アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


高い民度と神話との関係とは

《第9期 日本史検定講座》受講生募集中!!
詳細はコチラ→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3868.html
《大人のための修身入門》第一回『修身教育とは何か?』」(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=89DM7BIPH_4
《大人のための修身入門》第二回『誠実とは何か?』
https://youtu.be/IvhcksPWIjo
《大人のための修身入門》第三回『孝行とは何か?』
https://youtu.be/z--vAinChA8


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

ギリシャ神話


我々日本人にとっての神話は、諸外国のそれが「自分が生き残るため」の神話であるのに対し、「みんなで協同して高い民度を保持する」ために形成され、育まれたものです。
民衆の民度が高ければ、余計な犯罪も起こりません。
そして我々日本人は、高い民度によって、歴史上どの国も実現し得なかった、豊かで安全で安心できるクニ作りを実現してきました。
日本人の自然との関係や社会における権力のあり方、民度のあり方は、いままさに世界の良心が求めているものです。


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
東京の倭塾・百人一首塾は10月から会場がタワーホール船堀に変更になります。
10月8日(月)13:30 第55回 倭塾 研修室 1330-160
10月27日(土)18:00 第30回 百人一首塾 407会議室
11月13日(火)18:00 第31回 百人一首塾 307会議室
11月25日(日)18:00 第56回 倭塾 研修室
12月6日(木)18:00 第32回 百人一首塾 301会議室
12月24日(月)13:30 第57回 倭塾 研修室
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


ギリシア神話は、紀元前15世紀頃に遡(さかのぼ)る物語、つまりいまから3500年ほどの過去にまで遡って、もともとは口承されてきた神々の物語です。
ホメロスの「イーリアス」、「オデッセイア」などを、紀元前8世紀の詩人のヘシオドスが体系化し、文字にしました。
世界が混沌としたカオスの時代からはじまり、オリンポス神々の逸話によって語られる世界は、子供のころ、童話などで読まれた記憶のある方も多いかと思います。
イメージ的には、とても甘美で美しく素敵な神々の美しい物語と思っておいでの方も多いのではないかと思います。

そこで、そのギリシャ神話に出てくる物語の一部を抜粋してみます。

「大地の母神ガイアは、
 子のウラノスと交合して
 三つ子のキプロスたちを産んだ。
 これらは一つ目の怪物であった」

「大地の母神ガイアは、
 父ウラノスの男根を切れとクロノスに命じた。
 母から鎌を渡されたクロノスは、
 母ガイアと父がまさに交合しようとするそのときに、
 母に命じられた通り父の男根を切って殺し、
 クロノスは王になった。」

「王者クロノスは、
 実の妹のレイアと結婚して5人の子をもうけた。
 クロノスは、
 自分が子に打ち負かされて
 王位を奪い取られる運命にあると
 予言されていたから、
 生まれてきた子を順番に
 食べてしまった。」

「このとき妻のレイアが隠しとおした子が
 ゼウスである。
 ゼウスは成長すると
 祖母のガイアに教えられた通りに
 父クロノスを騙して吐き薬を飲ませた。
 クロノスはゼウスに飲まされた石を吐きだし、
 続けてクロノスが食べたゼウスの兄や姉を吐き出した。
 吐き出された兄弟たちはゼウスの家来となってクロノスと戦った。

「クロノスの子のうちのひとり、
 女神のヘラは、
 実兄の妃となり、
 オリンポスの女王となった」


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html

まだいろいろありますが、要するにギリシャ神話は、親子兄弟の乱脈・乱倫と残虐、親殺し子殺しという、ある意味非常に不道徳性に満ちた物語です。

他にも、たとえばモンゴルの神話では、夫婦に子供がたくさんできたので、隣の家族の馬や羊を奪った。
このとき子供を殺すのがかわいそうだったので生かしておいた。
すると長じた子供に、自分の家族が皆殺しにされた。
だから殺すときは皆殺しにしないと危険だ、というものもあります。

有名な「開けゴマ」のアラジンも、盗賊から財宝を奪った盗賊アラジンの物語です。
要するに泥棒同士の戦いが物語になっているわけで、そこに「人の物を盗んではならない」という道徳はありません。
むしろ生き残りのために必要な知恵が詰まっている物語となっています。

要するに近親相姦や泥棒や強盗に違和感がないほどに、大陸の人々は厳しい自然環境の中で過ごしたであろうし、生き残るために必死であったということができます。

では、もともとそこは草木のない土地だったのでしょうか。
そもそも草木のない砂漠や岩棚では、人は生きていくのに必要な水も食料も得ることができません。

古代よりも以前の時代のことを祖代と言いますが、祖代の原始生活の営(いとな)みを考えれば、そこはどう考えても人が生活するのに適していないところです。
これが何を意味しているかといえば、人はもともと肥沃なところに住んでいたものを、自然環境を自らの手で破壊することで、新しい土地を求めて移動したということです。
なぜなら、そうでなければ人は食べ物を得ることができないからです。

ところが古い時代の古代文明が開けたところは、もともとは緑豊かな肥沃な大地であり、いまは砂漠化しています。
人は火を使います。
人が火を使うようになった歴史は100万年ほども遡るとも言われるくらいですから、3〜4千年の昔なら、当然、火が用いられます。
しかも種族ごとの闘争に勝ち残るためには、鉄などの金属加工が必要です。
その金属加工のためには、莫大な火力が必要です。
そのため森の木が伐採される。

苅られた木が再び生育するには、植林しても最短80年かかります。
自然放置で森が戻るには数千年を要するとも言われています。
燃やすのは一瞬です。
結果、かつての森は、瓦礫の山と砂漠になっています。

自然環境を破壊し、人口が養えなくなり、やむなく人々は移動していく。
ところが、移動せずに残る人もいる。
そうした人々は、乏しい食料を互いに奪い合わなければ生きていくことができないわけです。
そしてそれが神話になった。

ちなみに現代日本でも、かつて森や林や田畑だったところが、いまや住宅街です。
日本列島の航空写真を見ても、いわゆる都市部はきわめて緑が少ない。
これで現在の高齢者がお亡くなりなって、人口減少が進んだときに何が起こるか。

日本の人口は、いま年間20万人ずつ減少しています。
この人口減少の割合は、これからもっと大きくなり、平成30年代の前半では、毎年鳥取県がひとつなくなっていくくらいの人口(約59万人)が減少します。
平成30年代の後半ですと、毎年高知県がひとつなくなっていきます。
平成40年代の前半で、毎年山梨県(約86万人)がひとつ消えていく。
平成40年代の後半になると、毎年和歌山県(約102万人)が日本からなくなっていきます(*1)。
(*1)2017年3月25日に日本青年会議所主催で行われた河野太郎氏と神谷宗幣氏による「移民問題」の対談における河野太郎氏のお話から引用。

平成40年代の後半というと、いまから25〜30年後です。
おそらくいま80代の人の多くは、すでに旅立たれておいでのことと思います。
そしてそした方々がお住まいの、住居専用区域や、数十年前の高級マンションは、その大半が無人になります。
つまり宅地がゴーストタウンになります。

いったん田畑や森や林を宅地にしてしまえば、そこをあらためて再び森や林、あるいは田畑にするのはたいへんなことです。
それどころか、現時点ですでに日本は、農業も林業も、あと十年もしたらほぼ壊滅状態になります。
そのときどうやって、私達は、祖先から受け継いできた美しい日本を守るのでしょうか。
戦後世代というのは、日本を破壊してきた世代であったともいえるのかもしれません。

だいぶよくはなったとはいえ、いわゆる公害による河川や海岸の汚染は、いまだに尾を引いています。
私などが若い頃には、品川あたりの海浜地区の川は、川の水が真っ黒いというだけでなく、メタンガスの泡が下からポカポカと浮かんできては、臭気を撒き散らしていました。
その後の公害対策によって、いまではやっと魚が住める川に戻りましたが、1950年代には、そこは子供たちが夏には泳ぐことができたし、一年を通じて魚釣りも楽しめたところだったのです。
それが1960年代のわずか10年で真っ黒に汚染され、1970年代にそれが社会問題化されて、政府が対策に乗り出して、あれから50年経過して、やっと黒い水が、グレーくらいにまで復活しました。
けれど、子供たちが安心して泳いだり、飲んだりできる川になるには、まだあと100年はかかると言われています。

自然を破壊するのは容易です。
しかしそれは人の心の破戒が招く、我々を育んでくれている国土への、もっというなら地球への破壊行為です。

これに対し日本は、縄文時代の1万4千年という途方もなく長い期間、人が人を殺すという文化がありません。
また古事記に書かれた神話は、どの神話も、愛情あふれる神々の物語であって、いかにして民衆を大切にしていくのかが、重要なテーマになっています。
近代にいたっても日本は、日朝戦争も、日満戦争も、起こしていません。

もし、英米が植民地獲得に強欲を出さず、むしろ日本とともにChina・朝鮮・満洲の平和と安全、そして庶民の生活の向上のために力を貸してくれていたら、おそらく、いまごろ、東亜は大発展し、平和を愛する価値観は、世界に広がり、すくなくとも、戦後の歴史にあったようなChinaの大虐殺や韓国難民、ベトナム戦争、チベット虐殺、ウイグル問題など、まったく起こっていなかったであるといえます。

なぜそのようなことが起こるのかといえば、国家権力よりも上位に天皇という国家最高権威があり、その最高権威によって民衆が「おほみたから」とされてきたからです。
これによって権力者は、民衆を自分の所有物として勝手に支配し収奪し隷民化するのではなく、どこまでも自分よりも上位にある天皇の「たから」を預かっているという国の形が生まれています。
そしてこのことは、我々日本の民衆が、権力からの自由を、はるか古代から享受してきたことを表します。

そして我々日本人にとって、国土も神々のうちです。
つまり国土は神様の持ち物なのですから、大切にしなければならない。
森に入って木を伐れば、その分、ちゃんと植林してきたのは、そういう理由に基づきます。

つまり我々日本人にとっての神話は、諸外国のそれが「自分が生き残るため」の神話であるのに対し、「みんなで協同して高い民度を保持する」ために形成され、育まれたものです。
民衆の民度が高ければ、余計な犯罪も起こりません。
そして我々日本人は、高い民度によって、歴史上どの国も実現し得なかった、豊かで安全で安心できるクニ作りを実現してきました。
日本人の自然との関係や社会における権力のあり方、民度のあり方は、いままさに世界の良心が求めているものです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




関連記事

コメント
東南アジアの少数部族アカ族の伝説
間と精霊はかつて仲良く共存し、人間は昼の間、精霊は夜の間、畑を耕していた。ある時、精霊達は人間から鶏の卵を盗み、人間達は精霊からキュウリを盗んだ。仲違いが起こり人間は村に、精霊は森に住むようになり、その境界を区分する為に門を建てるようになった
盗んだのがキュウリって河童かよってツッコミと、そのアカ族が村の入口に建てる門が我が国の神社の鳥居にそっくりだという話であります。
https://twitter.com/goshuinchou/status/1042433799554969600
2018/09/27(木) 10:58 | URL | オメガ #QNjftStU[ 編集]
nihon
2018-08-24

希代の認知科学者ドクター苫米地英人の天才のルーツ―祖父・英俊様
http://www.kinkozan.com/entry/2018/08/24/183801
平和で差別のない世界を目指して活動されていて私が敬愛しています希代の認知科学者ドクター苫米地英人の天才はどのように生まれたのだろうか。

お祖母さまの苫米地千代子様著「千代女覚え帖」には、
「父は幕臣大久保主膳忠恕の次男として文久元年、江戸深川森下町に生れ、幼名を小次郎、長じて信恭といいました。実父忠恕は長崎奉行、京都町奉行、陸軍奉行などを歴任、五千石の旗本でしたが、幼い小次郎を親友佐久間信久に養子として委ねました。養父信久は、役高八千石を食み、将軍家慶に信頼されて歩兵頭、歩兵奉行などに任ぜられましたが、慶応四年一月の鳥羽伏見の戦に、一隊を率いて奮戦、深傷を負うて戦死しました。いまわの際に老僕を呼び、養子信恭を西洋人につけて泰西の学術を勉学させるように遺言しました」
とあります。

祖父方のほうですが、ドクター苫米地英人の祖父・苫米地英俊様は「北の街の英語教師」によりますと「明治17年(1884年)に福井県大野町に生れている。その後長野県に移り、長野中学を卒業後、明治37年(1904年)に東京外国語学校英語科に入学した。彼は柔道の達人で、外国語学校在学中に嘉納塾に入り、講道館で柔道に励んだ」と書かれています。

お父様の苫米地和夫様の「緑丘と父ー父、苫米地英俊の思い出」によりますと、苫米地英俊様は長野時代から柔道でめきめき頭角をあらわし長野県下で有名であったそうで、講道館に入門後、嘉納塾の塾監として嘉納塾の子弟の指導にあたっていたそうです。
苫米地英俊様は当時の全日本学生柔道大会で、決勝の相手の中野正剛と戦い払い腰で倒して優勝したそうであります。

英俊様は、大正9年(1920)から11年(1922)の間、アメリカのハーバート大学、イギリスのオックスフォード大学、ドイツなどに留学、ハーバート大学の寮では山本五十六元帥と一緒で戦死するまで親交を結び、「連合艦隊司令部にて 山本五十六」の手紙が苫米地家に大切に保管されております。

また帰国の途についた同じ船にアインシュタインと同乗しており、11月10日にノーベル賞の受賞が決まり、朝日新聞からの無線の依頼で苫米地英俊様が臨時特派員となりアインシュタインにインタビューをしたそうです。
2018/09/26(水) 21:03 | URL | オメガ #yd1dj.v2[ 編集]
No title
今日もありがとうございます。
小学校の時に、学校の図書館で、日本や世界の神話も読んだことがあります。外国の神話は、神様なのに??と、驚く内容ばかりでした。また、昔話もヘンゼルとグレーテルのように、かわいそうな話が多く、日本のほのぼのとした話との違いに不思議な気がしました。今日の記事で、その理由が理解できました。教科書の最後に大国主の神話も載るようになってきましたが、担任の裁量にまかされていることもあります。多くの子供たちに神谷宗幣さんの古事記の紙芝居を、教えてあげたいです。
2018/09/25(火) 10:45 | URL | えっちゃん #-[ 編集]
喧嘩をやめて和解する文化
瀬川拓郎著『縄文の思想』で、興味深いアイヌ神話が紹介されていました。

壮絶な戦いを演じていた神々が、「この辺で喧嘩をやめて兄弟になろう。」と和解してしまうのです。
本土の神話や、少年漫画にもこういったパターンが多いと思います。

- 雲の神が青空の神に嫁がせようとしていた娘が妊娠する。その相手がわからないというので、雲の神は娘を人間界に追放する。娘は、自分で建てた産屋で、「二つの糸玉」を産む。娘はその糸玉を錦に包んで大事にする。糸玉は二人の子どもになり、大きくなると手当たり次第獣を殺して食べるので、文化神アイヌラックルはこの子どもたちと戦うが、倒すことができない。この子どもたちは、太陽の神が雲の神の娘に一目惚れし、その思いが娘の体に入って妊娠し、生まれたものだとわかる。アイヌラックルと子どもたちは兄弟になって助けあうことにし、子どもたちはアイヌの始祖になった。(『縄文の思想』p180)ー
2018/09/25(火) 10:37 | URL | 疑問 #iydQorAY[ 編集]
No title
おはようございます!今日も拝読させていただきました。シェアさせていただきます。ありがとうございます。
日本人は狭い国土の中で、それこそ自然を大切に守り育んできました。そうしないと生き残れなかったからです。大陸のように新しい土地に移動するような生き方が出来なかった。
狭いがゆえの必然でした。
それでも、例えば京都の五山がはげ山になるほど木を伐りつくした時期もありました。でもその五山は今青々と木々が茂っています。
資源に乏しい日本だからこそ、また、自然の驚異に晒されてきた日本だからこそ再生技術や養殖技術、品種改良技術が高度に発達しました。
島国日本の必然から生まれた伝統、文化、芸能、技術、そして生活様式、どれをとっても世界に誇れるものです。世界で最初のオペラは世阿弥だそうです。大切にしていきたいと思います。
2018/09/25(火) 08:59 | URL | 岡義雄 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク