アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


平成30年8月15日(水)全国戦没者追悼式における陛下のお言葉

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

「敵を知れ己を知れば百戦して危うからず」は孫子の兵法ですが、我が国の文化をしっかりと学ばず、いたずらに近隣国の、ただひたすらに「どっちが上か、どっちが勝ったのか、勝ったら負けた側から好き放題にむしり取ることができる」という文化ばかり見ているから、そこにかぶれて影響されてしまうのです。
日本には日本の文化があります。
その日本文化に立脚して、陛下のお言葉があります。
陛下のお言葉は、たいへんに重いお言葉なのです。
もっと日本人として、日本精神に誇りを持とうではありませんか。


20180817 今上陛下
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
8月26日(日)14:00 チャンネルAJER主催・誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


はじめに陛下のお言葉を宮内庁のHPからコピーさせていただきます。
*****

全国戦没者追悼式における陛下のお言葉
平成30年8月15日(水)

 本日,
「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり,
 全国戦没者追悼式に臨み,
 さきの大戦において,
 かけがえのない命を失った
 数多くの人々とその遺族を思い,
 深い悲しみを新たにいたします。

 終戦以来既に73年,
 国民のたゆみない努力により,
 今日の我が国の
 平和と繁栄が
 築き上げられましたが,
 苦難に満ちた往時をしのぶとき,
 感慨は今なお尽きることがありません。

 戦後の長きにわたる
 平和な歳月に思いを致しつつ,
 ここに過去を顧み,
 深い反省とともに,
 今後,戦争の惨禍が
 再び繰り返されぬことを切に願い,
 全国民と共に,
 戦陣に散り
 戦禍に倒れた人々に対し,
 心から追悼の意を表し,
 世界の平和と
 我が国の一層の発展を祈ります。
******


ねずさんの新刊



陛下のお言葉について、「過去を顧み深い反省」というお言葉があることから、一部の保守系の方々から不満の声があがったと聞きました。

十七条憲法の第三条に「承詔必謹」という言葉があります。
「詔(みことのり)を承(う)けては必ず謹(つつし)め」と読み下します。
陛下のお言葉への一切の反論は赦(ゆる)されないことです。
それが日本人が日本人である所以(ゆえん)です。

陛下の大御心と、その陛下から下賜されたお言葉は、我が国においては憲法以上に最も尊重されるべきものであり、たとえどのような理屈や立場があったとしても、これを批判するなどもってのほかです。
陛下のお言葉は、私達日本人にとっては、もっとずっと重いものなのです。

・・・・と前置きしたうえで、すこし掘り下げてみます。
陛下は過去の大戦について、「苦難に満ちた往時」と述べられました。
戦争は勝っても負けても、多くの犠牲を伴います。
ですから戦争は、勝敗に関わらず、常に「苦難に満ちた往時」です。

しかも先の大戦によって、戦争によって民衆が、家を失い、命を奪われ、強姦され、子供たちが餓えて死んだのです。
このことは、このうえもない苦難です。
なぜなら誰もが平和で豊かで安心して安全に暮らせる社会であり続けることが大事だからです。

そのために私達は国をあげて過去の戦争を深く反省しなければなりません。
二度と戦争が起きないように、戦争による惨禍が起きないように、真剣になって国の護りを、国家の繁栄を、そして世界の平和を希求していかなければなりません。

昭和天皇は、我が国における核の開発と使用を厳しく咎められ制止されました。
日本も原爆を作れたのです。
米国も原爆を開発しました。
そしてそれを用いました。
では日本が報復に、原爆を用いたらどうなっていたでしょうか。
戦争の勝敗はわかりません。
もしかしたら日本が勝ったかもしれない。
勝機を得たかもしれない。
しかし日本が原爆を開発した当時、米国もまた原爆を開発していました。
ということは、おそらく両国は原爆の撃ち合いとなったことでしょう。
ソ連も参戦してきました。
米ソも核の撃ち合いになったかもしれない。
China国民党とChina共産党も、核の撃ち合いになったかもしれない。

だから昭和天皇は、原爆の開発も使用も勅命をもって禁じられました。
戦争とは、戦時国際法によれば、軍服を着用して武器を手にした者同士が戦うものとされています。
しかし原爆は、無辜の民衆を対象にした大殺戮です。
つまり戦争が、戦時国際法というルールのある、いわば「リングの中での命がけの戦い」なら、原爆の使用は、すでにそれが「ルールを無視した場外乱闘」に至ったということです。

我が国が行ったのはルールのある戦争です。
場外乱闘は、すでに戦争ではりません。
ただの殺し合いです。
しかもそのために核が使われだし、現実に二発も放たれたのです。

昭和天皇が望まれたのは、戦(いくさ)の勝敗よりも、人類社会の平和です。
そしてそのために、これ以上の悲惨が起きないようにと、我が国が自主的に矛をおさめたのが昭和20年8月15日です。
我が国は誇りを持って矛をおさめたのです。

ここは大事なことです。
誇りをもって矛を収めるのか。
誇りを捨てて、ただ勝てば良いと、悲惨を継続するのか。

国を護るために散っていかれた英霊の方々が護ろうとしたもの。
それは世界の平和であり、人種差別のない、誰もが人として対等に生きることができる人類社会であり、我が国の平和であり、世界の平和と安定であり、誰もが豊かに安全に安心して暮らし、人生において愛とよろこびと幸せと美しさを実現できる社会です。
それは我が国の神々の願いでもあります。

だからこそ深い反省が必要なのです。
なぜなら今後「戦争の惨禍が再び繰り返されぬ」ためです。
そしてそのために「全国民と共に戦陣に散り戦禍に倒れた人々に、心から追悼の意を表する」のです。

このブログで、毎年原爆の話や、拉孟の戦い、沖縄の戦い、硫黄島の戦い、インパールの戦い、小町園の悲劇など、数々の戦争の話を連載しているのも、そのためです。
それは、戦争を礼賛するものでもなければ、英雄信仰でもありません。
いたずらに戦争反対を叫ぶものでもありません。
戦わなければならないときというのは、実際にあるからです。

だから良かった悪かったのだ等と議論する気はありません。
戦わなければならなかったのも事実です。
悲惨があったことも事実です。
だからこそ、二度と戦争などしなくても済むように、必死に考え、どこでどうして戦争になったのか、しっかりと過去の現実と向き合い、豊かで平和で誰もが安心して安全に暮らせる日本を築いていく。
それが大人としての反省です。

ChinaやKoreaでは、「大人が反省」は、イコール謝罪を意味し、謝罪はすなわち金銭による賠償を意味します。
彼らの思考には、上下関係と下からの収奪しかないからです。

しかしここは日本です。
日本には、残念ながら、そのような謝罪文化も、賠償文化もありません。
三跪九叩頭する国とは違うのです。
日本における反省は、事実に基づき、しっかりと過去に向き合い、そこから学びを得て現在に活かし、未来を築く石杖とするために行われます。
それは賠償や謝罪という、目先の利害とは、全然違うものです。

「敵を知れ己を知れば百戦して危うからず」は孫子の兵法ですが、我が国の文化をしっかりと学ばず、いたずらに近隣国の、ただひたすらに「どっちが上か、どっちが勝ったのか、勝ったら負けた側から好き放題にむしり取ることができる」という文化ばかり見ているから、そこにかぶれて影響されてしまうのです。

日本には日本の文化があります。
その日本文化に立脚して、陛下のお言葉があります。
陛下のお言葉は、たいへんに重いお言葉なのです。

もっと日本人として、日本精神に誇りを持とうではありませんか。
そしてその誇りのもとに、承詔必謹です。
それが日本人の道です。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




関連記事
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク