アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


真っ当に生きていれば冤罪は起こらない

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

小手先の「疑わしきは罰せず」という議論よりも、そもそも犯罪をいかに抑止し予防するかといった本来あるべき社会の形を、私達はしっかりと取り戻す必要があります。
なぜなら犯罪は、重大犯罪になってから逮捕するのではおそすぎるからです。
萌芽のうちに、その芽を摘み取る。
「なぜオレが捕まらなきゃならないの?、冤罪じゃないの?」と言ったケースも多々あるかもしれません。
しかし、反則金程度で、結果として殺人や放火や強姦、暴行傷害などの重大犯が防げるなら、それは社会的コストというべきです。
そうでなければ安全で安心な社会など、築けないのです。
このような問題提起を、もっとやさしくわかりやすく書いたのが、
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
です。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180705 ユリ
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
8月26日(日)14:00 チャンネルAJER主催・誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


拙著『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』の第一章の2「起きてから対処するか、起きないように努力するか」で、「真っ当に生きていれば冤罪は起こらない」ということを書かせていただきました。

西洋から輸入された現代刑法学は、「疑わしきは罰せず」を原則としています。
この言葉はラテン語の「in dubio pro reo」の訳語で、「疑わしきは被告人の利益に」と直訳されることもあります。
そして我が国の刑事訴訟法は、この原則に基づき、第336条において、
「被告事件が罪とならないとき、又は被告事件について犯罪の証明がないときは、判決で無罪の言渡をしなければならない」と定められています。

実はこの条文にある
「被告事件が罪とならないとき」
「被告事件について犯罪の証明がないとき」
というのは、もともとは
「無罪とすべき明白な新証拠を発見したとき」
と解釈されていました。

要するに、いくら「疑わしきは罰せず」といったところで、確たる証拠に基づいて逮捕し、裁判に至っているのだから、明らかに無罪であるという証拠でも出ない限りは有罪である、という立場が採られていたのです。


ねずさんの新刊



ところがこれが変更されのが昭和50年(1975)のことで、この年最高裁が白鳥事件の再審請求に際して、
「事実認定に疑いを生じさせれば足りる」
という新たな新解釈を示したことから、被告人の側は、とにもかくにも刑事訴追の要件のどこかにひとつでも、「ここがおかしい」という疑いを生じさせさえすれば、判決で無罪を勝ち取ることができるという風潮を生みました。

そのときの白鳥事件の犯人というのは、昭和27年(1952)に札幌で帰宅途上の警察官(白鳥一雄警部)を後ろから拳銃で撃って死亡させたというとんでもない事件で、殺された警部には、
「貴様のおかげで俺達の仲間が監獄につながれた。
 この恨みはきっとはらす。
 組織的に貴様をバラしてやる。」
というの脅迫状も届いていました。

白鳥警部は、当時武闘闘争を図っていた日本共産党対策に従事していた人です。
事件当時は、日本がまだ占領統治下で、前年にサンフランシスコ講和条約が締結され、事件後の4月には条約が発効するというタイミング。
そして半島は、朝鮮戦争の最中でした。

当時の日本共産党の武闘派というのは、Korea進駐軍を名乗っていた半島人と、それに同調した一部の日本人の共産党員で、半島人というのはもともとは朝鮮戦争の前に済州島で共産パルチザンとしてあらゆる不法な破壊活動を行ってきた連中と、その仲間たちです。
そのような人の命をなんとも思わない破壊活動をするような連中を取り締まるのは、国籍や民族とか差別だとか、そういうことと一切関係なく、世界の常識です。

ところが日本国内で暴れまわった彼らは、警察署も襲うような実にとんでもない連中で、ついには拳銃で警察官を殺害する、しかも後ろから撃つという卑劣極まりない方法で殺した卑怯卑劣な犯罪者です。
ちなみに、日本では、最低の極道と言われた人たちであってさえ、どうしようもなくて相手を刺すときは、正面から戦いを挑んだものです。
自分の命を的にするから、値打ちがあると考えられてきたのです。
後ろから、しかも離れて拳銃で撃つとかは、日本人には思いもつかない発想です。

たとえば坂本龍馬の暗殺は、みなさまご存知のことと思います。
暗殺されたとき、竜馬は中岡慎太郎とともに、二人で旅館の二階にいました。
そこに現れた暗殺者も二名であったことは、よく知られたことです。
竜馬は北辰一刀流の達人。
中岡慎太郎も腕がたちます。
それでも暗殺する側は、もちろん見張り役とかは他にいたかもしれませんが、竜馬の目の前に現れた暗殺者も二名、しかも正面から刀を斬りつけています。

武は、物事を竹のようにまっすぐにするためにのみ用いる。
だから武と書いて「たける(竹る)」といいます。
これが古来我が国にある武を用いる時の精神です。
拳銃で、しかも後ろから、さらに職務を終えた帰宅途上を狙うなどといいう卑劣は、オウムの地下鉄サリン事件のように、何の関係もない人たちを巻き込んだ事件にも共通する、卑怯卑劣な精神がなしたものです。

しかもその殺害の実行犯は、日本共産党の「人民艦隊」で中共に不法出国しています。
この「人民艦隊」というのは、当時の日本共産党が、朝鮮戦争のさなかにあった北朝鮮に味方して、兵や兵糧などを送るのに用いたボロ船です。

こうして事件の検挙者は、殺害の実行犯ではなく、殺害の共謀共同正犯であった日本共産党幹部2名について行われました。
決め手となったのが、唯一の証拠物件である、警部の体内から取り出された銃弾です。
その銃弾は、事件の2年前に共産党員を自称する日本人のような顔をした日本人でない人が発砲した銃弾と旋条痕が一致したという鑑定結果が、米軍から出されたのです。

米軍による鑑定というのは、この時代においては、もっとも信頼性の高いものであったわけですが、裁判で弁護側は、その銃弾の鑑定が、当時日本を占領統治していた米軍によって鑑定されたものであるという点について、これを「捏造だ」と騒ぎ立てました。

なぜ「米軍が行った鑑定だから受け入れられない」というのかというと、当時の米軍が、South Korea側に立って戦争をしており、日本共産党が押すNorth Koreaとは敵対関係にあったからだというわけです。
戦争の最中なのだから、敵国に関連する鑑定結果はアテにならないというのですあ、まさに屁理屈です。

ところが理屈にならないことをゴリ押しするために、共産党が行ったのが、全国110万人の再審請求の署名です。
署名というのは、10万人署名くらだと、本物の署名のケースが多いのですが、100万人署名とかになると、実際には、飼い犬や猫の名前まで入れ、同じ人が繰り返し何度も署名した、極めて疑わしいものであるといわれています。

けれども、これを世論だとして、彼らは裁判を最高裁に持ち込みました。
最高裁の判決は「上告棄却」、つまり犯人側の敗訴です。
しかし、その判決文の中に、
「再審制度においても『疑わしきは被告人の利益に』という刑事裁判の鉄則が適用される」
という一文がありました。

繰り返しますが、判決は犯人側の敗訴です。
しかしその判決文の中に、上の言葉があったことから、共産党はこの一文だけを抜き出して、これに
「白鳥決定」
という名前を付け、起訴の証拠にひとつでも、証拠能力に疑いのカケラがあれば、それは無罪だという、きわめて乱暴な主張を展開するようになりました。

この結果、以後に起きた様々な在日Koreanがらみの事件で、まさに「疑わしきは罰せず」が適用されて、あらゆる蛮行が無罪に持ち込まれることになりました。

すべて、逆なのです。
あべこべです。

もちろん冤罪は避けなければならないことですが、大事なことは被告人の無罪ではなくて、治安そのものの維持にあります。
一罰百戒で、事件や事故が未然に防げることが大事なのであって、そもそも事件や事故が起きてから対処するのでは遅いし、事件や事故が起こる前なら、たとえそれが冤罪であったとしても、被害者加害者双方ともに、軽微な怪我で済むのです。

たとえば、白鳥事件に関していうならば、警察官を殺そうとしているという噂が立った時点で、関係者全員が逮捕されたなら、事件は起きていないのですから、せいぜい始末書程度で済むのです。
拳銃は没収されるかもしれませんが、始末書なら前科にもならないのですから、冤罪も何もありません。
それで町の治安が保たれるのなら、むしろ結構な話なのです。

ではどうしたら良いのか。
その結論を、江戸の昔に求めた内容は、拙著で述べました。

小手先の「疑わしきは罰せず」という議論よりも、そもそも犯罪をいかに抑止し予防するかといった本来あるべき社会の形を、私達はしっかりと取り戻す必要があります。
なぜなら犯罪は、重大犯罪になってから逮捕するのではおそすぎるからです。
萌芽のうちに、その芽を摘み取る。
「なぜオレが捕まらなきゃならないの?、冤罪じゃないの?」と言ったケースも多々あるかもしれません。
しかし、反則金程度で、結果として殺人や放火や強姦、暴行傷害などの重大犯が防げるなら、それは社会的コストというべきです。
そうでなければ安全で安心な社会など、築けないのです。
このような問題提起を、もっとやさしくわかりやすく書いたのが、『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』です。
是非、ご一読を。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




関連記事
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク