アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


沈みゆく戦艦大和、1​7歳のあの日

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

私の一生は
私だけの人生ではなく、
生きたくても
生きられなかった
戦友たちの人生
でもあるのです。


20180815 戦艦大和
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
8月26日(日)14:00 チャンネルAJER主催・誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


ネットで拾ったとても良いお話をご紹介します。
本文とともに、最後に八杉さんの本件に関する動画をご紹介しますので、是非、そちらもご覧ください。

=====
【沈みゆく戦艦大和、1​7歳のあの日】
http://1minute.raindrop.jp/?p=8807

八杉康夫さん(戦艦大和語り部)
致知2006年7月号特集「人学ばざれば道を知らず」より

****
大和の後部が
白煙を上げているのが
私にも分かりました。

なおも攻撃が続けられ、
魚雷が的中した時は
震度5にも
感じられるほど
激しく揺れました。
次第に船は
傾いていきます。



ねずさんの新刊



砲術学校では、
戦艦は15度傾いたら
限界と習ってきましたが、
25度、30度と
どんどん傾いていきます。

それでも、戦闘中は
命令がない限り
持ち場を
離れることは
できません。
その時
「総員、最上甲板へ」
との命令が出ました。
軍には
「逃げる」という言葉は
ありませんが、
これが事実上
「逃げろ」という意味です。

すでに大和は
50度ほど
傾いていましたが、
この時初めて、
「大和は沈没するのか」
と思いました。
それまでは本当に
「不沈戦艦」だと
思っていたのです。

もう海に
飛び込むしかない。

そう思った時、
衝撃的な光景を
目の当たりにしました。

私が仕えていた少尉が
日本刀を抜いたかと思うと、
自分の腹を
掻っ捌いたのです。

噴き出す鮮血を前に、
私は凍り付いて
しまいました。

船はますます
傾斜が
きつくなっていきました。
90度近く傾いた時、
私はようやく
海へ飛び込みました。

 *

飛び込んだのも束の間、
沈む大和が生み出す
渦の中へ
巻き込まれてしまいました。

その時、
私の頭に過ったのは
海軍で教わった
「生きるための数々の方策」です。

海軍に入ってからというもの、
私たちが教わったのは、
ひたすら
「生きる」
ことでした。

海で溺れた時、
どうしても
苦しかったら水を飲め。

漂流した時は
体力を消耗してしまうから
泳いではならない……。

陸軍は違ったのかもしれませんが、
海軍では
「お国のために死ね、
 天皇陛下のために死ね」
などと言われたことは
一度もありません。

ひたすら
「生きること、
 生き延びること」
を教わったのです。

だからこの時も
海の渦に
巻き込まれた時の
対処法を思い返し、
実践しました。

しかし、
どんどん巻き込まれ、
あまりの水圧と酸欠で
次第に意識が
薄れていきます。

その時、
ドーンという
轟音とともに
オレンジ色の
閃光が走りました。

戦艦大和が
大爆破したのです。
そこで私の記憶は
なくなりました。

 *

気づいたら
私の体は水面に
浮き上がっていました。

幸運にも、
爆発の衝撃で
水面に押し出されたようです。

しかし、
一所懸命泳ぐものの、
次第に力尽きてきて、
重油まみれの海水を
飲み込んでしまいました。

「助けてくれ!」と叫んだと同時に、
なんともいえない
恥ずかしさが
込み上げてきました。
この期に及んで
情けない、
誰にも聞かれて
なければいいが……。

すると、すぐ後ろに
川崎勝己高射長が
いらっしゃいました。
「軍人らしく黙って死ね」
と怒られるのではないか。

そう思って身構える私に、
彼は優しい声で
「落ち着いて、
 いいか、
 落ち着くんだ」
と言って、
自分がつかまっていた
丸太を押し出しました。
そして、
なおもこう言ったのです。

「もう大丈夫だ。
 おまえは若いんだから、
 頑張って生きろ」

4時間に及ぶ
地獄の漂流後、
駆逐艦が救助を始めると、

川崎高射長は
それに背を向けて、
大和が沈んだ方向へ
泳ぎ出しました。

高射長は
大和を空から守る
最高責任者でした。

大和を守れなかったという思いから、
死を以て
責任を
取られたのでしょう。

高射長が
私にくださったのは、
浮きの丸太ではなく、
彼の命
そのものだったのです。

 *

昭和60年のことです。
いつもピアノの
発表会などで
お会いしていた女性から
喫茶店に呼び出されました。

彼女は
辺見さんが書かれた
『男たちの大和』を取り出し、
こう言ったのです。

「八杉さん、
 実は川崎勝己は
 私の父です」

驚いたなんていうものじゃありません。

戦後、何とかして
お墓参りをしたいと思い、
厚生省など方々に
問い合わせても
何の手がかりも
なかったのに、
前から知っていたこの人が
高射長のお嬢さんだったなんて……。

念願叶って
佐賀にある高射長の
墓前に手を合わせることが
できましたが、
墓石には
「享年31歳」とあり、
驚きました。
もっとずっと
年上の人だと
思い込んでいたからです。

その時私は
50歳を超えていましたが、
自分が31歳だった時を思い返すと
ただただ恥ずかしい思いがしました。
そして、不思議なことに、
それまでの晴天が
急に曇天となったかと思うと、
突然の雷雨となり、
まるで
「17歳のあの日」
が巡ってきたかのようでした。

天皇も国家も関係ない、
自分の愛する福山を、
そして日本を
守ろうと
憧れの戦艦大和へ
乗った感動。
不沈戦艦といわれた
大和の沈没、
原爆投下によって
被爆者になる、
そして、敗戦。

そのすべてが
17歳の時に
一気に起こったのです。
17歳といえば、
いまの高校2年生にあたります。

最近は学校関係へ
講演に行く機会もありますが、
現在の学生の姿を見ると、
明らかに戦後の教育が
間違ったと思わざるを得ません。

いや、生徒たちだけではない。
間違った教育を受けた人が先生となり、
親となって、
地域社会を動かしているのです。

その元凶は
昭和史を学ばないことに
あるような気がしてなりません。

自分の両親、祖父母、曾祖父母が
どれほどの激動の時代を
生きてきたかを知らず、
いくら石器時代を学んだところで、
真の日本人にはなれるはずがない。

現に「日本に誇りを持っていますか」と聞くと、
学校の先生ですら
「持ってどうするんですか?」と
真顔で聞き返すのですから。

よく「日本は平和ボケ」などと
言われますが、
毎日のように
親と子が殺し合う
この日本のどこが平和ですか?

確かに昔も殺しはありました。
しかし、
「殺してみたかった」などと、
意味もなく
殺すことは
考えられませんでした。

真の平和とは、
歴史から学び、
つくり上げていくほかありません。

鶴を折ったり、
徒党を組んでデモをすれば
天から降ってくるもの
ではないのです。

しかし、
一流の国立大学の大学院生ですら、
「昭和史は
 教えてもらっていないので
 分かりません」
と平気で言います。

ならば
自分で学べと私は言いたい。
自分で学び、
考えることなしに、
自分の生きる意味が
分かるはずがないのです。

人として生きたなら、
その証を残さなければなりません。

大きくなくてもいいのです。
小さくても、
精一杯生きた証を
残してほしい。

戦友たちは
若くして
戦艦大和と
運命をともにしましたが、
いまなお
未来へ生きる
我々に
大きな示唆を
与え続けています。

復員後、長
く私の中に渦巻いていた
「生き残ってしまった」
という罪悪感。
それはいま
使命感へと変わりました。

私の一生は
私だけの人生ではなく、
生きたくても
生きられなかった
戦友たちの人生
でもあるのです。

うかうかと老年を過ごし、
死んでいくわけにはいきません。

未来の日本を託す
若者たちが歴史を学び、
真の日本人になってくれるよう
私は大和の真実を語り続け、
いつか再び
戦友たちに会った時、
「俺も生かされた人生で
 これだけ頑張った」と
胸を張りたいと思います。

********

戦い、散っていかれた英霊たちの願いはひとつ。
日本が、平和で豊かで誰もが安心して安全に暮らせる国となり、世界もまた争いのない平和な世界になること。
後事を託されたのは、いまを生きている私達です。

関連記事
■戦艦大和出撃に込められたメッセージ
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1626.html
■航空戦艦伊勢と日向の物語
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1567.html

※この記事は2012年11月の記事の再掲です。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

戦艦大和最後の語り部 八杉康夫氏


日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




関連記事
スポンサーサイト

コメント
…戦友…
 ねず先生、失礼致します^^

 今日のお話、涙を流しながら読ませていただきまた…!
「私の一生は
私だけの人生ではなく、
生きたくても
生きられなかった
戦友たちの人生
でもあるのです。」
…まさに、まさにその通りだと思います…!
 …かつて帝国陸軍に少尉として所属していた祖父から聞いたのですが、、祖父は南部仏印で戦っていて、船で移動中、敵の魚雷攻撃を受けて船が大破し、月も陸も見えない真っ暗な大海に投げ出されたらしいです。
…暫くどの方向へ泳ごうか戦友達と漂流しながら考えていると、ふと、、目の前に母(自分の曾祖母)が浮かんで見えたらしいです…。
そしてその姿は促すように向こうに移動したらしいのです…。
祖父は、“これは!”と感じて必死に曾祖母の幻影を追って一晩泳ぎ続けました…!
…朝が来て次第に空が明け始めた頃、彼方に島が確認でき、祖父は一緒に続いた戦友達と喜びあいました。(母の愛は海より深し、ですね^^)
島に泳ぎ着いた祖父達は、直ぐに、、お互いまた必ず会う約束をして反対方向に泳いでいった戦友達の海域を確認しました…、が、祖父が言うには、
「…あいつらの行った方向には島が一つも無かった…。
だから、あいつらは多分もう……」
…と、そこまで話したら感極まったのか、話さなくなってしまいました…。
 無事故郷に帰った祖父は、恐らく先に行った戦友の分まで生ききると決意していたのか、本当に勤勉に家のため、地域のために働いたらしいです。
…祖父は、“あちら”に行ったときに一番始めに会いたいのは戦友と言っていましたが、…きっと今頃、祖父はその戦友達と楽しくやっていることと思います…^^

 ねず先生、今日も誠に素晴らしいお話、心より感謝申し上げます!
自分は、毎日敬愛する先生を応援しております^^

では!

2018/08/19(日) 19:29 | URL | 次郎左衛門 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク