アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


船橋随庵に学ぶ

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

人生の価値は、お金ばかりではない。
人々のためにもてる力を振り絞って戦いながら、みずからの魂を浄化していくこと。
船橋随庵は、その人生の努力の積み重ねの中で、最期の日を迎えたとき、お金以外のすべてを得て、あちらの世界に向かわれました。
考えてみると、どっちみち向こうの世界には、この世のお金は持ってはいけないわけです。
ということは、彼は、最高の人生を持って、旅立たれたといえるのかもしれません。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180715 富士山-茨城-関宿城
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
8月26日(日)14:00 チャンネルAJER主催・誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


船橋随庵(ふなばしずいあん)は江戸後期の人です。
寛政7年(1795)生まれで、明治5年(1872)に逝去しました。
関宿藩(いまの千葉県野田市関宿町)で150石の知行取りの武士で、藩の家老まで勤めています。

関宿は、利根川と江戸川が分岐するところにある藩です。
いまでは利根川は房総半島の付け根の銚子岬で海に接していますが、もともとは東京湾に注ぐ川だったのです。
ところがこの利根川、昔は大雨の度に氾濫しました。
あまりにも暴れるので、付いたあだ名が「坂東太郎」です。

そこで江戸幕府は、東京湾に流れ込む利根川を、人工的に銚子へ流すように河川工事を行いました。
こうしてできたのがいまの利根川の流れです。
同時に、江戸市中に水を引き込むために、人工河川としてできたのが、いまの江戸川です。

そして利根川と江戸川が分離する三角地帯にあるのが、川の関ということで「関宿藩」となり、幕府の直轄領となっていました。
この関宿出身の著名人としては、大東亜戦争を終結に導いた第42代内閣総理大臣の鈴木貫太郎、将棋の坂田三吉の立ち向かった将棋の関根金次郎名人などがいます。
また徳川家康の弟の墓地も、関宿にあります。


ねずさんの新刊



利根川は、千葉の銚子に注ぎ、江戸川は江戸の町を抜けて江戸湾(東京湾)に注ぎ、両者は、関宿で接続しているわけです。
江戸時代の貨物輸送は、今の時代のようなトラックも、鉄道貨物もなかった時代ですから、大きな荷物、大量の荷物は、すべて河川を使って水上交通で行われていました。
そして、千葉の成田や印旛沼方面で採れる米や野菜や大豆、小麦などは、船で利根川を北上し、関宿で江戸川に入って、江戸市中に運び込まれたわけです。

いまでも、ターミナル駅は、人が多く集まりますが、同様に水上輸送が花形だった江戸の昔は、この関宿もたいへんな賑わいになっていたわけです。

ところが、もともと利根川は坂東太郎だし、江戸川もその利根川の影響下にありますから、大雨が降ると、必ずあたり一面が水浸しになりました。
実は、江戸時代の洪水対策というのは、大別して二種類のものがありました。
ひとつは関東方式、ひとつは関西方式です。

関東方式というのは、洪水の際に、江戸の町が水浸しにならないように、川の外側、つまりいまの埼玉方面に水を流してしまう。
つまり、埼玉を水浸しにしてしまうことで、江戸の町を護るという方式です。
これに対して関西方式は、兎にも角にも堤防を高く、河川を広くして、洪水にならないようにする、というものでした。
なぜこのような対策の違いがあるかというと、関東の河川の水量が、堤防を高くするだけでは、とてもまかないきれないほど、川の数も、水の量も多かったためです。

ですから、江戸川と利根川に挟まれた関宿藩などは、大雨の都度、水浸しになるところでした。
けれども、そうとわかっていても、平時はそこは広大な更地が広がっているわけです。
当然、人も住めば、田畑も営まれます。

そこで登場したのが「水塚」という個人施設で、各家ごとに縦横15メートルほどの地所に高さ4メートルくらの土を盛り、その上に小さな小屋を建てました。
そしてその小屋の中に、貴重品や食料、小舟などを保管し、いざ大雨のときは、そこに避難したわのです。
なにせ大水が出る度に、3〜4メートルの水没になるのです。
当然の、生活の知恵です。

水塚
水塚


もうひとつ言うと、関宿藩ではありませんが、同じく江戸川の河川地帯である埼玉県越谷市には下間久里、上間久里という町名が今でも残っています。
これは大水が出ると、女性たちが着物の裾をひざまでまくるから「しもまくり」、
モモまでまくりあげるから「かみまくり」という町名になったものです。
関宿の場合は、膝やモモどころか、家そのものが水没ました。

しかし、そうはいっても、そこで人々が生活していることは事実なのだし、関宿藩としては、なんとかして農家を護って行かなければならない。
そこで家老だった船橋随庵が考案したのが、堤防を超えて浸水した水を新たな水路を築いて流しだす、というものでした。
つまり、洪水になるのは仕方がないけれど、そこで出た水を、短期間で流し出してしまい、それによって、人々や田畑の被害を最小限に食い止めようとしたのです。

船橋随庵は、その水路に「悪水落堀」という名を付けました。
そしてその「悪水落堀」作りを開始するにあたって、彼は藩内の農民たちと繰り返し語り合い、全員の合意を取り付けて、藩内でみんなの力を合わせて、ついに嘉永3(1850)年に、この堀を完成しました。

できあがった堀に付いた名前が、公称「関宿落し」でしたが、誰もがその堀のことを「随庵堀」と呼びました。
どれだけ船橋随庵が、人々から慕われたかわかろうというものです。
こうして、船橋随庵は、それまでただの水腐地だった土地を、美しい田畑に変えました。
さらに随庵は、水害の心配から解放された長須沼、境町蓮沼、浅間沼、鵠戸沼などの沼地を干拓して、これを新田とし、新たに生まれた新田を、付近の農民たちに「平等に」分配しました。

ところが、世の中というのは不条理なものです。
この「平等な分配」が、藩内の重臣からの不興を買うのです。
藩の努力によって開墾したのだから、その権利は藩にあり、農民たちにくれてやる必要はない、というのです。

そして船橋随庵は、「受託収賄による農民たちへの不正な新田分配」の疑いで老中職を解任され、さらに獄舎に繋がれてしまいます。
けれど、いくら取り調べをしても、不正などどこにもない。
証拠のカケラもでてこない。
あたりまえです。
随庵は、貧しい農民から、ビタ一文もらっていなかったのです。

結局彼は、無罪となって、復職するのですが、このとき起こったのが、ペリー来航(1853年)です。
随庵は、ペリーの来航を受けて世の乱れを予測し、関宿藩内に、農兵による義勇兵を結成しました。
農民たちは、世話になった船橋随庵の頼みと聞いて、喜んでこれに応じてくれました。

そして義勇兵は、浪士などによる武力による威嚇や収奪を防ぐために、藩内の施設や田畑、民家等の警備にあたりました。
高杉晋作が奇兵隊を発足させたのが文久3年(1863年)のことですから、それよりも10年も前のことです。

こうした努力によって、関宿藩は戊辰戦争による被害にもほとんど遭わずに、幕末から明治維新を迎えます。
明治新政府により、関宿藩は解体となり、随庵は職を失います。
さらに愛する妻は、過労のために先立ち、跡継ぎの息子は徳川幕府派として戊辰の戦争で行方知れずとなってしまいました。

藩がなくなり、俸禄もなくなり、家族もバラバラになってしまったのです。
彼は極貧生活の中で、明治5年、78歳の生涯を閉じています。

人の一生を、「社会的経済的に恵まれた晩年を過ごすこと」に価値を置くなら、船橋随庵は、悲惨な末路をたどった人ということになることでしょう。
けれど、人の一生を「何かのために尽くすこと」、あるいは「自らの魂を民衆の幸福のために捧げること」に価値を見いだすなら、そのために捧げきった人生は、このうえもなく幸福で価値ある人生であったといえます。

日本には「死して名を残す」という概念があります。
人の生涯が、生きている今生だけのものでなく、輪廻転生して永遠の魂の浄化を求める人生、生死を超えた魂の連続性の中で価値ある人生を生きようとするならば、そのために奉仕し抜いた人生にこそ価値があるのであり、社会的経済的成功など、その価値の前にはなんら意味をなしません。

昭和天皇は、次のように述べられました。
昭和20年8月15日のことです。

「国をあげて、
 各家庭でも子孫に語り伝え、
 神国日本の不滅を信じ、
 任務は重く道は遠いということを思い、
 持てる力のすべてを未来への建設に傾け、
 道義を重んじて、志操を堅固に保ち、
 誓って国体の精髄と美質を発揮し、
 世界の進む道におくれを取らぬよう心がけよ。
 汝ら臣民、以上のことを朕が意志として体せよ。」

人生の価値は、お金ばかりではない。
人々のためにもてる力を振り絞って戦いながら、みずからの魂を浄化していくこと。
船橋随庵は、その人生の努力の積み重ねの中で、最期の日を迎えたとき、お金以外のすべてを得て、あちらの世界に向かわれました。
考えてみると、どっちみち向こうの世界には、この世のお金は持ってはいけないわけです。
ということは、彼は、最高の人生を持って、旅立たれたといえるのかもしれません。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~





関連記事
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク