アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


富屋食堂

7月28日(土)18時半から予定していました百人一首塾ですが、
急なことで申し訳ないのですが、当日台風直撃のため、日程を
8月2日(木)18時半からにずらします。
ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。
      小名木善行 拝


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

純粋な若者たちが、日々の猛烈な訓練を経由して戦い、散っていかれました。
なんのためでしょう。
私たちの住む日本を守るためです。
なぜ日本を守ろうとしたのでしょう。
そこに愛する人たちがいるからです。
そう思えるだけの思いやりの心を、
誰もが共有していたからです。


富屋食堂
20180728 富屋食堂
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
8月2日(木)18:00 百人一首塾 第28回←日程を変更していますのでご注意ください。
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
8月26日(日)14:00 チャンネルAJER主催・誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


ある本の文をご紹介します。

=======
無事にトメが退院し、富屋食堂は数ヶ月ぶりに元に戻った。
年が明けて昭和19年。
少年兵は第十期生が巣立ちを終え、それぞれに南方の空に飛び立っていき、代わって第十一期生になっていたが、池田、川畑らの5人組の指導教官は残っていた。

その日曜日、二女の礼子は初潮を見てお腹が痛いため、奥の自分の部屋で寝ていた。
トメは娘の成人を祝って朝から大量に赤飯を炊いて、いそいそと立ち回っていた。
昼頃になると少年兵たちが三々五々集まってきて、富屋は賑やかになった。
いつものように若い教官の五人組も集まっていた。

「小母ちゃん、きょうは礼ちゃんはいないの」
「礼子はね、きょうはおめでたい日なの。
 だから奥で寝てるけど」
話し声は寝ている礼子にも聞こえた。
「さ、皆さん、きょうはおめでたい日なので、お赤飯を炊いたのよ。
 お祝いだからどんどん食べてね」
「お赤飯? すげえな」
と池田たちは半ば感動し、半ば驚喜していた。
「でも、小母ちゃん、なんのお祝い?」
「なんのお祝いって、皆さん喜んでください。
 礼子が女になったのよ」
それが聞こえて来ると礼子はふとんの中で赤くなった。
「礼ちゃんが女になった?
 小母ちゃん、変なこというなあ。
 おれ、初めっから礼ちゃんて女の子だと思っていたけど、
 礼ちゃんて女じゃなかったの」
トメはくすくす笑った。
「それにしても変じゃない。
 礼ちゃんが男だったとしても、
 どうしていまごろ女になるのさ」

体は大きくて、お国のために戦うと立派な覚悟を持っていても、まだこの子たちは数えで19歳、「女になる」という言葉を知らないほどに純粋無垢なのだ。
「さあ、皆さん、どんどんおかわりしてよ」
その言葉の意味がどうであろうと、ここのところは色気より食い気。
少年たちはそろってパクウパクと赤飯にかぶりついた。
========

ねずさんの新刊



この文は、草思社文庫、赤羽礼子著『ホタル帰る 特攻隊員と母トメと娘礼子』からの抜き書きです。
285ページあるうちの、はじめの50ページからの抜き書きですから、ほんの出だしのところです。
もう、このあたりを読んだだけで、「ああ、同じだなあ」と思って、ジーンとしびれてしまって・・・。

というのは、私も家が男ばかりで育ったので、いい加減、この歳になっても女性はまるで宇宙人です(笑)
なので、若い頃の自分がその場にいたらやっぱり彼らと同じように、
「礼子ちゃんって以前は男だったの?」
と普通に思ったろうし、それよりも目の前にある美味そうな赤飯にかぶりついたと思うのです。

そしてこの本の文章は、
「体は大きくて、
 お国のために戦うと
 立派な覚悟を持っていても、
 まだこの子たちは数えで19歳、
 『女になる』という言葉を
 知らないほどに
 純粋無垢なのだ」
と続いています。

数え歳19ということは、いまの年齢なら18歳の若者です。
そんな若者達が、日本を守ろう、祖国を守ろうと、積極的に航空隊を志願し、厳しい訓練を受けてパイロットになり、特攻の空に消えて行きました。

この本に書いてあることは、ひとつひとつのエピソードが、全て実話です。
著者の赤羽礼子さんは、知覧特攻隊基地近くに実際にあった、富屋食堂の鳥濱トメさんの次女です。
彼女は、ご自身の体験をこの本に綴りました。

上でご紹介した文の冒頭に
「トメの退院」
「第十期少年兵」とあります。
トメさんが入院されたとき、この十期生の生徒たちが、訓練機で上空から順番に病院のトメさんの病室近くまで、並んで降りてくれたのです。

空から、飛行機に乗ってのお見舞いです。
飛行機は大きな爆音がしますから、病院に入院している他の患者さんや職員の方々には、さぞかしびっくりされたことと思います。
けれど、そうしたみんなが、トメさんを慕ってやってくる少年たちの心のやさしさを思い、誰一人少年たちを怒ったり、航空隊に苦情を言ったりしなかったのだそうです。
日本人は、そういう思いやりの心、互いの心を感じる心を持っているのです。
それはいまも昔も変わらないことです。

礼子さんを「元男性」などと思い込んだ池田芳彦、川畑三良さんたちは、そのとき第九期を卒業し、知覧基地の指導教官になったばかりでした。
純粋な若者たちが、日々の猛烈な訓練を経由して戦い、散っていかれました。

なんのためでしょう。
私たちの住む日本を守るためです。
なぜ日本を守ろうとしたのでしょう。
そこに愛する人たちがいるからです。
そう思えるだけの思いやりの心を、
誰もが共有していたからです。

自分さえ幸せになれるのなら、他の人を犠牲にしてもなんとも思わないという文化のもとでは、このような精神は、まず発揮されないし、仮に発揮されたとしても、共感は得られません。
むしろ騙された馬鹿なやつだという見方をされます。

実際、かつての特攻兵のことを、そのように言う人がいます。
それこそ「お里が知れる」というものです。

そもそも特攻隊は〜、とか特攻兵は〜〜、あるいは日本軍は〜〜という言い方自体が、少し違うように思います。
それらはすべて、いまも昔も変わらない、日本の若者たちであり、私達の子や孫にあたる世代の若者たちなのです。
そしてその若者たちは、日本中が家族であり、互いを大切にする日本という古くから続く国柄を護るために、そして東亜の植民地からの解放のために散って行ったのです。

日本に侵略されたと学校で教えているある国は、大東亜の戦いのときには、空爆のひとつも受けていません。
また日本本土(内地)では、食料を海外にいる兵隊さんたちに送るため、食料がものすごく制限され、お米も塩も配給制になっていましたが、そんな戦時中にあっても、その国は当時は日本の一部であったにもかかわらず、食糧事情も良く、配給制なんてものさえありませんでした。

私達の父祖は、その国の人々が、自分さえ良ければという考え方をしなければ生き残って行けなかったその国の過去から一日もはやく離れて、誰もが家族であり、お互いが思いやりの心をもって、互いを大切にし合う国家になってほしかったからです。
彼らがいまだに、そうした身勝手な社会から抜け出せないでいることは、とても残念なことです。

も何年か前になりますがTwitterで炎上したお話があります。
「最近の小学校のイモ掘り教室では、
 イモが均等じゃないとクレームが入る」
というものです。
あきれた話ですが、こういう発想が出て来る背景にあるのは、自分さえ良ければという残念な考え方をする日本人のような顔をした日本人でない人が、あまりに日本に深く入りこみすぎているからなのではないかと思います。

彼らにとっては、常に「どっちが上か」が最大の関心事です。
だからイモ堀りでも、どっちのイモが大きいかが気になります。
日本人は違います。
誰が一番大きな芋を掘ったかなどどうでもよく、みんなでどれだけの収穫ができたか、みんなで楽しさを共有できたかが最大の関心事です。

日本人の中にも競争意識はもちろんあります。順位や序列もあります。
勉強のできるできないの成績、運動の順位、もちろん大事なことです。
けれどそれは「対等感」に基づく意識です。
あいつは数学では100点で、一番だった。
けれど俺は国語では100点で、あいつより成績が上だった。
数学ではあいつに敵わないけれど、国語だったら俺が一等賞だ。
これが「対等観」です。

「対等観」は、「上下観」とは似ているけれど異なるものです。
「対等観」には、互いの違いを明確に見定めた上で、自己の昇華を図ろうとする向上心があります。
けれど「上下観」は、たったひとつの違いをもって相手を馬鹿にし見下す差蔑意識があります。
そこに向上心はなく、強烈な劣等感と相手の足を引っ張ってでも上に立ちたいという見栄しかありません。

日本にも上下関係はあります。
会社の中でも、町内会でも、昔の士農工商といった制度も、一定の上下関係を持っています。
けれど、そこでいう上下関係は、全人格的な支配と隷属の関係ではありません。
「一寸の虫にも五分の魂」というのが、日本人のあたりまえの感覚であり、組織や秩序を維持するために、互いの役割分担としても身分や肩書きはあるけれど、人としては「対等だ」というのが日本人のマインドです。
彼は会長で、俺は平社員だ。だけど釣りのときは俺が会長の先生だとは、映画にもなった『釣りバカ日誌』ですが、それが日本人の感覚です。

なぜ日本人が、そのような対等観を持っているかといえば、日本人は古来、民百姓に至るまで、すべての人が「天皇の民(おほみたから)」とされてきたからです。
日本では、内閣総理大臣でも将軍でも関白太政大臣でも、すべての政治権力者は、天皇によって認証されてその地位に就きます。
ということは、政治権力者(=司法、立法、行政の三権の長)よりも、天皇の方が地位が上だということです。
そして民は、その天皇の「おほみたから」です。

こうした感覚は、戦前の日本では、空気のようにあたりまえの感覚でした。
気をつけなければならないのは、天皇のことを「天皇」と呼ぶようになったことさえ、明治以降のことだ、ということです。
もともとは、「ミカド(=御門)」とか、「テンシサマ(=天子様)」と呼んでいました。

そして、将軍も太政大臣も、謁見するときは上座に座って顔を出しますが、「天子様」だけは、簾(すだれ)の向こうに御着座なされ、ご尊顔さえ拝むことはできませんでした。
なぜかといえば、天子様というのは、天皇その人を指すのではなく、最高の権威を意味するものであったからです。

「おほみたから」は、漢字で書くと「大御宝」、古事記では「黎元、または大御百姓」、「公民」の訓読みも「おほみたから」です。

日本の民衆は、そこまでして大切に扱われて来ました。
これは世界史的にみても、希有なことです。
世界は、上下の支配と隷属によって形成されました。
そんな世界の中で日本だけが、古来人として政治権力者や豪族の私有民として、モノとして扱われず、全ての人が人としての尊厳を認められ、一定の秩序維持のための様々な制約はあったものの、まさに権力や上下支配や圧政からの自由な民でいることができた民だったわけです。
これを昔は「國体(こくたい)」と呼びました。

先日、京都大や豊橋技術科学大(愛知県)のチームが、「生後10カ月の赤ちゃんでも、困っている人に同情する気持ちがある」という実験結果を発表しました。
テレビでも紹介されましたので、ご存知の方も多いかと思います。

生後8ヶ月の子供に、イジメ役の絵柄と、イジメられ役の絵柄を見せる。
そして子供たちが、どちらを助け、庇護しようとするかを調べた実験です。
すると、0歳児にも明確に思いやりの心がみられたといいます。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130613/wlf13061310120002-n1.htm

この実験の被験者は、日本人の0歳児です。
是非、同じ実験によって、人種による違いがあるか、検証してもらいたいと思います。

この実験は、実は20歳の日本人男女についても、同様の実験を試みています。
すると、7割の人が、今度は逆に「イジメている側」についたそうです。
被験者は同じ日本人なのに、です。

どういうことでしょうか。
生後8ヶ月の、まだ日本の教育を受けていない幼児は、イジメている者とイジメられている者がいれば、イジメられている者を助けようとする。それだけの思いやりの心がある。
ところが、その日本人の子供たちが、戦後の学校教育を終えると、なぜかイジメている側についた方が「得だ」と考えるようになっているのです。

私は、同じ実験を、是非、戦前の教育を受けた88歳以上の日本人の老人で試していただきたいと思います。
実験結果は、見るまでもないと思います。
100%の確率で、生後8ヶ月の赤子同様に、迷わずイジメられている側を庇護しようとすると思います。

要するに日本人が生まれたばかりのときには備わっていた「思いやりの心」が、戦後の学校教育は「奪っている」ということです。
とんでもないことです。

ところが近年では、この傾向がまた変わってきているのだそうです。
20歳の日本人男女たちが、「イジメられている側」に付くようになってきているのです。
幸か不幸か、教育崩壊の成果です。
日教組教育ドグマによる汚鮮によって、日本の教育現場が崩壊し、その結果、日本の若者たちの中に、本来の日本人の姿が戻ってきているのです。


赤羽礼子著「ホタル帰る」は、とても良い本なので、皆様にもご一読をお勧めします。
定価も税込み630円なので、買いやすいです。


※この記事は2013年7月の記事のリニューアルです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




関連記事
スポンサーサイト

コメント
思い遣り
思い、思われた思い遣り文化…。
最近はこの日本文化が廃れてきて、私自身はやけっぱちになっていました。私の両親、妹が思い遣りのカケラもない、冷徹な人たちです。ですがこのブログやコメントを読んで(捨てた物では無いな)とホッとしました。

礼ちゃんの恥ずかしい気持ち分かる…私も赤飯炊かれた…。
2018/09/08(土) 12:46 | URL | はらさり #TyqeI/Mo[ 編集]
英霊を想い続けること
「戦争がどれだけ悲惨か経験してないからわからないんだよ今の人は!」と、昭和5年生まれの亡き父は言っていた。そうだね、戦争を知らない私はわかってない。だから威勢のいいことを言えるのかもしれないが、私だって戦争は無い方がいいに決まっている。
でも、戦争反対を唱えていても、悲惨な戦争を仕掛けてくる輩がいる。日本を戦争へと導いた真の戦犯がいることは正しく歴史を見ればわかる。だから、あの時代の若者は潔く戦場に赴いたのではないのか。大切な祖国が愛おしいから。そして、愛する人を守れるのは自分たちしかいないと思ったから。私だって志願するかもしれない。被災地のために何かしたいと思うように。
もうすぐ8月15日。幼顔残るあの若者たちが日本を守ったのだから、戦争を知らない私は、せめて、英霊のことを想い続けたい。そのぐらいのことしかできないが。
2018/08/04(土) 21:49 | URL | 里の牛 #-[ 編集]
こういっちゃん
 子供の頃、数年過ごした山梨県のとある地域に、皆が親しみを込めて、「こういっちゃん」、と呼ぶ中年の小父さんがいました。定職にも就かず、一日中フラフラとそこら中を歩き回り、大声で何かを叫びながら走り回ったり、と子供の私には神出鬼没の恐ろしい存在でした。
 こういっちゃんを見かける度、周りの大人が、こういっちゃん、こういっちゃん、と次々に呼びかけ、野良仕事のお百姓さんたちはお茶を振舞ったりしていました。40年以上前の話で、当時低学年だった私は、皆が何故それ程までに、こういち小父さんなる人物を大事にしているのか、生まれながらにいる土地でもなかったこともあり、分かりませんでした。
 ある夏の日、こういっちゃんが流れの速い用水路に手を突っ込んで何やらしている所に、偶然、数人の同級生と通り掛かった所、こういっちゃんが嬉しそうに私に近づき、水に濡れた物を「ん、ん」と言いながら差し出しました。それは、用水路から取り出したであろう、破れたバトミントンのラケットでした。私が、いらない、と断ると、こういっちゃんは怒ったように何かを叫びながら私にラケットを突き出し、追いかけてきました。あまりのおそろしさに、私は泣きながら家に駆けこみました。
 暫くすると、普段あまり行き来のない、地域のおばさんが家にやって来ました。こういっちゃんがした事を許してほしいと言いに来たのです。 そして、戦時中、こういっちゃんは軍人として戦地に赴き、心を壊してしまった事、元は親思いの優しい人で、今でも決して人を傷つけるような事はしない事などを話してくれました。そして、元もと子供好きで、多分私と仲良くなりたかったんだろう、という事でした。
 それから1年もしない内に、私は父親の仕事の都合で他県に移りましたが、今でも、と言うより年を重ねる毎に、なぜだか、こういっちゃんの事を思い出すのです。あの頃の、あの小さな地域での、優しく他を見守る心が、とても懐かしいです。そういえば、こういっちゃんは、あちこち歩き回るためか着ている物こそ粗末でしたが、頭だけはいつも清潔に刈られていたっけな。誰かが、マメに刈ってあげていたのでしょうか。
 あの頃は、弱者を弱者として認め、皆で守る、という事をごく自然にしていたな、と服部様のコメントでもよく分かります。なんだか、尊い父祖がとても懐かしく、今の自分が申し訳ない今日この頃です。 思いの外、長文になってしまいました。すみません。
2018/07/31(火) 21:44 | URL | こくまろ #fpfOlZS.[ 編集]
二重基準
リベラルと言われる自称文化人たちが「オウム死刑囚」の執行を批判しています。欧州の多くの国は死刑制度を廃止している。世界の潮流に日本も乗らなくてはいけないと、意味不明なことを言っています。

オウムの犯罪はIS国のテロ犯罪者と同じであり、何の罪もない多くの日本国民を殺害した殺人者たちです。公正な裁判で死刑判決を受けた犯罪者です。

死刑制度のない国での逮捕前の「犯人射殺数」を日本の死刑執行数と比べたことがあるのでしょうか。日本は逮捕前の犯人射殺は皆無です。

逮捕前の射殺は良いが、逮捕後の死刑執行はいけないとでも言うのでしょうか。「死刑制度廃止は世界の潮流だ、見習え」という人に聞きたい。

「軍隊」を否定している国は世界広しといえども「日本」だけです。
死刑廃止制度を世界に見習えというのなら「憲法9条改正」も叫ぶべきではないでしょうか。
2018/07/31(火) 13:50 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
No title
私が5歳くらいのころだから、今から50年くらい前のことです。
当時私の実家は商売をしており店先で遊んでいました。すると陸軍の帽子をかぶり、今で言うとお遍路さんみたいな白装束をの方が2名通りかかりました。そのうち1名は手足が欠損しており、乳母車のような小さいいざり車にすわっていました。もう一人は墨書きののぼりを持っており、介助しながら2人で練り歩いているようでした。
店先にいた母親は2人に気づいた瞬間に呼び止め、中で作業していた父親を呼びにゆきました。出てきた父親の手には、500円札が握られていました。母親は「お国のために御苦労さまでした。」と涙ながらに手渡していました。父親は「中には偽物もいるが、本物の傷病兵さんも間違いなくいる。見かけたら労わって差し上げるように。」と言われました。
その後4組くらい見かけたことがあり、最後に見たのは成人して就職した直後でした。両足を欠損した方がのぼりを掲げて、駅の地下道に一人でじっと頭を下げて座っていました。すでに稼ぎのあった私は数百円を喜捨しましたが、今に至るまで何でもっと喜捨してあげられなかったのかと思い返しています。それいらい傷病兵の方を見かけたことはありませんでした。
数年後、新婚旅行でパリを訪れた時に、ナポレオンの墓を見に行こうと思い立ち、アンヴァリッドに向かいました。アンヴァリッドはナポレオンの墓所で有ると同時に、廃兵院と呼ばれていました。地下鉄を降りてアンヴァリッドに向かったのですが、ドーム正面からではなく、裏手から建物を抜けてゆくルートでした。その途中で病院施設のような場所を横切ったのですが、手足の欠損された方が何人も収容されており、一人につき一人以上の介助が付き添っていました。フランスでは国家に貢献した傷病兵を手厚く保護する仕組みがあるんんだと思うと同時に、日本では傷病兵はどうなったのか?過去に見かけた方々はどうなったのだろうか?と考えさせられました。大東亜戦争の傷病兵の方々は、ほとんどがすでにお亡くなりになったことと思いますが、もしご存命の方がおられたら直接お礼を申し上げたいものです。

2018/07/31(火) 12:46 | URL | 服部 充良 #y8j/9w2E[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク