アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


昭和の巌流島決戦・・・国井善弥

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

国井善弥
国井善弥


実は、戦後の一時期、GHQによって柔道や剣道、弓道などが全面的に禁止されたことがあったのです。
日本精神を形づくるものだから、という趣旨です。

どういう政策かというと「3R,5D,3S」というものです。

「3R」=Revenge, Reform, Revive
「5D」=Disarmament, Demilitalization, Decentralization, Democracy, Deindustrialization.
「3S」=Sports, Sex, Screen

つまり、

「3R」=復讐(Revenge)の念をもって日本を改造(Reform)し、日本を米国の属国として復活(Revive)させる。

「5D」=武装解除(Disarmament)させ、以後武装させず(Demilitalization)、財閥を解体させ(Decentralization)、民主化を促進し(Democracy)、非工業化(Deindustrialization)を促進する。

そして民衆の抵抗を削ぐため、
「3S」=スポーツ(Sports)を奨励し、セックスを解放してみだらな風潮を促進し、映画(Screen)を振興する。

要するにしっかり者の日本を解体し、スポーツ観戦に熱狂し、セックスに耽って、テレビばかりみていて親子の対話のない日本にしちまえ!という、政策ですから無茶な話です。

武道は、英語では Martial Arts です。
当然GHQの武装解除項目に当てはまる。だから、終戦から3カ月目には廃止命令が出されています。

ちょっと脱線しますが、ちなみに「非工業化」については、朝鮮戦争の勃発で、物資の補給のために日本の工業力の再生が必要となったため軌道修正されました。

でも当時の日本の輸出用工業製品には、いまのような Made in Japan の刻印はありません。
代わりに Made in Occupied Japan(占領された日本製)と刻印されていました。
日本は徹底的に辱められたのです。

実際、終戦の年の昭和20(1945)年11月6日には、GHQは学校の剣道を禁止しし、翌年には、社会体育の剣道も禁止し、剣道関係者1300余名も公職追放されてしまいます。

町道場ですら、剣道を教えているとGHQにひっぱられる。
ひとりでこっそり稽古していても、GHQに見つかると、逮捕されます。

いくら No. No !! It is not military training , but it is Japanese culture !! などと言っても受け付けてもらえません。

やむをえず剣道界は、防具をフェンシングの防具そっくりに改良(?)し、竹刀も竹を細く細かく割ったものを用いて、フェンシングルールに、面、胴、小手を加えて、しない競技(撓協議)というスポーツを考案します。

竹刀も、いまのような竹を縦に4つに割ったものではありません。
8つに割った。
するとどうなるかというと、当たってもぜんぜん痛くない。
そのかわり、竹刀がすぐにバラバラになってしまうので、剣の部分に柔らかい白い布を巻きました。

試合では、打ち込みの鋭さなどはいっさい問題にしません。
制限時間内に、小手や面に、竹刀が何回当たったかの回数で、勝負が決まる。
ほんとに、苦肉の生き残り策だったのです。

しかも練習や試合で、打ちこみに声を出すことは禁止です。
声を出すのは、日本兵の突撃をイメージするからなのだそうです。
だから終始、無言で稽古した。
これもまたムゴイ話です。


そんな中で、なんとかして剣道を復活させようとしてGHQと交渉を重ねた国会議員がいました。笹森順造です。

笹森順造は、青森県弘前藩士の出のキリスト教徒で、青学の学長も勤めた人です。
戦後の片山内閣では、復員庁総裁、賠償庁長官などを歴任し、ソ連抑留者の早期返還に努力しています。

そして自身、小野派一刀流剣術宗家の剣の使い手です。


彼は、幾度となくGHQに掛け合いました。
なんとしても剣道の復活を期そうとしたのです。


「剣道は、相手に怪我をさせるとか殺 すための武道ではない。一瞬にして相手に最小限のダメージを与え、しかも自分が悪かったと悟らせる。それが、剣道なのです」
と笹森は主張します。

「そんなことはない。武道は闘いに勝つためのものだ。 Martial Arts(軍事武道)だ。危険なものだ。」とGHQは反論します。

「それは違う! 断じて違う」

では、なにが違うのか、証明して見せろ!ということになります。

単に勝つだけではない。相手を懲らしめ、悔い改めさせるものだ。神の教えにも通じるそんなことが現実にできるのか証明してみせろ、というわけです。

相手には、米海兵隊にいる、めちゃくちゃ強い銃剣術の先生が選ばれました。
かつてその先生に、誰も勝てた者はいない。
その者と、実際に日本の剣道家を戦わせ、いかにして悔い改めさせようと言うのか、実践してみせろ、となったのです。

ただし条件があります。

米海兵隊の教官は、本物の剣を用いた銃剣を使います。
もちろん対戦相手の日本人は、殺して構わない。

日本側は、上にご紹介した竹刀競技用の柔らかな竹にやさしく布を巻いたものを使う。
防具は着けさせない。

「それでも良いか?」というGHQに、笹森は、もちろんOKだと答えます。

日本側が負けたら、もはや剣道復活の見込みはありません。
試合は、日本武道の誇りと名誉がかかった一戦です。
絶対に勝たなければならない。

相手の米海兵隊銃剣術教官は、銃、銃剣、徒手での格闘のすべてに通じた、海兵隊最強の男です。ガタイも大きい。喧嘩でも試合でも、これまで負けたことは一度もない。

当然、対戦する日本側も、剣術だけでなく、徒手でも強いことが求められます。

この勝負、受けて立つに、誰かいるか・・・

真剣になって考えた笹森の頭の中に、ひとりの武道家が浮かびます。
國井善弥です。

國井善弥は、鹿島神流(かしましんりゅう)の使い手です。

鹿島神流とは、茨城県鹿嶋市にある鹿島神社に古くから伝わる「鹿島の太刀」を元とした古武術流派で、剣術と柔術を中心に、抜刀術、薙刀術、棒術、杖術、槍術、手裏剣術を扱います。
防御と攻撃は常に同時に行なわれ、剣は振りかぶらず一挙動に打つ。

國井善弥は、その宗家18代目の実戦の大家です。

これまでに、たくさんの腕に覚えのある武道家から他流試合を求められ、一度たりとも負けたことがない。
武器を持たない柔道家や空手家、鎖鎌、大薙刀、棒術等の達人から、相手が望む通りの条件で試合を受け、全部勝っている。
世間は、その圧倒的な実力から「今武蔵」(昭和の宮本武蔵という意味)という異名と呼んでいた。

笹森は、國井善弥に、GHQ海兵隊教官との試合を依頼します。
負ければ、國井はその場で命を失います。
そして日本武道も、完全に破壊される。

これはたいへんな仕事です。
しかし、依頼を受けた國井は、二つ返事でこの試合を請けます。


いよいよ試合当日がやってきます。
國井が試合場にやってきます。
なんの緊張感もありません。
まるっきり普段通りです。
衣服は、白の練習着。

米国の教官が、本物の銃剣を手にします。
國井が、やわらかな竹刀を手にします。

そして二人は、中央に歩み出た。

相手の海兵隊教官は、大柄です。
手にしている銃剣も、通常のものより長くて大きい。

試合場は緊張に包まれます。

二人は、約3mの間合いをとって、相対します。

國井が、礼をして、竹刀を中段に構えようとした、そのとき、米教官は、銃剣を國井ののど元に向かって鋭く突きだしてきた。

國井は、半歩さがってこの攻撃をかわした。

米教官は、そのまま突進を続けながら、銃剣を回転させて、國井の即頭部めがけて銃底を打ちつけようとします。

普通ならこれはかわせない。
カタイ銃底での即頭部殴打です。
当たれば即死です。

その瞬間、國井が半歩前進して銃底をかわしながら、米教官の後頭部にやわらかく竹刀を当て、そのまま教官の突進する力を利用して、教官を床に倒します。

教官が四つん這いになって床に手をつきます。

國井は、そのまま教官の後頭部を、竹刀で押さえる。

四つん這いになって、上から頭を体の内側に押さえつけられると、人間は身動きができません。

「勝負あった!」


すべてが一瞬の出来事です。

米教官は、素直に負けを認めます。

國井は、いっさい相手と剣先を合わすことなく、敵を見事に制しました。

圧倒的な実力差です。

そして、剣道は、相手に怪我をさせたり殺害したりするものでなく、相手を制するものであるということも、立派に証明して見せたのです。

しかも國井は、相手と一太刀も合わせていない。

國井善弥の戦いの再現


この事実は、米軍の間に、衝撃とともに伝えられます。

そして米軍の間に、「日本剣道は、失うにはあまりにももったいない」という機運をもたらします。

そしてそのことが、後年、日本武道の復活となって、いまの剣道の存続につながります。


ちなみに國井善弥は、道場に入門したての頃、先生からよく
「ナニを持って来い、ナニもついでに」と指示されたそうです。

「ナニ」と言われても、それが何かはわかりません。
しかしこれは「相手の思っているところを察知する心眼獲得のための修業」だったのだそうです。

先生の指示は、次第に「ナニをナニして、ナニをナニナニ」と、まさに暗号のようなものになっていったそうですが、國井は、かなりの確率で師の意思を掴むことができるようになったといいます。

そしてこの修業が、立会いで相手の動きを事前に読みきる能力に活かされたといいます。

この試合でも、國井は、相手の銃剣の先生の動きを事前に読んで、体の動きを捌き、相手を制しています。
こういう動きは、長年の鍛錬の賜物です。


國井善弥のこの試合は、宮本武蔵と佐々木小次郎の巌流島の戦いになぞらえて、昭和の巌流島と呼ばれました。
これも、忘れてはならない日本の歴史のヒトコマだと思います。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

國井善弥、鹿島神流


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
関連記事

コメント
どこかスポーツ化しつつある現在の武道。
今の武道に足りないのは、「心・技・体」に基づいた「歴史」を伝えていくことかもしれませんね。
武士道の中核たる「義、勇、仁、礼、誠、名誉、忠義」について歴史を交えながら説きつつ、尚且つ武道の歴史に対しても礼節を尽くすような師に自分も巡り会えていたなら、本当の意味での「剣道」に触れられたのかな、と拝読して思いました。
「道」における師の存在は計り知れない程代え難い。
2010/11/15(月) 22:01 | URL | #-[ 編集]
No title
感動しました。

昔の日本人ってホントに凄かったんですね。

それに比べて今の日本人(自分も含め)の頼りなさって・・・

小さい頃にこういうお話しが聞けていればもっと違う人生だったかもしれないと真面目に思いました。
2010/11/02(火) 07:22 | URL | 翔 #-[ 編集]
No title
ドキュメンタリー 武道家 木村政彦

1/8 http://www.nicovideo.jp/watch/sm9379039
2010/02/25(木) 14:12 | URL | 日本男児 #-[ 編集]
No title
素晴らしいエントリー有難うございます。私はこの事実を今この瞬間まで全く知りませんでした。ねずきちさんの筆致は生き生きとしていて、まるでそこに自分がいるかのような気にさせられます。画像まであったとは!

最近、中国韓国の海外での存在感の高まりに不安を覚えておりますが、こういう自分も武道を習って日本人としての精神を鍛えねばならないかもしれませんね。

応援クリック!
2010/02/07(日) 01:41 | URL | おれんじ #-[ 編集]
いつも素晴らしい記事をありがとうございます。
『強さを秘めてこそ武士道が成り立つ』
と、最近しみじみ思います。(勿論、クーデターのような暴力の類とは全く次元が異なる、本当の強さの事です)
それでこそ日本人は、他国の人たちから尊敬を受けたのですね。
ねずきちさんの記事に掲載されている日本の歴史は、殆どが目からウロコです。
日々、記事の拝読を続ける中で、日教組教育がいかに酷いものかを身を持って感じています。
2010/02/07(日) 00:43 | URL | キムチ嫌い #-[ 編集]
スポーツより『武道』を習わせるべき!


日本人は野球が大好きで、今はサッカーに夢中ですね。ですが私も昔から、何故、学校でスポーツと同じように、柔道や剣道や空手や合気道等の『武道』を教えないのか?いつも疑問に思っていました。

自費で武道を習っている友達が結構周りにいたのですが、彼らを見ていると、スポーツをしている人達よりも、ずっと落ち着きがあり、精神的にも肉体的にもとても強いです。

よく世間を騒がしている、大学のスポーツクラブの男子生徒達の“強姦事件”を思うと、スポーツというのは、ただ単に、身体を鍛えるだけで、勝負の勝ち負けだけを競うだけのように思います。

でも『武道』は、身体を鍛え上げられるだけでなく、スポーツなんかよりも、はるかに“自制心”というものを鍛えあがられるように思います。

だから、『武道』をされている男性が、『強姦をした』なんて話は、私自身は聞いた事が無いですね。

ま、シナ人や朝鮮人は、武道をしているしていないにかかわらず、常に『強姦事件』というモノが存在するようですが…。

貴乃花が、『相撲道』を日本の学校の必須科目に組み入れて欲しいとおっしゃっていますが、そうなればどんなに、素晴らしくなる事か。

それを機に、剣道・合気道・柔道・空手という、日本の『武道』を必須科目に取り入れて、日本の子供達の『身体と精神を磨きあげて』行って欲しいですね。

現在、変な政権(民主党)のお陰で、日本の治安は崩壊してきています。警察も自衛隊も両手を縛られたような状態では、特亜人らの悪辣な暴力から、国民を守りきれないでしょう。

みな日本人は、自分で自分を守らなければならい状況になってきています。

そして、日本の子供達もいつか海外に留学し、生活をすることもあるでしょう、その時には、もっと危険な中で暮らさなければならない時が来るかもしれない。

そんな状況に遭遇しても、決して動じないように、心身ともに鍛え上げて、自分や自分の家族を守れるように、“強い大人”に育って欲しいと思いますね。それには、『武道』が不可欠のように思います。




2010/02/06(土) 21:49 | URL | 椿 #-[ 編集]
No title
子供には、 武道を習わせよう
2010/02/06(土) 18:52 | URL | 柔道 #-[ 編集]
「2.17守るぞ日本!教育再生国民集会IN山梨」
「2.17守るぞ日本!教育再生国民集会IN山梨」  
日時 平成22年2月17日(水)午後6時開場 午後6時30分から9時まで  
会場 甲府市総合市民会館 芸術ホール(甲府市青沼)  
講演 安倍晋三・元内閣総理大臣  
演説 国会議員、地方議員、有識者など多数登壇予定

置きビラの作成はこちらをクリックして【印刷】して下さい。
【置きビラの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi
【置きビラ・タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
2010/02/06(土) 18:38 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
武道こそ世界の宝
 近代剣道は、日本刀の斬撃力を前提にしない術理に特化した「競技」になってしまったため、試合を見てもさっぱり勝敗が分からなくなっていますが、日本武道の真髄を継承していることを疑う人はいないでしょう。
 西洋はローマ帝国の時代には、既に闘奴で殺し合いをさせる斬殺ショーとなり、古代ギリシャの奉納試合の精神を喪失しています。

 武道を習得する最大の効能は、ともすれば観念論、理想論に陥りがちな若者に、実践を通じて理想と現実、失敗と成長を識らしめることにあるでしょう。
 武道の習得は肉体言語の習得であり、己の考えるように相手を従わせることの困難さと、己の肉体を意のままに操る困難さを学ぶ最高のカリキュラムです。

 「武」を軽んじてきた国は、重要な局面で大言壮語した挙句に最悪の選択を採り続けてきました。
 尚武の国で無ければスポーツマンシップも兼愛の思想も、場合によっては近代文明の継承すら困難と考えます。
2010/02/06(土) 11:17 | URL | ジャギ様 #-[ 編集]
No title
<<田村耕太郎参院議員、民主党入りへ>> 昨年、自民離党 社民党なしで参院過半数確保へ

民主党の小沢一郎幹事長は5日、党本部で昨年12月に自民党を離党した田村耕太郎参院議員と会談し、民主党入りを要請した。田村氏は回答を保留したが、会談後記者団に「非常に魅力的に感じた」と述べ、民主党入りする方向となった。民主党入りすれば、国民新党などと統一会派を組む民主党は、参院でも社民党抜きに過半数(議長を除き121議席)を確保でき、連立政権の在り方に影響しそうだ。

民主党の参院勢力は、会派離脱中の江田五月議長を除き114人。統一会派では120議席を持つが,過半数に1議席足りない。田村氏が会派入りすれば、参院で5議席を持つ社民党の協力が無くても過半数を確保でき、連立政権内の社民党の位置づけに影響が出る。米軍普天間飛行場の移設問題では、社民党が「連立離脱」の可能性を示唆して沖縄県外、国外移設を主張しており、この問題にも影響しそうだ。

田村氏が民主入りすれば政権交代後、初めて自民から入る議員となる。田村氏は今夏の参院選に無所属で鳥取選挙区から立候補する意向を示していたが、同選挙区では民主新人が出馬を表明している。小沢氏は会談後「調整したいと呼び掛けた」と明かしており、田村氏の比例代表からの出馬を想定しているとみられる。

http://news.livedoor.com/article/detail/4590500/
2010/02/06(土) 10:33 | URL | #-[ 編集]
No title
将棋を救った男、升田幸三 - GHQとのやりとり

「升田幸三著・名人に香車を引いた男」より

G 「われわれのたしなむチェスと違って、日本の将棋は、取った相手の駒を自分の兵隊として使用する。これは捕虜の虐待であり、人道に反するものではないか」

升 「冗談をいわれては困る。チェスで取った駒をつかわんのこそ、捕虜の虐殺である。そこへ行くと日本の将棋は、捕虜を虐待も虐殺もしない。つねに全部の駒が生きておる。これは能力を尊重し、それぞれに働き場所を与えようという思想である。しかも、敵から味方に移ってきても、金は金、飛車なら飛車と、元の官位のままで仕事をさせる。これこそ本当の民主主義ではないか」
「あなた方はしきりに民主主義を振り回すけれど、チェスなんてなんだ。王様が危なくなると、女王を盾にしても逃げようとするじゃないか。古来から日本の武将は、落城にあたっては女や子供を間道から逃がし、しかるのちにいさぎよく切腹したもんだ。民主主義、民主主義と、バカの一つ覚えみたいに唱えるより、日本の将棋をよく勉強して、政治に活用したらどうだ。」

G「よくわかった。沈黙は金とかで、日本人は口が重い。戦犯たちにいろいろ聞いても、すっきりした返事をしてくれない。だが貴公は実によくしゃべる。珍しい日本人である」

帰りしなに、ウィスキーを持って行けという。大風呂敷をひろげた男が、ヘイありがとうともらっては、コケンにかかわる。のどから手が出るほど欲しかったが、いりませんと断った。

詳しくは
マーク・ダーシーの日記
http://markdarcy.exblog.jp/2592828/
2010/02/06(土) 09:57 | URL | 升田幸三 #-[ 編集]
No title
カッコイイ、、、の一言です


以前、、、剣道の達人がアメリカにわたりフェンシングを始め、すごい勢いで上達。
その後、アメリカのオリンピックフェンシング代表のコーチにまでなった日本人がいる、、、と聞きました。


ドイツでは、小さな村でも剣道を習う子供がいて驚いたことがありました。日本は習う子供が、、、どうでしょう。減っているのではないでしょうか。

剣道の素晴らしさを知らない、経済的理由、、いろいろな理由があるのだと思いますが、、幼少の頃から、出来るだけ多くの日本人が習えるようにしたら、、、素晴らしいですね。
2010/02/06(土) 09:50 | URL | ? #/WmAVJZg[ 編集]
勝海舟
青空文庫で見かけた勝の随筆です
黙々静観
勝海舟

 一個人の百年は、ちやうど国家の一年位に当るものだ。それ故に、個人の短い了見を以て、余り国家の事を急ぎ立てるのはよくないよ。徳川幕府でも、もうとても駄目だと諦めてから、まだ十年も続いたではないか。
 時に古今の差なく、国に東西の別はない、観じ来れば、人間は始終同じ事を繰り返して居るばかりだ。生麦、東禅寺、御殿山。これ等の事件は、皆維新前の蛮風だと云ふけれども、明治の代になつても、矢張り、湖南事件や、馬関騒動や、京城事変があつたではないか。今から古を見るのは、古から今を見るのと少しも変りはないサ。
 此頃元勲とか何とか、自分でもえらがる人達に、かういふ歌を詠んで遣つたよ。

時ぞとて咲きいでそめしかへり咲
      咲くと見しまにはやも散なん

あれ等に分るか知らん、自分で豪傑がるのは、実に見られないよ、おれ等はもう年が寄つた。

たをやめの玉手さしかへ一夜ねん
      夢の中なる夢を見んとて

 政治家も、理窟ばかり云ふやうになつては、いけない、徳川家康公は、理窟はいはなかつたが、それでも三百年続いたよ。それに、今の内閣は、僅か卅年の間に幾度代つたやら。
 全体、今の大臣等は、維新の風雨に養成せられたなどと大きな事をいふけれども、実際剣光砲火の下を潜つて、死生の間に出入して、心胆を練り上げた人は少ない、だから一国の危機に処して惑はず、外交の難局に当つて恐れないといふほどの大人物がないのだ。先輩の尻馬に乗つて、そして先輩も及ばないほどの富貴栄華を極めて、独りで天狗になるとは恐れ入つた次第だ。先輩が命がけで成就した仕事を譲り受けて、やれ伯爵だとか、侯爵だとかいふ様な事では仕方がない。
 世間の人には、もすこし大胆であつて貰ひたいものだ。政治家とか、何んとかいつても、実際骨のあるものは幾らもありはしない。大きく見積つても六百位のものサ。然るに、今の大臣などは、この六百人ばかりを相手にわい/\騒いで居るではないか。この弱虫のおれでさえ、昔は三百諸侯を相手に、角力を取つたこともある位だのにナ。
 政治をするには、学問や智識は、二番めで、至誠奉公の精神が、一番肝腎だ。と云ふことは、屡話す通りであるが、旧幕時代でも、田沼といふ人は、世間では彼是いふけれども、矢張り人物サ。兎に角政治の方針が一定して居つたよ。この時分について、面白い話があるが、この頃、聖堂がひどく壊れて居たから、林大学頭から修理の事を申し出たが、その書面の中に、「文宣公の廟云々」といふことがあつた。すると右筆等は集まつて、文宣公とは、どんな神様であらうかと色々評議をしたけれども、時の智者を集めた右筆仲間で、文宣公を知つて居るものがなかつた。そこで、文宣公とは何処の神だ、と附箋をして書面を返却した。大学頭は直ぐに文宣公とは、唐土の仲尼の事だといつてやつたけれども、それでもまだ分らない。そこで大学頭もたまらず、仲尼とは、子曰はくの孔夫子の事だといつた。それで右筆もやうやく合点が行たといふことだ。
 この話は旧平戸藩で明君と聞えた静山公が、儒者を集めて、種々の話をさせて、それを筆記した『甲子夜話』といふ随筆で見たが、なか/\面白い。全体その時分の真面目は正史よりも、却つてこんな飾り気のない随筆などで分るものだ。
 この話は、実に面白いではないか、右筆といえば、今の秘書官だが、宰相の片腕ともなるべきこの右筆が、孔子の名さえ知らないといえば、その人の学問も大抵は知れる。之に較べると、今の秘書官などは、外国の語も二つや三つは読めるし、やれ法律とか、やれ経済とか、何一つとして知らないものはない。然るに、不思議のことは、孔子の名さえ知らない右筆を使つた時の政治より、万能膏の秘書官を使ふ時の政治が、格別優つても居ないといふ事だ。畢竟これも政治の根本たる、至誠奉公といふ精神の関係だらうよ。
2010/02/06(土) 01:17 | URL | kidsguitar #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

抜刀術が普通に刀振るより速いみたいな風潮ファックだね 刀抜いて一瞬で鞘に戻すってのも無理でしょ

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/09/28(金) 19:04:21.88 ID:B1HQfwiB0 ?2BP(1000)「日本刀を喉に…」大沢樹生と喜多嶋舞の長男、2人からの虐待を告白2005年に離婚し
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓大好評予約受付中↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク