アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


威張りとリーダー

20190225 伊勢修養団研修バナー
内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


「威張り」というのは、我が国では「いばり」であって、「いばり」とは「尿」のことです。
そんなものは、排尿だだということは、日本人のリーダー観として実におもしろいと思います。
なにしろ、そういうものは溜まるものだということですし、溜まったらさっさと出してしまえという気分が日本人の心にあるということだからです。
日本人が求めるリーダー像は、威張る人ではないのです。
日本人が求めるリーダー像は、みんなを明るく結ぶ役割を果たす人です。
日本人が求めるリーダーは、不動の信念を持ち、みんなの気持ちを明るくさせて、みんなの心を結んで行くことができる、真面目で明るくて信念のある人です。


20190411 武田信玄
武田信玄像 長谷川信春(等伯)作
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


儒教では、お大人(おだいじん)というのは、常に片方の頬に微笑みを浮かべながら、ゆったりとした動作で、箸(はし)の上げ下(お)ろしもゆるやかな人なのだそうです。
収奪文化の頂点にいる人は、自分で働くことをせず、人の上に立って判断と指図をするだけですから、常に心に余裕を持つことが大事で、その余裕が日常の所作にまであらわれていることが必要とされるのだそうです。
ですから儒教的大物というのは、ひらたくいえば「デンと構えて動かない」ような人ということになります。

その儒教は日本に入ってきましたし、影響を受けて儒教型リーダーになろうとした人もいたようです。
けれど、そうした人たちは世間の尊敬を受けることはありませんでした。

トップにあるのは武田信玄の肖像画です。
信玄は尊敬を集めたリーダーですが、その容姿は、どうみても土建屋の親父です。
実際、信玄はものすごく土木工事に精を出した戦国大名で、武田信玄のおかげで甲府盆地は極めて住みよい街になりました。

西郷隆盛は、我が国の歴史上の大物中の大物ですが、上野公園にある西郷さんの銅像は、寸足らずの着物の着流し姿であって、特段立派な姿をしているわけではありません。

こうしたことが何を意味しているかと言うと、我が国では大物を装うから大物ではない、ということです。
みかけはしょぼくれていたとしても、立派ではないとしても、みんなのために知恵を出し、汗をかき、みんなのために方向を示し、その示しにまったくブレがないことが、日本型リーダーです。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


20190317 MARTH





芥川龍之介の小説に『神神の微笑』という短編小説があります。
いまは青空文庫でネットで簡単に読むことができます。
https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/68_15177.html

この小説は、宣教師として日本に赴任したオルガンティノの葛藤を通じ、西洋的な勝利の精神と、日本的な和の精神を対比させています。
芥川龍之介は、この小説の中で、西洋的正義が、戦いに勝利し制圧し、異なるものを駆逐して、その土地の人々を勝者側の色、一色に染めてしまうことにあることを見事に描いています。

これに対し日本は、どちらの勝利も求めないところに特徴があることを、芥川龍之介はこの小説で描いています。
勝利を求めるのではなく、双方の良いところを融和し結びあわせて、より使いやすいもの、より明るいもの、たのしいものにしてしまう。

こうした日本的精神が、ではどこからきているのかといえば「豈国(あにくに)」という、イザナキ、イザナミの心からのものといえます。
「豈国」というのは「よろこびあふれる楽しい国」のことで、イザナキとイザナミは、その「よろこびあふれる楽しい国」を築くために淤能碁呂島(おのごろじま)を築いたのだと日本書紀は書いています。

根底となる枠組みが、「勝利・殲滅」にあるのか、「みんなのよろこび」にあるのかは、行動が同じでも、結果に重大な影響を及ぼします。
芥川龍之介の小説の『神神の微笑』でいえば、宣教師の布教のための行動が人々の幸せのためであることは間違いがないのです。
けれど、その根幹にあるものが、布教しようとする神様以外の一切を認めないというものであることと、すべてを結んで、そこからより良い人々の暮らしを見出そうとするのでは、布教が行われた結果はまったく違ったものになります。

儒教は、ChinaやKoreaでは支配層を確立するために必要な指針となりましたが、我が国ではそうはなりませんでした。
我が国において民衆のリーダーとなる人は、むしろ積極的にみんなにはたらきかけて、みんなのための未来を拓く存在と考えられてきたからです。

ですから日本型リーダーには、強さや身分とは関わりなく、もともとが「よろこびあふれる楽しい国」が根本にあるわけですから、みんなの気持ちを明るくする明るさや、元気の良さ、信頼の持てる不動の根幹を持つことなどが要求されたわけです。

我が国の頂点におわすのは、天皇陛下です。
けれど天皇が、その長い歴史上、威張り、支配し、大物ぶったという歴史は、我が国にはありません。
ちなみに、「威張り」というのは、我が国では「いばり」であって、「いばり」とは「尿」のことです。
そんなものは、排尿だだということは、日本人のリーダー観として実におもしろいと思います。
なにしろ、そういうものは溜まるものだということですし、溜まったらさっさと出してしまえという気分が日本人の心にあるということだからです。

日本人が求めるリーダー像は、威張る人ではないのです。
日本人が求めるリーダー像は、みんなを明るく結ぶ役割を果たす人です。
日本人が求めるリーダーは、不動の信念を持ち、みんなの気持ちを明るくさせて、みんなの心を結んで行くことができるやさしさを持ち、真面目で明るくて信念のある人です。
そしてその模範となるのが天皇です。

天皇は、上古の昔から我が国の政治家を司(つかさど)る人ではありません。
政治の上にあって民衆を「おほみたから」として結ぶ人です。
結ばれた集合体が、天皇のシラス民です。
そのシラス民が、豊かに安全に安心して暮らせるようになるために、政治や行政を天皇から親任されているのが政治家であり、官僚です。
これが日本の形であり、究極の民主主義の形です。

このことを戦前には「天皇制社会主義」とか、「天皇制共産主義」と読んだ人がいました。
確かに似ているようではありますが、2つの点で間違っています。

ひとつは、天皇は「制度ではない」ということです。
どこのご家庭にも本家と分家がありますが、本家のことを「制度」と呼ぶ人はいないでしょう。
これと同じで天皇は制度ではありません。
日本中の各姓氏の本家の中の総本家であって、これは血の問題であって制度の問題ではありません。

2つ目は、社会主義、共産主義は、別な言い方をすれば虐殺主義です。
我が国に虐殺の文化はありません。
従って、天皇の御名に、社会主義とか共産主義を付けるのは、ふさわしくありません。

従って我が国は、「天皇のもとで究極の民主主義を実現した国」であり、これからもそう有り続ける国です。
そしてそういう国柄であればこそ、威張りではなく、信念のもとにみんなを大切にする人こそが日本型リーダーと呼べる人なのです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

【お知らせ】
<倭塾、倭塾ゼミ・他>
会場は都営新宿線船堀駅前にある「タワーホール船堀」です。
3月9日(土)18:30 第60回 倭塾公開講座
3月16日(土)18:30 第35回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ
4月13日(土)13:30 百人一首塾&新元号奉祝特別イベント ※池袋で開催です。
4月27日(土)13:30 第60回 倭塾(研修室)
5月11日(土)18:30 第37回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ(401会議室)
5月19日(日)13:30 第61回 倭塾(401会議室)
6月1〜2日 日心会10周年記念神話を体感する伊勢修養団研修 ※開催場所:伊勢市)
6月8日(土)18:30 第38回百人一首塾(402会議室)
6月23日(日)第62回 倭塾公開講座(307会議室)
7月6日(土)第63回 倭塾公開講座(307会議室)
7月20日(土)第39回 百人一首塾(407会議室)



動画【CGS ねずさん 古事記のセカイ】
はじめに
01-01 私達はなぜ神話を学ぶのか
01-02 古事記と日本書紀の違いとは
第一章
02-01 隠身と別天神
02-02 創生の神々と十七条憲法のただならぬ関係とは
03-01 諸命以と修理固成という重要語
03-02 見立てると成り成りて
03-03 ヒルコをめぐる三つの意味とは
03-04 神議(かむはか)り
03-05 国生みと神生み
03-06 イザナミの神避りと古代の葬祭


動画《大人のための修身入門》
01 修身教育とは
02 誠実
03 孝行
04 礼儀
05 博愛
06 公益
07 よい日本人
08 自立自営
09 我が郷土
10 人の名誉を重んじる
11 勇気
12 進取の気象
13 信義
14 国旗
15 慈善 




関連記事

コメント
No title
こんにちは!
今日も拝読させていただきました。シェアさせていただきます。
ありがとうございます。
表舞台で日本を卑しめている連中は、日本の人口のごく一部です。
そんなごく一部の人間の為に日本が破壊される?
多くの日本人は正しい歴史認識を知らないふりで過ごしています。
自分の生活に今すぐ影響がある訳でもないので、知らないふりは
面倒を嫌ってのことでしょう。

このままでいい訳はありません。もうそろそろ我々日本人は声を
上げる必要があります。そのためにも政治に動いてもらわないと
いけないですね。
2019/04/14(日) 13:22 | URL | 岡 義雄 #-[ 編集]
コンクリートから人へ?
或政党の時代。
『コンクリートから人へ』
こんな合言葉がありました。
治山治水などの防災費が仕分けられ、大規模な自然災害を未然に防ぐ事も出来ませんでした。
権力は自分で責任は現場!
売名と邪魔と妨害ばかり!
リーダーの資質が如何に大事か…私達は嫌と言うほど思い知りました。

十年ほど前の事です。
先任社員の失敗を挽回すべく単身大陸に渡りました。
現場は手が付けられない有り様で、相手は言葉も通じない現地人ばかり。
1週間の出張予定が1ヶ月になると現地から報告しました。
しかし…本社は『早く結果を出せ!』の一点張りでした。
最早ギブアップ?
「OKY」と言いたくなりましたが、その時…思い出しました。

やってみせ
言って聞かせて
させてみて
ほめてやらねば人は動かじ

ご存知!連合艦隊司令長官/山本五十六元帥の言葉です。
現場で現地人と何日も徹夜し、励ましながら指導を続け…そして完遂!
本社は『遅い!』と怒りの評価。
先任社員は、直後にひっそりと退職してしまいました。

因みに「OKY」とは?
お前が!
来て!
やってみろ!

口先だけで現場を混乱させる役職者って大勢います。
「OKY」は、それら対する現場の反発の隠語です。
2019/04/14(日) 10:36 | URL | takechiyo1949 #VCU7f5e.[ 編集]
天皇家150年の戦い・・・江崎道朗著読みました。
 私は57歳で会社を早期退職して田舎に帰省しました。それから親戚が経営する保育園で事務手伝いしていました。一通り事務改善をした後は時間をもてあましネットブログを見るようになりました。
 そこには学校で学んだこととは違うことが沢山掲載されていました。本当かな?と思いながら関連図書を購入したりして色々調べると、特に戦後の日本が歴史の事実とはまったく正反対に近いことを勉強され続けてきている事実にぶち当たりました。
 ロシアのオトポール駅から2万人のユダヤ人を救った樋口喜一郎少将のこと、それを許した上司の東条英機関東軍参謀長、これら人権団体からノーベル賞に推薦されても良い方が戦争犯罪者として絞首刑に処せられている現実(中将はユダヤ人から除外されたが)。
 従軍慰安婦・南京事件等の隣国のプロパガンダの黒幕にアメリカの存在があること。寺子屋で学んだ江戸幕末の武士が明治維新を興し、日清・日露戦争に勝利したこと。明治以降の西洋の個人主義を学んだ明治生まれが大東亜戦争を興しアメリカに負けたこと等々。
 天照大神から5代目の神武天皇が柏原に都を設営してから2679年、平成から令和を継がれる皇太子さまは126代目の天皇になられます。日本各地にはすべての天皇のお墓があり写真集も今年発刊されました。
 これからがタイトルの話です。明治以降特に昭和天皇、今上天皇が議会や政府の似非歴史認識に対して如何に奮戦を迫られたかの記事です。平素我々が皇室のお姿からは垣間見ることのできない壮絶な戦いの歴史が紹介されています。正に感謝・感激・感動しかありませんでした。
 私は日本人が歴史の事実を知れば堂々と国旗を掲揚できると思います。私の卒業した小学校では戦後校歌を変更されました。歌詞の中に神社の名前が入っていたからです。日本の強さの根源が天照大神にあることをアメリカは知っていたのです。 
 サイレント・マジョリテイが自分の信念を国旗掲揚とか実行に移せる時代がくれば日本を取り戻したことになるのだと思います。しかし公職追放の代わりに潜入してきたやからが日本の中枢にはびこっており今後多難が待っていると思います。皇室が必死に守ってこられた日本の国体を我々が行動で示さねばならない時だと本を読んで感化された次第です。
2019/04/14(日) 10:35 | URL | 日本を愛する日本人から一言・・・ #bvoP3EXo[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク