アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


勾玉のお話

《第9期 日本史検定講座》受講生募集中!!
詳細はコチラ→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3868.html
《大人のための修身入門》(動画) 講師:小名木善行
第一回『修身教育とは何か?』
第二回『誠実とは何か?』
第三回『孝行とは何か?』
第四回「礼儀とは何か?」


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180929 勾玉
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


縄文時代初期(約1万6500年前)からといわず、神武天皇の即位した約2700年前からだけでみても、日本人であれば、誰しもが共通のご先祖さまを何人も持っていることになります。
つまり、生粋の日本人なら、何十世代という尺度でみれば、みんな血のつながった親戚です。


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
東京の倭塾・百人一首塾は10月から会場がタワーホール船堀に変更になります。
10月8日(月)13:30 第55回 倭塾 研修室 1330-160
10月27日(土)18:00 第30回 百人一首塾 407会議室
11月13日(火)18:00 第31回 百人一首塾 307会議室
11月25日(日)18:00 第56回 倭塾 研修室
12月6日(木)18:00 第32回 百人一首塾 301会議室
12月24日(月)13:30 第57回 倭塾 研修室
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


最初に出した本が『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!』で、2013年11月のことでした。
発刊から5年経ちますが、いまだにこの本はよく売れていて、Amazonのランキングでも3千位以内に入ることもしばしばです。
たいへんありがたいことであり、ご購入の皆様には心から感謝申し上げます。

この本は、ねずブロの過去記事の中から、特にアクセスの多かった記事を中心にセレクトし、さらに内容を強化し、文章も大幅にバージョンアップして刊行させていただきました。
出版当初、ねずさんを好まない人たちから、著者の自己購入も含めて3千部も売れれば御の字だみたいなことを言われましたが、発売前から万部単位のご注文をいただきました。

世の中は敗戦利得特権の日本人のような顔をして日本に住んで日本語を話す日本人でない人たちが、あたかも天下をとったような気で日本のまっとうな意識を潰そうと努力しているようですが、どっこい、そうはいきません。
日本人には日本人のDNAがしっかりと息づいています。

日本人は、縄文どころか旧石器の時代から、この日本列島といういわば自然災害の宝庫ともいえる環境の中で、互いに助け合い、和を大切にすることで生きのびてきたのです。
他人の財を奪って一時的な贅沢を手に入れても、自然の猛威によってまたたく間にすべてを奪われてしまいます。
災害は必ず起こる。
そのとき復興のために働くのは、まさに民衆であり、人々の団結であり、日頃からの人の和です。
そういう生活を、日本人は数万年の歳月に渡って続けてきたし、そうやって生きのびてきたし、そういうDNAを持った者しか、この日本列島では長くは生き残れないのです。

さて、この本のトップに入れたのが、今日ご紹介する「勾玉(まがたま)のお話」です。
いま読み返しても、温かみのある良い序文になっていると思います。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html



 ***

《序にかえて》勾玉のお話

▼係累の証(けいるいのあかし)

勾玉は、写真で見たり、学校で習ったりしてご存知の方も多いことと思います。
曲玉とも書きます。
『古事記』では「曲玉」、
『日本書紀』では「勾玉」です。

縄文時代の遺跡から多数出土しており、古いものになると一万年以上も昔の遺跡から出土しているものもあります。
また三千年前には、朝鮮半島へも伝播しています。

日本では長い歴史を持った品物ですが、もともとは縄文初期の頃の耳飾りが原型といわれています。
その後、古代日本の装身具か、祭祀に用いられたものとされています。

その勾玉について、こんな話を聞いたことがあります。

いまから二千七百年ほど前に神武天皇が初代天皇として日本を開国なさいましたが、天皇家は、それ以前に上方様(うわかたさま)と呼ばれた時代があって、これが約六千年続いたのだそうです。
その上方様の時代の天皇家は末子相続制で、子供たちの中でいちばん最後に生まれた男の子が、家を継ぐことになっていたのだそうです。

子だくさんの時代です。
たくさんいるお兄ちゃん、お姉ちゃんたちは、民間に降りて結婚し、一般の人々と血縁関係を結びました。
こうして人口が増えてくると、お兄ちゃん、お姉ちゃんたちの一部は、新しい土地を求めて土地を去って行きました。
そのときに、上方様の血族であるという証に、勾玉(まがたま)をもらっていったというのです。

勾玉は湾曲した石ですが、その湾曲した部分には、ご皇室の魂が宿るとされました。
去って行ったそれぞれの家族は、それを我が身の係累の「証」として大事な折には身につけることを伝統とした、というのです。

そうして何世代か経ると、それぞれ他国の土地に定着したお兄ちゃん、お姉ちゃんたちが、はじめはひとりふたりだったものが、幾世代を経て、何百人かの集落となります。
こうなると、同じ先祖を持つ親戚同士(村同士)でも何百年も交流がなくなることがあり、そういう村同士の間で、ある日、なんらかのトラブルが起きる。争いが始まろうとするわけです。

村同士の争い事ですから、これは一大事です。
村長さんは胸にご先祖伝来の勾玉を下げて、皆と一緒に出かけます。
そして敵の軍団と向かい合う。
するとなんと、相手の村長の胸にも、同じ勾玉が!

そこで、
「やあやあ、あなたも上方様のご一統ですか」
「ハイ、私は何代の○○様の時代にこの土地に来た者です」
「そうですか。私は何代の□□様の時代ですよ」
「それなら、お互い親戚ではありませんか。ならば戦いなどやめにして、一緒に酒でも酌み交わしましょう」
というわけで、争い事が避けられたのみならず、村同士の交流が深まり、互いに発展することができたのです。
きよ係累の「証」としての勾玉が、争い事を回避させ、村々の発展に寄与したという話です。

私は、このお話を聞いたとき、なるほどなあと思いました。意外とそれが真実であったのかもしれない、そんな感じがしました。
記録もないはるか古代のお話ですし、その時代に生きていた当事者ではありませんから、実際にどうだったのかは分かりません。
しかし、イザナキノミコト、イザナミノミコトが天の浮き橋に立って、天の沼矛で海水をかき回して引き上げるときに、矛の先から滴った潮が積もり固まって日本列島になったといわれても、あまりに壮大すぎてなかなか理解できないけれど、神武天皇以前から天皇家が日本を統べる皇家であったというお話は、むしろとてもリアルな感じがします。

▼歴史から学ぶ日本人らしさ

縄文時代初期の頃の日本の人口は、日本列島全体でおよそ二万人程度であったろうといわれています。
その人たちの血は現代にまで延々と続いて、私たち日本人に受け継がれているわけです。
おおざっぱ大雑把な計算になりますが、一組のカップルから誕生した子孫は、約700年で1億2700万人になります(一世代25年、1.9倍の人口増加率の場合)。

ということは、縄文時代初期(約1万6500年前)からといわず、神武天皇の即位した約2700年前からだけでみても、日本人であれば、誰しもが共通のご先祖さまを何人も持っていることになります。
つまり、生粋の日本人なら、何十世代という尺度でみれば、みんな血のつながった親戚です。

そして勾玉の物語は、私たち日本人はみんなどこかで血がつながっていて、争いを避け、お互いに協力しあって生きてきたことを思い出させ、日本人はどうあるべきかを私たちに教えてくれているような気がします。

あたりまえのことですが、人でも国でも団体でも、平和なときはみんないい人です。
どんな悪人だって、ニコニコと談笑しているときはいい人になります。
同様に、世界中どこの都市に行っても、普段は同じようにお店が並び、若者がデートし、家族連れがいて、ビジネスマンがいて、普通にいい街です。

大切なのは、そこに災害や事故のような大きなストレスが加わったときに、人々や集団がどうなるかです。
いざというときには、人間の本性が出てしまいます。残念なことに海外などでは、災害時に略奪などの非人道的な行為が発生するのは珍しくないそうです。
東日本大震災は、その「いざというとき」に互いを思いやり、協力しあう日本人の素晴らしさを、あますことなく発現してくれました。

では、その日本的美質や、日本人らしさというのは、どこから来たのでしょうか?
答えは歴史の中から見出せる、私はそう考えています。
歴史を語るとき、常に歴史を批評・批判する人がいますが、私はそれは間違いだと思っています。
あたりまえですが、私たちは過去の歴史の当事者ではありません。その時代に生きていたわけでも、その場にいたわけでもありません。

それなのに、さもすべて見知っているかのように歴史を批評したり批判したりするなど、おこがましいことだと思うのです。
歴史は批評・批判するものではなく、「学ぶもの」だと思います。
歴史から謙虚に学ぼうという気持ちを持ったとき、歴史は私たちに、未来を築き、いまを生きるための素晴らしい智恵や勇気を次々と与えてくれるからです。

そういう意味で、この本がみなさんのお役に立てれば幸いです。



 ****

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




関連記事
スポンサーサイト

コメント
民意とは何か
沖縄県知事選挙が終わりました。
知名度が高い「玉城」氏が当選しました。
これからの沖縄県民にとって「幸か不幸か」は玉城氏の政策次第です。
人民解放軍を呼び込むことだけは避けたいものです。

ところで、玉城氏は沖縄県の民意を聞けといいます。
この場合の民意は「当事者」となります。
それでは沖縄米軍基地を持つ当事者は誰でしょうか。

危険な基地、普天間を持つ宜野湾市と新たに基地受け入れを進めている名護市市民です。この両市は保守系市長で基地の移設に賛成しています。
反対しているのは当事者でない外の人間たちです。
遠いところでは外国人もいます。

玉城知事は宜野湾市と名護市の民意を聞かないのでしょうか。
自分の考えが「民意」と勝手な解釈をしているのではないでしょうか。

玉城氏には選挙違反や政治資金規正法違反の疑惑があります。
その疑惑にきちんと答える義務があります。
2018/10/01(月) 14:51 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク