと
はるばる満州に行くことになりました。

しかし浅野のおばさんは
小さい那智がたった一人
海山越えて遠いところへ行くのが可哀想でたまらないので
いろいろ考えられた末、
それではもう1頭献納しようと、
金剛と一緒にして大連行きの奉天丸に預けられました。
二匹にすれば、途中淋しいことはなかろうとの思いやりが、
とうとう冥土の旅まで道伴れになってしまったとは
よくせきの因縁とでもいうのでしょう。

金剛、那智の兄妹犬は
大連で板倉大尉に迎えられて奉天に着きました。
着くとすぐ猛烈な訓練が始まりました。

その当時満州は、
いつ戦争があるかもわからないという危い時だったのです。
しかし、那智、金剛はさすがに難しい訓練にもすぐ馴れて、
隊でも評判の犬になりました。

そうこうするうちに満州事変が
奉天から少し離れた柳條湖で始まりました。
こういう場合にこそ軍犬は活躍しなければならないと、
金剛、那智は勇躍出発しました。

何しろ敵は1万2千の大勢で
北大営という兵舎に立て籠もって居ましたので、
味方は僅か5百名だけでしたから
夜襲することになり、
金剛、那智も参戦を許され、
初めて本当の戦争に出たのでした。

味方はみんな勇敢に戦ったので
翌19日朝
とうとう北大営を占領、
敵をさんざんやっつけました。

金剛、那智は敵弾雨の中を
伝令の任務に服しましたが、
敵は何しろ大勢ですから
激しい戦いとなり、
そのうえ夜の戦争ですから
兵隊さんも犬もバラバラになってしまいました。

日露戦争で部下の杉野兵曹長を見失った廣瀬中佐のように、
板倉大尉は金剛、那智を捜しまわりましたが、
行方がわかりません。
その当時の様子を
元の飼主だった浅野さんに宛てた
板倉大尉の手紙を読んでみますと

「午後11時より翌朝6時に亘る
 暗夜の激戦のこととて
 人犬相離れ、
 主は犬を求め、犬は主を捜すも、
 天明に至るも遂に那智、金剛の姿なく、

 戦闘以来三日、
 北大営内を隈なく捜索せしに
 金剛号は敵弾のため腹部貫通銃創、
 那智号は胸部貫通銃創をうけ、
 共に戦死しありを発見、
 誠に残念に有之候。

 勇敢なる戦士として
 敵弾のため名誉の戦死をとげたるは
 軍用犬のため決して無駄死にあらず、
 後輩幾多軍犬の発展上
 大なる功績をあげたるものと確信致し居候。

 北大営戦死の地に墓標を建てその霊を慰め申候。」

板倉大尉は、冒頭の板倉鎮子氏のご主人で、
この手紙から間もなく、錦州において戦死された。

*********

以前、国民学校の教科書に載った軍犬利根の物語をご紹介させていただきました。
日本が飼育した軍犬は1万頭を超えます。
日華事変を含む大東亜の戦いで、もちろん初期から中期の頃までは、帰国できた軍犬もいましたが、その多くは大陸で命を失い、また終戦時に大陸で生き残っていた軍犬たちは、すべてソ連軍やChina国民党軍に引き渡されました。
ソ連軍は、その軍犬たちをそのままChina共産党軍に下げ渡し、その後の消息はすべて不明です。

ただ、どうなったかは、これら軍犬たちの血を引く犬が、Chinaにいないことから、想像に難くないことです。

日本が軍犬を用いて、最後には軍犬たちの多くの命が失われたことで、日本軍があたかも酷いことをしたように記述しているものもあるようです。
しかし、軍犬の飼育は、米軍は当時50万頭です。
その米軍犬たちが、南方戦線で日本軍の立てこもる洞窟陣地の発見に大活躍しています。
要するに軍犬を用いたのは日本軍ばかりではなくて、当時、世界であたりまえのように行われたことです。

ただすくなくとも日本の旧軍人だった方々は、戦友とともに外地で散っていった軍犬たちのために、靖国に慰霊碑を建て、そしていまも靖國神社に行くと、その慰霊碑の前に、誰が置いたのか、いつも水やお花が飾られています。
それが日本人です。

ちなみに金剛は戦後にも活躍しています。
海上自衛隊呉地方地補給基地に「金剛丸」という名のジャーマンシェパードがいました。
戦前の軍用犬と異なり、いまの自衛隊では基地内の警備を目的とする犬として「警備犬」」と呼ばれ、訓練されていました。

金剛丸が、東日本大震災のとき、救助のために被災地に出動しました。
そして介護の老夫婦を救助しました。
誰もが怯むような厳しい状況の中で、金剛丸は自衛官としての使命を立派に果たしたのです。
けれど、人より何十倍も聴覚や嗅覚が優れた犬のことです。
任務は想像を超える激務でした。

津波肺と呼ばれる病気にかかり、任務中に死亡しました。
4歳4ヶ月でした。人なら30代半ばくらいの年齢です。

靖国神社には軍犬、軍馬、伝書鳩の慰霊碑があります。
戦前の金剛や那智、メリー号なども、ここで慰霊が行われます。
けれど、戦後に殉職した自衛隊の警備犬は「戦死」ではないので、靖国に祀られることはありません。

「そんなのおかしいだろ!」と言った人がいました。
そして、犬も人間も、一緒じゃないか!と、鶴の一声で航空自衛隊の某基地のしかも1番目立つ場所に、大きな犬の慰霊碑を作ってくれました。
それが田母神俊雄元空幕長です。
そういう4つ星のジェネラルを、戦後日本の政府も、また日本の一部保守派の人たちも、騙し叩き勾留しています。

金剛や那智についてネットで調べてみますと、犬たちは被害者ニダと騒いでいるサイトなどもみかけます。
国を護り、人の命を救おうと一心に訓練され、過酷な情況の中を人とともに戦った軍犬軍馬軍鳩たちを、御霊を信じ、未来永劫、いつまでも大切に慰霊していこうとする日本人。
それを被害者ニダと言いつのるばかり人たちの垂れ流す論説にひっかかって、戦前の日本や、いま起きている事実から目を背ける現代日本人。
そしてなくてはならない人を、寄ってたかって叩き続ける現代日本人。

何かが間違っているような気がします。
政治的に日本を取り戻すという前に、私は、日本人が日本人としてのこころを取り戻すことこそ大事なことだと思っています。

※この記事は16年5月の記事の再掲です。

【感動】心打たれる戦地の犬たち〜軍用犬と兵士


お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




関連記事
スポンサーサイト

コメント
日教組教育の害毒
子供の頃から真面目に学校で勉強すれば、日本は悪かった、間違っていたと思い込むようになりますね。そのような教育プログラムになっていることが多いと感じています。
まず私たちが誤った歴史観を修正していく必要がありますね。
小名木さんのブログはその歴史観を修正するのにとても役に立ちます。ありがとうございます。
2018/07/02(月) 14:34 | URL | Kaminari #-[ 編集]
No title
今日もありがとうございます。ブログに転載すると同時に、フェースブックでも拡散させていただきます。今日の軍犬、警察犬のお話は、心打たれました。動画を見て涙が出ました。
70歳以上の方が、アメリカのWGIPにやられ、自虐史観を植え付けられたとのこと。私は、亡父に、「戦争論・小林よしのり著」をあげました。読み終わって、目に涙を浮かべ、○○さんにも見せてやろうと嬉しそうに言っていました。やっと理解されたという思いだったのでしょう。幸いなことに、本好きな亡父ですから、理解できたと思います。
若者は、ネットで色々知り、KAZUYAさんをはじめとするユーチューバーから、偏向されない事実を知っています。電博の縛りがある新聞、テレビ、映画から離れ、毒されていません。だから、「ねずさんのひとりごと」をはじめとするブログなどを拡散し、多くのかたに「日本人の心」を取り戻すお手伝いをしています。
2018/07/01(日) 12:22 | URL | えっちゃん #-[ 編集]
日本は映画でも悪者です。只今ファイナルカウントダウンなる映画が放映されていますが、日本軍機がアメリカの民間船を意味も無く機銃攻撃するなど内容は酷いものです。これも戦争に勝った者の傲慢としか思えません。しかも日本軍は絶対悪であると信じる齢七十の親が語るあたり、日本の戦後自虐史教育が如何に深刻であるか、嘆かわしい限りです。私は日本に戦争犯罪が全く無かったとは思いませんが、天皇陛下の玉音放送による大義はその当時も、今も生き続けているものと信じています。
2018/07/01(日) 09:24 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク