アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


二宮金次郎が説く世界観の要約と新しい経済とは

《第9期 日本史検定講座》受講生募集中!!
詳細はコチラ→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3868.html

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

現代社会は西洋の論理を取り入れていますから、お金を稼ぐこと、それを貯め込むことに価値があり、たくさん稼ぎ、たくさん貯め込んだ人が、いわゆるお金持ちです。
そしてお金持ちになることが、庶民の夢とされています。
一方、二宮金次郎がいう経済の「推譲(すいじょう)」は、働いて稼いだら、その稼いだお金は世のため人のために積極的に使いなさいというものです。
つまり世の中全体として、
「稼ぐためにお金を動かす」のではなく、
「稼いだものを世のため人のために使う」
という、西洋型経済とは真逆の経済モデルです。


20180904 二宮金次郎
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
東京の倭塾・百人一首塾は10月から会場がタワーホール船堀に変更になります。
10月8日(月)13:30 第55回 倭塾 研修室 1330-160
10月27日(土)18:00 第30回 百人一首塾 407会議室
11月13日(火)18:00 第31回 百人一首塾 307会議室
11月25日(日)18:00 第56回 倭塾 研修室
12月6日(木)18:00 第32回 百人一首塾 301会議室
12月24日(月)13:30 第57回 倭塾 研修室
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


あるところに書かれていた文章を、そのまま引用します。
(仮名遣いと漢字は現代仮名遣いに直してあります)

────────
二宮金次郎は、
家がたいそう貧乏であったので、
小さいときから
父母の手助けをしました。

金次郎が十四のとき
父が亡くなりました。
母は暮らしに困って、
金次郎と次の子を家におき、
末の乳飲み子を
親類に預けました。

しかし母は、
その日から預けた子のことが気にかかって、
夜もよく眠れません。

「今頃は、
 目を覚まして
 乳を探して
 泣いているであろう」
と思うと、
かわいそうでならなくなり、
いつもこっそり泣いていました。


ねずさんの新刊



金次郎はそれに気がついて、
「おかあさん。
 どうしてお休みになりませんか。」
と聞きましたが、母は、
「心配しないでおやすみ。」
と言うだけでした。

金次郎は、
「これはきっと
 預けた弟のことを
 心配していらっしゃるのに違いない」
と思って、
「おかあさん、
 弟をうちへ連れて帰りましょう。
 赤ん坊がひとりぐらいいたって、
 なんでもありません。
 私が一生懸命に働きますから」
と言いました。

母はたいそう喜んで
すぐに親類へ行って、
赤ん坊を連れて
戻りました。

親子四人は、
一緒に集まって喜び合いました。
────────

何の本に書かれている文かといいますと、戦前の尋常小学校三年生向けの修身教科書です。
その「4,孝行」として、この少文が掲載されています。

以前にも述べましたが、修身教育というのは、特定の価値観を子供たちに植え付けるものではなくて、子供たちが自己の価値観を確立するための「価値観の元(もと)」になるものを育むものです。

ですから、もちろんこの抄のタイトルは「孝行」ですが、読んで頂ければわかることですが、単に親孝行のことのみを語っているわけではありません。
自分がその当事者となって考えることによって、では自分ならどうするのか。それによって何ができるのか、どうしたら良いかを子供たちに考えさせることによって、その子の持つ傾向性をより伸ばそうとしたのです。

この少文においても、女子児童なら、自分がその母の立場として考える。
男の子なら父として、あるいは金次郎の身の上となって考える。
対象学童は小3ですから、14歳の金次郎といえば、兄の年齢かもしれません。
兄がそうして、家族を支えようとするとき、では弟の自分なら、いま何をしなければならないのか。
そして家族のよろこびとはなにか。

そういったことを小3の子供たちから引き出していったわけです。
そのどこが価値観の押しつけなのでしょうか。

ここで扱われている二宮金次郎は、江戸時代後期の経世家、農政家、思想家で、自ら社会に実績をあげて貢献しただけでなく、「至誠・勤労・分度・推譲」という報徳思想を唱えました。
簡単にまとめると、

「至誠」
道に沿った心を誠といい、我が心を誠・徳・仁の状態に置くこと。
生きる上での第一となるもの。
「勤労」
至誠に基づいて日常生活を送ること。
至誠が心の状態を指すのに対して、勤労は至誠に基づく行動を指す。
「分度(ぶんど)」
心に至誠を起き、日々勤労に励み、贅沢を慎むこと。
「推譲(すいじょう)」
分度して残った利益を他に譲ること。

我が国では、長い間、お米が税金であり、給料もお米で支払われていました。
このことをもって、
「お金は政府の信頼に基づくもので
 信頼のおけない政府のもとではお金は信頼されない。
 だから日本では近代になるまで
 信頼される政府がなかったから
 お金が普及しなかったのだ」
と述べる学者の先生もおいでになります。

しかし日本では708年の和同開珎の時代から通貨が発行され、秀吉が黄金の小判の発行を開始すると、小判はまたたく間に日本中に普及していきました。
信頼されない政府どころか、日本では古来、政府や行政は、もっとも民衆から信頼されるお役所だったのです。
また、信頼されない政府というなら、いま米国でも英国でも、世界中の先進国では、中央銀行が通貨の発行を行っています。
政府が通貨を発行したら何をしでかすかわらかない(笑)から、機構を別々に分けているのですから、そういう意味からしたらむしろ現代世界の政府のほうが、かつての日本よりはるかに民衆の信頼がないことになります。

また室町後期に日本にやってきた朝鮮通信使は、
「我が国は旅行の度に衣食のための様々なものを持参しなければならないが、日本ではお金というものだけを持っていればどこにでも泊まることができるし食べることにも困らない」と、日本を絶賛した記述をしています。
要するに日本では古い時代から、貨幣経済が見事に実現していたわけです。

ところがそうであるにもかかわらず、ではどうして年貢も俸禄もお金ではなく、お米だったのかというと、これが非常に簡単な理屈です。
つまりお米は、「貯め込むことができない」のです。
お蔵に山積みしていても、何年かしたら傷んでしまいます。
つまり使わなければならないのです。

二宮金次郎の「推譲(すいじょう)」というのは、そういうことをいいます。
つまり、お金は、ただ貯め込むばかりではなく、積極的に世のために使えと、二宮金次郎は述べているわけです。

これがどういうことかというと、一般に、経済というのはお金の流れのことをいいます。
経済が発達するということは、お金が動き、その動くお金の量が増えることをいいいます。

現代社会は西洋の論理を取り入れていますから、お金を稼ぐこと、それを貯め込むことに価値があり、たくさん稼ぎ、たくさん貯め込んだ人が、いわゆるお金持ちです。
そしてお金持ちになることが、庶民の夢とされています。

現代社会は西洋の論理を取り入れていますから、お金を稼ぐこと、それを貯め込むことに価値があり、たくさん稼ぎ、たくさん貯め込んだ人が、いわゆるお金持ちです。
そしてお金持ちになることが、庶民の夢とされています。

一方、二宮金次郎がいう経済の「推譲(すいじょう)」は、働いて稼いだら、その稼いだお金は世のため人のために積極的に使いなさいというものです。
つまり世の中全体として、

「稼ぐためにお金を動かす」のではなく、
「稼いだものを世のため人のために使う」
という、西洋型経済とは真逆の経済モデルです。

どちらもお金が動きます。
ただ違いは、前者の場合、お金は、単にお金持ちのお蔵に吸い込まれていきます。
ですから上の人は、どこまでも大金持ちになり、吸われるだけの庶民はいつまでも貧しいままに置かれます。

ところが後者は、お金をみんなが使います。
たくさん稼ぐ人はたくさん使うし、そうでない人もそれなりに使います。
要するに年貢米と同じです。
いってみれば、通貨が利用期限付きで発行されているようなものです。
使っても使わなくても失われてしまう。
ですから使わなければもったいないのです。

そうすることで社会にお金が回ります。
生産が増え、お金が増えれば経済規模が拡大し、みんなが豊かになっていきます。
そしてそのお金が公益のために使われれば、社会インフラが整い、国民は豊かさだけではなく、安全と安心を手に入れることができます。

これが二宮金次郎の唱えた報徳思想を経済から捕らえた考え方です。
そんなものは理想論にすぎないと言う人がいるかもしれません。
しかし、これは江戸時代までの年貢米で実際に行われてきたことだし、社会の発展とは、人々の理想に現実を近づけていくことをいいます。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




関連記事
スポンサーサイト

コメント
No title
停電の原因には発電所の問題と送電系の問題が考えられますが、地震の場合にはまず送電系の問題と考えるべきです。関西の地震でも、送電線の鉄塔が将棋倒しになったことが報道されていました。こうなるといくら発電しても、送電線が切れていれば末端まで電気は届きません。

九州で太陽光発電の買取を停止するかもしれない、という話が出ていますが、これは過剰発電によって原子力発電所の機能が不安定化することを防ぐためだそうです。つまり送配電系がどうなっているかわからない状態で発電所だけ動かすと危険、ということです。そういうことをいつ余震があるかわからない状態ではやるのは下手をすれば自殺行為になります。

泊のばあい、外部電源喪失と報道されていました。現在はこれは回復していますが、つまり送電系の被害があった、ということです。また、地震直前に動いていた発電所だけで電力供給できていて、被害で停止した発電所がないのであれば、送電系の問題であるということはさらに確実になります。

福島の地震でも明らかになったように、原子力発電所は冷却電源を喪失すると炉心溶融につながります。現在はジーゼル発電機が動いているようですが、通常の送電系統からの電力供給によって冷却が継続できるようにし、余震に備えておくことが今は重要です。

2018/09/07(金) 01:13 | URL | #AIlHpmOk[ 編集]
No title
北海道の大規模停電のために
動いていただきありがとうございます。

泊原発はピーク時には北海道の電力の4割を
まかなっていたそうです。
これが動けば道民も喜ぶと思います。

ありがとうございます。
2018/09/06(木) 21:59 | URL | 楽仙堂 #LkZag.iM[ 編集]
No title
おはようございます!
今日も拝読させていただきました。
FBにてシェアさせていただきました。
また、首相官邸HPへ意見投稿させていただきました。
2018/09/06(木) 15:23 | URL | 岡 義雄 #-[ 編集]
緊急拡散希望
緊急拡散希望(北海道空知地方の友人からの依頼)

現在北海道では200万世帯が停電中なので、泊原発の安全を確認後速やかに稼働して電力を供給してほしいとのことです。
以上の件を、首相官邸HPのご意見募集(首相官邸に対するご意見・ご感想)http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.htmlへメールしてください。

皆さま、どうぞご協力をお願いいたします。
2018/09/06(木) 11:38 | URL | 猫めでる婆 #yDdMpUos[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク