アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


細井平洲が説いた興譲の精神とは

20190225 伊勢修養団研修バナー
内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


細井平洲は53歳で、徳川御三家筆頭の尾張藩に招かれました。
そして藩校明倫堂(現、愛知県立明和高等学校)の学長になりました。
百姓の小倅(こせがれ)が、徳川御三家の教育掛の学長に就任したのです。
江戸時代の身分制が、世界にあるような固定的なものでなかったということは、この一事をもってしてもあきらかです。


20190317 細井平洲
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


先日、錦鯉の由来の記事で、上杉鷹山をご紹介しましたが、今回はその鷹山の師匠であった細井平洲(ほそいへいしゅう)のお話です。
大正時代から昭和初期に活躍した日本のキリスト教思想家でもあった内村鑑三は、著書の『代表的日本人』の中で、細井平洲を「当代最大の学者」と称賛(しょうさん)しています。

さて、上杉鷹山は米沢藩主として、藩校を設立しています。
その藩校の名前が「興譲館(こうじょうかん)」です。
そしてこの名前は、細井平洲が名付け親であったといわれています。

藩校というのは、藩の政治を担う優秀な人材を育てるところです。
いまの大学のように、若い学生に教育を施すのですが、その性格は大学というより、むしろ昨今の大手企業がよく設置する「研修センター」に近い機能を持ちます。
ですから一般教養だけでなく、藩政から幕府の政治、それらを実施する上での心構え、具体的進め方に至るまで、広範な教育を行うところでもあります。

江戸時代の武士たちは、参勤交代に付随して江戸詰めになります。
このとき当然、諸藩の武士たちとの交流があるのですが、そのとき、どこに出しても恥ずかしくない人材を育成するところでもあったわけです。

その藩校の名称の依頼を受けた細井平洲が付けた名前が「興譲館」であり、鷹山以下、当時の米沢藩士たちは、この名前を歓迎しています。
「興譲」は「譲(ゆずる)を興(おこ)す」と書きます。
細井平洲の教えの根幹にあたる理念です。

人を人として敬い、譲り合う生き方を徹底することによって、人間関係の良好な地域社会を築き、これによって国を繁栄に導くという思想です。
「自分さえ良ければ」という個人主義や、人を所有して支配し収奪する人類社会の対極にある思想です。

「譲る」という言葉は、単に人に与える(分譲、禅譲、謙譲、譲歩)するばかりではありません。
「譲」という漢字にはもうひとつ意味があるからです。

それが「責譲(せきじょう)」です。
歪(ゆが)みがあったときには、その歪みに対して徹底的に相手の責任を問う。
つまり「興譲」は、断固として悪を許さないという、武士としての絶対の信念があるのです。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


20190317 MARTH



そういう精神を藩の中核に置こうというのが、細井平洲の教えであったわけです。
ただ「譲る」だけではないのです。

いまでも普通の日本人は、たとえば被災地にあっても互いを敬(うやま)い、譲り合います。
日本人の避難施設内では、暴行も略奪も起こらない。
みんなが自然と互いに協力し合います。
自衛隊の隊員たちは、被災地にあって、温かな食べ物は被災者たちに分け与え、自分は冷たい携帯口糧の缶詰を食べている。
これも、まさに「興譲」の精神です。

しかしそれらの行動は、同時にそれ以外の行動を許さない、つまり自分さえ良ければと自己の権利ばかりを主張したり、並んでいる列に割り込んだり、自分ばかりが贅沢をするといったことを一切許さないという精神的基盤の上に成立します。
武士はそのために腰に刀を二本差します。
眼の前で不条理が行われれば、みんなのために問答無用で相手を叩き切るのが責譲です。
そうすることで興譲を実現するのです。

明治以降の日本は、武士という制度が廃止となりましたが、社会にはこうした武士の存在は不可欠です。
それは犯罪の取り締まりをする警察とも、また違った、社会における大きな役割です。
その役割を担う人材を育成するために置かれたのが、かつての師範学校です。
師範学校の卒業生は、社会における立場や地位に関係なく、人の道を、世の道を説き、実行し、不正を許さないという確固とした信念を持つ人々として社会に配置されていったのです。

そしてそれが正しいこととされる文化があったからこそ、外で悪さをしている子供がいたら、近所のおっちゃんやおばちゃんが、「コラッ」と彼らを叱ったのです。
戦後は師範学校がなくなり、教育大と名前が変わりました。
結果として、街中での悪事は、目の前にあっても野放しになっています。
このこともまた、戦後社会の大きな欠陥のひとつだと思います。

「自分さえ良ければ」というのは、「思い上がり」であり「自己中」です。
相手のことを考えず、自分勝手な思い込みだけで相手を批判し中傷し断罪する。
「思い上がる」というのは、「自分が人よりも上位にある」とばかり、「相手を見下す」行いです。
カンボジアのPKOで自衛隊が出動したとき、辻本某美はピー◯ボートと称する船を繰り出して現地の自衛隊の駐屯地に行き、そこで「あなたたちはコンドームを持っているでしょ、出しなさい!」とばかり復興支援のために汗びっしょりになって働く自衛隊員のポケットを勝手にまさぐったそうです。
隊員たちが唯一の楽しみにしていた数少ない缶ビールを見つけると、「こんなものを隠してた」とのたまって、そのビールを勝手に飲んでしまった。

阪神大震災のときには、災害支援のボランティアと称して2トン車に荷物を満載して現地にはいったけれど、そのトラックの荷台から出てきたのは、印刷機とチラシ。
チラシには「災害時でも自衛隊の活動を許してはならない」と書いてありました。

要するに自分勝手な思い込みだけで、まじめに働く自衛隊員を批判し、断罪する。
これこそ思い上がりです。

その思い上がり議員が、かつて民◯党政権のときに、東日本大震災のボランティア担当大臣になりましたが、理由は「ボランティアの経験が豊富」だからなのだそうでした。
どうして「豊富」といえるのか不思議に思ったら、なんと上に述べたピー◯ボートでの経験を指していたのだそうです。
とんだ茶番です。

茶番ではありますが、世界の国家と国家の関係は、実は、こうした辻元ばりの概念のなかで動いています。
要するに「自分さえ良ければ」です。
残念ながら世界には興譲の精神も、主義もないのです。

世界における国家が、いわゆる国民が中心となる国民国家となったのは、19世紀に登場したナポレオン以降のこととされています。
それまでは、国家は国民のもの、という概念自体が、世界には存在していません。

それまでの世界を構成していた(もしかしたらいまでも構成している)のは、王による所有の概念だけです
言葉を変えると「王権」といった言葉になるのですが、要するにそれらは端的に言えば、「上の人が下の人を所有する」ということを意味します。
つまり下にいる人は、上の人にとっての私物以外の何者でもないのです。
ですから当然のことながら、そこに人権などありません。

上に立つ人は、財力と武力を独占し、財の極大化を図るために武力を用いていたものが、かつては「ネイション(nation)=国」と呼ばれるものでした。
要するに、より巨大な財力を生むために、武力を動員して、さらに自己の財を増やそうとする。
そのために領土領民を支配するし、他国に財があれば、それを奪うということが、国家の根幹になっていたわけです。

そしてそのことは現代世界においても、実は同じです。
国民国家を名乗ってはいても、あるいは正義を説いていたとしても、実態はその国のエスタブリッシュメントと呼ばれる一部の大金持ちが、自分の財をより増やすために、国民を騙し、教導し、カネと武力を用いて人々を支配し、他国の富や財を奪うことで、より一層、自己の財を増やそうとしているだけのことです。

富というのは相対的なものです。
他人よりも豊かであるというだけのことにすぎません。
おもしろいもので、焼け野原を経験した戦後の日本人は、いま、戦前の超高級セレブたちよりも、普通の庶民が良い暮らしをしています。
みんなでつくる快適な社会というものは、やればできる、その気になれば実現できるのだということを、なんと戦後の日本人は見事に証明してしまったのです。

細井平洲は、「先施の心」が大切だと説きます。
「先施」というのは、先にほどこす、ということです。
人が何かをしてくれるのを待つのではなく、まず自分から施しなさい、ということです。
自分から施すと、では誰もが喜ぶかと言うと、世の中というのは決してそのような単純なものではなくて、あちらたてればこちらたたず、かえって何かと批判の的になる。
それでも常に進んで「先施の心」を持ちなさいと細井平洲は説いたわけです。

ちなみに江戸時代には、この思想は、ある意味一般的に大きな広がりを持っていたもので、これを「施行(せぎょう)」と言いました。
人に施すことは、一見すると施した時点では自分が損をしたように感じてしまうけれど、まわりまわって自分も豊かになることができる、という思想です。

戦後、日本企業は東亜の諸国にすすんで進出しました。
それらの諸国は、先の大戦後に独立を果たした国でしたが、独立は果たしたものの、国は貧しく、いつまた国家が崩壊してもおかしくない苦しい状況にあったわけです。
そういうところに、日本企業は次々と進出し、現地の人々を雇用して、世界に向けて製品を製造していきました。
結果として、東亜諸国の経済が活性化し、人々が財力を付け、財力を付けた人々が消費者となり、企業はますます発展するという結果を招きました。
これが「先施の心」です。

19歳で米沢の藩主となり、これからどのようにしたらよいかと教えを請うた上杉鷹山に、細井平洲が説いたのが、次の言葉です。
「勇なるかな勇なるかな。
 勇にあらずして
 何をもって行なわんや」

まずは勇気を持ちなさい、というのです。
その勇気を持つためには、覚悟が大切です。
施行(せぎょう)を行うにしても、そこには覚悟が必要なのです。

細井平洲は、愛知県東海市荒尾町の農家の次男坊として生まれました。
享保13(1728)年のことです。

幼いころは、地元の観音寺の義観和尚について学びました。
相当な悪童で、和尚さんに叱られては、何度も木に吊るされたそうです。
きかん気の強い、ワンパク少年だったわけです。

このエピソードが、吉川英治の『宮本武蔵』の幼年時代の描写に転用され、また本宮ひろ志の『男一匹ガキ大将』でも、紹介されました。
それらのモデルは、いずれも細井平洲です。

元文2(1737)年、平洲は若干10歳で名古屋に出て学び、15歳で京都に遊学しました。
ところが、高名な先生方は、みんな江戸に出ていて、当時の京都にはいない。
そこで翌年には、名古屋に帰って中西淡淵に師事します。
平洲16歳のときです。

中西淡淵は、平洲に長崎遊学を進めました。
17歳で長崎に遊学した平洲は、清国人の教師に就いて漢学を学びました。
漢学の素養を身に付けた平洲は、これを実践に役立てようと、24歳で江戸に出て「嚶鳴館(ろうめいかん)」という私塾を開きました。

長屋で始めた私塾です。
世の中はそうそう甘いものではなく、若すぎる学者ということもあって、なかなか弟子がつかない。
塾は、生徒がいなければ収入がありませんし、ようやく生徒になってくれた人も、なにせ長屋くらしの貧乏な人々です。お金にならない。
それでも近所の長屋の住人や子供たちを相手に、平洲は誠実に学問を説き続けました。

人というのは、良いものはわかるものです。
誠実に学問を説く平洲のもとには、次第に多くの人が集まりはじめました。
中には、れっきとした藩の若侍たちなども、平洲の教えを求めて集うようになってきたのです。
こうして次第に平洲の「嚶鳴館」は、江戸で有名な私塾に成長して行きました。
けれど授業料の督促をしない平洲は、相変わらず貧乏なままです。

人は理屈よりも財に群がります。
この場合は、誰もが自分が得をしたいと思っていますから、中傷はありません。
けれども理屈に人が群がると、必ず起きるのが中傷です。

平洲は長崎で学問をおさめたとはいっても、もともと貧農の子です。
「たかが農民風情に学問など語る資格はない」
「所詮は学者もどきの青二才であろう」
「古今の漢書を集めただけの寄せ集めたいいとこどりの俗説にすぎない」
「学問を金もうけに利用しようとしている不届き者」
等々、平洲は盛んに攻撃を受けるようになったそうです。

平洲自身も悩みました。
自分はこのままで良いのだろうか。
数える弟子もけっして多くはない。
授業料を払える者も少ない。
貧乏しながらこのまま江戸にいて将来どうなるのだろうか。

けれど平洲は思いました。
死んだ母は、決して楽ではない生活の中で、幼い平洲のために、学費や遊学の費用を出してくれた。
「おまえは世のため人のために役立つ立派な学者に必ずなれる」
と信じてくれました。
母の恩に報いるためにも、ここでくじけてはいけない。

学問で身を立て、世の役に立とうということは、他の誰でもない、自分で決めたことです。
ならば日々前進するしかない。
どんなに苦しくても辛くても、この道を進もう。

そうした姿勢で日々を送る平洲の名は、次第に有名なものになっていきます。
そして西条藩(愛媛県)、人吉藩(熊本県)、紀州藩(和歌山県)、郡山藩(奈良県)などから、藩の賓師として迎えられるようになっていきました。

ところが次第に名声を得ても、平洲という男は、どこまでも謙虚です。
塾生が来ると、まず自分から進んで生徒たちに声をかける。
はたからみていたら、どちらが生徒でどちらが先生かわからないくらいだったそうです。

平洲は言いました。
「上の者が、下の者から働き掛けてくるべきだなどと思っていたら、お互いがにらみ合っているような状態で、下の者は寄り付けない。寄り付く心がないと、親しみを持てず、間を隔だたる。これが結局は仲たがいのもとになる。」

こうして平洲は、どんなに名声が高まっても、身近な町民から身分の高い武士に至るまで、分け隔てなく学問を説き続けました。
けっして偉ぶるというところがなかった。
こうした平洲の姿勢に、心を打たれた武士がいました。

宝暦13(1763)年、平洲が35歳になった頃のことです。
その武士が、米沢藩の家臣でした。
彼は、米沢藩の藩邸に帰ると、そこで周囲の者に平洲のすばらしさを語りました。

「平洲先生の教えは実学を重んじるものです。
 経世済民(世を治め、民の苦しみを救うこと)を目的としています。
 世の中に真に役立つ学者がいるとすれば、
 それは平洲先生のことだと思います」

その話が、藩主の元に届きました。
そしてそれほどまでに立派な先生なら、次の殿様になる治憲(はるのり)の先生になってもらおうではないか、ということになりました。
それが、後の上杉鷹山です。

ここには実は藩の財政事情もありました。
米沢藩は、上杉家です。
言わずと知れた上杉謙信の家系です。
上杉家の米沢における石高は15万石です。
そこに会津藩120万石時代の家臣6000人を連れて転封されてきていたのです。
当然、藩の財政は火の車です。
やりくりをするために借財を重ねた結果、すでに藩の借金も20万両に達していました。
要するに藩には、値段の高い著名な学者を招くだけの経済的余裕がなかったのです。

けれど、そこそこ高名で立派な学者を招かなければ、藩の名にも傷がつきます。
その点、平洲先生は貧乏塾長であり、そのくせ各藩に招かれて教師を務めた実績もある。
現実問題として平洲は、上杉家にとって、ちょうど良い存在であったわけです。

こうして細井平洲は、米沢藩江戸藩邸のお抱え文学師範となりました。
そして当時14歳になる上杉治憲(のちの鷹山)の教師になりました。

平洲は、治憲公に「学思行、相須つ(がくしこうあいまつ)」と説きました。
これは
「学び、考え、実行する」
その三つが揃って、初めて学んだことになるという教えです。

そして藩の財政を立て直そうとするならば、まず、殿ご自身が手本を示すべしと説きました。
同時にすぐれた人材を育てよ、とも説きました。

鷹山は、この教えの通り、新藩主に就任するとすぐに民政家で産業に明るい竹俣当綱(まさつな)、財政に明るい莅戸善政を登用し、江戸藩邸における藩主の給料もそれまでの1500両から、いっきに209両に削減しました。

藩内に漆や桑の木を植えて、米沢の特産物を増やしました。
また、鯉の養殖を奨励しました。
こうした様々な努力によって、藩の財政は徐々に回復し、浅間山が噴火してはじまった天明の大飢饉に際しては民衆のために蔵米の放出ができるようにもなりました。
けれど鷹山自身も、自ら粥(かゆ)をすすって倹約に努めています。

藩士たちの給料は、全藩士一同が、減俸となりました。
けれどその分、すべての武士たちが自ら畑を耕し、植林をし、鯉を養殖して不足する家計をうるおすことができるようにしていきました。
こうした一連の施策の実施の根幹にあったのが「興譲」です。
「興譲」は、ただ施行(せぎょう)をするというだけではなく、そこには、「それ以外の私物化私有化を一切許さない」という「責譲」の精神が同時に備わる。
これがあってこそ、はじめて武士の仕事となります。

寛政8(1796)年、鷹山と出会ってから、32年目。
上杉鷹山は、江戸にいる細井平洲を米沢に招きました。
鷹山は、わざわざ城から10キロも離れた普門院というお寺まで、平洲を出迎えました。

そして鷹山の治世50年の間に、藩の借財は全額完納となりました。
藩の財政は完全に健全化したのです。

後年、安永9(1780)年、平洲は53歳で、徳川御三家筆頭の尾張藩に招かれました。
そして藩校明倫堂(現、愛知県立明和高等学校)の学長になりました。
百姓の小倅(こせがれ)が、徳川御三家の教育掛の学長に就任したのです。
江戸時代の身分制が、世界にあるような固定的なものでなかったということは、この一事をもってしてもあきらかです。

学長就任後も、平洲は、請われればどこにでもでかけて行って、身分の差なく、百姓町人たちにも、わけへだてなく学問の素晴らしさ、学び、考え、実行することの大切さを説き続けたそうです。

享和元(1801)年、細井平洲は、73歳でこの世を去りました。
いま、平洲の墓は、米沢市の松岬神社に、上杉鷹山とともに祀られています。

※この記事は2011年3月の記事のリニューアルです。
お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

【お知らせ】
<倭塾、倭塾ゼミ・他>
会場は都営新宿線船堀駅前にある「タワーホール船堀」です。
3月9日(土)18:30 第60回 倭塾公開講座
3月16日(土)18:30 第35回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ
4月13日(土)13:30 百人一首塾&新元号奉祝特別イベント ※池袋で開催です。
4月27日(土)13:30 第60回 倭塾(研修室)
5月11日(土)18:30 第37回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ(401会議室)
5月19日(日)13:30 第61回 倭塾(401会議室)
6月1〜2日 日心会10周年記念神話を体感する伊勢修養団研修 ※開催場所:伊勢市)
6月8日(土)18:30 第38回百人一首塾(402会議室)
6月23日(日)第62回 倭塾公開講座(307会議室)
7月6日(土)第63回 倭塾公開講座(307会議室)
7月20日(土)第39回 百人一首塾(407会議室)



動画【CGS ねずさん 古事記のセカイ】
はじめに
01-01 私達はなぜ神話を学ぶのか
01-02 古事記と日本書紀の違いとは
第一章
02-01 隠身と別天神
02-02 創生の神々と十七条憲法のただならぬ関係とは
03-01 諸命以と修理固成という重要語
03-02 見立てると成り成りて
03-03 ヒルコをめぐる三つの意味とは
03-04 神議(かむはか)り
03-05 国生みと神生み
03-06 イザナミの神避りと古代の葬祭


動画《大人のための修身入門》
01 修身教育とは
02 誠実
03 孝行
04 礼儀
05 博愛
06 公益
07 よい日本人
08 自立自営
09 我が郷土
10 人の名誉を重んじる
11 勇気
12 進取の気象
13 信義
14 国旗
15 慈善 





関連記事

コメント
No title
先に施すには欠点もあり、当時の様な教育や環境といったものとセットでなければただ単に甘やかすだけにもなりえます。何事も状況次第で臨機応変にいかねばなりません。
2019/03/19(火) 23:18 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
いつも誰かに譲られて生きている自分
毎朝勉強させて頂き、ねずさんには大感謝です。

人の基本は思い遣り。
興譲の反対は自己中。
いつも誰かに譲られて生きている…そんな自分に気付かねばなりません。
二宮尊徳も言いました。
『奪うに益無く譲るに益あり』

上杉鷹山公と細井平洲翁に習い、興譲の精神を受け継いでいる学校を見つけました。
「山形県立米沢興譲館高等学校」
山形は遠いでさが、チャンスがあれば訪れてみたいです。
2019/03/19(火) 11:19 | URL | takechiyo1949 #VCU7f5e.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク