アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


自己肯定感と豈国(あにくに)を考える

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

「過去はすでに起きた未来。
 未来はこれから起こる過去」
というのは手塚治虫の言葉です。
我が国においては、ただ単に昔を否定するだけでは、国民が生き残ることができません。
従って、単純な自己否定や、真逆の自己肯定のためだけの歴史認識は、我が国では通用しません。
どこまでも、「よろこびあふれる楽しいクニ」を目指す。
それが日本の形です。
そしてそこにあるのは国家としての自己肯定感です。
自己否定からは何も生まれません。


20180821 家族笑顔
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
8月26日(日)14:00 チャンネルAJER主催・誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
東京の倭塾・百人一首塾は10月から会場がタワーホール船堀に変更になります。
10月8日(月)13:30 第55回 倭塾 研修室 1330-160
10月27日(土)18:00 第30回 百人一首塾 407会議室
11月13日(火)18:00 第31回 百人一首塾 307会議室
11月25日(日)18:00 第56回 倭塾 研修室
12月6日(木)18:00 第32回 百人一首塾 301会議室
12月24日(月)13:30 第57回 倭塾 研修室
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


最近「自己肯定感」について語られることが多くなりました。
「自己肯定感」というのは、自分で自分を前向き受け止めて、自分自身の存在価値や存在意義を肯定する感情のことをいいます。

近年の日本人は、特にこの「自己肯定感」が低いとされ、「自分をだめな人間だ」と思い、何事にも無関心を装い、ものごとをすぐに「どうせムリ」とあきらめてしまう傾向があるのだそうです。
ところがその一方で、この「自己肯定感」が低い人ほど、自慢話ばかりしたがったり、他人の批判をしたがったり、人からどう見られているかを過剰に気にしたりするのだそうです。

要するに幼少時から何をするにも「お前は駄目なやつだ」とか、「お前の先祖は悪人だ」とか言われ続けると、それへの反発から、過度に虚勢を貼っては、他人の悪口だけを言い続ける異様な人物になってしまったり、それとは真逆に現実逃避をして、人生そのものをあきらめてしまう。
最近、自動車を運転するのに、ボーッとして走っている若者を多く見かけたりしますが、要するに「自己肯定感」を失った若者が増えたということなのです。

このことは、小中学生の通学風景を見ただけでもわかります。
日教組の強い小中学校では、生徒たちにまるで覇気がない。
青春まっただなかのはずなのに、生徒たちが死んだ魚のような目をしてボーッとして並んで行列しています。
日教組の影響の少ない学校では、生徒たちにものすごく元気がある。

そしてこの「自己肯定感」が低い人は、相手よりも優位に立ったときには、ひたすらに威張り散らし、アマチュアボクシングの終身会長のような態度に出たりする。
これもまた「自己肯定感」の低い人の特徴です。
つまり「自己肯定感」の低い人の行動は、ネガティブであれ、ポジティブであれ、それが両極端に出てしまうのだそうです。


ねずさんの新刊



上下関係意識の強い在日Koreanなどもその典型で、幼少時から家の中では父親が威張り、子供たちは一番下とみなされ、何をやっても否定される。
すると「自己肯定感」がなくなるから、誰に対しても否定的となる一方で、自分よりも弱い者に居丈高になり、財だけに頼ってモノでやたらと身を飾ろうとするようになります。
電車に乗っていて、ブランド物の高級バックを手に、ひとりで二人分の席を占領してふんぞり返っているような人がその典型といえるかもしれません。

では、逆に「自己肯定感」が高いとどうなるのでしょうか。
自分は生きているだけで価値がある、自分は必要とされている人間だ、と確信を持てる前向きな感情を持つ自己肯定感の強い人は、自分に自信を持ち、いろいろなことに進んで挑戦し、はっきりと自分の意見を言い、自分を大切にでき、心に余裕を持ち、他人に優しく人間関係が良好だといいます。
問題が起きても、それを自分で解決できる力を持ち、周囲と協力して問題を乗り越えます。
そしてこの自己肯定感は、下の図の両極には決してあてはまることはありません。

20180813 正規分布

自己肯定感が高い、つまり周囲と協調し、自他ともにその存在を肯定するという思考は、実は日本の社会のもともとの特徴です。
なぜなら日本は、そのための社会を築いてきたからです。
そしてその原点は神語にあります。
それがつまり「豈国無歟」、すなわち「よろこびあふれる楽しい国」です。

誰もが豊かに安全に安心して生きることができる社会。
普通に働けば、ちゃんと食べて行くことができる社会。
そのために、誰もがちょっとずつ我慢をし、誰もがお互いを思いやる心を持つ。

そしてこのことこそが、日本がこれからの世界を変える源泉となるものであろうと思います。

いまさら日本が軍国主義に陥るとか、どこか他国を支配するとか、そのようなことを望む日本人はどこにもいないと思います。
日本が目指す世界、そして日本が上古の昔から目指してきた社会は「豈国(あにくに)」です。
これは「よろこびあふれる楽しい国」を意味します。

ここでいう「国」は、大和言葉の「クニ」のことであって、共同体のことを意味します。
ですから江戸時代の諸藩は「クニ」でしたし、日本全体も「クニ」、地球全体も「クニ」です。
その「クニ」に住む誰もが、よろこびあふれる楽しい生を生きることができるようにしていく。
それこそが、神々の目指した地球です。

そして日本の神語りによれば、我々の住む時空間のすべては、神々の胎内にあるとされています。
ということは、我々は神々という母体の中にある胎児の細胞のひとつひとつです。
胎児が元気なら、母体もうれしい。
しかし胎児の体の中のどこかひとつの細胞が、自分だけの利益を考えて他の細胞を犠牲にするなら、それは癌細胞です。
癌はキラー細胞によって退治するか、大きくなっているなら、それは切除しなければなりません。

つまり両極端を指向したら切開の対象になるということです。

「過去はすでに起きた未来。
 未来はこれから起こる過去」
というのは手塚治虫の言葉です。
我が国においては、ただ単に昔を否定するだけでは、国民が生き残ることができません。
従って、単純な自己否定や、真逆の自己肯定のためだけの歴史認識は、我が国では通用しません。
どこまでも、「よろこびあふれる楽しいクニ」を目指す。
それが日本の形です。
そしてそこにあるのは国家としての自己肯定感です。
自己否定からは何も生まれません。

古事記も日本書紀も、日本が国家として自己肯定をすることを前提に書かれたものです。
私達が神語を取り戻すことは、日本が日本人が、そして自分自身が自己肯定をすることにつながっていきます。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~






関連記事
スポンサーサイト

コメント
No title
キラー細胞の写真をありがとうございました。ただ、大きくなれば切除するもの、かどうか、私は、判断しきれないのです。

中央銀行らは、毒ガスを使い石油を牛耳り農薬にし、優生学を用い、原爆を落とし、市民爆撃をし日本を破壊しました。遺伝子組み替えも添加物も、日本が一番使わされている。

引用、体の中に生み出された「癌の塊」だけをいくら突いても(薬で殺しても、手術で取り除いても)根本的な解決には一切ならず(根本的に癌は治らず)、『癌体質(体内に癌を生み出してしまう体の状態)』になってしまっている “体全体” を内側から改善しなければ、癌は決して治らない!ということを、ゲルソン博士は言われているのです。
 あの時代に、ここまで『癌の真相』を見抜いていたゲルソン博士は凄い人です。
 だからこそ、権力の放った刺客によって、ゲルソン博士は絶頂期に暗殺されてしまいました・・・。

以上引用。ストレスでコルチゾンが出てNK細胞は働かなくなる。
栄養代謝障害を、克服するには、日光を浴び瞑想し深呼吸する。
食毒を減らし、土から生まれたものを頂く。

明治生まれの祖母のように、熱い風呂に平気で入れる体温にする。
長時間団扇を仰ぎ続けても、歩き続けても平気な筋力にする。
日本人の体力再生。ここへ繋ぎたい。

アンドリューワイルも、癌に一旦なったら数年気をつけるべきと言っていました。フルフォード氏の本には、水に浸かっても死なないネズミと、死ぬネズミがいると、ストレスを感じるのは、命を縮める。

散文スケッチのまま、失礼します。
2018/08/23(木) 22:03 | URL | 先生の教えを学ぶもの #MaL5NL3k[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク