アクセスランキング

敷嶌のやまと心の道とへば朝日にてらす山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


日本人という生き方・・・ウガンダの高校生を変えた日本の躾

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

ウガンダの野球チーム
ウガンダの野球チーム


国際派日本人養成講座からの転載です。
非常に素晴らしいお話なので、拡散のため転載させていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~
───────────────────
「日本人という生き方」(上)
~ ウガンダの高校生を変えた日本の躾~
───────────────────

「時を守り、場を清め、礼を正す」の躾で、彼らは野球に真剣に打ち込むようになった。


──────────────
1.生徒に夢を持たせるには
──────────────

札幌の中学校教師だった小田島裕一さんが、青年海外協力隊の一員としてアフリカのウガンダ共和国セントノアセカンダリー高校に赴任したのは、平成19(2007)年9月のことだった。

「野球を通じた国際貢献」を志したのは10年も前のことだった。
教師生活も5年経ち、無気力な生徒たちを見て、

「何か生徒に夢を持たせ、それに向かわせたい」と思っていた。


平成8(1996)年、元近鉄バッファローズの野茂英雄投手がメジャーリーグで大活躍した。当時は日本人がメジャーで活躍するのは「絶対に無理」だと考えられていた。

野茂投手は日本での実績をすべて捨て、その「常識」に挑戦して、成功したのだった。

小田島さんは、野茂投手の夢に挑戦する姿勢を見て、生徒に夢を語らせる前に、自分が夢を持ち、挑戦しなければならないと思った。
そこで中学生時代にやっていた野球を通じて国際貢献する、という夢を描いたのである。


──────────────
2.「熱い思いが伝わった」
──────────────

夢は山と同じで、遠くから見るときは美しいが、実際に登り始めた途端に多くの困難にぶつかる。
青年海外協力隊の選考試験に何度挑戦しても、合格できない。

ある面接官からは
「あなたみたいな『ただ行きたいだけの人』が行くと、相手の国が迷惑なのだ」とまで言われた。

6回目の不合格通知が送られてきた時は、
「叶わない夢だってある」と諦めかけた。

しかし、それから1週間後、南北海道代表の駒澤大学付属苫小牧高校が夏の全国優勝を果たして、心が熱くなった。
雪や寒さのために練習環境では圧倒的に不利な北海道の高校が日本一になった。
再び、夢に灯が点った。

翌年、7回目の選考も落ちた。

今までは「なぜ自分のやる気を評価してくれないのか」と相手を責めていたが、今回
は「自分が相手の国の人々に喜んで貰えるような一流の野球指導者になることを目指そう」と考えた。

そして一流の指導者、一流の学校を訪ねて、自分を磨き続けた。


8回目、自分の思いを手紙に綴り、2年間の活動計画を添えた。
「合格」を電話で伝えてきた面接官は、
「小田島さんの手紙に感動しました」と言ってくれた。
熱い思いが伝わった瞬間だった。
10年かかった夢がようやく実現しようとしていた。


──────────────
3.「君たちは野球の前にすべきことがある」
──────────────

赴任したセントノアセカンダリー高校は、中高一貫、男女共学の私立校で、富裕層の子弟が通っている。


案内してくれた先生は、野球部には素晴らしい選手が揃っている、と言っていたが、実際にグラウンドに行って見ると、選手は5人。
上半身裸で練習している生徒やら、ガールフレンドに膝枕され耳掃除をして貰っているもの、練習中に立ち小便をしたり、鬼ごっこをする者。
誰一人としてまじめにやっているようには見えなかった。

部室に案内して貰うと、まるで「ゴミ箱」。
書類や段ボール箱が積み上げられ、グローブやバットが床に置き捨てられていた。


5人の選手に目標を尋ねると、
「ウガンダ・チャンピオンになりたい」と答える。
「コーチのいる2年間でウガンダ・チャンピオンになれますか?」と聞いてきたので、小田島さんが「なれる」と答えると、彼らは喜んで笑顔になった。

聞けば、現チャンピオンであるチャンボゴ高校には、今年1対30で負けたという。


小田島さんは、一言付け加えた。
「ウガンダ・チャンピオンになるために、君たちは野球の前にすべきことがある」。


──────────────
4.「いいこと言いますね。コーチは天才です」
──────────────

翌日のミーティングで、第一回ワールドベースボールクラシックで、日本チームの優勝シーンをDVDで見せた。

選手の瞳は輝き、背筋が伸びた。

「私は、日本の野球をモデルにして君たちを指導したい。いいか?」
「はい、コーチ」

日本の野球が世界一なのは、その目的が人間を育てることにあるからだ。
私は日本のやり方で、君たちをジェントルマンにしたい。
ジェントルマンとは
「自分のためだけでなく、人のためにも喜んで動ける人」のことである。
野球はあくまでも選手一人ひとりをジェントルマンに育てるための手段である。

その考えを小田島さんは書き出して、部屋に貼った。

__________
【セントノア野球部 理念】
 ジェントルマンになるために

1.私たちは、すべてのものに感謝します。
2.私たちは、礼儀正しく謙虚です。
3.私たちは、日々向上します。
  ・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「この理念でいいか?」と選手たちに尋ねると、
「いいこと言いますね。コーチは天才です」。

小田島さんは、お世辞の混じった答えに安心したが、現実はそんなに甘いものではな
いことを、すぐに思い知らされることになる。


──────────────
5.「自分さえ良ければ」という考え方
──────────────

ウガンダで暮らし始めて、小田島さんはその生活習慣に驚かされた。
まず、時間の概念があまりない。

学校の教室には時計がなく、生徒も腕時計を持っていない。
学校で唯一、校長室にある時計も2年前から壊れていた。
時計がなくとも困らないほど、みな時間にルーズなのだ。

整理・整頓・清掃の習慣もない。

ゴミはその場でポイ捨て。

一日の授業が終わっても、生徒が掃除をする習慣がない。

だから教室にゴミが落ちていても、汚いままであっても、そのまま下校し、翌日はそのまま授業に入る。

礼儀作法にしても、こちらが挨拶しても、無視するか、横柄な態度で応対する。
話を聞いている時も肘をつき、集中せず、あらぬ方を見ている。

練習中、ボールを拾ってやっても、
「ありがとう」の一言もない。

これらの根底にあるのは「自分さえ良ければ」という考え方だと、小田島さんは思った。

時間を守れない人は、待たせる相手のことを考えていないからである。
後片付けや掃除がきちんとできないのは、次に使う人のことを考えていないか
らだ。
礼儀がしっかりしていないのは、相手に対する敬意が足りないからである。


教育哲学者の森信三が提唱した教育再建の三大原理、
「時を守り、場を清め、礼を正す」という「躾」から始めなければならない、と小田島さんは考えた。

この3つを守れたら、どんな荒れた学校も良くなるという。


──────────────
6.「こいつら馬鹿じゃないか?」
──────────────

そこで始めたのが、早朝の読書と清掃だった。生徒たちは毎朝4時半に学校の教室に集合。
6時まで教室で読書し、その後、校内の清掃を行って、7時からの授業開始に備える。

生徒たちは校内の寮に住んでいるから良いが、小田島さんの住居はバスで15分くらいの所にある。毎朝3時半に起床し、4時から、いつ来るか分からないバスを待つ。

選手たちのお手本になるためには、遅刻は絶対に許されなかった。

しかし、選手たちは雨が降れば、平気でサボった。
ウガンダでは雨が降ると仕事は休みになるのである。

掃除中でも眠くなれば、寮に帰ってしまう。
そんな選手達に怒り、怒鳴る日々が続いた。

「こいつら馬鹿じゃないか?」
「本当に意志の弱い奴らだ」

いつしか、小田島さんは学校に行くのが憂鬱になった。
ウガンダ・ジェントルマンを育てることなど、できないのかもしれない、と弱気になり始めた。


──────────────
7.まず自分が本物の日本人になる
──────────────

毎週月曜日は、練習を休みにして部屋の掃除と道具の手入れをさせていた。
そんな月曜日、選手の一人ジミーが掃除中に、

「コーチ、洗剤がほしいのですが」と言ってきた。

「何のために使う」
「ボールをきれいにするためです」
「ボールを?」
「もっときれいになると思います」

軟式ボールを洗剤で洗うという発想は、小田島さんにはなかった。
茶色のボールが洗剤で真っ白になった瞬間、彼らの顔に笑顔が溢れた。

今まで、サボる選手、続かない選手に怒りをぶつけていたが、そんな中にもコーチを信じて、コツコツと努力している選手がいることに、初めて気づいた。

この子たちをジェントルマンにし、成功させてあげたい。
心の底からそう思った。

彼らの進歩に一喜一憂していた自分には、どこか焦りがあった。

選手たちが自分の期待通り動いてくれないのは、自分の側に
「時を守り、場を清め、礼を正す」ことの大切さを、本当の意味で理解していなかったからではないのか。

改めて思えば、日本での自分も、遅刻をしたり、掃除を選手に任せたりしていた。自分自身が習慣になっていないものを、彼らに要求していたのだ。

彼らのミスを責める前に、まず自分が本物の日本人になることを決意した。


選手の行動はコントロールできないが、自分の行動は自分でコントロールできる。うまくいかない原因を選手の側に問題ではなく、自分自身の問題としてとらえるようになってから、不思議なことに選手たちは想像以上に速く成長していった。


──────────────
8.選手の心のコップを上向きにしなければ
──────────────

朝の清掃と読書を始めた当初、選手たちからは
「ウガンダ・チャンピオンになるために、もっと技術練習をしたらどうですか」と言われた。

たしかに、野球コーチが練習より、遅刻や掃除、挨拶をうるさく言っているのは、彼らには理解できなかったろう。

しかし、時間は守れない、練習はさぼる、人の話は集中して聞けない、という状況は、コップが下を向いているようなもので、いくらコーチが技術指導した所で、水はコップに入らない。

まずは、選手の心のコップを上向きにしなければならない。
そのために必要なのが、

「時を守り、場を清め、礼を正す」

であった。

これが自然とできていくうちに、心のコップが上を向いてくる。
こうなって初めて技術練習の意味が出てくる。

その成果は、やがて試合の結果にもつながっていった。

チャンピオン・チームであったチャンボゴ高校とは、最初の試合は1対19で敗れた。

その1カ月後には、4対14となった。

指導してから3カ月後には2対3となり、6カ月後には9対10とほぼ互角の戦いができるまでになった。

技術練習の時間は1時間のまま変わらなかったが、練習の密度があがっていったのだ。

選手も結果が出始めると、小田島さんのやり方を信頼するようになっていった。


──────────────
9.「こいつら、なんでこんなに一生懸命なんだ」
──────────────

朝読書、朝清掃を始めて6カ月。

チームとして1時間半、教室で一言もしゃべらず、背筋を伸ばして学習する選手たち。

朝の読書には「座禅」のような効果がある。

読書で集中力を高め、朝の校内清掃に入る。

掃除も、始めた頃は「四角い部屋を丸く掃く」という有様だったが、小田島さんがお手本を示し、掃除の回数が200回を超えたあたりから、彼らの掃除は小田島さんよりも丁寧になっていった。

仁愛保育園の石橋冨知子園長は言う。

__________
単にゴミを拾うことが掃除本来の目的ではありません。

塵が有るのか無いのかを、かがんで、四隅を見て、十本の指を使って一つ一つ確認し、理解していくのです。

一生懸命掃除をすることで、隅々を見る人間、いろいろなことに気づく人間が育ちます。

掃除を心がければ人間が傲慢になりません。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

選手たちも掃除をすることで、「気づく人間」に成長していった。

仲間の表情や態度から、その気持ちを察することができるようになっていった。

ある日、小田島さんは私用で外出し、夕方の練習に遅れて参加した。

いつもと違い、道路から直接グランドに入る小田島さんの姿に、選手たちは気がつかない。

大きな声が響き渡るグラウンド。
一人ひとりの真剣な目。
力一杯、走る姿。

小学生も練習に参加していた。
彼らも高校生選手を真似て、一生懸命である。

「コーチがいないのに、こんなに真剣にやっている」

思わず涙が溢れた。
涙が止まらなかった。
嬉しかった。

「こいつら、なんでこんなに一生懸命なんだ」

一生懸命の姿は美しい。
こんな光景が見られるとは思ってもいなかった。


日本の躾を身につけたウガンダの高校生たちは、「母国を良くしたい」と志すようになった。

──────────────
■10.ウガンダのために働いている日本人
──────────────

「ウガンダの父」と呼ばれている日本人がいる。
現地で45年以上もシャツ製造会社を経営している柏田雄一さんである。

ある日、小田島さんは選手たちを連れて、柏田さんの工場を訪問した。

柏田さんはウガンダの歴史、環境保護、そして工場内で実践している躾の大切さを語った。

話の終わりに柏田さんは

「私は、もう引退して老後をゆっくり日本で暮らすこともできるのに、なぜここにいると思う?」と選手たちに尋ねた。

誰も答えることができなかった。

その答えは「ウガンダを愛しているから」であった。

その言葉を聞いたとき、選手たちの背筋がピンと伸びたように思えた。

この人はお金のためでなく、ウガンダのために働いている日本人なんだ、ということを肌で感じたようだ。

その効果は翌朝の掃除から出ていた。

前日の移動の疲れがあるので、今朝の掃除は無理かなと思っていたら、10分前
に全員が揃った。

放課後の練習も、今までにないピンと張り詰めた雰囲気となった。

選手の心が変わったのだ。


──────────────
11.日本人以上に日本人らしく
──────────────

早朝の読書と清掃、そして夕方の練習を続けて半年ほどすると、選手たちの真摯な姿勢、他人へのやわらかい物腰、何かを学ぼうという真剣なまなざしは、日本人以上に日本人らしくなっていた。

「時を守り、場を清め、礼を正す」

だけで、これほどまでに効果が上がるとは思っていなかった。
日本の教育現場は混迷の真っ只中にあるが、この選手たちの成長の姿を見せたら、
忘れかけている日本の躾の素晴らしさを再認識して貰えるだろう、と小田島さんは考えた。

そこで、ウガンダでの様子をDVDに収め、日本でお世話になった人々に送った。

その様子に感動した日本の人々との間で、ウガンダ・チームを日本に呼ぼうという企画が持ち上がった。

日本での有志が「ウガンダ国際交流実行委員会」を立ち上げ、募金活動を始めた。

選手たちには折りにふれ、日本での支援者の様子を伝えた。

__________
彼らは、仕事があるのに、家族でもない、親戚でもない私たちのために動いている。

彼らは、人のために動くことができる、本物のレディーであり、ジェントルマンだ。

その恩に報いるためにも、私たちは、ジェントルマンになって日本に行かなければならない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

選手たちはますます真剣になっていった。

集合時間の1時間前の朝3時半に来て、自発的に読書や授業の準備をする選手も増えてきた。

掃除も、小田島さんが「そこまでやるか」と思うほど徹底してやってくれるようになった。


──────────────
12.「試合中に5回ほど涙が出そうになった」
──────────────

平成20(2008)年1月24日、セントノア高校野球部選手、校長、そして小田島さんの総勢15名が関西国際空港に降り立った。

折から北海道は大雪で、札幌行きの便が飛び立てるか心配だったが、一行を乗せた便だけが欠航とならずに、新千歳空港に到着した。

選手たち、支援者たちの思いを天が応援してくれたように小田島さんは感じて、涙がこぼれた。

初日は登別の温泉に入る。

母国では、たらい一杯の水で体も頭も洗う彼らは、お湯がなみなみと張られている湯船にびっくりした。

選手たちは体を洗い終えると、使った桶を片付け、腰掛をまっすぐに並べた。

物を使ったら、次の人のためにきれいに片付けるという事が、当たり前のようにできるウガンダ青年たちの姿に、今度は周囲の日本人客が驚いていた。


札幌ドームでは北海道日本ハムファイターズ中学生選抜チームと親善試合を行った。

屋根つきの体育館すらほとんど見たことの無いウガンダ選手たちにとって、屋根つきのドーム球場はまるでSFの世界のように見えただろう。

実力ははるかに上の相手で、大差で負けてもおかしくなかったが、奇跡が起こった。0対0の引き分けだった。

投手のべナードが、何かが乗り移ったのかと思うほど、冷静で粘り強い投球を見せた。

守備での相互のカバーリング、声の掛け合い。
チームの一体感は、相手を上回っていた。

技術の差を「心」でカバーする、まさに日本野球をウガンダ選手たちは見せた。

試合終了後、2千人以上入ったスタンドからウガンダ・チームに大声援が送られた。

夏の甲子園で優勝した駒澤大学苫小牧高校野球部の香田元監督は、試合の様子を次のように語った。

__________
ウガンダ人の野球に対する姿勢が本当に勉強になった。

試合中に5回ほど涙が出そうになった。

子供の頃、初めてボールを握った感覚や、楽しくボールを追っかけていた過去が蘇
りました。

言葉ではうまく表現できないけれども、日本野球に失われたものを彼らは持っている。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


──────────────
13.「ウガンダを良くしたい」
──────────────

日本への旅は、選手たちを一段と成長させた。

「正しいことを積み重ね、良い人間になれば、誰かが必ず応援してくれる」ということを、経験から学んだのだ。

帰国後20名近くの部員が新たに入部したが、先輩部員たちは、毎朝4時半に彼らを起こし、時間通りに清掃を始めた。

後輩部員も、夢を叶えた先輩を尊敬し、積極的に真似ようとした。
その結果、先輩たちが6ヶ月かかったことを、後輩たちは1ヶ月でできるようになった。

さらに先輩部員たちは、自分たちの経験を多くの人に伝えようと、校内で集会を開いては、「時を守り、場を清め、礼を正す」の大切さを一般生徒にも説いた。
地域の小学校を訪問しては、日本の躾の素晴らしさと、「夢は実現する」ということを語った。

「ウガンダを良くしたい」
「自分たちの生き様をウガンダに広げたい」
「ウガンダのリーダーになる」

そういう志を選手たちは持つようになったのである。


──────────────
14.「どうしたらよいでしょうか?」
──────────────

そんなある日、キャプテンのアーロンが小田島さんの所に相談に来た。
家庭の都合で学校をやめなければならないという。

アーロンはチームリーダーとして、陰日なた無く働いてくれていた。
彼の夢は、大学に進学し、アフリカの国々を鉄道でつないで、友好の架け橋になる、という事だった。

__________
実は、私は母子家庭です。
お父さんの顔は見たことがありません。
お母さんも働けません。
だから、祖母の遺産で高校に進学することができました。
ただ、その遺産が底をついたようです。
だから学校をやめ、働くことになります。
野球もやめなければなりません。
どうしたらよいでしょうか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

と言うアーロンに、小田島さんは返す言葉を失った。


──────────────
15.「私は、親にもウガンダという国にも感謝しています」
──────────────

アーロンは本当によくやっている。

朝の4時半から学習し、掃除をする日々。

「私の高校時代と比べると天と地ほどの開きがある。
私は、彼らのような努力もせずに大学卒業まで野球を続けることができた」と思った小田島さんは、アーロンを慰めるつもりでこう言った。

__________
もし、君が日本に生まれていたら、絶対成功している。
君ほど頑張っている若者はいないのだから。

ウガンダに生まれたばかりに、かわいそうに。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ところが、彼から意外な返事が返ってきた。

__________
コーチ、違います。
私は運の強い人間だと思います。
ウガンダでは多くの人は高校に行けません。
祖母がお金を残してくれたおかげで、私は高校に通うことができました。
そして、親が許可をしてくれたので野球をすることができました。
そしてコーチに出会い、多くの日本の方々に応援していただき、日本に行くことができました。
こんなウガンダ人、アフリカ人はいません。
ここウガンダに生まれたからこそ、実現できたことだと思います。
私は、親にもウガンダという国にも感謝しています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

アーロンの言葉に、小田島さんはショックを受けた。

「高校に通えて当たり前」
「野球ができて当たり前」だと信じていた自分の考えを恥ずかしく思った。

世界の8割の途上国の人々にとっては、それは当たり前のことではなかったのだ。

__________
コーチ。私はウガンダのリーダーになりたい、そのために成功する必要がある。
そして日本人の伝統習慣を多くのウガンダ人に伝えたい。

そうすれば、ウガンダが発展すると思います。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

彼の「どうしたらよいのでしょうか」という質問は、この志を遂げるために、今後、どうしたらよいか、という相談だったのだ。

アーロンは小田島さんと話し合って、農業を志すことに決めた。
肥沃な土地と豊富な水に恵まれたウガンダは、農業に大きな可能性を秘めている。彼の目標は、農業で成功するということに変わった。


──────────────
16.「どうして日本がそんなに豊かになったのか」
──────────────

ウガンダから見れば、高校進学率が95%近くに達し、半数以上の若者が大学に行ける日本は、別世界のように豊かな国である。

小田島さんはセントノアセカンダリー高校の先生から、こんな質問を受けたことがある。

__________
日本は先の大戦で原爆を2つも落とされ、敗戦した。
国がひどい状況になったにもかかわらず、60年たった今、世界で有数の豊かな国になっている。
ウガンダは独立してから50年以上経つが、まだこのような貧乏な国である。
あと10年したら日本のような国になれるのか?

そして、どうして日本がそんなに豊かになったのか教えてほしい。
それがわかれば、ウガンダの発展のヒントになると思う。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

小田島さんは、この質問に答えることができなかった。
日本人でありながら、そのようなことを考えたことはなかった。

この質問への答えを見つけるべく、日本のことを調べていく中で、
「焼き場に立つ少年」という写真に出会った。アメリカ人の報道写真家が戦争直後の日本を撮った1枚で、10歳ほどの少年が死んだ赤ん坊をおぶって、直立不動の姿勢で焼き場の順番を待っている姿である。

__________
悲しみに打ちひしがれながらも、涙一つ見せずに、強い意志を持って自分の責任を果たそうとする少年の姿に、この時代の日本人の精神性の高さを知った。

指先を伸ばし、あごを引いて、直立姿勢を保つ少年の姿に、この頃の家庭及び学校での躾教育の素晴らしさを見た。
わずか10歳でも、このような凛々しさを持っている。彼に理想の日本人の姿を見た。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-782.html

今の豊かな日本は、こういう強い精神力に根ざした先人のたゆまぬ努力の賜物である、と小田島さんは知った。

そして、そういう人物を作る教育こそ、小田島さんがウガンダで目指したものだったのである。


──────────────
17.「精神のリレー」
──────────────

朝5時からの読書、6時前からの校内清掃は野球部員にとって、当たり前になりつつある。
しかし、一般生徒や教員は、ゴミ箱を増やしても、そこらにポイ捨てしてしまう。

「時を守り、場を清め、礼を正す」という日本人の生き方は一朝一夕にできたものではない。

2千年以上の努力の積み重ねによって出来上がったものだ。
その努力の賜物として、

「高校で野球をする」

というほとんどのウガンダ人のとっては「かなわぬ夢」も、普通の日本人には挑戦可能な幸せな社会が実現している。

__________
先祖のたゆまぬ努力があって、自分の夢が実現する。

そう考えると自分の人生は自分のものだけでなく、先祖のものであり、子孫のものでもあるのだ。
自分のためだけでなく、次の世代のためにも、自分の人生を完全燃焼しなければ
ならない。

「命のリレー」は、「精神のリレー」である。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ウガンダでの2年間、野球部員とともに小田島さん自身の心も大きく成長した。

ウガンダを去るにあたって、小田島さんは次の言葉を選手たちに贈った。

__________
私は日本を良くするために生きる、そして君たちは、ウガンダを良くするために生きてほしい。
私はウガンダで、君たちのようなジェントルマンに会えたことを誇りに思う。
それぞれの国で、人生のチャンピオンになろう。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(文責:伊勢雅臣)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いかがでしたか?

日本の心をつたえる会の目指すものが、この物語にあります。

日本は、日本人は、ご先祖のたゆまぬ努力によって、いまの繁栄を手に入れているのです。

人生は自分のものだけではない。
先祖がいて、子孫がいて、その連綿と続く連鎖の中に点としての自分がいます。

自分自身が、世界中のおいしいものを誰もが食べることができ、殴りあったり、手足を失ったりすることなく、安全で安心してお腹一杯食べて暮らせるのは、すべて私たちの代々続くご先祖が、その基礎を築きあげてくれた遺産です。

私たちの世代で、この連綿と続く日本文明を折り返し点にしてはならない。

絶対に、それだけは阻止しなければならない。
そう、思うのですが、みなさんはいかがでしょうか。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

ウガンダ2007

関連記事

コメント
切なる希望について
(悲惨な戦争を無くせないでしょうか。切なる希望について。)
 拝 啓
 下記は、番組を提供された企業様とその番組に出演された女優様へ
送信したメールです。
 是非、御一読 賜りたくお願い申し上げます。
 尚、下記において、番組提供の企業(○○と標記)と出演された
女優(☆☆と標記)、及び放送した放送局(□□と標記)は匿名と
させて戴いて居ります。        敬 具
     《 記 》 
 ○○株式会社様
 拝 啓
 下記は、貴社提供のテレビ番組(□□チャンネル、地球街道「長
崎街道、憧れの教会」)について、☆☆様へ送信したメールです。
 御多忙とは存じますが、是非、御一読 賜りたく お願い申し上
げます。                     敬 具
          記
 ☆☆ 様
 拝 啓
 御活躍のご様子、何時も拝見させて戴いて居ります。
 本日(10月18日)午後10時30分からの□□チャンネル「地
球街道(長崎街道、憧れの教会)」を拝見させて戴きました。
 この番組は、今回の様に、「キリスト教徒によるキリスト教を美し
く見せる番組」を度々放送しております。
 これに比較して、仏教関係は皆無の状況です(公共放送として公平
性の無い偏した現況です)。
 また、キリスト教は『(キリスト教の)神の義によれば、人を誅
しても良い』との教義から「人をあやめる行為」を残念ながら行って
来て居ります(この悲惨な事例は、いにしえから長い歴史と共に
数知れずあります)。
 近年では、ブッシュさんがイラクで(多くのアメリカの青年が亡
くなっております。また、本戦争に関係のないイラクの多くの方々も
亡くなられております)。
 そして、次期米国大統領候補の方々は、いずれの方もイラクの悲惨
なこの戦争の中止を意思表明して居ります。
 ブッシュさんの支持母体のキリスト教徒の希望により行われた(
上記の教義の論理から行われた)この戦争は「悲惨な結果」をもたら
しただけでした。
 ブッシュさんのお父さんも、中近東の湾岸戦争で、今回と同様に、
支持母体のキリスト教徒の希望により同じ行為をして居ります。
 キリスト教は、いにしえの古代の十字軍もそうですが、上記の教義
により、可哀想な多くの方々を残念ながら作ってまいりました。
 この教義は間違っておりますという声を、是非、上げて戴きたく
お願い申し上げます。
 また、キリスト教に偏する番組作りをしている本番組へ、公共放送
として公平性のある番組作りになる様、お力をお貸し戴ければとお願
い申し上げます。                   敬 具
 ーーー(以上を送信させて戴きました。以下は御参考として付記
させて戴きました)ーーーーーーーーーー
(参考)テレビに於ける公開討論において、米国大統領候補のいずれ
の方も、直ぐ撤退するか、否かの意見の違いだけで、両候補とも撤退
の意見となっております。
 ☆ 己を忘れて他を利するは、慈悲の極みなり。
 ☆ 以和為貴・・・(和をもって貴しとなす)。
 ☆ 一切衆生、悉有佛性 :
  (いっさいしゅじょう、しつうぶっしょう)・・・この世の
あらゆる生きとし生けるものは、ことごとく皆、佛性(佛の性質・
佛と成り得る資質)が備わっています。
 そうした生きとし生けるものでもって宇宙は構成され、すべて
(万物)が繋がり、時は流れています。
 そのつながりの中で育んで行きましょう。
 [参考比較] キリスト教の人間生来の 原罪 : 原罪(げん
ざい)とは、エデンの園において人類の始祖であるアダムとイヴが
最初に犯したとされる罪、およびその罪が人間の本性を損ね、ある
いは変えてしまったため、以来人間は神の救い・助けなしには克服
し得ない罪への傾きを持つことになったという、キリスト教の多くの
教派において共有される思想。
 (ここを原点として、信じなければ救いを拒否し、切り捨てる
というキリスト教がある)
☆ 真実の声 :
 すべての者は暴力におびえ、すべての者は死をおそれる。 
己が身にひきくらべて、殺してはならぬ。殺さしめてはならぬ。 
              ・・・ 仏典『ダンマパダ』より
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(若い方達へ)
 キリスト教は贈り物とか、讃美歌とか、外見上は優しく見えますが、
若い方達は特にご注意ください。
 虐殺や戦争の事例が実に多い宗教です。
 それは『(キリスト教の)神の義によれば、人を誅しても良い』
という教義から来ております。
 他人を絶対にあやめてはいけません。
 間違った宗教に幸せな未来はありません。

 キリスト教の罪悪の一例である、ヨーロッパの30%もの方々が
亡くなった戦争事例がどの様なものかをお調べ下さい。
 そしてまた、この%の異常さをお感じ下さい。
 どの宗教も同じという話は無くなると思います。
 やはり、教え・教義からくる悲惨な結末なのです。
ーー(関連資料)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ◆被爆者が生きている間に、核兵器が廃絶される日を見せてあげ
たい。井田薫(仮称)   2009年8月13日(木)13:00 毎日新聞
 「原爆投下の良かった面を考えよう」
 早稲田大4年、井田薫(仮称)さん(22)は6年前、留学先の
米ミシガン州の高校で、アメリカ史の教師が出した課題に耳を疑っ
た。
 幼少期を長崎市で過ごし、毎年8月9日には静かに祈る人たちの
姿を見てきた。
 「広島と長崎の悲劇は世界に共有されていると思っていたのに」。
 頭の中が真っ白になった。
 他の生徒たちが「戦争を終わらせた」「祖国の防衛になった」など
と答えるのを聞きながら、「違う」と思った。
 だが、その一言が言えない。沈黙するしかなかった。
 帰国して大学に進み、祖父の妹(80)宅に下宿した。
 そこで、亡き祖母が長崎で被爆したことを知った。
 自分が被爆3世だということも。
 ある夜、祖父の妹が涙を流しながら被爆した時のことを語ってく
れた。
 焼けただれて助けを求める人たち、空襲警報のたびに防空壕(ごう)
で震えた記憶……。
 「同じ苦しみを味わわせたくない」。その言葉が胸に響いた。
 2年前、再び米国に留学した。「今度は自分の思いを伝えよう」。
 小さな決意を秘めて向かった留学先の大学で、原爆を扱った映画の
上映会を開いた。
 学生から「原爆の苦しみを教えてくれてありがとう」という言葉が
返ってきた。
 「伝えれば伝わる」と思えた。
 今は、ジャーナリストを志し、中東向けのニュース配信会社「パン
オリエントニュース」(東京都港区)で「修業中」だ。
 いつか、自分の記事で世界に発信したい。
 「良い戦争なんてない」と。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(資 料) : 女性の悲劇:ヨーロッパのキリスト教国の女性には拷問
を伴う魔女裁判という悲しい歴史があります。
今、日本では「美魔女」など安易に魔女という言葉を使われますが・・・
 題:キリスト教国におけるキリスト教による魔女裁判
 16世紀のなかばのトレドのキリスト教の異端審問で、エルヴィラ
という人妻に対して行われた「尋問」の経過を、忍耐強い書記が
被告の悲鳴や絶叫にいたるまで、細大洩らさず書きとめた長文記録
です。
 裁判には拷問が必ず行われました。
 以下その一部。
 ・・(エルヴィラの両腕を縛った綱がさらに締め付けられ、捻じ
られる。悲鳴。)
 「裁判官さま。何を申し上げたらいいか、言ってください。私が
どんなことをしたのか私にはわからないのです。綱をゆるめてくだ
さい、本当のことを申しますから。何を言えとお望みなのか、私に
は分かりません。おっしゃってください。その通りに申します。」
 (さらに綱が締められる。「真実を言え」と迫られる。「どう言
ったらいいか教えてください。何でも申し上げますから」と彼女は
繰り返す。)(「おまえは豚肉を食べただろう」と誘導される。)
 「いいえ、食べた事はありません。豚肉を食べると私は気持ちが
悪くなるのです。豚肉は好きじゃないんです。私は何も悪い事はし
ていないんです。どうぞ放して下さい。何でも申しますから。何を
申し上げれば宜しいのですか。何を言ったらいいのか分からないん
です。言って下さい。何でも申します。放して下さい。何でも申し
ます。・・・言って下さい、言って下さい。」
 (綱はゆるめられず、「カトリック教会にそむく事をしただろう」
と尋ねられる。)
 「放して下さい。・・・(うめき声)・・・ここからおろして下
さい。何を言ったらいいか、言ってください。ああ・・・苦しい。
お望み通りのことをみんな申し上げますから・・・。裁判官さま、
もう腕が砕けます・・・。ゆるめてください・・・」
 (「お前がした事を詳しく言え」と迫られる。)
 「何を申し上げたらいいのか・・・。そうです、いたしました。
なんでもいたしました。・・・ああ、ゆるめて下さい。申し上げね
ばならない事が、私には思い出せないんです。弱い女の身です。腕
が砕けそうです。弱い女に、憐れみをお持ちではないのでしょうか。
・・・」
 (裁判官は、「本当の事を言えば憐れみを持つであろう」という。)
 「裁判官さま、言って下さい。本当の事というのを教えて下さい
・・・。(泣きむせぶ)・・・分からない・・・何を言ったらいい
のか・・・。」
 (同じ言葉の繰り返しと拷問が続いたのち、「おまえは土曜日に
麻の着物を着替えただろう」と尋ねられる。)
 「はい、着替えました。着替える時が来ていたからです。悪意が
あっての事ではありません。何をお考えになっているのでしょう。
・・・」
 (裸にして拷問台に寝かされる。四肢は四方に、綱で引っ張られ
る。口に水管が差し込まれ、水差しから水が注がれる。その合間合
間に彼女は前と同じことを繰り返えす。ここで、拷問は一時「中断」。)
 それから4日後、拷問は再開された。              
                岩波新書「魔女狩り」より
URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
URL: http://moppo28.blog.so-net.ne.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
題 : 劇団四季とキリスト教
 拝 啓
 突然の送信をお許しください。
 劇団四季は、『赤毛のアン』をよく定期的に上演し、赤毛のアン
を応援していますが、
 『赤毛のアン』は、キリスト教団体の伝道の重要なコンテンツで
あり、また、書籍・本など多岐にわたって宣伝しています。
 表面的にはキリスト教とは見えないが、キリスト教の教義のこと
を形を変えて伝えている。
 ISO26000の国際規約では、企業の特定宗教・例えばこの様な
キリスト教に偏する行為を禁止しています。
 アメリカでは巧妙なる伝道行為と裁判例も多い状況です。お調べ
ください。
 くにぐに・国際の考え方は、これなのです。
 また、キリスト教は、NHKスペシャル(放送内容:古来からの捕
鯨をしている方達と反捕鯨団体の人達のこと)を見た事から申し上
げますと下記の様になります。
 キリスト教と捕鯨:
 これは、また、太地の捕鯨の方達へ私の応援したい気持ちを伝え
たいとメールの検索しましたが、メールアドレスが発見できなく、
必死に伝えたい一心で貴方様へ送信したことでもあります。お許し
ください。
 なんとか私の意思を捕鯨をして戴いている方達へ伝える仲立ちを
して戴ければありがたいのですが。若しくは、反捕鯨の人達へお伝
え戴けないでしょうか。
 無理なお願いをしていると思いますが、お許しください。
 伝えたい文は以下です。大変、不躾なお願いをしておりますが、
よろしくお願い申し上げます。  敬 具
----------------------------------------------------------------
Subject: 『反捕鯨団体の人達』の 卑劣な行為と論理、そして偽善
      捕鯨は古い伝統です。大昔から続いていることです。
 拝 啓
 御苦労さまです。
 NHKスペシャルを見ました。
 クジラを取られている方達が ここまで追い込まれているとは少
しも知りませんでした。
 ひどい話です。
 本当に古くからある日本の古来の食文化。
 この文化を『自分たちだけの論理』で踏みにじろうとする反捕鯨
団体の暴力に憤りが湧きます。
 反捕鯨の人達が、「恥ずかしいのだろう」と侮辱的な言葉を言い
ながら実力行使をする。それも、自分たちの立場を美しく見せよう
との正当的に見える様な行為と言葉によって巧みに振舞う、そして、
言い逃れできるように行う悪行為を、また、善人的に行う暴力に
ずる賢さを感じます。
 反捕鯨団体の方達に、『卑劣なのは貴方たちですよ』と声を大きく
して言いたいです。
 また、太地は『古式クジラ漁の発祥の地』で、『あなたの国の歴史
より古いのだ』とも言いたい。
 これにくじけず、伝統の捕鯨を頑張って戴きたいです。
 以下に、この反捕鯨の根本にあるキリスト教について触れます。
 御一読賜りたくお願い申し上げます。       敬 具
尚、下記には『魔女だ』とされた女性が、キリスト教会から『豚肉
を食べただろう』、と責められ、結局は拷問の上、火あぶりで殺さ
れる事についてもふれています。また、
http://www.youtube.com/watch?v=b7dmXwB8LBA&NR=1&feature=fvwp 
は、外国人が投稿したYouTudeですが、自分達だけの論理で、日本の
クジラ漁の漁師さんをいじめる『反捕鯨の論理を糾弾する映像』です。
 キリスト教徒の方達も捕鯨をしましたが、日本の太地はそれ以前、
遠い昔から捕鯨をしていました。そして、その一部のキリスト教徒は
捕鯨をやめました。それから出てきたのが日本の太地の捕鯨への『
自分たちだけの論理』による違法行為までしての攻撃、また、低劣な
『人格の攻撃』をしてまでしている反捕鯨の人たちです。
 キリスト教では、クジラは知的な生物でキリスト教のヒエラルキー
が高いとされています。 彼らのクジラ漁においての、クジラの利用率
は極端に低く、無駄死に的な死をさせる行為をしていたのにです。
URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
URL: http://moppo28.blog.so-net.ne.jp
2011/10/19(水) 01:38 | URL | 悲惨な戦争を無くせないのでしょうか #4fB9XOpA[ 編集]
No title
ありがとうございます。
URLもつけます。
イタリアもとても社会主義化してしまっています。個の権利を主張することが当たり前。私が渡伊した30年前にはなかった遊ぶお金ほしさの親殺し、祖父母殺し、めんどくさい、あるいは育児に疲れた子殺し、産んで捨てる、と言う事件が多くなってます。

加えて、EU入して行き来が自由になったルーマニア人による、強盗強姦犯罪の件数がうなぎのぼり。


自分の家の中はピカピカに磨き立てるけど、一歩外に出るとゴミや吸殻をポイ捨て。
首相を筆頭に自分の権利だけを主張して、脱税やり放題。。。

日本の近未来を見てるようです。

たぶん、救いはカトリック精神の良い部分も生きていて、(夫婦別姓でも)家族のつながりをまだ今のところは大事にして、『自分より弱いものを救う』精神でTVなどの募金に多額が集まることでしょうか。

全世界社会主義化(個の利益中心、高税金、福祉の充実=精神的文化・哲学・思想の弱体化、目に見えるモノに対する価値感を高め、苦労を嫌い、楽して金銭を得る方法を探すのに懸命)しているようで、不気味です。
2010/06/14(月) 22:19 | URL | midori #-[ 編集]
Re: No title
midoriさん、

もちろんOKです。

このブログは、リンク、転載、フリーです。

他の記事もどんどんお使いください^^

なおその際、出典:ねずきちのひとりごと と表示していただけたら、うれしいです^^b
2010/06/14(月) 08:24 | URL | ねずきち #-[ 編集]
No title
イタリア在です。このウガンダの話しをイタリア語に訳して、ブログに貼りつけたいのですが、よろしいでしょうか。

一人息子に清掃をおしえてません。。。
2010/06/14(月) 00:22 | URL | midori #-[ 編集]
JA宮崎の「宮崎の畜産を守る」署名運動にご協力下さい 
JA宮崎が、口蹄疫被害に遭った畜産家のために、署名運動を始めました。
情報の拡散と、署名にご協力をお願いします。

http://group.ja-miyazaki.jp/cgi-bin/news/SkinView.cgi?mode=1&cid=1&id=66&html=./detail01.html&link=1
「宮崎の畜産を守る」署名運動へのご協力のお願い
2010年05月14日(金)
平成22年4月20日、宮崎県内にて口蹄疫が発生しました。


発生農場も多数に上っており、畜産農家の経済的・精神的苦悩は計り知れません。
また、農業以外の産業への影響も出ており、地域経済の疲弊も心配されます。

畜産農家の再建には、皆様のご支援が必要です。趣旨をご理解の上、
署名へのご協力をお願いいたします。
2010/05/17(月) 03:28 | URL | 柿渋 #-[ 編集]
ドイツの初期ロマンテイクを「近代」の生みの親とするのは常識である
ゲエテとナポレオンという二つを高い峰とする近代の開始に當って、ナポレオンは強力な地ならし機械である。この巨大な力は自分では何をしているのか、何もわからぬことをしたのである。盲目で無明の大暴力である。無明は大暴力となりうる。無明の大文学も、大芸術もいくらもありうる。これが即ち「近代」である。

しかしゲエテはいち早くに、自分が最も責任をもつべき近代に対し、その政治にまで及んだ制度全部に疑問をもった。

ナポレオンは自分が何をしたかわからなかったので、死の間際のうつつに、なおも軍隊に進軍の号令をかけつづけた。ゲエテが最後に光といったのは、象徴的である。味爽の光明の世界と思っていたのが、薄暮だったのであろうか。

ハイネにとって、ゲエテは憎々しい大俗物で、ナポレオンは神の如く悲しい英雄だったことには理由がある。しかし我々の学生時代に、不本意な田舎教師の境遇にいたドイツ語の先生は、祖国を持たない詩人を信じるな、彼が詩人たることはあり得ない、と教えられた。
(保田與重郎『「日本浪漫派の時代」日本的の論』)
2010/05/16(日) 23:21 | URL | #-[ 編集]
No title
素晴らしいお話、ありがとうございます。

わが身を省みるに、恥ずかしく思ってしまいます。

どなたかも指摘されておりますように、我が国の総理や与党幹事長たる者が、一身これ不道徳であり、その状態を一刻も早く打破しなければ、国民のモラル低下に歯止めがかかりません。

打倒・売国民主党で頑張りましょう。
2010/05/16(日) 23:18 | URL | #-[ 編集]
恵比寿駅前・街頭演説会 / たちあがれ日本
恵比寿駅前・街頭演説会 / たちあがれ日本

中国の赤旗の六番目の星は小さな日の丸だそうです。俺は絶対嫌だ。
恵比寿駅前・街頭演説会5 前編 / たちあがれ日本 石原慎太郎(東京都知事)
http://www.youtube.com/user/tachiagarenippon#p/u/1/pTMOUdATmi0

民主党の暴走を阻止するために、「たちあがれ日本」と自民党で参議院の過半数の議席を取ることです。
この国を思う方は皆で選挙に行って投票しましょう。
投票率が低いと民主党の支持組織である日教組や
民団、総聯、創価学会など組織票が威力を発揮して
この国はダメになります。
選挙は必ず行って投票率を上げてください。

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
2010/05/16(日) 22:15 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
今、日本が落ちている理由がわかる気がします。
「時を守り、場を清め、礼を正す」
これができない男を国家の代表としてよしにしている。
目先の金銭で、自分さえ良ければいいという考えで。
それを反省しなければ日本には明日がないのではないのでしょうか。
2010/05/16(日) 13:39 | URL | 1300 #JalddpaA[ 編集]
No title
>夏の参議院選挙次第で、日本の運命が決まります。

ねずきち様
毎日、価値ある情報を有難うございます。
インターネツト社会、と情報に関して書き込みさせていただきます。

チャンネル・桜、掲示板より、転載。

去る五月十四日夜、自民党本部八階の会議室にて行われた、三橋貴明・自民党参議院議員選挙候補の激励会に参加しました。
七十代半ばの私にとっても縁がなく、今まで一回も足を踏み入れたことのない、所でしたが流石に警戒は厳しく、鉄柵の塀で囲まれた門の脇の通用門から入ろうとしたところ、警官に誰何されました。「三橋さんの激励会に来た」、と答えたところ、急に態度が丁寧なり、入れてもらえました。
壇上に、M.J.P.生みの親の、すぎやま・こういち氏、西村幸祐氏のお二人が座っておりました。

安倍晋三・元総理の挨拶要旨
三橋さんはまず、愛国者であり、自民党候補として相応しい。人柄も謙虚であり、謙虚さは保守の政治家にとり必要な条件である。
今までの自民党候補と異なり、組織、業界のバックはなく、草の根保守、言い換えれば、家族を愛し、郷土を愛し、国を愛し、毎日地道に働く人たちの支持を得てぜひ当選していただきたい。

大島幹事長
三橋さんのことは良く知らなかった。調べてみたら、ネットで最大の人気のある人だと知った。
本来なら自民党の候補になる人でない。今まで自民党は、組織、固定票に頼ってきた。だから自民党はダメだと言われる。
三橋さんを候補に選んだことを、自民党として、誇りに思っている。
現在の問題はデフレをいかに克服するかがである。


中川正治・自民党東京地方区選出議員
私は大蔵省理財局長、環境章事務次官を経て政治家になった。
三橋さんの本を読んで、目から鱗の思いがした。そのご何冊も読み、流石だなと感じた。
先日ご一緒に都内三箇所、(銀座、人形町、秋葉原)、で街頭演説を行ったが、お陰さまで多くの人が足を運んでくださった。
三橋さんは自民党の救世主と言える。

三橋候補挨拶要旨

いつもは、デフレ、公共投資、外国人参政権、について語っているので、今日は話題を変え、ネット選挙に関してお話したい。
インターネツトによる選挙活動が解禁されたら、タダでTVニュース番組を送れるようなことになる。
候補者の理念、主張を動画で配信し、大勢の人々に見てもらえたら選挙に非常な影響を及ぼす。
ネット愛好家はだたたい、日本のマスコミ嫌いである。政治活動を本格的にインターネットでやつたらどうなるか。
実験的にやってみる。当然多くの批判が来る。それを修正して配信する。どんなビジネスでも、最も重要なことはノウハウである。しかし、ノウハウは実際にやってみなければ得られない。いはばブルーオーシャンの開拓ともいえる。
私はその点今までの経験によるノウハウを持っている。
私は
、企業献金は貰わない。
団体献金も貰わない。
個人献金のみでいく。
しかしかなりの個人が予想を上回る献金をしてくださった。それと政党助成金で選挙資金をまかなう。
ご承知のように、私には金もない、組織もない。しかし、正しい意見を述べ多くの人に知ってもらえば理解者がいて、当選の可能性はある。
先日麻生前総理が、「日本では悲観論を述べるとインテリらしく見え、そうしたがる向きがある」、と語っておられたが、私は悲観論は述べない。

この後、壇上のすぎやま・こういち氏と、西村幸祐氏の紹介があり、一部は終わり、二部の懇親会に移りました。

パーテイが始まる前、すぎやま・こういち氏と並んで椅子に腰掛けていらした、西村幸祐氏に挨拶し、
「M.P.J.が発足して三ヶ月経ったが、私にとってM.P.J.は価値ある情報の宝庫で毎日優れた文章を読むのを何より楽しみにしています」、とお礼を申し上げました。

参加者はネット愛好者と思われる若い人がほとんどと言ってもいいくらい多く、おそらく私同様、「自民党本部」、なるところへ来るのは初めての人々と思われます、途中、山東昭子議員と石破茂・政調会長が飛び入りで参加し挨拶しましたが、やはり参加者のを顔ぶれを見て普段と異質の雰囲気を感じたことと思われます。

パーテイの後半、少し空いたところで三橋氏に挨拶し、「M.P.J.」、が発足後三ヶ月、私にとって毎日有益な情報を得ていること、またM.P.J.が今後非常に大きなものになると、今まで強大な権力を持ち、政治家も財界人も、報復、嫌がらせが怖くて敵にまわせないため、偏向、捏造、イデオロギー的に気に食わぬ、相手に対する、誹謗。中傷、報道せぬ談合、とやりたい放題やってきた、マスメディアを足元から崩す存在になると、期待している旨話したところ、三橋氏から、「今年の夏以降さらにM.P.J.の充実、拡大に努める、」、との頼もしい返事をいただきました。
そうなると、M.P.J.発足時の以下の目的が達成されることになります。

MPJが始まった時、皆さんに是非お願いしたいのは個人個人でブログを立て、ゲリラ戦を行っている人たちがMPJに書き込むことであるる。
これにより、MPJが大きくなり、いずれ

MCJによる、世論調査

MPJでの意見広告

その他、単にマスコミ批判のサイトでなく、

MPJによるラジオ放送

MPJによる動画の発信

等により、既存メディアに対抗する。


三橋氏当選以後、が何より楽しみです





2010/05/16(日) 12:41 | URL | 町工場の親方 #-[ 編集]
No title
今回の話はめちゃめちゃよかったです!
2010/05/16(日) 11:32 | URL | #-[ 編集]
毎日の管理人様の素晴らしいお話に、感謝致します。

現在、民主党が、『重国籍法』の法案提出に動いているそうです。

重国籍法は、外国人参政権より大変危険な法案です。

民主党は、重国籍法、外国人住民基本法、普通別姓、外国人参政権等の大変危険な法案提出に動いています。

夏の参議院選挙次第で、日本の運命が決まります。
2010/05/16(日) 10:53 | URL | 普通のサラリーマン #-[ 編集]
口蹄疫 種牛施設で疑い例 宮崎高鍋町 避難6頭は経過観察
口蹄疫 種牛施設で疑い例 宮崎高鍋町 避難6頭は経過観察
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/171912

宮崎県で家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」の
被害が拡大している問題で、県は16日未明、
宮崎牛をはじめブランド牛の種牛などを飼育して
いる県家畜改良事業団(高鍋町)の施設で、
感染した疑いのある牛が見つかったと発表した。

日本が危ない、壊滅の危機に襲われる宮崎牛
畜産業界

【マスコミ隠蔽の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ps:
今回の口蹄疫事件の報道隠蔽は支那が日本テレビ局を制覇して最初に行
われた管制テストであり、どの程度支那の制御通りに報道を支配できる
か評価している。
実験結果は大敗北!させなければ成らない。日本が危ない「たちあがれ日本」
【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
2010/05/16(日) 10:43 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
ねずきちさんのブログが大好きです。
読むと背筋がピンと伸びる思いがするからです。

ところで宮崎の口蹄疫パンデミックは非常に心配ですね。
今が九州ないし日本全土に波及する瀬戸際かもしれません。
■赤松口蹄疫 被害状況
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/000/992/91/N000/000/000/127371202602416112917.JPG

近時のイギリスにおける事例では・・・
■2007年8月3日 英国南部で口蹄疫の牛60頭発見
英国で6年ぶり口蹄疫確認、ブラウン首相が緊急閣議招集へ。英国の環境・食糧・農村省は3日夜、同国南部ギルフォード近郊の農場の家畜約60頭から家畜伝染病「口蹄疫」が確認されたと発表した。感染が確認された家畜はすべて処分される予定。同省や地元の行政当局は、現場周辺を監視地域に指定するとともに、家畜の国内移動を原則禁止した。ブラウン首相は休暇を切り上げ、ロンドンに戻り、4日朝にも、国家緊急治安特別閣議(コブラ=COBRA)を招集する予定だ。
■英国では2001年、口蹄疫が拡大し、家畜650~1000万頭が処分され、被害総額は約85億ポンド(約2兆1200億円)に上った 。欧州連合(EU)や米国が禁輸措置を発表するなど波紋も広がった。
http://plaza.rakuten.co.jp/scotgorosan/diary/200708030000/
■口蹄疫まとめ・37・イギリスの例
http://blog.livedoor.jp/seidiary0429/archives/51454927.html

関係者のご尽力で一刻も早く収束することを祈っています。
2010/05/16(日) 10:27 | URL | run #-[ 編集]
No title
宮崎県の口蹄疫は予断が許さないようで、心配しております。
眠る間も惜しんで苦労されておられる方々の努力が実る事を願っております。


日本人の控えめで、常に努力を忘れない、、謙虚で、清潔を好み、忍耐強く物事に取り組む。
こういった、ことは一朝一夕に形成されるものとも思えません。自己否定と他者への尽力は、一見不合理ですが、しかし、そこに人間として生まれた意味があります。

精神の美しさは、全ての物事の美しさに勝る、、。と思います。
日本人の精神性の復活は、単にこの国家の復活にとどまらない、無限の可能性があることを知りました。
人は、論理に共鳴して、動くものではないでしょう。もくもくとトイレを素手で磨き上げる人がいれば、たぶんその人が日本では中心となる。隠れた努力が、苦労が正当に評価される、、。
そんな社会こそ、我々の目指すべきものでしょう。

私も、日々自戒し、日本人たるべくありたいものです。
2010/05/16(日) 09:45 | URL | 杜若 #He.JWYoo[ 編集]
ひたむきさ
ひたむきな心・上下関係の躾・スポーツマンシップの全てを教えているのが教育勅語、他国は教育勅語を教育に取り入れているのですが本家が捨て去った揚句が今日の教育現場、まだスポーツの分野ではかすかに残るマナー日本人は世界の先駆者である自信を持ちたいものです。
2010/05/16(日) 09:01 | URL | 猪 #kU3g/2a6[ 編集]
宮崎県HPより:口蹄疫被害に対する義援金を募集します
ねずきちさん、すみません、口蹄疫の件で再度告知させてください。
エントリーとは違う内容かもしれませんが、決してかけ離れた事柄ではなく、全てが繋がっていると自分は思っています。
ただ、今、民主党政権によって余りにも冷酷で冷淡な政治が行われ、真面目に働いてきた日本人が非情なまでの理不尽な事態に追い詰められてしまっています。

そしてその人達を救うのは自分たち日本人でしかありません。

【宮崎県:口蹄疫被害に対する義援金を募集します】(宮崎県HPより転載)
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/fukushi/fukushi/shakai_fukushi/html00165.html
========
口蹄疫被害に対する義援金を募集します

県では、4月20日の本県における口蹄疫発生以来、口蹄疫防疫活動により影響を受けた畜産農家に対する支援を行うため、「宮崎県口蹄疫被害義援金」を下記により募集します。

1 義援金の名称
宮崎県口蹄疫被害義援金

2 義援金の使い方
義援金の配分については、県、社会福祉法人宮崎県共同募金会及び関係機関で構成される義援金配分委員会において決定し、市町村を経由して口蹄疫により被害を受けられた畜産農家に配分します。

3 実施主体
宮崎県、社会福祉法人宮崎県共同募金会

4 義援金の募集方法について
宮崎県、市町村、共同募金会市町村支会に募金箱を設置し義援金を募集します。
※ 口座振り込みによる義援金募集については、現在準備中であり、準備が整い次第お知らせいたします。
※ 今回の義援金募集につきましては、法人税及び所得税に関する控除等の優遇措置はありません。

5 募集期間
平成22年5月14日(金曜)から7月30日(金曜)まで

6 問い合わせ先
宮崎県福祉保健部福祉保健課(担当:小川)
Tel 0985-26-7075 Fax 0985-26-7326
社会福祉法人宮崎県共同募金会(担当:大山)
Tel 0985-22-3878 Fax 0985-22-3879
【参考】
上記の被害畜産農家に対する「宮崎県口蹄疫被害義援金」とは別に、県が取り組む口蹄疫対策に対し寄附していただける場合は、インターネットからで も利用できる「ふるさと宮崎応援寄附金」(いわゆる「ふるさと納税」制度)などの寄附制度(税制上の優遇措置を受けられる場合があります。)があります。
制度については県庁のホームページ(http://www.pref.miyazaki.lg.jp/furusato/)をご覧いただくか、次までお問い合わせください。

個人の場合
宮崎県総務部財政課(Tel:0985-26-7014 Fax:0985-29-8789)
法人の場合
宮崎県県民政策部総合政策課(Tel:0985-26-7115 Fax:0985-26-7331)
このページの内容についてのお問い合わせは
福祉保健部 福祉保健課
電話:0985-26-7075
FAX:0985-26-7326
E-mail:fukushihoken@pref.miyazaki.lg.jp
============(以上)
2010/05/16(日) 08:31 | URL | 共通一次世代 #HfMzn2gY[ 編集]
どうか避難させた6頭の種牛が無事でありますように・・
宮崎がギリギリのところまで来てしまっています。。
手が震えてしまう・・。

【『危機 』 江藤拓 公式ブログ】よりGREEhttp://gree.jp/etoh_taku/blog/entry/441594259
=======
昨日 「明日が怖い」と書きましたが、理由がありました。

昨日の夕方、宮崎の種牛を一元管理している、家畜改良事業団の職員から「疑わしい肥育牛が出ました」と連絡があったのです。

検体の検査結果が届きました。残念ですが感染が確認されました。
最悪のシナリオです。

連絡をくれた職員は何度も「申し訳ありません、申し訳ありません」と繰り返しました。

彼らは全力を尽くしました。自分達を責める理由など欠片もありません。

農林水産省の担当課長と、深夜までこれからの事を
話しましたが、宮崎牛の将来を守るための、正に正念場を迎えました。

特例として移動させた6頭については、厳重な監視の下、経過観察することになりました。

この事については、色々とご意見があろうかと思いますが、ご理解頂きますよう何卒お願いします。
==========(以上)

さっき確認したら、読売が記事を出していました。↓

【『宮崎牛」種牛49頭、口蹄疫疑いで殺処分へ 』:
社会YOMIURI ONLINE(2010年5月16日06時12分 読売新聞)】
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100516-OYT1T00198.htm
=========
宮崎県の家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」問題で、県は16日未明、新たに同県川南町と高鍋町の計10農家・施設の牛と豚が感染した疑いがあると発表した。

高鍋町の施設は県家畜改良事業団。県は13日から14日にかけて、移動制限区域内にある同事業団の種牛6頭を区域外の同県西都市に移したばかり。

家畜伝染病予防法に基づく移動制限区域内では、家畜の移動が禁止されるが、県のブランド牛「宮崎牛」の生産に欠かせない優秀な種牛を保護するため、県の要請を受け、国が特例として6頭の移動を認めた。

同事業団では種牛を55頭飼養していた。同事業団に残っていたこのほかの種牛49頭は、すべて殺処分の対象となった。移動させた種牛に今のところ、感染は確認されていない。
==========(以上抜粋)


現場の声。↓読んで手が震えた・・・。どうか読んでください。

【口蹄疫=養豚場からの投稿(5)】
『殺処分が始まりました。上手く言葉が出てきません、悲惨です :』 47トピックス - 47NEWS(よんななニュースよりhttp://www.47news.jp/47topics/e/159730.php
=========
5/14
前日からの続きが始まりました。

獣医師の方々によって作られたガス殺用のガス室、そこに次々と豚が追い込まれ、殺処分されていき、次々と運搬用のトラックへ運び込まれます。

荷台が一杯になれば、トラックは埋却場所に家畜を運搬しそこで、埋却作業をしていました。

殺処分は午前中に終わり、午後からは畜舎の消毒及び、敷地内の防疫作業へと仕事は変わりました。

畜舎の中を消毒し、そして大量にまかれる消石灰、全畜舎、敷地内の至る所は白い風景へと変わりました。

そして、5/7から8日目の5/14日、午後6:00口蹄疫発症44例目農家の殺処分対象の全殺処分及び、敷地内の防疫作業が終わりました。

この時をもって、父と母が約40年近く営んできた養豚場に終わりが来た日でもあり、我が家から消えることは無いだろうと思われた豚たちの音が消えた日でした。

これをもって、最後のメールとさせて頂きます。

2010年5月14日 口蹄疫発症44例目農家の者

宮崎県児湯郡川南町川南  丸一 隆

最後に、殺処分にあたってくれた獣医師の方々、応援で来てくださった他県の方々、そして自衛隊の方々、お疲れ様でしたありがとうございました。

そして心配して電話を下さった方々、農協関係者、経済連の方々、出荷先の会社の方々、ご心配おかけして申し訳ございませんでした。

しかし、5/14現在も口蹄疫発生農家は増え続けています。
========(以上抜粋)

こんなことって・・、辛すぎませんか・・・。


『口蹄疫:ALL JAPANで』【JA宮崎中央ブログ 2010年05月15日】より
http://jamcblog.miyachan.cc/e167248.html
=========
5月14日衆議院農林水産委員会における、本県選出江藤 拓代議士(自民党)の口蹄疫に関する質疑です。

畜産農家の気持ちを前面に打ち出した前回質問と打って変わって、極めて冷静かつ的確に質問され、今後の責任ある政府の対応についての答弁を引き出されてます。(48分と長い動画です)

JA尾鈴の活動もつぶさに把握され、質問の中でもJAの支援について取り上げていらっしゃいます。「今は農家支援が一番、JAの経営は二の次、JAはつぶれるかもしれない」と・・・。それだけの覚悟でJAは支援に取り組んでいるんだと。

 是非、早急に畜産農家の経営再建に向け、与党・野党ALL JAPANで、農家を第一に考えた対策を講じ、一刻も早く畜産農家を安心させて欲しいです。

 頑張ろう!宮崎
==========(以上)

上記の宮崎中央ブログに載っている動画もぜひ見てください。
江藤議員が、如何にJAをはじめ、地元が頑張っているかを訴えています。

さっき最新コメント見たら、myoonさんが「口蹄疫事件続報」のエントリーにすでに書いてくださっています。
myoonさんの言葉をお借りします。
>どんな方法でもかまいません。あらゆる(合法的で穏便な)方法をとり、ネットだけでなく、口コミでも何でもいいから、情報の拡散をしてください。

もう辛すぎます。理不尽です。

6頭の種牛がどうかどうか無事でありますように・・。
どうかどうか宮崎を助けてください・・。
2010/05/16(日) 07:37 | URL | 共通一次世代 #HfMzn2gY[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

時を守り、場を清め、礼を正す・・・!!!

☆ウガンダの高校生を変えた日本の躾~ 「時を守り、場を清め、礼を正す」の躾で、 彼らは野球に真剣に打ち込むようになった… http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-876.html
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓大好評予約受付中↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク