アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


人は石垣、人は城。金原明善物語

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

人は石垣、人は城。
権力ではなく、
信念と努力によって
人と人とが結びついて
大きな事業を成していく。
それが日本を通底する
日本の歴史です。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180629 天竜川上流
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
8月26日(日)14:00 チャンネルAJER主催・誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


金原明善(きんぱらめいぜん)は、天保3(1832)年、遠江国長上郡(なかがみぐん)安間村(現静岡県浜松市東区安間町)の名主の家に生まれました。
浜松には、天竜川(てんりゅうがわ)という長野から遠州灘にそそぐ一級河川があります。
天の龍という名前が示す通り、もともとは大暴れ川で、明治元(1868)年5月にも大雨で堤防を決壊させて、浜松から磐田(いわた)一帯の平野部を水浸しにしました。
平野部の家屋は、ほとんど水没したのです。
たいへんな被害でした。
金原明善、36歳のときのできごとです。

江戸時代は、農家が税として年貢を納め、受け取った武士は藩主がその年貢米を備蓄して、万一の災害の際の非常支援をするのが慣例でした。
名主というのは、近隣の農家の名代の主という意味で、大名というのは、名主の中の大名主のことをいいます。
小さな災害なら、名主さんが近隣の農家や町民の面倒を見、大規模災害のときは藩が出動し、さらに大きな被害の場合は、幕府がお蔵米を放出して災害支援にあたりました。

日本は天然の災害が多い国ですから、これは行政がしなければならないことです。
ですから農家にとっても町民にとっても、年貢は、単に今風の、ただ取られるだけの税という感覚ではなくて、農家であれば万一の場合の備蓄米をお上に保管していてもらうという、いわば災害保険のような意味があったし、町民にとってもこれは同じで、日頃からお上の税の御用(城や道路などの普請や、台所のお手伝いなど)を勤めていれば、やはり万一の災害のときに、住宅や炊き出しなどでお上が命を助けてくれるという相互補完関係があったわけです。


ねずさんの新刊



災害が起きた明治元年というのは、1月に戊辰戦争が始まった年です。
元、幕府の老中で浜松藩主だった井上正直は、水浸しになった藩をなんとか救おうとするけれど、あまりも被災規模が大きくて、どうにも手がまわりません。
やむを得ず金原明善は、この災害の復興と、天竜川の治水工事を、この年誕生したばかりの新政府に希望を抱いて、京都に上って、この年にできたばかりの新政府の民生局に陳情しました。

ところが新政府はまったく相手にしてくれません。
おそらく実際の理由は、財政不足であったことでしょう。
しかし窓口の対応は、浜松藩は徳川家のお膝元だから敵だと言ったのだそうです。
災害対策に、敵も味方もありません。
しかし窓口の対応は、まるで木で鼻をくくったようなものでした。

そうこうしているうちに、同年8月に明治天皇の東京行幸が決まりました。
ところが浜松、磐田一帯は、まだ災害復旧もままならない状態です。
このため新政府は、突然手のひらをかえしたように、水害復旧工事に着手してくれました。

かつての日本には、こういうところがありました。
国家最高権威であって、権力者よりも上位の存在である天子様(天皇)が行幸されるとなれば、地元がみっともない状態になど置いて置けないのです。
なぜなら、災害対策もろくにできていないということは、その土地の権力者は、天子様の「おほみたから」をお預かりしていながら、ろくな行政ができていないということになるからです。

天皇がその土地の施政者(権力者)の人事に介入されることはありませんが、そのような能無しをその土地の責任者に任じたのは、中央の最高権力者であるわけです。
当然、中央の最高権力者自身の能力や資質が問われることになるのです。

ですから陛下が行幸されるときに、瓦礫がそのままになっていたり、復興工事が未着手だったり、被災者の仮設住宅がみすぼらしい状態になっていれば、それはそのままその土地の施政者の責任問題になりますし、その施政者の任命責任の問題をかもし出すことにもなるのです。
ですから天皇行幸ともなれば、天皇のもとにある政治権力者は、国や地域をあげて道路も景色も、ピカピカに手入れをしたのです。
それが被災地であれば、全力で復興作業を行った。
このことが、民政という面において、どれだけ民衆の安全と安心につながっていたのか、私達はここでもう一度しっかりと考え直す必要があると思います。

ところが平成の日本では、東日本大震災後、陛下が何度となく被災地入りをされたのに、瓦礫の山もそのまま、仮設住宅もそのままでした。
どれだけ日本の政治のレベルが下がったのか、どれだけ日本の民度が下がったのか、ということです。
私達は、ご先祖様を前に、猛反省をすべきです。

戦前の日本を、ひたすらに悪し様にいう学者などがいますが、すくなくとも、被災地に陛下が行幸されるというだけで、官民あげて、必死になって被災地の復興努力をした昔の日本と、陛下が被災地に何度もはいられているのに、被災地を担保にして国からカネを引っ張り出し、そのカネが被災地復興とはまったく関係のないことに使われてしまう昨今の日本では、はたしてどちらが、私たち国民にとって良い国といえるのか、ここは本気で私達が見直していかなければならない大きな課題であろうと思います。

さて、話を戻します。
天皇行幸を前にした復興工事で、金原明善は優れたリーダーシップを発揮して、なんと同年10月には、工事の大略を終わらせてしまいました。
この功績によって、明治天皇が浜松に在所されたとき、苗字帯刀を許される名誉をいただきます。

そしてこの成功から、翌明治2年には、静岡藩の水下各村の総代又卸蔵番格を申付けられ、明治5年には、浜松県から堤防附属、戸長役・天竜川卸普請専務に任命されています。
そして明治7年、金原明善は「天竜川通堤防会社」を設立して、オランダ人の河川技術者を招いて、天竜川上流の森林調査を行いました。金原明善42歳のときのことです。

天竜川は、その名の通りの暴れ川ですが、どうしてそうなってしまうのか。
川下の堤防建設もさりながら、そもそも、どうして雨が降ったらすぐに大水になるのか。
その原因を追及しなければ、抜本的解決にならないと考えたのです。

調査の結果は、すぐに出ました。
天竜川上流の山々の森が、荒れ放題となっていたのです。

「緑のダム」という言葉があります。
良く整備された森林は、降った雨を森林内に蓄えて、それを徐々に流す働きがあるのです。
これは、板の上の水は溜まって流れるけれど、板でなくスポンジであれば水を含んで溜めてくれるのと同じ理屈です。
森は、スポンジの役割をしてくれるのです。

ところがこのスポンジがスカスカになって荒れ果ててしまえば、森は貯水能力を失います。
すると雨が降ると、山の斜面の土砂まで一緒に、濁流となって下流を襲います。
これが土石流です。

「荒れた森をなんとかしなければ、
 天竜川の氾濫は止められない。」

明治10年、金原明善は、自分の全財産を献納する覚悟を決めて上京し、内務卿の大久保利通に、築堤工事実現のための謁見を求めました。
金原明善は、旧幕府方の農民です。
方や新政府のリーダーです。
身分は月とスッポンくらいの違いがあります。

ところがここが大久保利通のすごいところで、身分の別け隔てなく、重要な人にはちゃんと会ってくれました。
幕府領であることや、旧農民であることとは関係なく、長年、誠実一途に天竜川の治水工事に奔走している金原明善の名をちゃんと知っていたのです。

大久保利通は、明治新政府として、金原明善の全面的な後押しを約束してくれました。
こうして天竜川には、堤防の補強・改修、流域の全測量、駒場村以下21箇所の測量標建設、山間部の森林状態調査等々、近代的かつ総合的な治水事業が始められることになりました。

すると金原明善は、自宅に水利学校を開きました。
そこで治水と利水の教育を行いました。
森と水の事業は、世代を超えた大事業になるからです。
自分一代では、工事に限りがあるのです。
次の世代を育てなければならない。

ところが治水事業が安定稼働しはじめ、ようやく堤防などが完成し、水害の問題が解決に向かい出した頃から、別な問題が発生しました。
天竜川流域の住民たちが、利水権をめぐって争いだしたのです。

ようやく対処療法としての堤防建設が進み、いよいよこれから根治療法としての森林保護に乗り出すところでした。
まだ、天竜川対策は、道半ばです。
堤防工事だけでは治水事業は完成していない。
大雨が降って、万一堤防が決壊したら、ふたたび大水害が襲うのです。

協力しなければならないときに、互いに自分の利益を主張して争い合う。
挙句の果てが、好き嫌い論にまでなってしまって、骨肉相食むような争いを始める。
上下関係だけですべてが決まるChinaやKoreaなどと違い、我が国は古来、誰もが「おほみたから」として互いが尊重されてきた国です。
言論が自由なだけに、調整が難しいということは、これは現代でもよくあることです。

では、そこで金原明善がどうしたかというと、住民の調整困難を理由として、明治16(1883)年天竜川通堤防会社を解散してしまうのです。
争いを生むために治水事業をはじめたのではないからです。

そしてたったひとりで、現在の龍山村の山奥にある、大きな岩穴で寝泊まりをしながら、山の調査を続けました。
どうしても、山間部の荒れ地に植林を行わなければならない。
明治19年、金原明善54歳のときのことです。

金原明善は、こうして山間部の750ヘクタールに、スギとヒノキ、あわせて300万本の植林計画を作成します。
そしてこれを実施するためには、300万本の苗木を用意しなければなりません。
そのために土を耕し、苗畑にスギやヒノキの種をまく。
苗ができるまでに2年かかります。
さらに、苗木を植えやすいよう、荒れた山を整地します。
そのあとに、いよいよ植林です。
ここではじめて苗畑で育てた苗木を植えるのです。

手間も費用もかかります。
金原明善は、これに要する資金や土地を、すべて自腹で用意しました。
そして作業員の人たちと一緒に山小屋で暮らし、率先して苗木を担ぎ、急斜面に一本一本の苗を植えていきました。

利水権をめぐって争っていた人たちも、そんな金原明善の姿に、自分たちの争いの醜さに気付きました。
そして金原明善の姿を見た多くの人と浄財が、金原明善の元に集まりました。

たったひとりではじめた植林事業は、3年目には8百人を越える人で、山は大変活気に満ちるようになりました。

この間、雨で山が崩れることもありました。
暴風に叩きつけられ、育ちつつある苗木が根こそぎ倒れてしまうこともありました。
植えただけでは苗木は大きくなりません。
雑草を刈るための下草刈り、つるきり、枯れた箇所への補植など、次から次へと、息つく暇もない。

しかし、
「良い森林を作ることが、
 多くの人々の
 生命と財産を守ることだ」
金原明善の決意と信念は、仲間たちとともに、ひとつひとつ困難を克服しました。

私が小学生の頃、市内の小学校には、教科書の副読本として「のびゆく浜松」という小冊子が市内の全生徒に配布されました。
そしてこの小冊子のかなりのページが、写真入りで金原明善の物語に費やされていました。

その小冊子を読み、また教室で先生から、その話を直接聞きました。
何人かの子供が、家に帰ってその感動を親に話したのでしょう。
当時はまだ、三世代が同居している家がほとんどでしたから、
「ウチのじいちゃんも植林したんだって!」
という話がクラスの中で飛び交いました。
そして誰もが、自分が地元を護った英雄のような感覚を持ちました。

誰かがしてくれる・・・・世の中はそんな甘いものではありません。
たったひとりでも正しいことのために立ち上がり、粛々とそのために努力をし続ける。
最初に始める人は、他の誰もしていないのですから、周囲から見たら、ただの馬鹿者にしかみえません。
しかし世の中は、そんな馬鹿者によって、新しい時代が築かれるのです。
馬鹿を甘く見てはいけないのです。
言葉は同じ馬鹿でも、ヒトモドキの馬鹿と、日本人の馬鹿は、意味が違うのです。

金原明善は、大正12(1923)年、92歳でお亡くなりになりました。
金原明善の行った治水・植林事業は、今もなお、遠州平野の水害を食い止め、浜松市の発展に寄与しています。

金原明善の治水事業の基本方針というものがあります。
(1) 身を修め家を斉(ととの)えて後、始めて報孝の道は開かれる。
(2) 事業には必ず資本を必要とする。
 この資本は質素倹約を基調として求むべきものである。
 そしてその事業が大きくなるに従って、
 資本は共同出資方式にならねばならぬ。
(3) 事業の発展進歩はその事業に携わる人々にある。
 そしてこの人物の育成は教育に俟(ま)たねばならぬ。

人は石垣、人は城。
権力ではなく、信念と努力によって人と人とが結びつき、大きな事業を成していく。
それが日本の歴史です。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




関連記事

コメント
真の水害対策
恥ずかしながら気骨ある明治人の一人である金原明善氏のお名前は存じ上げませんでした。
戦後の民主化体勢はよい点もありますが、個人主義に名を借りた金銭的利益や名誉欲優先の弊害も目立ちます。
ねず先生のおっしゃる通り古いものと現代の新しいもののよいところを融合し、正しい方向に進む勇気をもらえる素晴らしいお話しでした。
僭越ながら私のfacebookページにリンクを張らせて頂きました。
https://www.facebook.com/kashimadatadashi
もしご都合が悪いようでしたら、遠慮なくご連絡下さい。
ねず先生のますますのご発展を祈念致します。
2018/07/03(火) 16:16 | URL | 鹿島田 忠史 #yJ.g9PGk[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2018/07/03(火) 16:04 | | #[ 編集]
言い訳
私も含め、人は毎日「言い訳」をしながら生きています。
日々の行動を正当化するための「言い訳」です。

「言い訳」には正しい「言い訳」もあれば正しくない「言い訳」もあります。
それは大人だけでなく子供も同じです。

自〇の理由に「いじめ」を書けば親は学校を追及し、マスコミも騒ぎます。子供の「言い訳」は複雑です。

子供の世界は正直です。
大人しく、内気な子供は皆の中に入っていけないことがあります。
友達が出来にくい子供です。

皆はその子を外して遊びます。
大人が見ていると「疎外」されていると思います。
その子も「疎外感」を感じます。

別にイジメているわけではないのに「イジメ」と捉えることがあるのです。自〇する理由は「イジメ」が一番簡単です。

「疎外感」を感じ、学校にいけなくなった子供を知っています。
イジメられているのではないけど「自分は必要でない人間だ」と言い、「〇にたい」と言っていました。

幸い、その子は今も元気です。
親は被害者の立場ですが、「イジメ問題」を調査するときには家庭も含めて慎重に調べる必要があると感じる時があります。
2018/07/03(火) 09:45 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
No title
朝から、清々しいお話で、気持ちが良くなりました。浜松の誇りですね。
実は、私の生まれた市も、地域ごとに、地域のために尽くした方が大勢いて、小・中学校の副読本に載っていました。山の木を運ぶため、自腹でつくった柏木林道。日本で二番目にできた、土管で作った曽屋水道。などがありました。教育研究員として、各校の代表が資料を作成し、副読本を作りました。また、社会の時間に実際に出かけて見学したり、遠足の時に、歩いたりしました。どの地区にも、素晴らしい先人がいるので、子どもたちは郷土愛を高めることができたと思います。
 実は7月の終わりに、浜松に行く予定があります。このお話を知って、さらに行くのが楽しみになりました。
2018/07/03(火) 08:56 | URL | えっちゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク