アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


当用漢字と筆順が日本人をアホにする

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑

《最新動画》大人のための修身入門 第13回「信義とは何か?」

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

かつての日本人がとてつもなく優秀だった理由のひとつが漢字教育です。
「それならいまの教育でも行われている」と思われることでしょう。
ところが中身が全然違うのです。
ひとつが当用漢字、もうひとつが筆順です。


20181221 筆順
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


▼必ずの筆順

漢字の筆順といえば、上から書くとか左側から書くといったルールに基づいていると教わったご記憶があろうかと思います。
筆順は結構テストに出る問題ですから、意外と厳しく教えられるものです。
ところがそのように教えられることによって、実は戦後生まれの私たちは、漢字の持つ象形性を無理やり見えなく(わからなく)させられています。
たとえば「必」という字があります。現代の筆順は・・・みなさん手で書いてみてください。

しかしその筆順では、「必」の字が、どうして「かならず」という意味なのか、さっぱりわかりません。
「かならず」は、心に刻(きざ)むことです。
ですから戦前戦中までの教育では、この字は、まず「心」と書いてから、斜めにビシッと線を袈裟(けさ)に引きました。
実際にそのように書いてみたらわかりますが、なるほど「必」という字を書く都度に「心に刻む」という意志が生まれます。
「必勝」なら「勝つ」と心に刻むから「必勝」です。

要するに筆順は、実は漢字のもつ象形性をよりはっきりとさせるためのものでもあるのです。
もともと漢字は象形文字からスタートしているのですから、当然です。
その筆順を、順番を入れ替えてバラバラにしてしまったら漢字の持つ意味がわからなくなる・・・どころか失われます。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html


GHQは英語圏で暮らす人達ですから、日本語がまったくわかりません。
そこに共産主義者の山本有三(作家)や土岐善麿などが、
「日本語は漢字が多いために覚えるのが難しく、
 識字率が上がりにくいために
 民主化が遅れているのだ」
「日本の漢字は難解な字が濫用されており、
 これが軍国主義を形成したのである。
 だから漢字教育は軍国主義の復活につながる」
など、まったくもって言いがかりとしか言えないような主張を繰り広げました。

それらを「言いがかりだ」というのは、理由があります。
江戸時代の識字率です。
江戸時代の識字率はご存知の通り世界一です。
しかもその識字は、難解な旧字体の漢字を用い、さらにそれを崩し字にした筆字(ふでじ)です。
江戸時代の手書きで筆字の書物など、いまどきの日本人で読める人はほとんどいません。
ということは、江戸時代の基準に照らしたら、活字に慣れたいまの日本人の識字率は、ほぼ皆無だということになります。

では江戸時代の人たちは、どうして難解な旧字体の漢字、しかも手書きの字を読むことが出来たのでしょうか。
その理由が、漢字の持つ象形性と、筆順にあります。
漢字は基本的に象形文字から出来ているものです。
従って、その象形の意味を理解すれば、漢字を読めなくても意味が通じるのです。
そしてその象形性は、冒頭の「必」の字に明らかなように、筆順で補強されます。
その筆順を理解すると、崩し字が読めます。
だから江戸時代の識字率は、世界一だったのです。

昭和21年11月に、GHQは「当用漢字」を指定しました。
なぜ「当用」なのかというと、「漢字を廃止するまでの間、当面用いるだけの漢字」だからです。

この頃の日本は、昭和天皇の御意向を受けたマッカーサーによって日本に大規模な食料輸入が行われていました。
その一方で日本解体のために「良い」とされることが片端から実行に移されていました。
昭和23年にはジョン・ペルゼルが、日本語の表記をすべてローマ字に改めさせようとしています。
しかしこれは頓挫しました。
事前にGHQの指導によつて当用漢字が定められていたからです。
朝令暮改はさすがに拙いだろうということになって、日本語の漢字仮名交じり文表記は生き残りました。

その意味では、当用漢字は、制定の目的は日本語の破壊にあったのだけれど、結果として日本語の表記を守ったという側面もあるのです。
しかし、同時に当用漢字は、漢字から象形性を失わせ、結果として漢字を「意味のわからないもの」にしてしまっています。

たとえば当用漢字の「礼」という漢字です。
「礼」は、もともとは「禮」と書きました。
字を見たらわかりますが、「禮」は「示(しめす)へん」に「豊(ゆた)か」と書きます。
つまり相手にわかるようにはっきりと態度で示すのが「禮」なのです。
それが「礼」では意味不明です。
しかしこれなどはまだ可愛い方です。

はなはだしい影響を及ぼしたのが「学」です。
「学」は、もともと「學」と書きました。
「學」は「へん」が複雑な形をしていて、「☓」が上下に二段並んでいます。
これは交差した人の腕です。
その両側に大人が二人立っています。
つまり複数の大人が両腕を伸ばしている象形です。

その下にあるのが校舎で、その校舎の中に子が一人います。
つまり複数の大人が、校舎内で一人の子を一人前の立派な大人に引き上げようと両腕を伸ばしている象形が「學」という漢字です。
ということは、「學」とはは、「大人が子に教える」ものだということです。

ところがこれが当用漢字の「学」になりますと、肝心の大人がいません。
校舎の中で子がひとりで学んでいます。
つまり、子が学ぶのが「学」です。
子が主役ですから、大人になりたくない子供や、ゲームで遊んでいたい子供は、「学ぶ」理由がなくなるのです。
これが学校崩壊の理由です。
まさに昨今の学校教育が抱える問題そのものです。

なぜならもともとの「學」は大人が主役だからです。
大人が大人の都合で、子を一人前の大人に育てようとするのが「學」なのです。
この場合、子供の都合は関係ありません。
つまり、「學」と「学」では、主客が転倒してしまうのです。

教育の「教」も同じです。
旧字は「敎」で、こちらは上にある「☓」が「學」と同じで複数の大人の腕です。
その下に子がいます。
つくりは右手で殴ることを意味するボクという音符です。
つまり子の成長と未来に責任を持つ大人が、子が立派な大人になるように子を殴りつけてでも教育するのが「敎」という漢字です。
ところが「教」になると、老人が子を殴りつけるという字になります。
子の未来に責任を負わない老人が、子を殴りつけて自己の利益を図っているという図式は、昨今の年金問題そのものです。
教育の「育」は「はぐくむ」と訓みますが、「教育」と「敎育」では、「はぐくむ」目的がまるで違ってしまうのです。

要するに、使われる漢字が当用漢字と呼ばれる簡略化された字体になることによって、実は漢字の意味だけでなく、社会道徳や社会慣習にまで影響が及ぶのです。

これだけでもたいへんな問題なのに、日本語を通じた日本人の文化性を破壊したい人たちは、今度は筆順にまで文句をつけ始めました。
それが筆順の変更です。
筆順を変えることで、漢字の持つ意味を「さらにわからなくさせよう」としたのです。

何も知らない日本人こそ、いい面の皮です。
子供達は、指定された筆順でなければ、テストで点をもらえませんから、素直に誤った筆順を受け入れます。
結果として日本人としての文化性が失われるのです。

その典型が「権利」です。
以前、ある日のテレビ討論の番組のことをご紹介しました。
売春をしていた女子中学生が他の出演者から責められていたのですが、この女子中学生、周囲から何を言われても、キョトンとしている。
そしてこの女子中学生に発言の番が回ってきたとき、彼女が言ったのが、
「で、あたし、誰か、人に迷惑かけた?
 誰か被害受けた人いるの?
 いないでしょ?
 私が何をしようが私の勝手じゃん。
 私にだって権利があるんだから!」
彼女のこの言葉に、それまで彼女を責め立てていた周囲の者は、誰も言い返せなかったそうです。

しかし権利の「権」は、もともとは「權」と書きました。
つくりに□が二つ書かれていますが、これがミミズクの目です。
下にある「進」から辶(しんにゅう)を取った部分が雀(スズメ)です。
つまり肉食鳥であるミミズクが、木の上からスズメたちを狙っているのが「權」という漢字です。
要するに「權利」は、人々の利益のために、権力が人々を監視することの象形文字です。
ですから権利ではなく「權利」と書けば、人々の利益を守るのは監視する大人の側にあることになり、女子中学生がどう思おうが関係なく、「お前がやっていることは悪い行いだ」と言い切ることができるのです。

繰り返しますが、漢字はもともと象形文字から生まれた文字です。
ですから漢字は、その象形性から、意味を推察することが可能です。
そこから実は、漢字は私たち日本人に、洞察力や理解力、推理力をもたらします。

そのような視点で幼児に漢字教育をしているある幼稚園では、子供達のIQが100から130に伸びたのだそうです。
かつての日本人がとてつもなく優秀だった理由のひとつに、漢字教育の成果があったということは、それは事実が証明していることでもあるのです。

戦後という時代を俯瞰すれば、戦後すぐに行われたGHQによる日本解体工作がありました。
そのGHQの日本への援助を元に、多くの心ある日本人は、兎にも角にも日本の復興のために必死に働きました。
それはまさに、昭和天皇の大御心に沿ったものであったろうと思います。
おかげで日本はまたたく間に復興を遂げ、国家インフラも整い、着るものも、食べるものも、住む家さえもなかった日本人は、豊富な衣食住を手に入れることができるようになりました。
職場においても、個人のレベルでは、あるいは政治的には様々な対立意見があったにせよ、働くときは一緒に、という日本人の和合の精神がいかんなく発揮されたものと思います。

衣食住が安定してくると、次に必要になるのは心の安定です。
対立し、闘争し、危険に身を落とすのではなく、誰もが豊かに安全に安心して暮らせるために必要な知恵が求められるようになります。
その意味で、平成以来の経済の安定化は、国家インフラや経済の成長ではない、もっと本質的なものに日本人が目覚めるための期間であったのかもしれません。

伊勢の修養団の寺岡講師に教わったことですが、それが、
「繁栄し、
 安定し、
 継続する」
ことなのだそうです。

企業も家も個人も、誰もが皆、繁栄する。
その繁栄がゆるがない安定を持つ。
そしてその繁栄と安定が長く続く。

いまだ政治は、目先の利害だけに終始し、国家百年の大計さえ持ち合わせません。
そうした中にあって、いま多くの日本人が、私達にとって本当に大切なこと、そして戦後の日本に失われたものに、少しずつ気付きはじめています。

今後は、その動きはもっと加速していくものと思います。

※この記事は拙著『誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本』の記事をあらためてリニューアルしたものです。



お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
会場は都営新宿線船堀駅前にある「タワーホール船堀」です。
11月17日(土)18:30 高崎講演「日本人に伝えたいこと」
11月25日(日)18:00 第56回 倭塾公開講座
12月6日(木)18:00 第32回 百人一首塾 301会議室
12月24日(月)13:30 第57回 倭塾公開講座
1月14日(月・祭日)13:30 第58回 倭塾公開講座
1月26日(土)18:30 第33回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ
2月2日(土)13:30 第59回 倭塾公開講座
2月23日(土)18:30 第34回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ
3月9日(土)18:30 第60回 倭塾公開講座
3月16日(土)18:30 第35回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ
4月13日(土)18:30 第36回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ(407会議室)
4月27日(土)13:30 第60回 倭塾(研修室)
<関西・倭塾>
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会


動画【CGS ねずさん 古事記のセカイ】
はじめに
01-01 私達はなぜ神話を学ぶのか
01-02 古事記と日本書紀の違いとは
第一章
02-01 隠身と別天神
02-02 創生の神々と十七条憲法のただならぬ関係とは
03-01 もろもろのみこともちて(諸命以)と、つくりかためなせ(修理固成)という重要語
03-02 見立てると成り成りて
03-03 ヒルコをめぐる三つの意味とは

動画《大人のための修身入門》
01 修身教育とは
02 誠実
03 孝行
04 礼儀
05 博愛
06 公益
07 よい日本人
08 自立自営
09 我が郷土
10 人の名誉を重んじる
11 勇気
12 進取の気象
13 信義 





関連記事

コメント
No title
この売・春をした中学生は本当に思いやりをもって育ててもらった経験が乏しいんだと思います。心によりそってもらた経験が極端に少ないんだと思います。だから自分の行動を正当化させるために「権利」という言葉を持ち出したんだと思います。

一時期電車の中でお化粧する女性が話題になっていましたが、それも一緒です。子どものときは自分を世界の中心にして育ててもらえなかった、心によりそってもえらなかった、だから心のなかに他者がいないそうです。恋人のような存在なら他者と認識していますが、それ以外の人はまったく関係ない。なので注意したとしても、あなたには関係ないでしょと答えるでしょう。

佐々木正美さんの言葉です。
「子どもへの思いやりや、まわりの人を思いやるという自然な感情を失い、自分だけを大切にするという生き方のほうが、むしろ上等な文化なんだと思っている親やおとなが多くなってきた」
今の親は子どもがどう感じているかより、子どもの行為を気にする人が増えたそうです。
これ憲法の影響です。
当然そうなると思います。

言葉で道徳を伝えるだけでは難しいです。
優しくされたことがない、心によりそってもらったことがない子どもが人を思いやることなどできないと思います。










2018/12/26(水) 06:20 | URL | うめ #-[ 編集]
また騙されていました。
久しぶりに投稿させていただきます。

いまの若い人は「必の書き順を間違いて手抜きで書いているな~」と思っていました。

だた一言ショックでした。

再び自分が騙されていることを教えていただきました。
ありがとうございます。
2018/12/25(火) 13:03 | URL | カナダ在住 #NCcnZXFM[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2018/12/24(月) 10:31 | | #[ 編集]
良いお年を
今年最後の書き込みとなります。

今年一年で印象に残った事は沢山ありますが、昨晩見たNHKのサイエンスZEROも印象的でした。

サイエンスZERO 日本人成立の謎。弥生人のDNA分析から意外な事実が判明
http://www4.nhk.or.jp/zero/x/2018-12-29/31/29800/2136698/

鳥取県青谷上寺地遺跡から出土した数十体の‶渡来系”人骨のDNA調査が行われ、その結果、それら人骨のミントンドリアDNAハプログループの「起源地」が、中国大陸全土を中心に、北はシベリア南部から、南は東南アジア方面に跨る広範なものである事が明らかになったようです。

青谷の人骨は、その「時代背景」や(彫りが深くも浅くもない)「中途半端な風貌」から、縄文人との混血が予想されていましたが、今のところ判明した事実は、彼らの‶ルーツ”(※必ずしも個人の出身地ではない)が東アジアの広範囲に及ぶというものでした。
今後は、更に詳しく核ゲノムの調査も進めて行くそうです。

子ども向けの科学雑誌「Newtonライト」では、相変らず、縄文人や弥生人を「一つの民族」であるかのように単純化し、やれ、「シベリア」だ「のっぺり」だ「一重瞼」だと、小学生に向かってステレオタイプの洗脳を行っていますが、事実はそれほど単純なものではないようです。(当たり前だ。)

それでは、良いお年をお迎えください。
2018/12/24(月) 10:30 | URL | 疑問 #iydQorAY[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク