アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


日本国憲法という欺瞞

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

世界史年表
世界史年表


世界史の教科書などをみると、必ず載っているのが、世界史年表です。

そこにはそれぞれの国毎に、国の変遷が描かれています。


たとえば、ローマ帝国と、いまのイタリアは、政治、経済、通貨、体制など、まるで違う国であることは、みなさん、よくご存知のことと思います。

地理的な場所は同じでも、国家の統治体制が異なったら、それはまぎれもなく「別な国」といえます。

これに対し、日本は、2700年の昔、はるかな縄文時代の昔から、日本という一国として認識されています。

これは、実は、ウソです。

皇統2700年などといいますが、たしかに古来、日本はご皇室を日本の中心とする国家体制を築いていました。

そしてその時代は、昭和二十(1945)年までは、まぎれもなく続いていました。

しかし大東亜戦争が終わり、日本にGHQが降りて来た時から、日本は、日本でなくなっています。

正確に言うと、戦闘を停止した昭和20年8月15日から、昭和27年4月28日のサンフランシスコ条約発効の日まで、日本は「日本」という国ではなかった。

では、その間の日本は、なんだったのかというと、
当時の国名は

─────────
「連合国統治領日本」
─────────

です。

ですから、その頃の日本からの輸出品は、Made in Japan ではありません。

──────────
Made in Occupied Japan
(占領された日本製)
──────────

です。

国旗も、日の丸ではなく三色旗です。
  ↓
連合国統治領日本の時代の日本の国旗
(1945~1952年)
連合国統治領日本の国旗


日教組などは、日本が占領統治下にあった昭和22年にできた組織です。

ですから彼らが日章旗を国旗として認めないのは当然です。
彼らにとって日本の国旗は連合国統治領日本の時代の「三色旗」なのですから。

同時に、この時代、昭和二一(1946)年11月3日に、日本国憲法が公布されました。

この日本国憲法の原文は、ご存知の通り英語で書かれています。

それを翻訳したものが、われわれの知る日本国憲法です。

その第一条は、われわれは次のように教わっています。

第1条
天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく。

原文は、↓です。

Article 1.

The Emperor shall be the symbol of the State and of the unity of the people, deriving his position from the will of the people with whom resides sovereign power.

よく見てください。

The Emperor(天皇)は、the State(国家) ならびに the unity of the people(人々のまとまり)の the symbol と書いてある。

あくまでも、people です。
どこのpeopleとは書いてない。

つまり、ここでいう people とは、必ずしも日本に住む日本人のことを指していなくて、世界の市民との統合の象徴であると書いている。

そして世界の市民とは、連合国を指し、連合国の象徴機関がGHQだから、人々の象徴というのは、言いかえれば、GHQの日本国統合の象徴、という意味にも受け取れる言葉となっています。

同様に、国民主権といいますが、そこでいう国民も、people です。
つまり、世界の人々に主権を委ねると書いてあるわけで、なにも日本人のひとりひとりに主権があるわけではない。

世界の人々の代表機関が、GHQなのだから、日本国憲法は、主権在民ではなくて、GHQ主権を高らかに謳った占領統治下の最高法規である、という意味になります

そんなバカな。そんなことは認めたくない、とおっしゃるなら、どうぞ、英文(原文)の日本国憲法の、どこに「Japan people」と書いてあるのか、ご指摘ください。

そんなもの、どこにもない。

三権分立などというけれど、それについても、互いにけん制しあって、意思決定をさせない、という意図で書かれたものであり、三権の上に、連合国と打ち領日本には、GHQという「主権者」が厳然と存在していた。

第9条は戦争放棄というけれど、世界の市民(連合国市民)の代表機関であるGHQが統治する日本なのです。
その日本が、連合国市民に向かって戦争をしかけるなどとはもってのほか、というのが、第9条の意図です。

あたりまえです。GHQに支配された日本人が、GHQに向かって交戦するなど、認めれるはずがない。

要するに、昭和21年に制定された英語名「THE CONSTITUTION OF JAPAN」は、日本国憲法というよりも、あくまで最高の意思決定機関をGHQに置く、占領統治のための最高法規なのです。

ですから、昭和27年のサンフランシスコ条約以降、主権を回復した我が国が、この日本国憲法と訳された「占領統治のための最高法規」を、いつまでも後生大事に保持しても、なんにもいいことはない。

要するに簡単にいえば、すべての意思決定権を社長(GHQ)に委ねるとした社内規定を作っていた会社が、社長退任後、社長不在のまま、社の運営をしているようなものです。

だから何も決めれない。
社として何もできないまま、社員が口々に好き勝手なことをしているというのがいまの日本の姿です。
普通に考えて、そういう会社は倒産します。

日本が、本来の日本の姿を取り戻し、国家国民の繁栄を図ろうとするなら、なによりもまずやらなければならないのは、占領統治下の最高法規である、現・日本国憲法と呼ばれる占領統治法を廃棄することです。

そのうえで、道義と志操に基づく、本来の日本の姿、勤勉で謙虚で安心で安全で、公徳心に基づく、あるべき「新憲法」を、うち立てるのが、まずは第一といえるのではないでしょうか。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

先人たちの創り上げた国、日本


日本の心を伝える会 日心会


やまと新聞会員お申込みページ



下の窓の中味をコピペすると、やまと新聞のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
関連記事

コメント
前の方も書かれていますが…
「日本商船管理局旗」を日章旗の代用としたのは日章旗掲揚禁止がなされた1949年までです。以降は日章旗が復活していますし、そもそも「日本商船管理局旗」を国旗扱いしているものではありません。
2012/05/03(木) 12:22 | URL | #-[ 編集]
憲法改正
憲法改正について

憲法改正はしたいところですが
麻生、鳩山、管、こいつらが戦時には最高指揮官になっていた可能性を考えれば
大きな歯止めが必要です。

目先の対応のみに追われ、それさえまともに対応できていない、さらに先見の明のない政府や官僚にお任せするのは、危なくて仕方ない。

押し付けられた憲法ではありますが

もう少しまともな奴を我等が選べるようになる(まともな奴が出るまで)まで待ったほうが
孫、子の為にいいんじゃないだろうか

今、政治家を見渡してもまともな奴はいるように思えない。
2011/03/06(日) 05:15 | URL | 12-23 #v0bujNaM[ 編集]
占領期間中に行われた昭和天皇の行幸では人々が日章旗をうちふっています。誰も「商船旗」など振ってはいませんよ。日本に於ける国旗とは慣習によるものでしたし、大体他の各国を見回してみても商船旗と国旗の意匠が違う国は多々あります(イギリス、イタリア、アルバニアなど)。
2010/10/01(金) 08:08 | URL | #tHX44QXM[ 編集]
No title
日章旗が国旗として規定されたのはつい最近のことですね。
それまでは古来一貫して日の丸は商戦旗です。
ですからねずきちさんのおっしゃるように、占領統治時代の商戦旗が三色旗なら、それは国旗が変わったといえるのではないでしょうか。
2010/07/31(土) 01:36 | URL | 牛若丸 #-[ 編集]
異論
提示されている三色旗は残念ながら国旗掲揚が禁止された時期に用いられた『商船旗』であり国旗ではありません。
”Made in Occupied Japan”(占領された日本製)という文字も輸出製品に限って表示させたものであり、国名が変わったわけではありません。
ただし、日本の国号が長い歴史のなかで何度か替わったことはありました。
700年代以前は倭国、明治では大日本帝国となっています。
国号が替わることがその国が滅んだことだとは必ずしも意味していません。
「連合国統治領日本」という国名も存在しませんし、日本列島がアメリカ領になったことはありませんし、われわれ日本人がアメリカ国籍になったこともありません。
もちろんアメリカの属国や植民地になったわけでもありません。

ポツダム宣言にも明記されているとおり、
・日本人の言論の自由や基本的人権の尊重を守る
・日本人を民族として奴隷化するものではない
・平和的な政府が樹立するまでの占領
とあり、外国人が外国籍のまま日本の政治をコントロールした事実はあっても、
建国以来、途絶えることなく天皇制を維持してきたことには違いなありません。

日本の建国記念日は法的にも2月11日(もちろん紀元前660年の)と定められており、GHQ占領が終わった(1952年の)4月28日は現日本の建国記念日どころか独立記念日ですらありません。
1952年4月28日を今の日本の建国の日と理解するのはいささか無理がありますね。

> 日本は、2700年の昔、はるかな縄文時代の昔から、日本という一国として認識されています。
これは本当です。多くの国でこれが正しいと認識されています。CIAの公式HPからでも確認できます。
https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/fields/2088.html
逆に日本の建国が1952年4月28日であるというソースを探すほうがとても困難です。

日本人にとって日本国憲法がこのままではいけない気持ちはよくわかりますが、
日本が世界の中で最古で最長の国家を維持していることに違いはありません。
2010/07/31(土) 01:31 | URL | #-[ 編集]
【朝鮮総連と民主党~総連の包囲網が着実に進行している実態】
【朝鮮総連と民主党~総連の包囲網が着実に進行している実態】
http://nippon-end.jugem.jp/?eid=685
【拡散希望】民主党政権は国民生活より韓国に謝罪を優先 
朝鮮学校への高校授業料無償化適用問題で、在日本朝鮮人総連合会
(朝鮮総連)側が準備した草案そのままに適用を求める意見書を
東京都小平市議会が可決していた ことが19日、分かった。

【マスコミ隠蔽の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。


今日の内閣支持率はこちらをカッチとね
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php
2010/07/22(木) 02:25 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
軍国の母が靖国で天皇陛下を崇めている姿がありますね。白馬の陛下は戦後は平和の人間天皇、研究者としての姿が浮かびます。陛下は靖国には最後は行かれませんでした。どのように考えられたのかお気持ちを察したことがありますか?
2010/07/22(木) 00:06 | URL | 朱鷺 #mQop/nM.[ 編集]
No title
憲法改正のお考えはわかりますが、
今現在の急務は、菅談話や慰安婦決議の阻止、最悪でも骨抜きにすることではないのですか?
これにより、我が国は未来永劫韓国や朝鮮に頭が上がらなくなるかもしれないのです。最悪の場合、天皇陛下のご訪韓が現実のものとなってしまうかもしれないというのに。

保守側の動きが殆どないことが本当に不思議で心配です。いくら韓国サイドが(朝鮮にしては)比較的まともなイミンバカ政権であろうと、日本の歴史にとって外国人参政権並の大打撃になります。よりにもよって民主売国政権が日韓併合100年の今年に我が国を統治しているのは、連綿と続く我が日本国の歴史的な悪夢です。
保守系の方々が比較的韓国に手ぬるいのは理解に苦しみますし、今は憲法改正どころではないと思います。
2010/07/21(水) 22:33 | URL | #bBmFigmc[ 編集]
No title
現行憲法改正にせよ、自主憲法制定にせよ、関係者にサヨクが混じると碌でもない条文を紛れ込ませそうで、心配です。
2010/07/21(水) 21:23 | URL | #-[ 編集]
リンゴの歌と勝利ノ日マデ
どちらもサト-ハチロ-の作詞ですが
戦中と戦後に一貫した愛国精神が感じられてならないのです。

●丘にはためくあの日の丸を
仰ぎ眺める我等の瞳

●赤い林檎(日の丸)に唇寄せて
黙って見ている青い空

2010/07/21(水) 20:43 | URL | 愛国市民 #-[ 編集]
新刊「朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった」をどんどん拡散しましょう!
こんばんは!
韓国人にとって知られたくない、歴史の真実が今ベールを剥がされようとしています。
是非、ブログやツイッター他で取り上げて頂き拡散お願いします。
多くの人にこの真実を知って貰う必要があります。

■水間さんの新刊「朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった」をどんどん拡散しましょう!

http://www.amazon.co.jp/gp/new-releases/books/466286/ref=pd_nr_b_nav
のように歴史・地理の新着ニューリリース部門で一番になっています。
★『嫌韓流』の資料本に最適です。
★30年前の議事録も載っていて、強制連行が嘘である事を証明しています。

(水間条項さんより)
★GHQ占領下、吉田茂首相がマッカーサーに宛てた手紙も収録してあります。
★今何をするべきか、それは覚醒していらっしゃる皆様方が心配している、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止することです。
_____________
宜しくお願いします。
2010/07/21(水) 20:14 | URL | 山河 #1GPmVcro[ 編集]
投票依頼の相手から飲食代を回収 愛知、買収容疑の元県議
投票依頼の相手から飲食代を回収 愛知、買収容疑の元県議

http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010072101000882.html
県警は買収容疑の隠ぺい目的だったとみて同日、県
議会内の民主党愛知県議員団の控室などを家宅
捜索した。不正な投票依頼の実態解明を進める。

「政治と金」の問題で形勢不利な民主党が策動する
様々な工作活動、特に山梨選挙区で起きた自民党
宮川候補と民主党輿石氏の逆転劇は日本全国の多
くの有権者が関心を寄せている。山梨県選挙管理委
員会は今回の参議院選挙に於ける選挙結果得票数
を発表せよ。
http://www.pref.yamanashi.jp/senkyo/index.html
【新党勝手連の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。


2010/07/21(水) 19:50 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
そうだったんですね。
こちらもよかったらお読みください。
http://newbreed.blog49.fc2.com/
2010/07/21(水) 19:31 | URL | 提督 #-[ 編集]
No title
2010/07/21(水) 19:13 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
花菖蒲氏の意見に賛同する
形をなおざりにしては、現代日本人の道義的荒廃を救うことは出来まい。また、法治国家としても、過去の、占領軍の不法行為を放置・黙認し続けることになり、好ましくない(現下の状態が、まさにこれに当たる)。

確かに、他の方が言われる通り、不文憲法でやっていけるのなら、そちらの方が理想かもしれない。ただ、目下の状況は、あまりに本来の日本人社会から逸脱している。これを是正するという、内外への強固な意思表示の為にも、たとえ形式論とは言え、現憲法の無効化・帝国憲法の復活は必須だ。愚民や、反日勢力に、『明日から不文憲法の国にします、宜しく』、と言ったところで、何のインパクトもないのではないだろうか。
2010/07/21(水) 18:16 | URL | よーめんイケメン #wUO664RY[ 編集]
「作る」ものでしょうか?
 憲法とはその時々を生きる者の意志によって「作る」事ができるものなのか?
 それとも「不文」にて既に存在しているものなのか?
 根本的にはここに行き着くのではないでしょうか?

 憲法とは私達が長い間承継し続けた「不文の祖法」のほんの一部分を文字で顕したものに過ぎないと私は思います。
 國體の内の「規範國體」の一部を投影したものであり、だからこそ、それが全てではない。
 本来なら「憲」には帝国憲法のみならず、教育勅語、軍人勅諭、十七条の憲法、そして御神勅・・・受け継がれてきた多くのものが含まれると思います。

 もし人がいつでも一から「憲法」を作れるとするのなら、決議要件さえ満たせば、「国」はいつでも全く違う「国」となってしまう。
 伝統は遮断され、その度に実験国家となってしまう。
 それを望むのが保守派でしょうか?
 その状況を待ち望むのはむしろ国家を変えたい人々ではないのでしょうか?

 「法」とは、国柄により自然に生まれてくるもの。
 根幹は変えられないもの。
 だからこそ伝統は受け継がれ、「日本」は「日本」で在り続けられるのだと思います。 
 
 帝国憲法の現存を確認し、占領憲法が条約としての範囲内で有効であると確認した上で、帝国憲法の改正を行うのがあるべき姿なのではないでしょうか? 
 
 占領憲法を葬り去る事が目的なのだから、手段は占領憲法を認めた上での改憲でも構わないと考えるのであれば、本当の意味での国家の危機、國體の危機が訪れると思います。 
2010/07/21(水) 17:40 | URL | 花菖蒲 #Xlf.8pIU[ 編集]
道義大国
今日のねずきちさんはおかしい。
道義と志操を保つ、道義大国を目指しているのではなかったのか? 理念や理想を志向するのでは立ち位置の現実を破壊するだけの改革破壊に過ぎない。徳の実践こそ大切ではなかったのか? 欺瞞を打ち破ること。
2010/07/21(水) 14:41 | URL | プク #-[ 編集]
ご回答ありがとうございます
プクさん 

ありがとうございます。ご回答の内容を興味深く拝読しました。

近代全体への問題意識が必要なこと、賛成します。また主権の所在につきましては、いわゆる「議会主権」と理解させていただきました。

ここだけのやり取りでは深いところまで理解することは望めませんが、プクさんと私とは、そう遠くないところに立っているように感じられました。お互いに頑張りましょう。
2010/07/21(水) 13:27 | URL | 菱海孫 #-[ 編集]
No title
・もともと、成文憲法を設けたのは人工国家(ステート・ネーション)で、フランス革命の仏国や米国の左翼系です。だから、いまさら我が国では明治憲法も必要ないのでは、と提起してます。
・全てを明文化するとの発想が盲点だと近代批判を行なっています。条文にないから何故悪いという、道義心が薄れます。法の支配の執行機関は貴族員や上院の有徳の士です。
・一般論の議論では、くずの民主党員の悪行的個別例で反論してくるのは、ディベート違反です。くずを引き合いに出してどうする。
2010/07/21(水) 12:55 | URL | プク #-[ 編集]
ねずきちさん、こんにちは。
state にも peopleにもtheがついています。
なのでここは日本国、日本国民と訳が正しいと存じます。

批判目的の投稿ではございません。お許しください。私も現憲法廃止が持論です。
2010/07/21(水) 12:33 | URL | あつし #-[ 編集]
憲法と慣習法
「憲法は(略)、国家権力を拘束することを示すもの」とのは、故芦部信喜に代表される戦後憲法の代表的解釈(所謂通説)であり、日本法曹界を左傾させているのです。
また「憲法は、長い歴史を持つ国では、イギリスや日本のように、本来不要」という考えについては、近代社会においてはそうだったかもしれませが、複雑に錯綜する諸問題、イデオロギー、価値観、考え方が存在する現代社会の場合、通用しないと思われます。
現在に民主党議員が良い例です。本来慣習法から言えば社会的に非難を浴びるような行為でも、法律に書かれていないからと、平気で無罪を主張する、所謂脱法行為ですね、そういうことが起こります。また慣習法が成立するためには、個々人にしっかりした倫理観が備わっていないとうまくいかないと思います。

2010/07/21(水) 12:22 | URL | あしたのジョー #-[ 編集]
ご回答します
菱海孫さん
ありがとうございます。
我が国の事ばかりでなく、「近代の超克」ということも考えねば、「未来像」など独りよがりと思っています。私自身、「欺瞞体系の打破」とも思っています。
「法の支配」の運営機関は国会(貴族院・上院)ですから、観念に主権があるのではなく、機関に主権があることになります。
2010/07/21(水) 12:20 | URL | プク #-[ 編集]
>ねずきち様
あんな国旗があったとは驚きました。
次の憲法は政教分離などとは書かずに天皇陛下との繋りを示して欲しいです。
2010/07/21(水) 12:06 | URL | ひょうぬこ #-[ 編集]
法の支配について
少々興味のある話題ですのでコメントさせていただきます。

プクさんの仰ることはもっともだと思います。

ですが「法の支配」が今日なかなか実現されないのは、ベンサムの功利主義や、オースティンの法命令説や、ケルゼンの法哲学や、それやこれや様々な近代思想史全体の問題で、我国に限った問題でないことはご承知の通りです。

そう考えますと、私たちと「法の支配」の間に広がる近代思想史の広大な海は、国内的な問題意識からする「本来」という原則論の船だけでは到底渡りきれないように、私には思われます。

また「法の支配」に「主権」を、ということでありますが、そのことは、国内の統治に主権を考えるという意味でホッブズ的で、議会や個人といった具体的な主体ではない「観念」に主権を設定するという意味で、国民主権と同じくルソー的な発想で、英米的な意味合いからする保守主義には見られない考え方であるように思われます。
2010/07/21(水) 11:54 | URL | 菱海孫 #-[ 編集]
No title
国体が憲法原理です。
2010/07/21(水) 11:49 | URL | プク #-[ 編集]
国体議論の必要性
ねずきち 様
お気持ち、痛いよくわかります。日本が現憲法下にある限り、日本は衰退の一途をただることは間違いありません。

日本は天皇が自ら治めて、あるいは第三者の統治を天皇が認めること成り立ってきた国です。

天皇は日本の平和と民衆の幸せを祈る宗教的権威でもあるため、それらの政治権力は正しいものとして民衆に受け入れられてきました。

ですから日本の姿、国体とは、帝国です。明治憲法は、そういった伝統的な国の在り方を十分に理解した上で、作られていると思います。現憲法でも内赤く総理大臣の任命や最高裁長官の任命などの国事行為は規定されてますが、憲法の全体の構成として、天皇は象徴であり、国民の主権があるとされているので、天皇の国事行為自体が形骸化しているように感じます。

また天皇は、日本の平和と民衆の平和を祈る宗教的権威でもありました。天皇の有するあるいは付託する政治権力の正当性は、宗教的権威であったことに見いだすことができます。つまり日本は伝統的に祭政一致の国でした。

日本は本来そういった国だと思います。国体議論が必用です。でなければ、9条がどうの、国民の権利がどうの、あの権利もこの権利もとか、議論が紛糾するのは目に見えてます。

http://bit.ly/dbhIne には、倍賞千恵子さんが歌う浜辺の歌と共に戦前の写真が紹介されてます。こいういうのを見るたびに、戦前の教育は正しかったのだと思います。
2010/07/21(水) 11:47 | URL | hide #-[ 編集]
No title
現時点では明治憲法が最良の選択でしょう。
ただ国体を成文化するとはおかしな話で、憲法は所詮世俗の不文ですよ、国体は神聖な訳で憲法など超える存在です。
2010/07/21(水) 11:34 | URL | #-[ 編集]
No title
良識ある人でも、不文律を成文化すればもう落ちるものがあるのですよ。落ちこぼれを生み、省みられなくなるのです。100%成文化できないものなのです。これが可視化・近代化の弊害でもある。もう大衆化した現代人が国体を成文化するなど不可能と思います。そんな哲人はいない。だから、明治憲法が大切。
2010/07/21(水) 11:20 | URL | プク #-[ 編集]
結局、保守とは何か?
「保守の理念を、現代の日本の現実の中に、どのような制度として具体的に実現していくか」 
これじゃもう、左翼でないのか。
「保守とは何か」からはじめねば!
2010/07/21(水) 11:10 | URL | プク #-[ 編集]
自主憲法
世俗といえども日本の伝統や文化から湧き出た精神の不文律を成文化する様な新たな自主憲法を作りたいものです。
2010/07/21(水) 11:06 | URL | #-[ 編集]
追伸
ねずきちさんの次のご意見に強く賛成します。

「保守の運動で、いまもっとも欠けているのは、(中略)日本の未来像を、具体的にどのような青写真として描いているのかが、まだはっきりと見えていない、という点ではなかろうか」

本当に仰るとおりです。保守の理念を、現代の日本の現実の中に、どのような制度として具体的に実現していくか、そのための手順はどのように運んだらよいのか、この点を過去への賞賛や無念や義憤と並行して、それらと同等の重さをもって考えなければならないと思います。
2010/07/21(水) 10:56 | URL | 菱海孫 #-[ 編集]
法の支配
追伸
この「法の支配」は保守の大原則で、これに「主権」があるのです。国体からすれば、例えば恣意的な成文法の闇三法案が可決する筈がないからです。「あるべき日本の未来像」とは、法の支配に主権があることを再認識すことだと思います。
2010/07/21(水) 10:45 | URL | プク #-[ 編集]
法の支配
「あるべき日本の未来像を指し示すものが、新憲法といえるのではないかと思い」の部分が間違っています。憲法は未来像を示すものではなく、国家権力を拘束することを示すものです。憲法は、長い歴史を持つ国では、イギリスや日本のように、本来不要なのです。必要なときに、国体から汲み取れば済むからで、例えば貴族院が国体の中に法(判断基準)を発見し、衆議院から上がって来る恣意的な制定法の当否を裁判すれば済むのです。明治憲法は近代化を急ぐために国体を一面的でも一時的でも明認する必要がありました。イギリスは纏まった成文憲法はありません。占領憲法は論外としても、明治憲法すら必要なのか、と。
2010/07/21(水) 10:35 | URL | プク #-[ 編集]
憲法問題、もっと扱って
漸く憲法の話題になった。ここが一番重要だ。

現代日本の諸悪の根源たる戦後憲法。これを無効にし、帝国憲法を復活・改正すれば、ありとあらゆる問題が解決に向かう。中共・韓・露の国境侵犯・占拠、拉致問題にも強い意志で臨める。あとは、国民の意志・やる気だけだ。

そもそも、私は、この国が『日本国』と思ったことは、小学生以来、ない。そのことを教えてくれた祖父に感謝する。
将来、自分の子供にもそう教えるつもりだ。
『実は、今の日本国というのは、外国によって作られた、インチキ王朝で、本当は、大日本帝國と言うんだ』という感じで。

このブログを訪れる諸兄姉方も、普通にこの考えを持ち、子や孫に伝えて頂きたい。そうすれば、おのずと日本は内側から正常化・祖国復興がなされるだろう。不良外国人の問題は、これに比べれば、何と瑣末的なことであろうか。
2010/07/21(水) 10:33 | URL | よーめんイケメン #wUO664RY[ 編集]
改憲の危険性
 ねずきちさんの3件目のコメントと私2度目のコメントが前後してしまったようですね。
 改めまして、主張の矛盾を指摘して批判する事が当方の目的なのではないと申し上げると共に、こうしてご返答頂けました事に感謝申し上げます。

 ねずきちさんのブログを拝読しておりますと、激動の時代、国を守る為に戦った先人の皆様を、戦後の日教組による教育を受けた世代がその価値観により断罪する事がいかに酷い事かを思い知らされます。
 そして、日教組教育を受けた世代の価値観により、占領憲法の無効を確認する事なく、有効と認めてしまった上で一から「新憲法」を作ろうとしたらどうなってしまうのか、と危惧しております。
 
 日本を想う気持ちに目覚めて歴史を振り返って初めて真実が見えるように、 本来の憲法の精神に立ち返る事により初めて日本における憲法とは何か、日本の國體とは何かが見えてきます。

 国を想う人々が少数派である今、占領憲法を有効とした上で改憲をするのであれば、それは誰に利するのか?そういう視点からも考える必要があると思います。
2010/07/21(水) 10:12 | URL | 花菖蒲 #Xlf.8pIU[ 編集]
the peopleについて
英文日本国憲法前文では、冒頭に We, the Japanese peopleという文言を見ることができます。
ですから、the peopleは、日本国民であると解釈することはできます。
しかし連合国統治領日本においては、すべての連合国の国民を代表して、GHQが日本を統治する、という仕組みがあったわけで、そうすると、the peopleは、連合国の人々、と解することもできるわけです。

とにかく、そこにthe Japanese peopleとなっていない、という事実は、誰も否定できないのではないかと思います。

いずれにせよ、占領統治のために急ごしらえで作られたTHE CONSTITUTION OF JAPANを、いつまで後生大事に、60年近くも一度の改正もせずに使っていることのほうが、異常といえるのではないかと思います。
2010/07/21(水) 10:03 | URL | ねずきち #mQop/nM.[ 編集]
私の意見
私はねずきちさんの現行憲法制定に遡って無効とするならば社会が混乱するという認識に賛成します。

法には人々の経験が堆積して登場してくる社会的な認知という性質がありますので、たとえ現行憲法の出自に問題があったとしても、60年以上施行されてきた憲法を改正するにあたっては、その憲法の定める手続に則る必要があると思います。

ただし現行憲法を破棄し、一挙に新憲法を制定することは、理念上あるいは理論上のことは別としましても、現実としては不可能だと思います。

時間や経験とともに人々の間に徐々に登場してくる社会的な認知やルールを無視することは、法を単なる紙上の約束事と見ることとなり、憲法問題を超えて、法そのものへの尊厳を軽んじることになると思います。

新憲法制定の最も現実的な行き方としましては、現行憲法の定める手続に則って、現行憲法の「前文」を改正することにより、現行憲法の理念を改正し、これをもって新憲法制定と看做すことだと思います。

ただし、この方法にしましても、憲法が自らの定める改正手続に則って自らの理念を変更するということは、いわば「憲法の自殺」でありますから、問題の残るところではあります。

とはいえ、現行憲法の理念は日本のために何としても葬り去らねばならず、そのためには国民投票で勝利する必要があるのですから、ここはやはり、ねずきちさんの仰るように保守の団結と啓蒙活動を地道に続けるより他に道はないと思います。
2010/07/21(水) 10:01 | URL | 菱海孫 #-[ 編集]
No title
ねずきちさんの意見を否定するわけではございませんが、私の個人的な考えとしましては、大日本帝国憲法が機能していたのは皇紀2670年の歴史の中では50年程度で、帝国憲法自体が大陸のプロイセン憲法を模倣したものなので、日本人に本当に馴染んでいるかというのは慎重に考えないといけないかもしれないですね。
2010/07/21(水) 09:50 | URL | じんぎすかん #-[ 編集]
さらにもうひとつ
保守の運動で、いまもっとも欠けているのは、外国人参政権に反対、子供手当反対、夫婦別姓反対はわかるし、英霊となられた皆様方を尊崇し顕彰しなければならないということもわかるけれど、では、保守の方々は、日本の未来像を、具体的にどのような青写真として描いているのかが、まだはっきりと見えていない、という点ではなかろうかと、これも個人的に思っていることです。

あれも反対、これも反対では、申し訳ないがどっかの共○党と同じだし、現行憲法がダメだ、ダメだ、では、あるべき日本の未来像は見えてきません。

その意味で、あるべき日本の未来像を指し示すものが、新憲法といえるのではないかと思い、本日の記事とさせていただきました。

問題は、せっかく安倍元総理が中心となってまとめられた自民党憲法草案も、あくまでも現行憲法を踏襲した内容となっているということであり、これは、いまいちど見直すべきときにきているという主張が、今日の記事の第一です。

そして日本のあるべき姿を問うならば、その精神は大日本帝国憲法にある、これが今日のボクの主張の第二です。

ただし、最早帝国主義の時代ではないし、いまさら帝国主義に戻したいと言ったところで、多くの国民の賛同は得れないのではないかと危惧します。

その意味で、大日本帝国憲法を手本にし、伝統踏まえ、未来への創造を図る、新たな日本の姿を描く憲法案が、いままさに求められつつあるのではないか、そのように思っています。

欺瞞に満ちた日本国憲法は、取り外さなくちゃならない。
これにはおおいに賛成です。

では、その向こう側に、どういう日本を描こうとしているのか。
そのあたりの青写真が、保守のメッセージとしてちゃんと国民に理解され、多くの支持を得なければ、日本は変わらないし、変われない。

ねずきちという市井のおっさんの、矛盾に満ちた言説の是非を問うより、もし、これまで、憲法論をきちんと研究して来られた方なら、何をどうしたいのか、どういう未来を描きたいのか、そのあたりをキチンと教えていただきたいと、思います。謙虚に学ばせていただきたいと思います。
2010/07/21(水) 09:37 | URL | ねずきち #mQop/nM.[ 編集]
遡及的無効ですが混乱は引き起こしません
 ご返答頂きましてありがとうございました。m(_ _)m
 文句をつけているのではありません旨、ご了承下さい。
 議論できる場のご提供を有り難く思います。 

 「無効確認決議」とは、元々無効である事を再確認するものです。
 「効力要件を欠くために無効であるにもかかわらず、外形的に成立しているように見えている」状態である事を確認するという事です。

 しかし、それを確認したからといって、60年の全てを否定し、社会を混乱させる結果にはなりません。
 占領憲法は、帝国憲法第76条1項により無効ではありますが、帝国憲法の下位法規である法律、条約として有効であると解釈できるからです。(無効規範転換)
 
 無効な単独行為である占領憲法を、講和条約という契約として評価する事により、社会を大きく混乱させる事なく本来の姿に戻す事ができます。
 現代に合わないと思われる事があるのであれば、「帝国憲法」を「改正」する形をとなります。(帝国憲法であっても國體そのものを変えることはできません。これはとても重要な事です。占領憲法を有効とした上での改正では日本という国の國體を変えられてしまう恐れが高いからです。)
 
 「破棄」と「無効」の違いにつきましては、PDFファイルで公開されております「國體護持」の第三章、第二節のP26~30に詳しく書かれております。どうぞご参照下さい。
 ( ttp://aishitemasu.com/mukouron/kokutaigoji.html)
 また、復元措置につきましては第5章になります。
 
 私のこのコメントでは説明不足だと思われる新無効論=真正護憲論を支持する方々は、是非書き込みをお願い致します。
2010/07/21(水) 09:35 | URL | 花菖蒲 #Xlf.8pIU[ 編集]
No title
the peopleですから明らかに日本国民をさしていると解釈されます。
2010/07/21(水) 09:32 | URL | #gi6930lE[ 編集]
No title
ねずきちさん
無効というのは法的には最初から有効ではないことになります。ですから、遡って無効ですね。
ただ、憲法が無効だとしても条約等は憲法を上回るので、日米安保等は有効になるんじゃないですかね。
ただ、大日本帝国憲法は今の時代には合わないと思うので、一度国家を転覆させて、日本人の政府による日本人の新憲法樹立・・・なんて考えただけで胸が熱くなりますねwww
2010/07/21(水) 09:28 | URL | じんぎすかん #mQop/nM.[ 編集]
占領憲法は無効
国際的には「無効」なのです、無効宣言で「明治憲法」からスタートするのが筋ですね。
2010/07/21(水) 09:16 | URL | 猪 #kU3g/2a6[ 編集]
もうひとつ
憲法論に関しては、ねずきちはその専門家ではなく、また深く研究したものでもありません。
ですので、憲法論に関しては、それぞれご専門の方々のご研究に委ねるのが、正しい判断と思っていますし、ボク自身、まだまだ勉強中の身です。

以前の記事、そして今回の記事は、いずれも、現・日本国憲法が、日本に存在することの問題を、ボクなりの切り口で書かせていただいたものであり、すくなくとも、小手先の「改正」では、もはや日本を取り戻せない、と考えて書いたものです。

また、以前は、たしかに大日本帝国憲法にいったん戻すのがよいかと事実思っていました。
しかし実態として、もしそうなった場合、参議院(貴族院)議員となる者は、高額納税者であり、各地の高額納税者は、一様にパチンコ、サラ金などの在日外国人であるケースが多いのも事実です。
彼らは高額所得番付に名前が載ることを嫌って、税務署と話をつけ、納税日の翌日に納税しています。これをすると高額所得番付に名前が載らないで済む。
つまり、単純に参議院=貴族院と読みかえて戦前の体制に戻すなら、現行の参議院は、在日帰化人ばかりの議会になってしまいます。それでも良いのでしょうか?

そうした実態も踏まえて、あくまでも「日本を守り、日本精神を取り戻すためには」という目的から、いまいちど、自民党のみなさんに、「憲法改正論」を検討いただきたい、というのが、ボクの気持です。

憲法論については諸説ありますし、用語の使い方ももちろん一語一語、とても大切なものと思いますが、まずは「いまの日本国憲法を、どげんかせんといけん」という共通認識が先なのではないでしょうか、というのが、ボク個人のいつわらざる思いです。

ご専門に研究されている方から見れば、素人くさくて話にならないと、ご批判もあろうかと思います。
おっしゃる通りです。ねずきちは法学者でも憲法学者でもない、ただの素人です。
しかし、市井のおやじの独り言に、文句をつけたところで、日本は何も変わりません。

問題は「これからの日本をどうするか」であり、そのために、国の柱である日本国憲法を、どうにかしなきゃならない。そして申し訳ないが、自民党の新憲法草案では、日本を取り戻せない。

今日の記事も、前の記事も、ねずきちの記事は、隙だらけです。英語もねずきちは専門ではありません。

しかし、もし日本国憲法をなんとか処分しなければならないとお考えなら、ねずきちの言っていることがおかしいと批判するより、自分はこうしたい、自分ならこう考えると、自説をまず明確にするべきではないでしょうか。

あそこがおかしい、ここがおかしい、だけでは、単にケチをつけてまぜっかえしているだけで、なんら建設的でない。

具体的にどこをどうした方がいいのか、どう考えるのが正解なのかを具体的にご指摘いただくことで、議論が深まり、ボクも勉強になりますし、多くの方も、ああなるほど、とご納得いただけるのではないでしょうか。
2010/07/21(水) 09:14 | URL | ねずきち #mQop/nM.[ 編集]
無効と破棄
みなさん、コメントありがとうございます。

「無効」、「破棄」については、あまり深く考えていません。
ただ、わからないのは、「無効」とした場合、決議の日をもって「無効」とするのか、それとも遡って「無効」とするのか、ということです。
「決議の日をもって無効」なら、それまでの期間は「有効」だったと認めることになりますし、
「遡って無効」とするならば、これまでの約60年間の政府決議のすべてが無効となります。これでは社会が混乱しませんか?
現実にこれまでの期間、日本国憲法に従って、三権が運用されてきたのは事実です。
であれば、これまでの有用性は、事実あったものとして素直に認めた上で、「破棄」し、新憲法を樹立する、と考えるのが自然かと。

なお、本件に関しては、あくまでもねずきち個人の考えであり、日心会の意思ではありません。
日心会は、「保守の仲間を増やす」という運動であり、憲法論議をする団体ではありません。
2010/07/21(水) 08:45 | URL | ねずきち #mQop/nM.[ 編集]
破棄と無効の違い
 
 2010年1月11日の「ねずきちの ひとりごと」より引用 

 >日本には、大日本帝国憲法の効果が存続しており、占領下における日本統治の根本法(非常事態のための規範法、あるいは、戒厳令下の基本となる最高法規)として、日本国憲法が存在する、と解釈せざるを得ない。

 >だから国が、サンフランシスコ講和条約を締結しえたのは、大日本帝国憲法が生きていたから、と解釈せざるをえないのです。

 >そうでないなら、日本は、国際的に完全に有効なサンフランシスコ講和条約の締結を否定する・・・日本には講和条約締結権がない・・・戦争状態がまだ継続している、という具合におかしくなる。

 >日本は法治国家です。
大津事件の記事で紹介しましたように、日本は近代国家として、厳正な法治主義を貫いてきた。

 >であるならば、法的論理矛盾は、早急に修正すべきです。

 >つまり、日本国憲法は、「憲法」とは名ばかりで、実は「占領統治のための『憲法』という名の特別法規」でしかない。

 >では、正当な日本の憲法はなにかというと、大日本帝国憲法であり、その効力はいまでも生きている(生きていないなら日本はサンフランシスコ講和条約を結べない)。


 >大日本帝国憲法が復活すれば、自衛隊は晴れて日本国軍となり、交戦権も自衛権も憲法上の根拠を得ることとなり、再び教育勅語、軍人勅諭が復活し、日本に、本来の繁栄が蘇るとねずきちは思うのですが、みなさんは、いかが?

 本日の記事

 >日本が、本来の日本の姿を取り戻し、国家国民の繁栄を図ろうとするなら、なによりもまずやらなければならないのは、占領統治下の最高法規である、現・日本国憲法と呼ばれる占領統治法を廃棄することです。

 >そのうえで、道義と志操に基づく、本来の日本の姿、勤勉で謙虚で安心で安全で、公徳心に基づく、あるべき「新憲法」を、うち立てるのが、まずは第一といえるのではないでしょうか。

 この二つのエントリーの主張は矛盾していますね。

 本日の主張である「破棄」+「新憲法制定」は、「実質的な改正」であり、「占領憲法第96条の改正手続き」によって行う事になります。
 つまり、「占領憲法を有効と認める」事になります。
 そのあたりは理解なさって書いていらっしゃいますか?
 前回も今回も、日心会さんとしての見解ではなく、ねずきちさんの個人的見解という解釈で宜しいでしょうか?
 
2010/07/21(水) 07:54 | URL | 花菖蒲 #Xlf.8pIU[ 編集]
No title
人民の人民による人民のための政治
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E6%B0%91%E3%81%AE%E4%BA%BA%E6%B0%91%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E4%BA%BA%E6%B0%91%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E6%94%BF%E6%B2%BB

エイブラハム・リンカーンのゲティスバーグ演説の一節で、民主主義の本質を語ったものとして世界的に知られるものです。

ゲティスバーグ演説と日本国憲法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0%E6%BC%94%E8%AA%AC

ダグラス・マッカーサーは、GHQによる憲法草案前文に、このゲティスバーグ演説の有名な一節を織り込んだのです。

だからthe peopleは、国民で良いと思います。人民とした方がアメリカの文脈ではありますが。まあ国語の授業を、ワザワザ日本語の授業とは言わないのと同じではないかと。

それよりもGHQ統治下の制定なのだから、日本国憲法は無効であると単純で良いのではないでしょうか?
2010/07/21(水) 07:50 | URL | 三河屋彦衛門 #GCA3nAmE[ 編集]
No title
廃棄するんじゃなくて衆参両議院で無効決議(過半数)するだけでいいと思います。明治憲法があるんですから。
2010/07/21(水) 06:46 | URL | #-[ 編集]
No title
そうでしたか。
私が生まれる前に、そんな旗があったとは知りませんでした。
私は独立国家日本の空気を吸ったことが無いということですね。

日本を独立国家にするまで、死にません。
独立国家日本の空気を、胸いっぱいに吸ってみたい。



2010/07/21(水) 05:59 | URL | 日本ミツバチ #l/xeLTcU[ 編集]
No title
無冠詞でpeopleなら、仰る通りかもしれませんが、
the peopleであり、一国の憲法であることを併せて考えれば、国民と解釈するのが妥当と思いますが・・・
2010/07/21(水) 05:52 | URL | 通りすがり #MvSKUjhA[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓大好評予約受付中↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク