アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


マサダ砦のユダヤ人と日本のこと

span style="color:#990000">《第9期 日本史検定講座》受講生募集中!!
詳細はコチラ→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3868.html
《大人のための修身入門》第一回『修身教育とは何か?』」(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=89DM7BIPH_4
《大人のための修身入門》第二回『誠実とは何か?』
https://youtu.be/IvhcksPWIjo

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

マサダ砦
20180918 マサダ


瓦礫の山しかなかったイスラエルは、いまや農業生産物の輸出国です。
さらにイスラエルの人々は、国民の誰もがよろこびと楽しさを感じることができるようにと、非常に真面目な暮らしをしています。
さらにイスラエルは、国際的にみても、たいへんに豊かな国です。
そして強力なイスラエル軍は、国民に明確な安全を与え、完全管理された自国産の新鮮な野菜や果物は、防腐剤や病気などの心配のない、安心な作物として、人々の食生活に寄与しています。
日本はどうなのでしょうか。


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
東京の倭塾・百人一首塾は10月から会場がタワーホール船堀に変更になります。
10月8日(月)13:30 第55回 倭塾 研修室 1330-160
10月27日(土)18:00 第30回 百人一首塾 407会議室
11月13日(火)18:00 第31回 百人一首塾 307会議室
11月25日(日)18:00 第56回 倭塾 研修室
12月6日(木)18:00 第32回 百人一首塾 301会議室
12月24日(月)13:30 第57回 倭塾 研修室
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


イスラエルは、戦後、昭和23(1948)年に建国された新しい国で、別な国があり、別な民族が住んでいたところに、自分たちの国を築きました。
日本の場合は歴史が古く、日本の近くには台湾やフィリピンのような親日国や、なにかと日本に干渉してたかりたい国があったりするだけですが、イスラエルの場合、そんな生易しいものではなくて、周囲はすべて敵国であり、つねに臨戦状態にあります。

そしてイスラエルは、この70年の間に、7つの戦争を勝ちぬいて、自分たちの国の独立と繁栄を保っています。
イスラエルには徴兵制があり、男女の別なく徴兵されます。
そしてイスラエル国軍の兵士であることに、ものすごく誇りとよろこびを持っています。

そのイスラエル軍では、新兵の入隊式が、全員、マサダで行なわれます。
マサダというのは、死海のほとりにあって、2千年前にそこに砦(とりで)があり、いまは砦跡の廃墟となっているところです。

そのマサダで、彼ら新兵は、右手に自動小銃、左手に旧約聖書を持って、
「マサダは二度と陥ちない」
と誓うのです。

マサダ砦は、古代イスラエル国がローマ帝国によって滅ぼされたとき、最後まで頑強な抵抗をした砦です。
それは世界のユダヤ族の神語りであり、誇りです。
以前にも書きましたが、また歴史を追ってみます。

古代ユダヤ王国が誕生したのは、いまから3000年前、紀元前11世紀頃のことです。
その古代ユダヤ王国は、他国に干渉されて紀元前922年に、内乱が起こって南北に分裂します。
北が、イスラエル王国、
南が、ユダ王国です。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html



およそ古来、敵を倒すには、敵を分断し、バラバラにして各個撃破するというのは世界の歴史の常套手段です。
そして同じ民族であっても、そうした工作によって国が分裂してしまうことはあり得るのだということは、日本人も肝に命じるべきことですし、学校の世界史などでしっかりと教えるべきことです。

分断されると国力は弱まります。
紀元前721年には、北のイスラエル王国がアッシリアに滅ぼされ、紀元前612年には、南のユダ王国も新バビロニアに滅ぼされてしまうのです。
そしてイスラエルの民衆(ユダヤ人たち)は、自分たちの国家を失ってしまい、流浪の民となるのです。

みなさんは、ユダヤ人というと、どのような人々を想像するでしょうか。
長いあごひげを生やした白人種の男性などの顔立ちをイメージするのではないでしょうか。
けれども古代イスラエル王国の頃のユダヤ人は、東洋系の民族であったと言われています。
それが国を失い、2千年の流浪の後、ようやく世界中に散ったユダヤの民衆が集まって国を築いてみたら、肌の色も髪の色も長さも、みんな違っていた。

イスラエルの小学校に行くと、白人から黄色や黒の有色人種まで、実にさまざまな人達がいます。
そしてその肌の色や髪の色の違うすべての人達が、2千年前には、同じ肌、同じ髪の色を持った人たちだったのです。

イスラエルの人たちは、ですから2千年前に自分たちが国を失ったときのことを知っています。
国を失ったとき、彼らは親兄弟や友人を殺され、生き残った者も、先祖を祀る墓地も私有財産も、家族までも奪われて奴隷として売られました。

昔あった満洲国もなくなりました。
満州国の通貨であった紙幣は、ただの紙屑となり、シベリアに抑留された兵隊さんたちは、そのもとは紙幣だった紙を、紙が支給されないのでトイレットペーパー代わり使ったという逸話があります。
いま何十億円という資産があったとしても、その土地も財産も、実は日本という国があってのものです。
国がなくなったら、預金はパア、お札は紙切れになるのです。

イスラエルの民衆も、ですから、ただ滅ぼされたわけではありません。
民族の国家を取り戻したい。
紀元前143年には、大規模な独立運動を行いました。
それはただの運動といった生易しいものではなくて、戦争です。
これを「マカバイ戦争」でといいます。

この戦争に勝利したユダヤ人たちは、イスラエル国を建国しようとするのですが、内紛につけこまれて、政治的にローマ帝国の属州にされてしまいます。

これを不服としたユダヤ人が再度立ち上がったのが、100年後の西暦66年で、これが「第一次ユダヤ戦争」です。
彼らはなんとか独立を勝ち取ります。
しかしこれを不快に思ったローマ帝国は、軍を派遣して、西暦70年に首都エルサレムを陥落させます。

このとき、最後まで抵抗したのが、エルアザル・ベン・ヤイル率いるユダヤ人の男女967人です。
彼らは「マサダ砦」に立てこもり、最後まで抵抗しました。
その「マサダ砦」を、ローマは1万5千の大軍で包囲しました。
マサダ砦の967人は、勇敢に戦い、なんと3年近くもこの砦を守り通すのですが、衆寡敵せず、西暦73年に砦は落とされます。

砦の陥落直前、砦の人たちは、投降してローマの奴隷となるよりは死をと、2人の女性と5人の子供を残して、全員で集団自決しました。
自決に際して、エルアザル・ベン・ヤイルが述べた言葉が、ヨセフスの『ユダヤ戦記』に残されています。

「高邁なる友よ。
 我々はずっと以前から、
 人類の唯一なる真にして
 義である主なる神以外には、
 ローマ人であれ何人であれ、
 奴隷にならないと決意してきた。
 その決意を実行に移して
 眞なるものとすべき時が、
 いま、到来した。

 我々が自由な状態で
 勇敢に死ねることは、
 神が我々に与えたもうた
 恵であると私は思わずにいれない。

 我々はまだ、
 最愛なる同志とともに
 栄光(はえ)ある死を
 選ぶことができる。

 我々の妻たちが辱めを受ける前に、
 子供たちが奴隷を経験する前に、
 死なせてあげようではないか。
 自由を保持して行こうではないか。

 糧食のほかは何も残さずにおこう。
 何故なら我々が死んだときの証として、
 我々が制圧されたのは
 必需品が不足していたからではなく、
 最初からの決意に従って
 我々が奴隷よりも死を選んだことを
 示してくれるだろうから。」

男たちは自らの手で最愛の者達(妻と子)を殺しました。
そして男たちの中から籤(くじ)で十人を選び、残りの者達は首を差し出しました。
ともに三年間、苦しい中を戦い続けた同士でした。
けれど選ばれた十人は、恐れることなく使命を果たしたそうです。
そしてその10人だけが残ったとき、再び籤で一人を選び、殺されていきました。
最後に残った一人は宮殿に火を付け、自らの剣を体に刺し貫いきました。

マサダ砦は、この戦いのあと、ローマ軍によって徹底して破壊されました。
この破壊は徹底していて、ただ建物を壊したり火を付けたりというだけのものではなくて、周辺の土地の木々が全て伐採されました。

人によっては、そもそもローマがイスラエルの土地を欲したのは、もともとそこが緑豊かな樹々の茂る豊かな森であったからだといいます。
だからそこに住んでいる人たちを殺し、国を陥落させたのです。
なぜならその時代の資源エネルギーは、木を燃やして得る火力だったからです。

いま、マサダに行くと、辺り一帯、見渡す限りの岩山です。
草木一本ありません。
しかし、草木一本もないようなところにある砦では、補給を受けることができない967人もの男女が3年間も生き残ることはできないのです。
なぜなら人は、水と食べ物がなければ死んでしまうからです。

つまり2千年前のマサダは、水が湧き、肥沃な土があり、砦内で畑を営むことができたはずなのです。
そうでなければ3年間もそこにこもって戦うことはできない。
そして水が湧くためには、周囲に土と森が必要なのです。

マサダが陥(お)ちた後、あるいはすでに包囲戦をしているときから、ローマは木を次々と伐り倒し、緑を奪っていきました。
すると砦には水が出なくなり、肥沃な土は雨が降る度に流れ出してしまい、あとに残るのは、岩山だけになります。
そしていま、マサダは砦の中も外も、ゴツゴツした岩だけが露出する荒れ地になっています。

マサダの戦いの60年後の西暦132年、ユダヤ人バル・コクバが、ローマに対してふたたび独立戦争を挑みました。
これが「第二次ユダヤ戦争」です。
バル・コクバは、一時イスラエルを奪還するのですが、翌135年にはローマ帝国に滅ぼされています。

こうしてイスラエルの民は、各地に離散し、現代イスラエル国が誕生するまで長い離散生活をすることになりました。
上に「2千年の流浪」と書きましたが、ユダヤ人たちが経験した離散生活者のことを、
「ディアスポラ(διασπορά、英:Diaspora, diaspora)」
といいます。
ディアスポラというのは、は、植物の種などの「撒き散らされたもの」という意味のギリシャ語に由来する言葉です。

ユダヤ人が経験した「2千年の流浪=ディアスポラ」は、「難民(refugee)とは異なります。
難民は、元の居住地に帰還する可能性を含んでいるのに対し、ディアスポラには帰還する先がないからです。
ディアスポラは、最近では混乱によって国外に亡命したツチ族ルワンダ人や、ソマリアを逃れたソマリ人集団などについても用いられることがありますが、いまだに日本語の邦訳語がありません。
日本語に言葉がないということは、これまで日本人は幸運なことにもディアスポラを経験することがなかったということです。
これは、私達が祖先に感謝すべきことです。

イスラエルの民は、第二次ユダヤ戦争のあと、約二千年にわたって、そのディアスポラとなり、ローマは、イスラエルの抵抗を防ぐために、徹底してイスラエルを破壊しつくしましたから、マサダ砦のあった場所すらもわからなくなってしまいました。
つまりマサダは、ディアスポラとなったユダヤの人々の神話となったのです。

西洋における神話という言葉は、根拠のない作り話という意味があります。
つまりマサダは、ただの神話であり、おとぎばなしでしかないとされてきたのです。

ところが1838年に、ドイツ人研究者によってマサダ砦の跡地が発見されます。
そして伝説とされてきた古代の戦いが、現実に起きた出来事であったことが立証されます。
マサダの山頂の発掘から、この籤で選ばれた十人が、それぞれ自らの名を署名した陶片が見つかったのです。

そしてイスラエルは、昭和23(1948)年に、ふたたび独立を果たすのです。
いま、世界の最先端の軍事技術のほとんどは、イスラエル生まれです。
またイスラエルは、国土の緑化のために、岩山となった土地に長いホースを伸ばしてコンピューター管理で放水を行い、土地に緑を取り戻そうとしています。

そして瓦礫の山しかなかったイスラエルは、いまや農業生産物の輸出国です。
さらにイスラエルの人々は、国民の誰もがよろこびと楽しさを感じることができるようにと、非常に真面目な暮らしをしています。
さらにイスラエルは、国際的にみても、たいへんに豊かな国です。
そして強力なイスラエル軍は、国民に明確な安全を与え、完全管理された自国産の新鮮な野菜や果物は、防腐剤や病気などの心配のない、安心な作物として、人々の食生活に寄与しています。

日本はどうなのでしょうか。
日本は、いつまで、祖先が大切にしてきた国土を、ただ消費するだけの状態を続けるのでしょうか。
その気になればできる。
やればできるのだ、ということを、実証している国が、現代世界にちゃんとあるのですが・・・。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

マサダ砦とトランペルドール




関連記事
スポンサーサイト

コメント
白人系ユダヤ人について
ねづ様、いつも為になるお話ありがとうございます。
ただし、今回のお話について。日本の国土を守る意識を問うという意図はわかるのですが、歴史的事実について、同意出来ないところがあります。
現在イスラエルの主流となっている白人系ユダヤ人は、カザフスタン辺りにあった非ユダヤ人のバザール王国がユダヤ教に改宗したことに始まります。
彼らは血統的には古代ユダヤ人とはなんのつながりもありません。(ヘブライの館というHPにそのあたりの経緯はくわしく載っています。
現在のイスラエルの問題はその白人系ユダヤ人が、本来のユダヤ人であるアラブ系ユダヤ人を二級市民扱いにしていることだと思います。
2018/09/18(火) 12:58 | URL | ナントン #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク