アクセスランキング

日本を取り戻したい。 そのために日本を学びます。 そうすることで私たちは愛と喜びと幸せと美しさのある本来の日本人に戻れると思うからです。


新渡戸記念館廃館問題続報(12)

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

あまりにもおろかで、あまりにも同じ在◯の手口。
彼らに乗せられて、カネ目当てにやすやすと彼らの手先になってしまう日本人も情けない。
今回は、新たな動きについてお知らせします。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180608 東奥日報
(画像はクリックすると拡大します。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


<事件の概要>
青森県十和田市に、お札の肖像画にもなった英語版『武士道』の著者、新渡戸稲造博士と、ただの荒れ地だった十和田市のあたり一体を、人の住める町に改良していまの十和田市の基礎を築いた新渡戸家三代を顕彰し、その一家の室町時代以来の数々の遺品を展示した「新渡戸記念館」があります。
この記念館は、土地と展示品(遺品)が新渡戸家の所有で、建物は十和田市が新渡戸家所有地内に建設したものとなっていて、保存してある展示品は、時価総額800億円は下らないとされるほど、貴重な品々ばかりです。

ところがこの記念館について、十和田市は突然「建物のコンクリートの耐震強度に問題がある」として建物の取壊しを決定。保存展示してある遺品の引き渡しを新渡戸記念館に求めてきました。
事実、耐震強度に問題があるならば、市の言い分は当然のことなのですが、ところがコンクリート強度検査の結果は、建物のコンクリートが、まるでダンボール程度の強度しかないというものでした。

いくらなんでも、それはおかしいと再調査を市に依頼すると、市はこれを拒否したうえ、記念館の閉鎖を一方的に行い、さらに記念館への電気ガス水道の供給を停止し、もっぱら展示品の引き渡しを要求してきました。しかもその展示品の行方については、二点三点し、挙げ句には「黙って引き渡せばいいんだよ」と恫喝をする始末。
原因となっているのは、市の副◯長で、もともとは記念館の保存品を横取りして転売したかった様子。

やむなく新渡戸記念館側は、再度のコンクリート強度診断を求めて青森地裁に提訴。青森地裁は管轄権がないと訴えを却下しましたが、仙台高裁は裁判で扱うべき問題だとして、青森地裁に審議を差戻し、いま、青森地裁でその差し戻し審が行われています。

ねずさんの最新刊!


20180612 イシキカイカク大学



以和為貴にある本当の意味とは

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

私達は簡単に決めつけるのではなく、もっと先人たちに敬意をもって接するべきだと思います。
先人たちよりも現代人の方が「すすんでいる」と思うのは、それこそ傲慢というべきです。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180607 聖徳太子
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
6月9日(土)18:30 百人一首塾第27回
6月10日(日)13:30 チャンネルAJER 古事記に学ぶ日本型経営学/戦いの時を古事記に学ぶ
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


「以和為貴(和を以(も)って貴(たっと)しとなす)」といえば聖徳太子の十七条憲法の第一条にある有名な言葉です。
たいていの日本人なら、この言葉は一度は目にしたことがあるし、何の疑いもなく「みんな仲良くしようね」といった意味くらいに思っています。

ところが日本語は奥が深い。
十七条憲法が紹介されているのは日本書紀ですが、日本書紀は漢文で書かれてはいるものの、これを読むときにはChina式に「イーホレイクィ(yǐ hé weí guì)」と音読みするのではなくて、和語で「わをもってたっとしとなす」と読み下すのが、古来からの慣例です。
つまりもともと日本語での意味があり、それを漢字を利用して書いているわけです。

では、漢字での意味はどのような意味になるのでしょうか。
 和 稔った稲穂を口に入れる、ひとつ釜の飯を食う
 以 農具のスキ(鋤)の象形で、そこから「用いる」意味になる。
 為 象を飼いならす象形から、実施することを意味する
 貴 貨幣を手で覆う象形で、豊かさをもたらす

そこから要約すれば漢語で読んだ「以和為貴」は、
「農業を用いて、ひとつ釜の飯を食い、豊かさを実現する」
という意味になります。
語感的には、いま多くの人がこの言葉について感じる意味とほぼ同じであろうと思います。

では、大和言葉ではどのような意味になるのでしょうか。


ねずさんの最新刊!


20180612 イシキカイカク大学



日本人にとっての日本とは

◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中

新作動画『江戸の天才数学者 関孝和』


クニに住む人達みんなが、より豊かに安全に安心して暮らしていくことができるように、自分なりにできることを一生懸命になって生きていく。
そうすることで、より良い未来を、子供たちに、あるいは孫たちに遺していく。
その孫たちのためにも、決して悪いことはしない。
他人が見ていなくても、神様は、常に見ていらっしゃる。
ついこの前までの日本人は、誰もが普通にそういう心を共有してきました。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180609 家族
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


特亜国は別として、その他の外国からも毎年たくさんの外国人が日本にやってきます。
彼らがどうして日本にやってきたのかと問うと、一様に、
「日本人を観に来た」
と答えるのだそうです。

世界の大国を相手に戦って世界の植民地支配を終わらせたと思ったら、敗戦国で焼け野原になったはずなのに、みるみるうちに復興させ、終戦からわずか19年後には東京オリンピックを開催するほどの国になり、すごいなと思っていたら、今度は世界の経済大国にまで上り、あまりに経済力が強いので様々な制約を課して日本の力を削ぐように持っていったら、いつの間にか日本アニメなどのソフト分野で、世界中に大きな影響を与えている。
その日本人は、度重なる大震災でもまったく暴動を起こすことなく人々が整然と行動し、気がつけば日本の安倍総理は、世界の政治を牽引する偉大な指導者になっている。(安倍総理を嫌う人もいるかもしれませんが、現実の世界の評価はそういう評価であり、それはとても良いことです。)

いったい、日本は、どうなっているのか。
日本人というのは、どのような民族なのか。

本で読んでもわからない。
自国にやってくる日本人に聞いても、まったくわかっていない。
それなら、自分で日本に行って、自分の目と耳と肌で日本を見てくるしかない・・・というのが、来日の動機なのだそうです。


ねずさんの最新刊!


20180612 イシキカイカク大学



硫黄島に翻った日章旗を忘れてはならない

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

みんな死んでしまいました。
だから、このとき、どなたが、なんていう方が日の丸を掲揚してくださったのか。
赤黒い血で描いた日の丸は、誰の血だったのか。
いまもう誰にもわかりません。
けれどこの日、米軍の掲げた星条旗を引きずりおろして、硫黄島に日章旗を高々と掲揚してくれた日本人がいたという事実を、私たちは決して忘れてはならないと思うのです。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

硫黄島の天山に咲く花
20180607 硫黄島の花
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
6月9日(土)18:30 百人一首塾第27回
6月10日(日)13:30 チャンネルAJER 古事記に学ぶ日本型経営学/戦いの時を古事記に学ぶ
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


硫黄島の戦い(昭和20(1945)年2月16日~同年3月26日)は、大東亜戦争末期に小笠原諸島の硫黄島において日本軍とアメリカ軍との間に生じた戦闘です。
日本側は、20933名の守備兵力のうち20129名までが戦死しています。
大東亜戦争後期の島嶼での戦闘において、アメリカ軍地上部隊の損害(戦死・戦傷者数等の合計)実数が、日本軍を上回った壮絶な戦いでもあります。

また第二次世界大戦中にアメリカ海兵隊に与えられた名誉勲章の、実に4分の1以上が、硫黄島侵攻部隊のために与えられています。
さらに米海軍は、いくつかの艦船に「イオー・ジマ」と命名しています。
大戦後に制定されたアメリカ海兵隊記念日は、硫黄島の戦いにおいて、同島の擂鉢山に星条旗を立てた日でもあります。
そして戦没者を弔う米国立アーリントン墓地のアメリカ海兵隊戦争記念碑は、硫黄島の戦いで掲げられた星条旗をかたどったものとなっています。

この戦いについては、クリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」という映画にも描かれましたし、戦いの詳細についてはWikipediaの“硫黄島の戦い”でも、詳しく知ることができます。

今日書くのは、この写真にまつわるお話です。


ねずさんの最新刊!


20180612 イシキカイカク大学




誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中

新作動画『江戸の天才数学者 関孝和』


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180515 誰も言わない


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


先月発売(5月18日)となった新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』は、ものすごく読みやすくて、しかもある意味、ねずブロの集大成といえる本になっています。
この本は、ご友人の方やご家族の方に、
「日本てこういう国なんだよ」
「日本人はこのような民族で、このような歴史を持った国なんだよ」
といったことを、わかりやすく、どなたでも親しみやすいように書いた本です。

ちょっと日本は良い国だとかいうと、すぐにウヨクだなどと言われたりして、なかなか日本を取り戻そうとする気持ちが、どこから生まれているのかを伝えきれないといったときに、この本を一冊、「とにかく一度読んでみてくれ」と手渡すだけで、おそらく明日からその人の人生観が変わる。
そのような効果を期待して書いた本です。

そのために、肩のこらない文章、読みだしたら止まらない、次のページに、ついつい目が奪われてしまう、そんな文書でこの本は綴られています。
すでに読まれた方から聞いたのですが、本当に「あっという間に読んでしまった」そうです。
本全体の文字数は、決して少なくないのです。
むしろ、同じ価格帯の本と比べたら、すこし文字数は多いほどなのに、です。

人生において、どんな本に出会うかは、とても大切なことだと思います。
是非、座右の書として、またお友達やご家族へのプレゼントとして、ご活用いただければと思います。

ねずさんの最新刊!


お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


失ってはいけない郷土の歴史のこと

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

地方によっては、県や市のホームページに、教育委員会が中心となって作った郷土史や郷土の名所を紹介しているところもあります。
そうした動きが、小中学校や、地元の高校を通じて、もっと盛んになっていくことを希望します。
人間にとって、小さな歴史こそ、人をつくる大きな歴史なのですから。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20160111 忠魂碑/center>

【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
6月9日(土)18:30 百人一首塾第27回
6月10日(日)13:30 チャンネルAJER 古事記に学ぶ日本型経営学/戦いの時を古事記に学ぶ
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


近くの八幡神社に、乃木大将の「忠魂碑」があります。
高さ3メートルくらいの大きな石碑です。
表には、「忠魂碑 希典書」と書かれ、後ろには、地元から日露戦争に出征して亡くなった英霊の名が刻まれています。

この「忠魂碑」は、一時、地面にまるごと埋められていました。
それは昭和20年、日本が戦争に敗れ、GHQがやってきて、我が国の軍神像などを片端からつぶしていったときのことです。
昭和20年といえば、1945年です。
日露戦争が1905年です。
たった40年しか経っていません。

つまり終戦当時、日露戦争に従軍し、まさに石碑の後ろに名前が刻まれてた兵隊さんの、父母や兄弟姉妹が、まだ存命だった時代です。
いくら日本が敗れたとはいえ、身内の名前まで消されてはかなわないと、近所のおじさんたちが集まって、石碑を土に埋めました。

そしてサンフランシスコ講和条約の締結によって、我が国が主権を回復すると決まったとき、また近所のおじさんたちが集まって、この碑掘り起こしました。
昭和26年(1951)の夏のことです。
サンフランシスコ講和条約の発効は、翌年4月です。
けれど、そんなものを待ってなどいられなかったのです。
だから、決まったときに、みんなですぐに掘り起こしました。


ねずさんの最新刊!


20180326 イシキカイカク大学



八紘一宇はなぜ日本の国是なのか

◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中

新作動画『江戸の天才数学者 関孝和』


日本書紀は意図して「あめのした」を「天下」ではなく「八紘」と書くことで、「天皇の御威光のもとにある人々」に特定しています。
これは日本の領土領海内のみを示します。
つまりどこにも「他民族抑圧・併合のための超国家主義」という意味は生じないのです。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

八紘一宇の塔
20180605 八紘一宇の塔
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
6月9日(土)18:30 百人一首塾第27回
6月10日(日)13:30 チャンネルAJER 古事記に学ぶ日本型経営学/戦いの時を古事記に学ぶ
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


「八紘一宇(はっこういちう)」というと、ほんの数年前までは、多くの人は、
「第二次大戦中に日本の海外侵略を正当化するスローガンとして用いられた用語」
といった認識を持っていたようです。

いまではだいぶ、そのような見方をする人が減りましたが、それでもたとえば戦後に編纂された世界大百科事典などには、
「自民族至上主義、優越主義を
 他民族抑圧・併合とそのための国家的・軍事的侵略にまで拡大して
 国民を動員・統合・正統化する思想・運動である超国家主義の典型」
と説明しています。

また、昭和32年9月、衆議院文教委員会で、松永文部大臣(当時)は、
「戦前は八紘一宇といって、日本さえよければよい、よその国はどうなってもよい、よその国はつぶれた方がよいというくらいな考え方から出発していた」と説明しました。

昭和58年1月衆議院本会議では中曽根康弘総理大臣(当時)は、
「戦争前は八紘一宇ということで、日本は日本独自の地位を占めようという独善性を持ち、日本だけが例外の国になり得ると思った、それが失敗のもとであった」と説明しています。

ほんとうにそうなのでしょうか?

普通に考えて、人々が口々に唱える日本のスローガンがそうした「侵略」目的のものであったとするなら、多くの日本人は、ついていきません。
「八紘一宇」を唱え、命をかけて戦ったのは、私たちの祖父であり、祖母であり、曾祖父・曾祖母たちです。
しかも彼らは、彼らの青春をまさに「八紘一宇」に賭け、なかにはそのために終戦後も外地に残って、地元の人々のために戦い続けて亡くなられた方もいるのです。


ねずさんの最新刊!


20180326 イシキカイカク大学



*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク