アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


散文です

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

ピラミッド


一九世紀末から今世紀初頭にかけて「ナイルの詩人」とうたわれた人がいます。
名前を、ハーフェズ・イブラヒームといいます。
アラブの国民的大詩人です。

以下にご紹介する詩は、アラブ諸国の多くの知識人の間で暗唱されるくらい記憶されていた詩です。
いまでもエジプトやレバノン等の教科書に使われ、ラジオなどで朗読されることもあるそうです。

題名は「日本の乙女」といいます。

~~~~~~~~~~~
砲火飛び散る戦いの最中にて
傷つきし兵士たちを看護せんと

うら若き日本の乙女 立ち働けり
牝鹿にも似て美しき汝なれ

危うきかな!
戦の庭に死の影満てるを

われは日本の乙女
銃もて戦う能わずも
身を挺して傷病兵に尽くすはわが務め

ミカドは祖国の勝利のため
死をさえ教え賜りき

ミカドによりて祖国は大国となり
西の国々も目をみはりたり

わが民こぞりて力を合わせ
世界の雄国たらんと力尽くすなり
~~~~~~~~~~~~

レバノンの教科書に載った詩「日本の乙女」
日本の乙女


明治のはじめ、日本の兵隊さんたちは、軍艦に乗ってインド洋からアラブ、アフリカをまわり、ヨーロッパにまで、出かけて行きました。

当時の船旅は、たびたび補給のために途中の港に立ち寄ったのだけれど、港町というのは、世界中の船乗りたちが集まるところです。
板子一枚下は地獄の底。荒くれ男も多かった。

あまり語られないことだけれど、そんな港町に日本人が上陸して夜の街に繰り出すと、たいていの酒場で、大男の白人さんが、大酒を飲んでいる。

絶対的な人種差別がまかり通った時代です。
酒場の女性たちに対するひどい嫌がらせなんて日常茶飯事だった。

白人のひげもじゃの大男が、大酒を飲んで、店の女の子に絡んでいる。
そんなところに、明治初期の名もない日本の軍人さんが数名で、お酒を一杯飲みにやってきます。

あまりの理不尽な姿に、日本人の水兵さんが、白人の大男軍団に、「やめろ!」と制止にはいります。

方や、毛むくじゃらで平均身長1m90cmくらい、丸太のような腕をした筋骨隆々の大男たちです。

日本人の水兵さんたちはというと、当時の日本人の平均身長が五尺といいますから、1m50cmくらい。

体格差は、大人と小学生の子供くらいの違いがあります。

制止にはいった日本人の水兵を見て、白人の水兵たちは、鼻でせせらわらいます。
でも、日本人の水兵さんたちは、制止をやめない。

「ヘイ、ジャップ、ウルサイ!」とばかり、白人の水兵たちが、日本の水兵さんに殴りかかります。

ところが、その大男のパンチがまるで当たらない。
紙一重で、ひょいひょいと避けられてしまう。

それもそのはずです。

当時の日本の水兵の多くは、元、士族です。
剣術の修行を積んでいる。

剣道で、防具や竹刀を使うようになったのは、近代にはいってからのことです。

江戸時代の剣術の町道場では、まず、防具や竹刀なんてものは使わなかった。
練習で使うのは、木刀です。

これを互いに力いっぱい、打ち合う。
木刀を振り下ろすだけじゃなく、突きもします。
防具を付けていないのど元に、木刀を思いっきり突きだす。

一発でも当たったらさいご、骨折します。大怪我します。

相手の木刀を、木刀で払うというのは、認められません。
なぜかというと、真剣で相手の刀を払ったら、自分の刀が折れてしまう。

だから受け太刀も禁止です。

では、相手の打ち込みを、どうするかというと、これを最小限の「体さばき」で紙一重でかわします。

思いっきり木刀を打ち込む。それを紙一重でかわす。かわしながら相手を打つ。

剣術道場の稽古は、毎日その繰り返しです。

パンチよりも何倍も速いスピードの木剣の切っ先を交わす修練を、小さな子供時代から継続して積んでいたです。
そうした士族たちが、明治後、水兵となって世界の海に出てゆきます。

港でのケンカで、日本の水兵さんたちは、大男のパンチをことごとくかわしてしまいます。
なにせ人間のパンチの何倍ものスピードの木刀の切っ先ですら、ひょいと交わす訓練を積んでいるのです。
人間のパンチでは、まず当たらない。

いまでも剣道の有段者が相手だと、パンチが当たりません。
腹が立つくらいかわされる(笑)

そして、小柄な日本人の姿がふと見えなくなったと思ったら、大男の体が宙を舞って、床にドスンと叩きつけられます。
柔術の投げ技です。

柔術は、小柄な者が、相手の力を利用して大男でも倒してしまう技です。

最近は、もっぱら空手ブームだけれど、パンチやキックというものは、体重の差と体格の差が、本人の技量や訓練以上にモノをいうというところがあります。

体重の重い人は、パンチもキックも、重い。
20~30kg以上の体重差があると、小柄な方は、一撃を受けただけで飛ばされてしまいます。

だからボクシングなどは、体重別に試合をする。
体重差があったら、試合にならないのです。

ところが、剣道や古来の柔道には、体重別の概念はありません。
小兵でも、大男を倒せる。
それが柔道や剣道の特徴でもあった。

そんなこんなで、世界の港町で、日本人といえば、正義感が強くて、ケンカに強い!とおそれられたし、地元の人たちから、ものすごく尊敬された。

日本人は、親切でおとなしく、統制がとれ、いつも笑顔で威張らず、女性に乱暴したりしない。

世界の港町で、日本人のこうした伝説は、昭和40年代くらいまでは、たしかに残っていて、日本の貨物船が南米やアラブ、アフリカなどの港に着くと、とにかく日本人だというだけで、女性にモテモテだったとか。

「アナタ、ニホンジンカ? ソレナラコンヤハ 無料(タダ)でモOK。ワタシ、ニホンジントテモスキ」

まー、無料というのは、滅多になかったけれど、それでもTシャツ1枚で、一晩中お世話になった話とか、そういう日本人の信用(?)が、明治の昔の日本の水兵さんたちによって築かれていたという話を、昔、船長として世界の海をまわっていた先輩から、よく聞かされたものです。

その先輩は・・・いまはもう他界されましたが・・・「昔の日本人は偉かった。おかげで俺たちの時代まで日本人というだけで尊敬され、信用されていたよ」とおっしゃっいたのを思い出します。


孫文といえば、支那の清朝末から中華民国初期の政治家・革命家で、辛亥革命を指揮し、初代中華民国臨時大総統に就任して「中国革命の父」と呼ばれる人です。

孫文の号は孫中山で、いまでも支那では、孫文は、孫中山の名前で知られています。

現在、支那や台湾にある「中山大学」、「国立中山大学」、「中山公園」、「中山路」など「中山」がつく路名や地名は孫文の号に由来して付けられた名前です。

なぜ、孫文が「中山」と号したかというと、実は孫文が軍閥の袁世凱に敗れて日本に亡命した際、近くに、「中山」という邸宅があり、その字を気に入って、孫中山と号すようになったのだそうです。
近くにあったという中山家は、明治天皇の母の生家にあたる華族です。

その孫文が、まだ若い頃のことです。
ロンドンでの留学を終えた若き孫文が、帰国の途中スエズ運河を通過するためポ-トサイドで下船した。

そのとき、駆け寄ってきた現地のエジプト人が、

「君は日本人か? たったいま、バルチック艦隊を全滅させた日本の勝利を知ったのだ。共に喜でほしい」と聞かされたといいます。(1924年の来日時の神戸講演)

日本は、日露戦争で、当時、世界の誰もが「絶対に勝てるはずがない」と思われていた白人の大国に対し、堂々と勝負を挑み、勝利しました。

このことは、当時、英国の植民地となっていたエジプトの人々の心に、大きな灯をともしたのです。

日露戦争は、明治38(1905)年に終結していますが、当時、エジプト人のムスタファー・カーミルは、「昇る太陽」という本を刊行し、次のように書いています。

~~~~~~~~~~
墓場から甦って大砲と爆弾の音を響かせ、陸に海に軍隊を動かし、政治上の要求を掲げ、自らも世界も不敗と信じていた国を打ち破り

人々の心を呆然自失させて、ほとんど信じ難いまでの勝利を収め

生きとしいけるものに衝撃を与えることとなったこの民族とは一体何者なのか。

かの偉大な人物(ミカド)とは何者なのか。

いかにして歳月は彼の呼び声に応え、全世界を照らし出す昇る太陽を、目のあたりにすることになったのか。

今やだれもが驚きと讃嘆の念をもって、この民族についての問いかけを口にしているので説明する。
~~~~~~~~~~

カーミルは「眠れる者を目覚めさせ、若い世代を導くために日本の発展を教えよう」として、この本を出版したといいます。

こうした感動は、エジプトだけにとどまらず、他のアラブ諸国にも波及します。

イランでは、ホセイン・アリー・タージェル・シーラーズイーは「ミカド・ナーメ(天皇の書)」に次のように書いています。

~~~~~~~~~
東方から太陽が昇ってくる。

眠っていた人間は誰もがその場から跳ね起きる。

文明の夜明けが日本から拡がったとき、この昇る太陽で全世界が明るく照らし出される
~~~~~~~~~

イラクでは、詩人のアルーフ・アツ=ルサーフイーが「対馬沖海戦」を翻訳します。

レバノンでは詩人アミール・ナースィル・アッ=ディーンが、「日本人とその恋人」を書いた。

そしてまたエジプトでは、アフマド・ファドリーが桜井忠温(さくらい ただよし)の「肉弾」を明治42(1909)年に翻訳出版します。
この本は、アラビア語に翻訳された最初の日本の本です。

桜井忠温は、明治12年生まれで、昭和40年に亡くなった方ですが、小隊長として日露戦争に従軍し、第1回旅順(現在の中国の遼寧省)総攻撃の際に、機関銃で全身蜂の巣にされ、死体と間違われて火葬される寸前に息を吹きかえしたという伝説を持つ人です。

著作の「肉弾」は、入院中の病院で執筆した著作で、乃木希典の題字で明治39(1906)に初版本が出されました。

この本は、悲惨きわまりない戦場の極限状態の中で、部下や親友の安否を気づかい、日本の家族を思いやる兵士達を描いた感動作です。
近代戦記文学の先駆けとされ、日本国内で大ベストセラーとなりました。

そしてなんと、イギリス・アメリカ・フランス・ドイツ・イタリア・ノルウェー・スウェーデン・スペイン・支那・ロシア・ギリシャなど合計15カ国語に翻訳され出版され、それぞれの国でベストセラーになっています。世界的大ヒット作です。

ちなみに、チャップリンが昭和7年に来日した際、彼は神戸港に到着し、その足で京都や大阪によらずに、東京に直行し、二重橋で皇居に一礼しています。
この一礼のアドバイスをしたのも、桜井忠温です。


日露戦争の勝利は、さらに大正10(1921)年になると過熱し、この年の3月には、アラビア、インド、エジプト、トルコのイスラム教徒がメッカで開かれたイスラム教徒代表者会議で、日本を盟主と仰ぐことを決議しています。これ、実話です。

またトルコでは、日本の日露戦争による勝利が、トルコ近代化を推進を呼び掛ける青年運動となり、ケマル・アタチュルクのトルコ革命に連なっていきます。

ケマル・アタチュルクは、いまなおトルコ民族の英雄です。
彼の銅像が、トルコ駐日大使から日本のトルコ村に寄贈されたけれど、新潟県柏崎市の反日系市長の会田洋が野ざらしで放置。
日本の国辱的姿を晒していた
けれど、昨年、ネットの皆さまの善意が通じて、ようやく和歌山県に移設されました。ありがとうございます。


米国では、デュボイスら黒人解放の運動家たちが、

~~~~~~~~~~~
巨大な地球のホコリを、欲望の固まりのロシアを投げ飛ばせ。
行け、行け、黄色い小さな男たち。ロシアを征服せよ。
巨大な地球のホコリを、欲望の固まりのロシアを投げ飛ばせ!
~~~~~~~~~~~

などと、日本を激励する詩を全米の教会を通じて拡散し、人権要求運動を大発展させています。

イスラムやアメリカだけではありません。

ロシアの圧制に苦しむフィンランドやポーランドは、東洋の小国、日本だってこれだけ頑張ったんだ。俺たちにできないはずはない、と、独立への夢を膨らませ、民族解放闘争を激化させました。

そのロシアでは、レーニンが「旅順の降伏はヅァーリズム(皇帝主義)の降伏の序幕である。
専制は弱められた。革命の始まりである」と宣言している。

そして旅順陥落の直後に、首都のサンクトペテルブルクで「血の日曜日」事件が起こり、これがロシア革命の引き金となって、ソビエト社会主義国が誕生しています。

日露戦争は世界に大きな影響を与えました。

なんでもそうなのだけれど、突然降ってわいたような事柄に、世界が急に飛びつくなんてことは、そうそうあるものではありません。
やはりなんでも、事前になんらかの下地となるものが必ずある。

つまり、日露の戦闘以前から、港町で小柄ながら大男の白人と喧嘩して勝ってしまう事件などを通じて、日本人は、強くて、まじめで、とても紳士だという伝説が蓄積され、そういうところに、国家として、大国ロシアをやっつけたというニュースが流れるから、世界が「ああ、あいつらなら、きっとやるだろうな」と納得する。

小さな事柄が次々と積もってゆき、あるときひとつの事件をきっかけとして、それが大きな転換へとつながる。なんだか歴史というのはそういうものなのではないかと思います。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
関連記事

コメント
日中歴史共同研究なんか有り得ない!です。

中国側が妥協することは無いと思うので、そうなると日本側が譲歩しなければ、話は平行線のまま進みようがありませんからね。

それに何でわざわざ日本が、相手の嘘に付き合わなければならないのか・・・、全くもって意味不明ですよ。


彼らはこれから、どうするつもりなんでしょうかね?

いったい何がしたいのやら・・・。

こんなもん無駄、意味がないよ。
2010/02/02(火) 04:37 | URL | #-[ 編集]
No title
明日も読みます!
2010/02/02(火) 00:48 | URL | #-[ 編集]
良かったです♪
ケマル・アタチュルクが和歌山県に移設されることになったのですか。良かったです!
私もネットで運動しているときに、参加しましたので・・・。

トルコって、ロシアに色々と被害を被っていたので、日露戦争で、日本が勝利した時に、戦勝祝いをやったと聞きました。
2010/02/01(月) 23:47 | URL | scarlett #zwRScLrQ[ 編集]
No title
2月21日に長崎県知事選挙があります。
外国人地方参政権を推進する民主党の候補者が当選したら恐ろしいです。
何とかならないものでしょうか?
2010/02/01(月) 23:29 | URL | 長崎県民 #9DD8ZWDM[ 編集]
No title
勝谷はトータルで
1000万ぐらい金受け取ってる


webサイト制作・運営費  1,050,750円 H18.3.24 (株)世論社
コンサルティング料    874,999円 H18.3.24 (株)世論社
HPリニューアル・管理費 2,625,000円 H18.6.12 (株)世論社
サーバー使用量料     168,600円 H18.8.25 (株)世論社
HPプロジェクトマネージャー料   1,575,000円 H18.8.25 (株)世論社
webサイト制作・運営費  378,000円 H18.9.25 (株)世論社
HPプロジェクトマネージャー料   1,575,000円 H18.10.25(株)世論社

(株)世論社 取締役→『勝谷誠彦(吉本興業)』

講演料 50万×2回=100万円

http://nagamochi.info/src/up59149.jpg
2010/02/01(月) 21:25 | URL | #-[ 編集]
No title
これは酷い
■週刊朝日の小沢無罪キャンペーン■ 2010 2/5号 見出し一覧

■p19
『暴走検察』
『検察は小沢氏を狙い撃ちにしてるだけ』@郷原信郎
■p18
『狙いは小沢の議員辞職。議会制民主主義の危機だ』
『これは捜査ではなく特高検察だ』@魚住昭
■p22
『本誌にリークされた検察情報』
■p24
『検察の卑劣』@上杉隆+本誌取材班
■p26
『支援者脅し虚偽の自白に追い込む検察の手口』
■p27
『検事総長を証人喚問せよ』@三井環
■p30
さらに検察を全面否定の印象捜査のため足利事件をトッピング
『足利事件担当検事の謝罪拒否と記憶喪失』
■p41
『小沢問題 検察大騒ぎするも 大山鳴動して鼠一匹』@田原総一朗コラム
■p43
『狙われたら社会的抹殺 不透明な検察の一罰』@ホリエモンコラム
■p49
『雲の上の闘争』『裏金の証拠は何も無い』
『見えざる力の汚いなにか』@室井祐月コラム
2010/02/01(月) 21:22 | URL | #-[ 編集]
No title
第二の椿事件か!?勝谷など評論家達 小沢から金貰って擁護していた
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1265019162/

http://img.2ch.net/ico/folder1_12.gif
●小沢一郎政経研究会
ttp://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/090930/000013294.pdf
講演謝礼 525,000円 H20.4.23 (株)オーケープロダクション
(取締役 小倉智昭 所属タレント 小倉智昭 諸星裕 室井佑月)
ttp://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/000025218.pdf
講師謝礼 300,000円 H19.4.19 高野孟
講演謝礼 300,000円 H19.9.10 二木啓孝
講演謝礼 500,000円 H19.12.25 勝谷誠彦
ttp://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/000021534.pdf
講師謝礼 300,000円 H18.4.11 末延吉正
講演謝礼 500,000円 H18.7.14 森田実
講演謝礼 500,000円 H18.12.6 倉田真由美

●改革国民会議
ttp://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/090930/000013300.pdf
講師料 500,000円 H20.7.11 山口二郎
講師料 500,000円 H20.7.12 寺島実郎
ttp://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/000025226.pdf
講師料 500,000円 H19.2.1 株式会社 森田総合研究所
講師料 500,000円 H19.2.3 嶌 信彦
講師料 500,000円 H19.8.20 有限会社 大谷昭宏事務所
ttp://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/000021543.pdf
講師料 500,000円 H18.2.12 末延吉正
講師料 500,000円 H18.7.16 勝谷誠彦

画像
http://nagamochi.info/src/up59149.jpg
2010/02/01(月) 21:21 | URL | #-[ 編集]
中国華僑の日本侵略に気づいてください

 民潭、朝鮮総聯、科協、教育機関、金融機関、報道機関、商工会等の「在日コミュニティ」は全国規模のネットワークです。彼らが帰化しないのは在日コミュニティの解体に繋がるからです。反日教育、反日工作の拠点を失い、様々な利権や特権を失うからです。差別を根拠とする税優遇措置、通名特権、生活保護優先支給、公団無抽選入居、南北朝鮮籍の異動などの利権、特権を失うからです。さらに、「帰化しても心は半島」のどうしようもない連中です。帰化を促進しても偽装帰化の問題があります。民主党や社民党を見れば明らかです。
 ところが、同様にして日本に定住する中国人が築いた「華僑コミュニティ」も全国規模のネットワークを展開していることはあまり知られていません。民潭、朝鮮総聯、科協のような特殊な組織こそありませんが、華僑は国際的な準マフィアで、その多くが蛇頭をかねているか深く係わりを持っています。
 中国華僑はこれまで、世界中の国々に大移動してチャイナタウンを形成してきましたが、日本だけが横浜中華街などの一部の繁華街を除き、その侵略から逃れてきました。しかし、自公連立政権の政策のおかげで侵略を許してしまいました。現在、日本の大学にいる華僑教授は2000人に迫る勢いです。いいですか、準マフィアの華僑が日本の大学で教鞭をとっているのです。華僑の日本移動は留まるところを知りません。
 また現在、中国人留学生は東大に約700人、早稲田大学に約1200人います。大験は恐らく免除されています。しかも、渡航費、帰国費、授業料、奨学金、寮費、生活費は全て日本の税金で賄っています。日本政府は信じられない事をやっているのです。日本の税金で敵国スパイ・工作員を無償で教育しているのです。

※特亜留学生優遇政策については、「中国人留学生優遇政策」などでネット検索すれば見つかると思います。本文の優遇政策についての記述には誤りがあるかもしれません。
2010/02/01(月) 20:38 | URL | 真正保守 #-[ 編集]
雑感
 感情が細やかで自他別本能の弱い日本人(稲作文化の島国)、何処にでもベタベタとくっ付く日本人であるとの自覚が必要。
「偽善」と言う言葉の意味がわからない人が多い。
 永遠の存続を願う「国家」国民としては「兵役」の義務。さらには、2009年12月10日北京市内の人民大会堂で、共産党一党独裁の胡錦涛中国国家主席との会談において「私は人民解放軍の野戦軍司令官として頑張っている」と述べた小沢一郎は、外患誘致罪(刑法第81条)にて極刑に処すべし。証拠は外国人参政権法案他、「国家」・「家族」解体法案等多数。
 支那の在留邦人は「人質」となる可能性をも覚悟し、製造担当者は粗悪品を世界中にばら撒かないよう検品を徹底させてください。
 南京大虐殺での犠牲者の死体はどのように処理されたと支那は説明しているのでしょうか。例え、五千体であっても人目に付かぬよう作業するのは至難の技と思われますが。ここで反論を手控えると、我々の子々孫々が復讐の対象となりかねません。
 国会中継に写しだされるニヤニヤした閣僚、議員の顔に、国家運営の重責を担うとの緊張感が感じられず、暗澹たる想いの毎日です。
2010/02/01(月) 19:34 | URL | pantera rosa #-[ 編集]
剣道を救った“今武蔵”
“今武蔵”“最後の剣豪”と謳われた“鹿島流第18代師範、国井善弥”のエピソードが痛快です。

「現代剣道」を「竹刀遊戯」と罵倒し、剣道界から異端児扱いされ続けた国井氏だか、彼こそが「現代剣道」を救った。

戦後、GHQは剣道を「特効精神の表れ」と見て、制止措置を布いた。剣道界は措置を解く為にはGHQに日本武道への理解を促すしかないと考えた。

米国側は銃剣道のエキスパート。しかも、剣は真剣。日本側は木刀。

それに加え、勝つだけでなく、傷つけず、圧倒的な実力差を見せるという条件付き…。

そこで選ばれたのが、「国井善弥」

剣道界ですら、その実力を認めるしかなかった。

結果は国井氏の圧倒的な勝利。剣道復活に貢献した。
2010/02/01(月) 19:08 | URL | 以蔵 #-[ 編集]
No title
>日本人は、みんな剣道をするべきであると思います。
剣道2段以上でないと、選挙権が取れないとか。

たけるくん、賛成!

こういう話を子供に聞かせるべきです。
この話チラシにします。俄然やる気が出てきた。
2010/02/01(月) 18:35 | URL | ke-go #HfMzn2gY[ 編集]
No title
昔の日本人が立派過ぎて、自分の心は迷い子のようです。
でも、清くあるには強くならなければいけないし、
強くなるには清くあることが賢明だと言う事も良く解ります。
何時も、読ませていただいてます。 今日も良い話をありがとうございました。
2010/02/01(月) 17:22 | URL | #-[ 編集]
No title
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10447753660.html

【草莽崛起】 2.2 「頑張れ日本!全国行動委員会」
結成大会 &日本解体阻止!外国人地方参政権阻止!全国総決起集会   
 http://www.ch-sakura.jp/topix/1360.html
 三橋貴明氏、参加いたします。

自民党から参議院選挙に立候補している関係上、
産まれて初めて「来賓」扱いです。
長丁場(約6時間)ではございますが、頑張らせて頂きます。

日本を守るために行動しています。
告知、お願いいたします
2010/02/01(月) 13:48 | URL | 応援団 #ncVW9ZjY[ 編集]
たけるくんの意見に賛成
↑面白い意見ですね。今の日本人にはこのくらいの荒療治が必要です。
2010/02/01(月) 13:06 | URL | mi #-[ 編集]
No title
昔、十三の居酒屋で飲んだ帰りに、チンピラに金を出せといきなり殴りかかられたことがありますが、一発も殴られず、金も取られず済んだことがあります。その時初めて、剣道をしていて良かったと思いました。

日本人は、みんな剣道をするべきであると思います。
剣道2段以上でないと、選挙権が取れないとか。
2010/02/01(月) 11:38 | URL | たけるくん #nL6A2.tM[ 編集]
No title
合気道の前身である古武術の達人はピストルの弾をよけられたと言います。これはほんとうの話です。
若いころ、こういった話が大好きでよくいろんな本を読みました。
当時のアメリカ人が興味を持って、そういった人をアメリカに招待した時、実演したことがあったとか、読んだことがあります。

また、合気道の達人になると人間業とは思えない力を発揮するのは有名です。これらは"気″と呼ばれるものが人間から発せられるためだと言います。
2010/02/01(月) 10:41 | URL | 杜若 #JalddpaA[ 編集]
No title
確かに日本人は劣化したけどその原因って現象的には敗戦・米国崇拝なんでしょうね。
今の若い人は日本の心も失っているけど、米国に劣等感もないと思います。車もほしがらないし、物欲はある意味充たされている。精神的に何かを求めている若者にはねずきちさんのお話はすごく良い栄養になると思います。
私も小学校の時に知りたかったと思うお話が。
今の日本人とちがう、昔の日本人の話を、このブログの中から選んで本にすれば良い反響があるかもしれません。
心の腐った左翼からは懐古・国粋主義といわれるかもしれませんが、それも良いでしょう。
2010/02/01(月) 10:38 | URL | あん #.evZveS2[ 編集]
学校で教えるべき
小学生時代にこの様な話をしてやると、その子は生涯忘れないで居るものです。
是非教えて欲しいものです、軍人の話は良く先生がしてくれました、責任感が軍人には強い事が判り、自分も責任感の強い人間に成りたいと考える。
現在の日本の疲弊は「日教組」の教育下に文部科学省が膝を屈した事が原因、社会全体が「教育」でめちゃめちゃにされた。これが改善されない限り日本の再生は無っkしい時に最悪の内閣が誕生、早く潰さないと日本は中国の属国に成り下がるでしょう。
日中歴史共同研究とは名ばかり、中国100年の悲惨な歴史を隠すための煙幕張りに日本は加担した様なものです。
2010/02/01(月) 10:23 | URL | #kU3g/2a6[ 編集]
No title
生活の知恵となってくれれば幸い。
見たくなければ見なくていい、
無理強いはしない。
今の低賃金の生活になんらかのプラスになると思う。

http://blog.livedoor.jp/byezows/archives/50940152.html
http://www.infocart.jp/t/17775/byezow/
2010/02/01(月) 09:39 | URL | 梅 #Xa0.Kibk[ 編集]
No title
立派すぎるご先祖様たち、、、同感です。本当にすごい、、、日本の学校で、また剣術を体育で教えるべきですね敏捷さけんかだけじゃない、いろんなことに役に立ちます。

日本の男子を見ていて思うのは、もちろん全員じゃありませんが、、、とろい事をだらしの無いことを平気だと考える人がいる、ということです。

女性の前でも平気でだらしなく座ったり、、、欧米の男子は特にエリート意識のある階級の人は、背筋を伸ばし、姿勢よく、たとえ調子が悪くても我慢してます。そういう人が多いです。

そういう良い意味でのやせ我慢が出来ない、、、昔の日本人は出来ていたはず。映画とかではそんな気丈なかっこいい日本人がいっぱい登場している。
もっと鍛えるべきです。
2010/02/01(月) 09:04 | URL | ? #cjNia0dU[ 編集]
大転換へ
>小さな事柄が次々と積もってゆき、あるときひとつの事件をきっかけとして、それが大きな転換へとつながる。

小さな事柄を積み重ねましょう。
あるとき、それがいつになるか分かりませんが、きっと
大転換があります。そこに希望を託して。
2010/02/01(月) 08:10 | URL | まつ星 #dtvZeFjQ[ 編集]
日中歴史共同研究の愚(続)

【正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現】
『南京虐殺犠牲者数で隔たり・支那側が30万人と主張、日本…』
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/?mode=m&no=3728

 この件については、上記ブログが逸早く反駁しているようです。おかしな日本。反日左翼の貶めに対抗しない日本人。歴史捏造に怒りを忘れたかの日本人。喜怒哀楽の“怒”を“ど忘れ”したかの我が国の民。
 他国侵略にはその国のマイノリティが利用されていることはよく知られています。中東やアフリカにおけるCIAの工作がよい見本です。これは特亜とて例外ではありません。「マイノリティとは何か」については議論の余地があるかと思いますが、“彼ら”の多くは違法に渡航した不法滞在者です。また、“部●解●同●”とは何者でしょうか。多くは大陸から渡来した「侵略者=匪賊」の末裔ではないでしょうか(本当のところは私には分かりません)。彼らは「広義のマイノリティ」ではないでしょうか。非国民と言ってよいほど歴史を捏造し、世論を惑わせ攪乱し、テロや犯罪を欲しいままにしています。また、彼らだけで暴力団の9割を占めると言われています。
 差別だ、人権侵害だ、強制連行だ、虐殺された被害者だ、侵略戦争だのと謂われ続けて何年経過したでしょうか。それが事実なら謝りましょう。しかし、仮に事実だとしても一体いつまで謝罪すれば気が済むのでしょうか。本当は謝罪などどうでもよくて、“ゆすり”“たかり”が目的ではありませんか。そして国際的な評判を下げて軍事、外交面で日本が台頭するのを阻止するのが目的ではありませんか。

※日本の周辺国に対する戦後処理は完了しています。日本人の皆さんもいい加減に気づいて欲しいものです。
2010/02/01(月) 07:03 | URL | 真正保守 #-[ 編集]
日中歴史共同研究の愚

 ('10年)2月1日付産経新聞トップ記事及びそれに関連する「主張」、2、3、5面記事は必読です。他紙は読んでいませんが、恐らく全国紙の中では一番まともな記事と思われます。
 唖然として内容について触れる気にもなれません。
 ブログ主宰者様には是非とも関連エントリーをアップ願いたく、よろしくご検討ください。
2010/02/01(月) 06:26 | URL | 真正保守 #-[ 編集]
No title
ここにあるエピソードの日本人が立派すぎて現在の日本人のご先祖様とは思えません。我々は先人に比べ体格こそ立派になりましたが著しく劣化してしまいました。体力はもちろん精神においても当時のご先祖さまはおろか大男の白人にも引けを取るでしょう。何しろ自国のために身を捨てるなどとはつゆほど考えずもっぱら己のよくのために国の誇りさえ捨てる人が多くなってしまいました。国民を代表する首相をはじめ国会議員が率先して国を否定しているのですからこの国は!
2010/02/01(月) 01:51 | URL | 日本人 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク