アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


国連という幻想と未来

《第9期 日本史検定講座》受講生募集中!!
詳細はコチラ→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3868.html
《大人のための修身入門》(動画) 講師:小名木善行
第一回『修身教育とは何か?』
第二回『誠実とは何か?』
第三回『孝行とは何か?』
第四回「礼儀とは何か?」
第五回「博愛とは何か?」


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20181010 国連
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


平和な世界は、世界中の人々の希望です。
しかし多くの日本人が「そのためにある」と信じている国連は、実は、日本を敵国とする機構です。
そのように国連憲章に明記されています。
その憲章によって、意図的に日本からゆすりやたかりをする国も現実にあります。
力を持つ者が責任を取らないという文化のもとでは、平和はむしろ脅迫のための材料となったりもするのです。


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
会場は都営新宿線船堀駅前にある「タワーホール船堀」です。
10月8日(月)13:30 第55回 倭塾 研修室 1330-160
10月27日(土)18:00 第30回 百人一首塾 407会議室
11月13日(火)18:00 第31回 百人一首塾 307会議室
11月25日(日)18:00 第56回 倭塾 研修室
12月6日(木)18:00 第32回 百人一首塾 301会議室
12月24日(月)13:30 第57回 倭塾 研修室
1月14日(月・祭日)13:30 第58回 倭塾
1月26日(土)18:00 第33回 ねず式ゼミナール
2月2日(土)13:30 第59回 倭塾
2月23日(土)18:00 第34回 ねず式ゼミナール
<関西・倭塾>
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


国連の英語名が「United Nations」で、この名称がかつての大東亜戦争の際に我が国が戦った戦争当事国の相手方の諸国の名称と同じ名前であることは、このブログでも何度もお伝えしていることですし、みなさまよくご存知のとおりです。

ではその国連(United Nations)がいつ出来たのかというと、発足は昭和20年10月24日で、そこから10月24日が「国連デー」というのが、多くの日本人の常識として認識されていることです。
けれど、何でもそうですが、こうした国際機関が、ある日、こつぜんと出来上がるということは、絶対にありません。
こうした国際機関は、それ以前から入念な準備があって、はじめて発足できるものです。

ではその国連の発足の準備が何時頃なされていたのかというと、なんとそれは日本が第二次世界大戦に参戦するよりも前の、昭和16年8月です。
このとき米国大統領のルーズベルトが国務省に命じて「国際連合憲章草案」を完成させています。

第二次世界大戦への日本の参戦は、昭和16年12月8日の真珠湾に始まりますが、第二次世界大戦そのものは、昭和14年9月1日のドイツ軍のポーランド侵攻に始まります。
つまり日本の参戦は、第二次世界大戦勃発後、2年3ヶ月後であったわけで、その間、日本は戦争を避けるべくあらゆる努力を払っていたわけです。

日本が戦争に巻き込まれた原因は、第一次世界大戦の戦後処理のために行われたパリ講和会議にあります。
このとき日本は、牧野全権が、国連憲章に人種の平等を織り込むべきだと主張したのです。
しかしそのことは、宗主国となって世界を支配していた欧米諸国にとっては、彼らの繁栄のための権益と利得を、すべて放棄せよというに等しいものでした。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html



日本の主張は正しいものであったと思います。
しかし日本は、この時点で世界の宗主国となっていた植民地支配国、つまり世界の強豪のすべてを敵に回したのです。
ここから世界の強国の最大の関心(最大といって良いと思います)は、世界の一部の強国のために、他の多くの被支配下にある世界の諸国の期待を一身に集めた日本の膨張をいかに抑え込み、日本の力を削ぐかになりました。

この時代の世界秩序は、国際法体制といって、独立国と呼べるのは欧米諸国だけでした。
それ以外の諸国は、それら独立国が保護する被支配国(植民地国または保護国)か、日本のような半独立国であったわけです。
支配国は、被支配国を文字通り支配します。
しかし一切の責任は取りません。
これを治外法権と呼びます。

日本はかろうじて独立を保つ半独立国でしたが、そこで「ノルマントン号事件」というものがありました。
明治19年(1886)10月、英国船ノルマントン号が紀伊半島大島沖で難破し、船長以下船員たちは避難し、日本人乗客25人(または23人)は、全員避難を拒否されて溺死したという事件です。
現代なら殺人罪で起訴されるかもしれない事件です。

ところが、当時の日本は欧米に対して治外法権を認めています。
ですからこの事件の裁判は、日本の裁判ではなく、神戸の英国領事が行いました。
11月9日に船長たちに言い渡された判決は、「全員に無罪」というものでした。
治外法権が認められている半独立国の人間は、人でなく犬や猿と同じ動産でしかなく、船長以下の船員たちが避難する際に見殺しにしたとしても、それを罪に問うことはできないというわけです。

ところがこの判決に対しては、日本人がものすごく怒りました。
当時のメディアは、いまと比べれば、はるかにまともだったのです。
判決はおかしいではないかと、日本国内で大運動が起きたため、英国は横浜で領事裁判をやり直しました。
それでも12月8日の判決は、単に職務を怠った罪で懲役3ヵ月という軽微なものでした。
もちろん死者への賠償金も一円も払われません。
治外法権とはそのようなものです。

そこで日本は必死の努力をして、明治44年(1911)には治外法権を全部取り払い、独立国の仲間入りをしました。
ここから終戦(1945)までの34年間が、日本が世界の中で純粋な独立国であった時期です。
戦後の日本には、治外法権はありませんが、外国の軍隊が常駐しています。
これは日本が国防を外国に委ね、いまだ占領下にあるということですから、完全な独立国とはいえません。

話を戻しますが、明治44年(1911)に治外法権を撤廃して独立国の地位を得た日本は、大正3年(1914)にはじまる第一次世界大戦で大きな役割を担い、その終戦処理を行うパリ講和会議(大正8年・1919年)で、世界に向けて高らかに人種の平等を歌い上げました。
これはつまり、世界から被支配地をなくせ、という主張です。
この時代の日本は、欧米諸国と対等な世界の列強の一角です。
その日本が、世界の人種の平等を歌い上げることは、世界に向けて多大な影響を与えます。
そしてそれが実現すれば、欧米諸国で植民地利権を持つ全ての大金持ちたちが、その日から破産することを意味しました。
これは欧米諸国から見たら、増長です。

歴史には節目がありますが、日本にとって、まさにこのパリ講和会議が節目になりました。
日本はその4年後の大正13年(1924)に日英同盟を失い、昭和12年(1937)には、無理やり英米独がバックアップするChinaとの支那事変に引きずり込まれます。
当時のChinaの人口は日本の10倍です。
その頭数に武力を与えて日本に対抗させれば、日本もChinaも国力を削がれて共倒れする。
要するに日本を独立国の地位から追い落とそうとしたわけです。

ところが日本が存外に強い。
10倍の敵、日本よりもはるかに装備が優れ、米国が訓練を施したChina兵と戦っても日本が勝ってしまう。

そこで第二次世界大戦が始まった(昭和14年・1939)とき、日本をその世界大戦に引きずり込んで、叩き潰そうとするのですが、日本はドイツと同盟関係にありながら、なかなか参戦してこない。
日本が参戦したのは、ようやく大戦勃発後2年3ヶ月を経過した昭和16年(1941)12月のことです。
その間、どれだけ日本が戦争を避けるために努力を重ねたのか。
意外とこの2年3ヶ月の日本の苦心について語られることが少ないことは、残念なことに思います。

戦争が始まると、昭和19年(1944年)8月から10月にかけて、ワシントンで米国主導の国際会議が開かれました。
それが「ダンバートン・オークス会談」です。
ここで行われたのが、
「一般的国際機構樹立のため提案」
つまり国連樹立のための提案です。

このときルーズベルトから示されたのが、
「世界三大秩序構想」
です。

これは世界の諸国を、上層国、中層国、敵国の3つの階層に分けるというものです。

上層国というのが五大国(米・ソ・英・仏・中華民国)です。
そしてこの五大国だけが軍隊を保有し、他の国から軍隊をすべて取り上げます。
そして五大国が安全保障理事となって、各国から兵力を提供させて「国連軍」を形成し、秩序を乱した奴を処罰する。
安全保障理事会が機能しない場合、五大国が相談して国連に代わって勝手に国際平和の維持にあたる。つまり五大国が特権的に軍事を独占する。

中層国は、五大国以外の国連加盟国です。
これらの諸国は「平和愛好国」と位置づけ、武器をすべて取り上げて自衛権も否定し、軍隊を組織する権利も奪う。
つまり、もとの「被保護国」です。
表面上は主権は対等だけれど、お前たちには戦争をする権利は与えない、というのですが、だからといって保護する側の五大国がその国の平和や治安について責任を取るわけではない。
要するに植民地支配の継続です。

3つ目が敵国です。
そこに日本やドイツなどが入ります。
敵国は、五大国、平和愛好国の下という位置づけです。
これらの国には主権平等の原則も認めない。

このルーズベルト案が、議論をする中で、多少の変化をしながらできたのが、現在の国連です。
その仕組みが文書になったものが国連憲章です。

その国連憲章がどうなっているかというと、世界の諸国は、やはり3つの階層に分けられています。
「上層国」は、安全保障理事国です。
この安全保障理事国は、いかなるときでも勝手に武力行使が可能です。

「中層国」は、安全保障理事国以外の国連参加国です。
武装そのものは認められましたが、その武力を用いるときには、まず国連で議論を上程する必要があります。
そして国連が認めれれば、武力行使が可能です。

「下層国」が敵国です。
この敵国は侵略国と位置づけられていますから、上層国・中層国の区別なく勝手に武力を行使しても構いません。(第53条①後段、第107条)。

するとたとえばChinaが「靖国参拝は侵略政策の再現」、あるいは「日本の戦後処理が不十分」、「戦後処理で片付いたことを勝手にひっくり返そうとした」などと言い出せば、要領よく中華民国に代わって安全保障理事国となった中共は、国連憲章上は日本に向けて武力行使が可能です。

それが中共政府にできないのは、日本との間に「日中平和友好条約」があるからです。
国連憲章と日中平和友好条約のどちらが優先されるべきかといえば、条約と国連憲章の重さが同じならば、日中平和友好条約の締結の方が、国連憲章ができた日よりも後のことですから、日中平和友好条約の拘束力の方が優先するのです。
その日中平和友好条約では、互いに覇権を求めないことになっています。
そのため中共は日本に対して一方的に武力行使することができません。
離れたところから挑発するだけです。

日本が、いろいろ言われながらも、かろうじて中共の直接侵略を免れているのは、もちろんひとつには米軍が駐留して日米安保条約が機能しているという点もありますが、もうひとつ、田中角栄さんが締結してくれた「日中平和友好条約」があるからだということは、見過ごしてはいけない点です。
田中角栄さんが行った「日中平和友好条約」が、様々な悪影響を及ぼしている面があることは否定しませんが、すくなくとも日本が中共に戦争という最大の悲惨を仕掛けられずにいるのは、田中角栄さんのおかげなのです。

ところが、ここにもうひとつの脅威があります。
それが半島国です。
とりわけ北は、「日本の戦後処理が不十分」とか「日本からの侵略政策の参入に備える」という名目をたてれば、国連憲章上、日本は敵国なのですから、いつにても日本を武力攻撃しうるという理論が成り立ちます。

もちろん日本には米軍が駐屯していますから、そうやすやすとは攻撃できません。
しかし「ミサイルを撃ち込むぞ」、「慰安婦の賠償をしなければ竹島だけでなく本土に攻め込むぞ」と、日本を脅迫することはできます。
もちろん撃ち込めば、戦争です。
ところが日本は憲法上、その戦争を放棄しています。
つまり日本に対して、どんなに脅迫しても、日本から攻められる心配は一切ありません。

日本にできるのは自衛だけです。
そのために自衛隊があるわけですが、その自衛隊の年間経費は、特亜三国のいずれの国よりも、はるかに低い経費でしかありません。
つまり両手両足を縛った金持ちのボンボンに、殴るぞと脅してカネを出させる。
殴られたくないボンボンは、ずっと貢ぐ君をし続ける。
そんな状態が続いてきたのが戦後です。

しかし、そうした国連秩序体制も、戦後70年以上経ったいま、もはや時代遅れとなりつつあります。
いまは国連は、ただの利権集団となり、世界の秩序を混乱させる原因となっているとさえいえるわけです。
そこでその国連に対して自浄を迫ったのが、現国連事務総長であるポルトガルのアントニオ・グテーレスと、米国のトランプ大統領です。
それがようやく昨年のことです。

平和な世界は、世界中の人々の希望です。
しかし、そのためにあるとされている国連は、実は、日本を敵国とする機構であることが国連憲章に明記され、その憲章を盾にとって、ゆすり、たかりをする国も現実にあるわけです。

ひとつの材料は、国連が世界の諸国から拠出される分担金によって運営されていますが、国連の年間経費の33%が、日米の拠出金であることです。
その日米が、国連に自浄作用が働かず、いたずらに組織を肥大化させ、かつ世界に混乱と無秩序を招くようなら、日米は国連への拠出金の支払いを拒みます。
すると国連は、歳入の3分の1を失い、数年を経ずして破産状態に陥ります。

これは日本単独ではできないことですが、いまは米国と国連事務総長と日本が共同歩調になっています。
時代は変わろうとしています。
「権力は責任を伴う」
このあたりまえのことが、しっかりと実施される世界に向けて、いま日米は動き出しています。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




関連記事
スポンサーサイト

コメント
No title
なんでそもそも上層国の五大国に中華民国なんぞが選ばれたのやら
2018/10/12(金) 20:55 | URL | #-[ 編集]
日本非独立国
国連ですが中国サイト経由で検索すれば連合国とでてきます。
日本人はサンフランシスコ講和で全て終わったように思ってますがとんでもありません。
まず東南アジア以外の賠償が法的に終了していません。これは講和条約に終了規定がないためで、恐らくODAというのが賠償になってると思います。これは苫米地さんが最初に言ってたと思います。実際問題2018年にもなって賠償金など日本人は承知するわけないのでODAという通名になってると考えます。
もう一つは在日米軍の存在です。
安保条約では当たり障りのないことをうたっていますが行政協定というのがあります。今は地位協定と言いますがこれは在日米軍の特権を定めたものです。内容自体ははっきり言って不平等条約です。また占領時代からずっと存在する日米合同委員会というのがありこれは在日米軍高官と霞ヶ関省庁の高官から成り立っています。有権者が選んだ大臣ではありません。
増税の話などが省庁から出てきて政治家が防戦するという形態はよく見られますがこれは日米合同委員会が政治家よりも上である証拠です。
在日米軍→日米合同委員会→政治家首相→大衆
にわかには信じられない話ですが実はそうでもありません。
なぜなら日本は占領時代というのがあり主権はないに等しい状態でGHQに逆らうことは不可能でした。(この場合軍隊があれば拒否したり交渉になったりします)、この時の権力形態が今でも続いているだけという話です。
講和や沖縄独立など色々ありましたが手をつけてないだけです。
講和で独立主権回復といいますが、これは真っ赤な嘘です。
国連→連合国、ODA→賠償金、と同等に洗脳です。
「国連にODAを拠出した」なんてのも、「連合国に賠償金を払った」ということです。
日米合同委員会については創元社?でしたかが書籍を出しています。
在日米軍はGHQを引き継いでいますから少子化対策もさせませんし、朝鮮学校も無くさず日本に大勢流入させています。教育も当然日教組や左翼に牛耳らせ日本愛国など許しません。
日米合同委員会に大臣がいないのは日本人有権者の意向に煩わせられないからです。
戦後日本の問題の大半は在日米軍と日米合同委員会が原因です。
日本は在日米軍管理下の国もどきということです。
2018/10/12(金) 19:09 | URL | 甚三郎 #-[ 編集]
慰安婦の真実
アメリカ人ジャーナリスト、マイケル・ヨン氏は世界を回って慰安婦情報を収集しています。その彼が「慰安婦の真実」を出版するようです。

日本では11月2日が出版予定日と聞いています。
朝鮮人慰安婦は中国が糸を引く韓国の捏造であることが世界に公開されます。

韓国を始め元慰安婦を支援してきた人々の対応に興味があります。
韓国は火病を発症し、偽歴史学者やリベラル進歩人たちは「スルー」するかも知れません。

発売されれば是非拡散願います。
期待しています。
2018/10/12(金) 14:26 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク