アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


俠客(きょうかく)のお話

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

昔はヤクザものの人を「侠客・俠客(きょうかく)」と言いました。
客はもてなしを受けるだけで、汗をかくような仕事はしません。
つまり「侠客・俠客」というのは、汗をかかずに人間関係だけで飯を食っている人たちのことを言います。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

郎長一家28人衆
20180708 次郎長一家28人衆
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
8月26日(日)14:00 チャンネルAJER主催・誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


以前にもお話したことがありますが、任侠の「侠」という字は、もともとは「俠」と書きました。
字をご欄頂いたらわかりますが、ひとつの字の中に、なんと「人」という字が、ニンベンにひとつ、ツクリに3つで4つも入っています。

そのツクリの「夾」のなかの3つの人の中の一番大きな「人」は「一」の両腕を広げています。
その両脇の中に、小さく人が書かれています。
要するに両腕に子分を従えた親分さんが、ニンベン(人)と対峙しているわけです。

昔はヤクザものの人を「侠客・俠客(きょうかく)」と言いました。
客はもてなしを受けるだけで、汗をかくような仕事はしません。
つまり「侠客・俠客」というのは、汗をかかずに人間関係だけで飯を食っている人たちのことを言います。

江戸時代までの考え方というのは、ある意味、非常にシンプルなものです。
まず天子様がおわします。
汗をかいて現場で働く人がいます。
何かあったら責任を取る(腹を切る)人がいます。
汗をかかず、責任もとらないのが「俠客」です。
以上、おしまいです。

お百姓さんは汗をかきます。
職人さんたちも、汗をかきます。
商売人だって汗をかきます。
行商人はもちろん、お店(たな)を構えて商売をする人も、店員(たなご)も店主も、みんな接客から仕入れ挨拶、経理に納品、店の掃除、製造など、どの過程をとっても、汗をかかない仕事はありません。

汗をかかない、たとえば大店の店主などは、その代りに責任をとります。
お店が潰れれば、全責任を負うのは誰かと考えれば、答えは簡単です。

武士も汗をかきます。
日々、武術の鍛錬にいそしみ、どのような事態が起こっても、それに対処し、失敗すれば責任をとって腹を切ります。
藩主のお殿様もこれは同じです。
どんなに学問ができても、うらなり瓢箪のような青白きインテリであってはならないのです。
武士はどこまでも武士です。
二本差しである以上、武芸を身に付けなければなりません。
そして世の不条理をただし、ご政道を行い、何かあったら責任をとって腹を斬る。

人間関係だけで飯を食っていて、口は出すけど責任をとらず、腹も切らないのが「俠客」です。


ねずさんの新刊



いまの時代には、権限を持ちながら、責任をとらず、責任をとらないのに、人間関係だけで飯を食う人が多発しています。
つまりいまの日本は、まさに「俠客の世」になってしまっているわけです。

権限は、権力の及ぶ範囲のことをいいます。
その権限を持ちながら、責任を取らないならば、それは「俠客」なのです。
「俠客」のことを、別な言い方で「斜めの人」といいます。
体が斜めに傾いていたら、真っ直ぐなものが斜めに見えてしまいます。

そのような「斜めの人」をご政道に付けるようなことがあったら、まっすぐに生きている人たちが、ことごとく処罰の対象になってしまいます。
処罰というのは、経済的に困窮させられることを含みます。
迷惑な話ですが、振り返ってみれば、災害対策用にと、常に余剰人員を抱えていて、それなりの高収入を得ることができた建設関連労働力が、いまやかつての4分の1以下です。
しかも汗をかいて良い仕事をすることが、3K職などと呼ばれて若者に嫌われる職業とされました。

地方にあった商店街は、いまや見るも無残のシャッター通りです。
朝早くから市場で仕入れをして、ご近所さんの食卓を守ってきた魚屋さんも八百屋さんも、みんななくなって、大手のスーパーに吸収されてしまいました。

それでも地方の小規模スーバー、中堅スーパーがまだ元気なうちはよかったのです。
全国規模の超大型スーバーが流通の中心になると何が起こるか。
少し景気が悪くなれば、地方の不経済な店舗はすぐに閉鎖になります。
広々とした駐車場を備えた大規模商業施設が、縄で入り口を塞がれ、空き館になります。
けれど、そうなっても、かつての商店街のシャッターが開くことはありません。
つまり、地方都市には商業施設がない、という現象が起こります。

これを発展させたものが、実は米国です。
その米国で、深刻な問題になっているのが、肥満と栄養失調なのだそうです。
下に動画を貼っておきますが、結論から言えば、大手ストアが流通を寡占した結果、地方の小規模商店や中堅スーパーには流通コストの関係で野菜が回らない。
結果として地方都市の人たちはジャンクフードしか食べられない。
すると体は肥満で、かつ栄養失調という、やっかいな現象が起こります。

いま、その肥満で栄養失調という者は、全米3億人の人口のうちの5千万人。
深刻なのは、その5千万人の貧困層が、もともとは米軍の兵隊さんのなり手だったのに、いまでは肥満と栄養失調のために、兵役の検査で、みんな不合格になってしまうこと。
つまり、米国は深刻な兵隊不足の状況に直面しているわけです。
戦争大国だった米国が、戦争ができない国に変化してきている。

ヨーロッパは、14世紀に元の大帝国に支配された経験から、元の持つ金融為替機能を見習って代行した者たちが、その後のヨーロッパにおける資本家と呼ばれる層となりました。
その資本家が後ろ盾になって、つまりお金を出して、荒くれ者たちを船に乗せてアフリカや南北米大陸から財宝を持ってこさせたのが、いわゆる大航海時代です。

この時代には、荒くれ者たちがちゃんと奪い取った財宝を資本家に献上することを、王権が担保してくれたのですが、この時代が長く続くと、資本家は言うことをきかない王様よりも、自分たちが選んだ頭領にこれを委ねることになりました。
こうして起こったのが市民革命です。

市民革命は、王によって支配された人々が立ち上がったと学校では教えますが、市民というものは、日頃は働いて飯を食うのがやっとの人たちで、立ち上がって政治活動をしたり、武器を手にするような余裕などまったくない人たちです。
そういう人たちを立ち上がらせるためには、莫大なお金がかかります。
つまりスポンサーがいたから、彼らは立ち上がることができたのです。
ではそのスポンサーが誰かといえば、要するに資本家たちです。

市民革命以降、その資本家たちは、政治や企業のバックとなって、政治や企業活動のために政治家や企業家を雇って、資産を増やし続けました。
日本で商法を学ぶと、会社は株主のもので、社員というのは、株主のことを言うなどと、私達の常識とは異なった概念を学びます。
我々の感覚では会社で働く会社に雇用された人たちこそが社員なのですが、
西欧的考え方では会社にカネをだしている株主こそが社員であって、会社で汗を流して働く人は、単なる労働者というわけです。
このような私達の感覚とまったく異なる概念は、要するに14世紀に生まれた資本家のために形成された概念だからです。

我々の感覚からすると、カネとクチを出して、責任もとらず、汗もかかない人たちは「俠客」です。
斜めの人です。
そのような斜めの人が、カネと権力を駆使して私財を肥やし続けているのが、実は近現代の時代です。
これで庶民が豊かに安心して安全に暮らせるようになど、なるはずがないのです。

一部の強大な資本家という名の「俠客」が、何千年かかっても使い切れないような大金を抱え込んで、それをさらに増やすために政治家や軍人やヤクザや暴徒を雇って、世界を牛耳っているわけです。

彼らが日本を怖がり警戒する理由も、実はここにあります。
彼らがもっともおそろしい国、もっとも警戒すべき民族が、日本人だからです。
カネでは絶対に買うことができない、何千年も続く天皇という絶対的権威を持ち、その絶対的権威のもとに、誰もが「おほみたから」とされる。

そして政治権力者は、みずから汗をかいて、民衆が豊かに安全に安心して暮らせる社会を実現しようと努力し、失敗すれば腹を切って責任をとる。
民衆は、誰もが愛と喜びと幸せと美しさを人生において実現するために、汗をかいて努力する。
社会資本は、誰かひとりが独占するものではなくて、災害対策を含む公共の福祉のために用いられる。
そんな天国のような体制を持つ国は、日本しかないのです。

そういうことが人類社会の中で実現することが可能なのだということを、日本は示しているのです。
そのことに気づいたら、世界の市民は変わります。
どうして自分たちが利用されなければならないのか、と普通に考えるようになるからです。

だから戦争で日本をつぶした。
日本が芽を出すたびに、叩いてつぶし続けた。
戦後の日本を支えた、農業、造船業、繊維業、石油業は、こうして潰されていきました。
自動車産業は、いまや日本企業ではなく、現地法人企業となりました。
明治以降の日本人が爪ですくうようににして貯めた郵貯残高は、貸付という名目で世界中に寄贈されて、二度と返らないお金になりました。
政治も、彼らの影響下に置いて、つまらない議論で毎日3億円の資金を費消して、日本を壊すための道具にしました。

ところがそうやってつぶしたはずの日本が、アニメやマンガといった、まったく思いもつかないサブ・カルチャーで、世界を席巻し、日本的思想を世界中に広げてしまいました。
いまや世界の人々は、一部の特権階級の「俠客」が世界を牛耳るのではなく、民衆そのものが、本当の意味での自由や平等を謳歌できる姿を、世界の人々に見せてしまったのです。

いま、世界は大きく変わろうとしています。
気づいていないのは、日本人だけです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




関連記事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク